プラハ ユダヤ人街 ヨゼフォフ シナゴーグ

プラハ旧市庁舎 ガイドツアー 地下見学 (中世アンダーグラウンドツアー)」のつづき。★プラハ個人旅行 まとめ記事

プラハ旧市庁舎から、聖ミクラーシュ教会(旧市街広場)の裏手、マイゼロヴァ通り(Maiserova)の角にある、フランツ・カフカ(Franz Kafka, 1883-1924) の生家へ。
01_kafka_20130814_to_17_prague_1535

ここは、ユダヤ人の作家、カフカが誕生した家で、1883年から1885年にかけて居住。 家の角には、カフカの肖像の記念碑。
★公式サイト 「フランツ・カフカ と プラハの家」 Franz Kafka and Prague Residences, http://www.kafkamuseum.cz/

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

ここから先が、かつてユダヤ人ゲットー(ユダヤ人居住区)があった場所。

マリア・テレジアの息子、ヨーゼフ2世 (Joseph II, 1741-1790)は、ゲットーを取り囲んでいた壁を取り壊し、ユダヤ人に教育の自由、職業選択の自由を与えました。

1848年、ゲットーがあった場所は、プラハ五区ととしてプラハ市内に編入されて、皇帝ヨーゼフ二世にちなんで「ヨゼフォフ」と名づけられたのでした。

★プラハ ユダヤ人街のシナゴーグの場所の地図
http://www.jewishmuseum.cz/en/info/visit/how-to-find-us/

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

マイゼロヴァ通り(Maiselova)を歩いて右側にある、
「マイゼル・シナゴーグ」(Maisel Synagogue)
01_20130814_to_17_prague_1537

マイゼル・シナゴーグは、1583年に王宮をプラハ城に移した皇帝、ルドルフ2世 (Rudolf II)」(1552-1612, 神聖ローマ皇帝在位 1576-1612) によって付与された権限に基づいて、1592年、プラハのユダヤ人ゲットーの長(the Mayor of the Prague Jewish Town.)だった、モルデカイ・マイゼル (Mordecai Maisel) によって建立。

シナゴーグは、1689年のゲットーの火災で焼失し、数回再建。1905年、現在のネオゴシック様式のシナゴーグが完成しました。

http://www.jewishmuseum.cz/en/explore/sites/maisel-synagogue/

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

「ユダヤ人地区集会所」(Jewish Town Hall, Židovská radnice) 
写真中央の薄いブルーの建物。 写真ではきれいに写っていないけれど、時計に注目でしたclock
01_20130814_to_17_prague_1540

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

「旧新シナゴーグ」(Old New Synagogue, Staronová synagoga)
01_20130814_to_17_prague_1542

「旧新シナゴーグ」は、ヨーロッパで現存する最古のシナゴーグで、ギザギザの屋根の形が特徴的。

1270年頃に建てられた初期ゴシック様式の建物部分と、16世紀後半に建てられた二つ建物部分から成るため、「旧新シナゴーグ」と呼ばれている。

http://www.synagogue.cz/

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

「旧新シナゴーグ」の前で左折すると、左側に売店(行ったときには、閉店時間が過ぎて閉まっていた)。正面に見えているのが、「儀式の家」(Jewish Ceremonial Hall, Obřadní síň)
01_20130814_to_17_prague_1544

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

「クラウス・シナゴーグ」(Klausen Synagogue, Klausová synagoga)
http://www.jewishmuseum.cz/en/explore/sites/klausen-synagogue/
01_20130814_to_17_prague_1545

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

「儀式の家」(Jewish Ceremonial Hall, Obřadní síň)。
クラウス・シナゴーグの右隣。 1906年から1908年にかけて、ネオ・ロマネスク様式で建てられた。
http://www.jewishmuseum.cz/en/explore/sites/ceremonial-hall/
01_20130814_to_17_prague_1548

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

旧ユダヤ人墓地(Old Jewish Cemetery, Starý židovský hřbitov) ※儀式の家の横から撮影。
http://www.jewishmuseum.cz/en/explore/sites/old-jewish-cemetery/
01_20130814_to_17_prague_1550

儀式の家の右側に続く、旧ユダヤ人墓地の塀
01_20130814_to_17_prague_1549

時間があったら、シナゴーグの中の博物館も見学してみたかった。

続きます。

| | コメント (0)

プラハ旧市庁舎 ガイドツアー 地下見学 (中世アンダーグラウンドツアー)

プラハ 市民会館 レストラン」のつづき。★プラハ個人旅行 まとめ記事

プラハ旧市街の広場でお土産を買ったあと、プラハ旧市庁舎 見学ガイドツアーへ。
ガイドツアーには、地下見学 (アンダーグラウンドツアー)も含まれていて、中世のプラハの姿を垣間見ることができ、参加してとても良かったです! 日本語ツアーはありませんが、日本語の解説シートを貸してもらえます。

★OLD TOWN HALL IN PRAGUE:http://www.staromestskaradnicepraha.cz/en/
★見学ガイドツアーのスケジュール http://www.staromestskaradnicepraha.cz/en/practical-informations/daily-schedule/ 日によって、時間と言語が違うので、要チェックflair
旧市庁舎見学ツアー FULL TOUR (the chapel, historical halls and undeground)) 料金:大人 100,-Kč

★日本語版PDF 解説
 http://www.praguecitytourism.cz/file/edee/universal/maps/letak_starom-radnice_2015_jpn_20150807_tisk.pdf

旧市庁舎の天文時計の十二使徒の人形、その仕組みを見学。 外からだと見えずらいけど、ここでバッチリ見ることができましたnote
01_20130814_to_17_prague_1398

★以前書いたブログ記事:「プラハ 旧市庁舎と天文時計、ミュシャ 「黄道十二宮」

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

» 続きを読む

| | コメント (0)

プラハ 市民会館 レストラン

プラハ 市民会館 ミュシャの壁画 市長ホール」のつづき。★プラハ個人旅行 まとめ記事

プラハ 「市民会館」 (Obecní dům) http://www.obecni-dum.cz/ の見学ガイドツアーのあと、地下レストランへ。
01_20130814_to_17_prague_1363

まずは、ピスルナー・ウルケル Pilsner Urquell で乾杯~ beer
01_20130814_to_17_prague_1367

伝統的なチェコのグラーシュ Staročeský guláš 蒸しパンも含めて、すご~く美味しかったnoteshine
01_20130814_to_17_prague_1368

コゼルの黒ビール Velkopopovícký Koze コクがあって、これも美味~cute
01_20130814_to_17_prague_1369

壁画もあって、雰囲気も気取らなくて、銀座のライオンのチェコ版みたいな感じでした。
01_20130814_to_17_prague_1364

地下なんだけど、綺麗なステンドグラスもありcute
01_20130814_to_17_prague_1366

値段もリーズナブルで、この市民会館地下レストランは、本当に入って良かった。
税金は21% (základ = 基礎、税抜き価額)。
01_20130814_to_17_prague_1371

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

レストランのある地下には、アメリカン・バーもあって、こっちも入ってみたかったなぁ~。
01_20130814_to_17_prague_1357

バーの入口前にあった、市民会館の模型
01_20130814_to_17_prague_1353

壁の葡萄酒の杯(聖杯?)の装飾
01_20130814_to_17_prague_1372

次に、旧市庁舎の見学 アンダーグラウンドツアーへ。

続きます。「プラハ旧市庁舎 ガイドツアー 地下見学 (中世アンダーグラウンドツアー)

| | コメント (0)

プラハ 市民会館 ミュシャの壁画 市長ホール

プラハ 市民会館 見学ガイドツアー スメタナホール」のつづき。★プラハ個人旅行 まとめ記事

プラハ 「市民会館」 (Obecní dům) http://www.obecni-dum.cz/ の見学ガイドツアーの目玉は、なんと言っても、アルフォンス・ミュシャ (ムハ Alfons Maria Mucha, 1860 - 1939) が内装を手がけ、ミュッシャの壁画のある 「市長ホール(市長の間 Primátorský sál, Mayor's Hall)」だと思う。

プラハ市民会館の市長ホール(市長の間 Primátorský sál, Mayor's Hall)
http://www.obecnidum.cz/en/mayors-hall-1404042389.html
01_20130814_to_17_prague_1336

アールヌーボー装飾が美しい。1910年、ミュッシャはパリと米国から帰国したときから、市長ホールの内装作業を開始した。
01_20130814_to_17_prague_1316

フレスコ画の画題は、 スラブの歴史をたどる 「スラブの調和」(The Slavic Concord)
01_20130814_to_17_prague_1325

01_20130814_to_17_prague_1317

01_20130814_to_17_prague_1318

カーテンの刺繍も同時のまま。
01_20130814_to_17_prague_1319

01_20130814_to_17_prague_1326

カーテンに触れないようにと、ガイドの人が注意を促していた。
01_20130814_to_17_prague_1329

ステンドグラスの装飾も美しかった。
01_20130814_to_17_prague_1335

次に、市民会館の地下。市民会館のレストランで、ランチ休憩。

つづきます。「プラハ 市民会館 レストラン

| | コメント (0)

プラハ 市民会館 見学ガイドツアー スメタナホール

ヴァルトシュテイン通り プラハ城下庭園 メトロカフェ」のつづき。★プラハ個人旅行 まとめ記事

「市民会館」 (Obecní dům) http://www.obecni-dum.cz/ の中をガイドツアーで見学。13:00からの回。
01_20130814_to_17_prague_1685

人数限定。英語でのツアーでしたが、スメタナホール、アルフォンス・ミュシャ (ムハ Alfons Maria Mucha, 1860 - 1939) が内装を手がけ、ミュッシャの壁画のある 「市長室 (Primátorský sál)」 など見所満載でしたcute

スメタナホールの入口
href="http://kino-ko.tea-nifty.com/photos/uncategorized/2016/06/28/01_20130814_to_17_prague_1344.jpg">01_20130814_to_17_prague_1344

01_20130814_to_17_prague_1287_2

照明が無いと、イマイチ感動が薄いような・・・(笑)。
01_20130814_to_17_prague_1295

アールヌーヴォーの壁画もあったりして綺麗なんだけど・・・、夜の煌びやかな雰囲気のコンサートに行ってみたくなた。
01_20130814_to_17_prague_1291

天井のステンドグラスも綺麗だった。本当はもっと綺麗。写真の腕がイマイチなのです。
01_20130814_to_17_prague_1293

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

美しい内装の部屋の数々を見学。
001_20130814_to_17_prague_1302

01_20130814_to_17_prague_1306

01_20130814_to_17_prague_1307

01_20130814_to_17_prague_1312

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

別の日に撮影した、市民会館の正面。
01_20130814_to_17_prague_247

入口入って左にあるチケット売り場。 入口入って左奥に集合場所、その近くにお土産屋さんとトイレあり。この日の見学は、13時と16時のみでした。
01_20130814_to_17_prague_1125

次に、ミュシャが内装を手がけた 「市長ホール(市長の間)」 へ。

続きます。「プラハ 市民会館 ミュシャの壁画 市長ホール

| | コメント (0)

ヴァルトシュテイン通り プラハ城下庭園 メトロカフェ

プラハ ヴァルトシュテイン宮殿と庭園」のつづき。★プラハ個人旅行 まとめ記事

ヴァルトシュテインスカー通り(Valdštejnská)を歩く。道の右側は、先ほど見学したヴァルトシュテイン宮殿と庭園。
左側に黄色の旗がはためいている館は、パルフィー宮殿(Pálffyovský palác)。素敵そうなレストランあり。★地図と説明 https://mapy.cz/s/OukH
01_20130814_to_17_prague_1257

プラハ城下庭園 (Zahrady pod Pražským hradem, Palace Gardens below Prague Castle) へのエントランス(VSTUP DO ZAHRADY, ENTRANCE TO THE GARDEN)
01_20130814_to_17_prague_1258

この入口は、パルフィー宮殿(Pálffyovský palác)と、現在、プラハ共和国上院(Senát Parlamentu České republiky)の建物の一つとなっているコロヴラート宮殿(Kolowratský palác)との間。 細い階段を上がった先に、チケット売り場(大人 90,-Kč)

プラハ城下庭園は、時間があったら入りたかったなぁ・・・。

でも、下から登るのはちょっと大変そうなので、できれば上から。 プラハ城のロブコヴィッツ宮殿近くのプラハ城入口から南庭園へとちょっと歩いた先の庭園エントランスか、マロストランスカー(Malostranská)へと下る階段の途中にあるエントランスからが良いかも。

特に、一番西側にあるレデブール宮殿 (Ledebourský palác) 。 フレスコ画が描かれたサーラ・テレーナ(Sala terrena)のある小さな庭園。 いつかは訪れてみたい・・・shine

プラハ城下庭園 (Zahrady pod Pražským hradem, Palace Gardens below Prague Castle) を下から眺める
01_20130814_to_17_prague_1265

http://www.prostor-ad.cz/pruvodce/praha/vuva/valdstej/ledebpal.htm
★地図と説明 https://mapy.cz/s/Ouv0
営業時間: https://www.palacove-zahrady.cz/cs
4月 duben 10:00 - 18:00
5月 květen 10:00 - 19:00
6月 červen 10:00 - 19:00
7月 červenec 10:00 - 19:00
8月 srpen 10:00 - 19:00
9月 září 10:00 - 19:00
10月 říjen 10:00 - 18:00

さらに歩くと、左側に、プラハ共和国上院(Senát Parlamentu České republiky)の建物の一つとなっているコロヴラート宮殿(Kolowratský palác)と、右側、同じくプラハ共和国上院の建物の一つである、ヴァルトシュテイン宮殿の入口。
01_20130814_to_17_prague_1259

ヴァルトシュテイン宮殿の入口から中を眺めると、ヴァルトシュテイン将軍の銅像がありました。
001_20130814_to_17_prague_1260

コロヴラート宮殿(Kolowratský palác)。 裏手の小フュルステンベルク宮殿(Malý Fürstenberský palác)と接続している。
001_20130814_to_17_prague_1261

胸に左右対象のクローバーの茎 Kleestängel 飾りをつけたワシの紋章と、照明のところにも紋章あり。
01_20130814_to_17_prague_1261

プラハ城下庭園の緑
01_20130814_to_17_prague_1264

ポーランド共和国大使館(Velvyslanectví Polské republiky)の脇にある「大フェルステンベルク庭園」(Velká Fürstenberská zahrada)の中をちょっと覗いてみたところ。
01_20130814_to_17_prague_1267

大人一人:50,-Kč ここの庭園も綺麗そうshine でも、時間がないのでパス。
01_20130814_to_17_prague_1266

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

ヴァルトシュテインスカー通り(Valdštejnská)を、マロストランスカー(Malostranská)駅のすぐ近くまで歩いて右側、ヴァルトシュテイン宮殿の庭園の一番東側。 きれいな噴水と緑に惹かれて入ってみた。
01_20130814_to_17_prague_1268

この庭園の中にあるメトロカフェ(Metro Cafe)のテラスで休憩。
01_20130814_to_17_prague_1272

写真中央奥が、先ほど入ってきた入口。 写真左側は、 現在プラハ国立博物館の一つとなっている 「ヴァルトシュテイン乗馬学校」 (Valdštejnská jízdárna, National Gallery in Prague / Waldstein Riding School)
http://www.ngprague.cz/en/objekt-detail/waldstein-riding-school/

ブドヴァイゼル・ブドヴァルの黒ビール
01_20130814_to_17_prague_1269

疲れを癒す、甘いパフェcute
01_20130814_to_17_prague_1271

テラス席のすぐそばにあった像
01_20130814_to_17_prague_1270

「ヴァルトシュテイン乗馬学校」 (National Gallery in Prague / Waldstein Riding School)。 2016年6月現在は、皇帝カレル4世の展覧会をやっている。
★地図と説明 https://mapy.cz/s/OvKJ
http://k700.eu/en/
http://www.ngprague.cz/en/detail-novinky/exhibition-emperor-charles-iv-1316-2016-has-opened-at-the-waldstein-riding-school

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

路面電車 5番で、マロストランスカー(Malostranská)駅から、 共和国広場(Náměstí Republiky) に戻る。
01_20130814_to_17_prague_1277

マロストランスカー(Malostranská)停留所のすぐ近くにある、古そうな地検の建物
★地図と説明 https://mapy.cz/s/OvTI
01_20130814_to_17_prague_1275

ヴルタヴァ川 (Vltava ドイツ語名、モルダウ川 Moldau)を路面電車から眺める。地下鉄で行くルートもあるけど、路面電車だと外が見えるので楽しい。
01_20130814_to_17_prague_1279

この後、市民会館の見学へ。

続きます。「プラハ 市民会館 見学ガイドツアー スメタナホール

| | コメント (0)

プラハ ヴァルトシュテイン宮殿と庭園

プラハ ヴァルトシュテイン宮殿へ」のつづき。★プラハ個人旅行 まとめ記事

ヴァルトシュテイン宮殿と庭園 Valdštejnský palác a zahrada (Wallenstein Palace and Garden)
001_20130814_to_17_prague_1250_2

現在は、プラハ共和国上院
★公式サイトでの説明(英語あり) 参照 
http://www.senat.cz/informace/pro_verejnost/valdstejnska_zahrada/
http://senat.cz/informace/z_historie/palace/valdstejn.php

★宮殿と庭の地図(英語あり)
http://www.senat.cz/informace/z_historie/palace/
PDF:
http://www.senat.cz/informace/z_historie/palace/mapa_sidla_senatu_velka_eng.pdf
★庭の公開は、4月~10月。 月曜から金曜日 7:30~18:00, 土日祝日 10:00 ~ 18:00, 6月~ 9月は 19.00 までオープン。
★宮殿の中のツアーは、公式サイト http://www.senat.cz/ (英語あり)の Tours of the Senate、Opening hours of the Senate for the public 参照のこと。

★地図と説明
https://mapy.cz/zakladni?x=14.4043853&y=50.0894430&z=18&source=base&id=1833588

サーラ・テレーナ Sala Terrena (イタリア語 Ground Floor hall) 天井は美しいフレスコ画shine
01_20130814_to_17_prague_1226

01_20130814_to_17_prague_1227

写真のサーラ・テレーナの左側の建物にトイレあり。

この庭園は、映画「アマデウス」(Amadeus)、映画「不滅の恋/ベートーヴェン」(Immortal Beloved)の撮影のロケーションとしても使われていた。衣装を着けた俳優さん、エキストラの人たちを見ると、想像がふくらんでとても楽しいnote

サーラ・テレーナから庭園を眺める。庭園は、後期ルネサンスのイタリア庭園をモデルとしている。
01_20130814_to_17_prague_1229

ヴァルトシュテイン宮殿を建てた、アルブレヒト・フォン・ヴァレンシュタイン(Albrecht z Valdštejna, Albrecht von Wallenstein 1583-1634)は、皇帝フェルディナント2世に仕え、三十年戦争で活躍したボヘミアの傭兵隊長。
しかし、皇帝から謀反の疑いをかけられ暗殺された、悲劇の人。

以前ブログ記事にも書いたけれど、天文学者ケプラー (Johannes Kepler) は、ヴァレンシュタンイン将軍お抱えの数学者となり、その求めに応じて、天文的知識と数学的知識を駆使して占星術を行い、彼の運勢を占った。

そのときのホロスコープが今に残され、本(※)で図版を見たけれど、暗殺は、占星術をもってしても、抗えない運命だったか・・・。

★以前書いた記事:「プラハ ケプラー博物館、ケプラーによる天文学の発展と、ルドルフ2世
 ※ジェームズ・R. ヴォールケル (著)、林 大 (翻訳) 「ヨハネス・ケプラー―天文学の新たなる地平へ (オックスフォード科学の肖像)」(大月書店, 2010)

ワシミミズクの鳥小屋 Výr velký (Eagle owl)  鍾乳石を模した装飾が面白い。
01_20130814_to_17_prague_1230

後ろ姿のミミズクさんたち
01_20130814_to_17_prague_1232

あっ、鍾乳石の間にミミズクさん発見!
01_20130814_to_17_prague_1235

うわーっ、飛んでる!!
01_20130814_to_17_prague_1236

鍾乳石壁 The Grotto (Dripstone Wall) こんなに広い壁面だと迫力ある。
01_20130814_to_17_prague_1237

自然の花々に心癒される。
01_20130814_to_17_prague_1239

お疲れさん。ベンチに座って、しばし休憩
01_20130814_to_17_prague_1240

ベンチから眺めた風景
01_20130814_to_17_prague_1242

噴水。ここで、外国からの観光客の女性から記念写真を頼まれて撮影。私たちも撮ってもらった。
01_20130814_to_17_prague_1244

左は撮ってもらった写真の一部。 右の写真にあるとおり、観光客が結構歩いていて、ツーショットだけで写してもらうのって難しいのだ。撮ってくれた女性は、ちょっとどいて、って頼んでくれたし、アングルも凝って何枚も写してくれたので、とても嬉しかった。
0001_20130814_to_17_prague_1245


庭園にある彫像は、ルドルフ2世お気に入りの彫刻家でもあった、アドリアン・デ・フリース(Adriaen de Vries)の作品。
もっとも、オリジナルの作品は、30年戦争(1618年から1648年)の最後の年、スウェーデン軍がプラハのマラーストラナを占領した際、スウェーデン軍に略奪されたため、ここにあるのは、そのレプリカ。

バッカス像 Bacchus 
01_20130814_to_17_prague_1249

ラオコーン Laocoon トロイの木馬を運び込もうとする民を諌めようとしたラオコーンさん。女神アテナの怒りを買って放たれたへびと格闘中。息子二人も、とばっちりで犠牲に。
01_20130814_to_17_prague_1251

庭園の入口と見学コース
01_20130814_to_17_prague_1219

入口付近にあった、心そそられる扉と天井のグロット装飾。 庭園の鍾乳石壁を見たら納得なんだけど、最初見たとき、この天井、なんでここで鍾乳石が溜まって落ちてきてるわけ!?って思ってしまった。
001_20130814_to_17_prague_1223

今回は宮殿見学ができる土日祝日ではなかったので、中の見学はせず。
001_20130814_to_17_prague_1220

現在プラハ共和国上院となっている建物
01_20130814_to_17_prague_1256

宮殿の設計者は、イタリアの建築家、アンドレア・スペッツァ (Andrea Spezza)。

宮殿の建設工事は1623年に始まり、アンドレア・スペッツァの他に、Nicolo Sebregondi、Giovanni Pieroni などイタリアの巨匠が参加。1630年、宮殿の装飾が完成。

この工事、30年戦争(1618年から1648年)のまっ最中だったし、皇帝軍に参加していたヴァルトシュテイン将軍、ここで過ごした時間は、さぞや貴重なものだったろうなぁ・・・。

つづきます。「ヴァルトシュテイン通り プラハ城下庭園 メトロカフェ

| | コメント (0)

プラハ ヴァルトシュテイン宮殿へ

プラハ 聖ミクラーシュ教会 (マラーストラナ)」のつづき。★プラハ個人旅行 まとめ記事

先ほどの聖ミクラーシュ教会の近くにある、マラーストラナ広場のアーケード。敷石も可愛いnote
01_20130814_to_17_prague_1203

アーケードから、聖ミクラーシュ教会の入口に面した広場を眺める。写真左側が、リヒテンシュタイン宮殿 Lichtenštejnský palác (Lichtenstein Palace)。中央奥に小さく見えるのがプラハ宮殿。
01_20130814_to_17_prague_1204

路面電車の停留所のすぐ近く。現在、銀行 KB (Komerční banka, a.s) がある、カイザーシュタイン宮殿 Kaiserštejnský palác (kaiserstein Palace)。
1714年に完成。先ほどの聖ミクラーシュ教会と同じく、クリシュトフ・ディーツェンホーファー (Kryštof Dientzenhofer) が建築に関わっている、ルネサンス様式の建築物。
01_20130814_to_17_prague_1206

二階のバルコニー、敷石に、オッ!これはただモノではないと思って写真を撮ったら、やっぱりそうだったcute
貸しホールもあるそうです。(http://www.pragueconvention.cz/conference_facility/kaiserstein_palace___conference_facility___venue/ Kaiserstein Palace has a variety of halls and function rooms available to meet all social event requirements in a refined style.)

★地図&建物の解説
https://mapy.cz/zakladni?x=14.4043424&y=50.0890541&z=18&source=base&id=1836618

ヴァルトシュテイン宮殿に向かうべく、トマーシュ通り (Tomášská)へ。
左側手前にちょこっと写っているスグラフィットの装飾のある建物は、プラハ共和国下院 の建物の一つとなっている シュテルンベルク宮殿 Šternberský palác (Sternberg Palace)。シュテルンベルク宮殿は、プラハ王宮の正門のあるフラッチャニ広場にもありました。https://www.psp.cz/sqw/hp.sqw
01_20130814_to_17_prague_1207

見上げると、こんな鹿と人?の彫像があったりして、なかなかボーッとは歩けない(笑)。
01_20130814_to_17_prague_1208

そして、レストランあり。時間があったら入りたかったなぁ。
01_20130814_to_17_prague_1209

この壁面装飾が、3倍以上横に増し増しの豪華な建物。有名な音楽家 ヤン・ヴァーツラフ・トマーシェク(ドイツ語名 ヨハン・ヴェンツェル・トマシェク(Johann Wenzel Tomaschek))の家なのだそう。
01_20130814_to_17_prague_1211

★地図&建物の解説
https://mapy.cz/zakladni?x=14.4043424&y=50.0890541&z=18&source=base&id=1834668

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

右側にヴァルトシュテイン宮殿のある、ヴァルトシュテイン広場(Valdštejnské náměstí)に到着。
01_20130814_to_17_prague_1213

ヴァルトシュテイン宮殿 Valdštejnský palác (Wallenstein Palace)
01_20130814_to_17_prague_1212

一番左側が、ヴァルトシュテイン宮殿庭園への入口です。

豪華で風格のある扉
01_20130814_to_17_prague_1215

庭園入口にある石の柱の中央に、ライオンの彫刻。柱一つとっても、なんだかすごそうだなーって思いました。
01_20130814_to_17_prague_1217

と、写真を撮ってるうちにスタスタと入ってしまう、我が夫。 待って待って~!!
01_20130814_to_17_prague_1218

続きます。「プラハ ヴァルトシュテイン宮殿と庭園

| | コメント (0)

プラハ 聖ミクラーシュ教会 (マラーストラナ) 

プラハ路面電車でマラーストラナ広場 聖ミクラーシュ教会へ」のつづき。★プラハ個人旅行 まとめ記事

聖ミクラーシュ教会 (Kostel svatého Mikuláše, St. Nicholas Church (Malostranské náměstí))
01_20130814_to_17_prague_1143

聖ミクラーシュ教会は、チェコにおける最も有名なバロック建築の教会。

http://www.stnicholas.cz/ 9:00-17:00 見学料・大人: 70,- CZK
★地図&建物の解説
https://mapy.cz/zakladni?x=14.4034412&y=50.0884449&z=18&source=base&id=1702822

1283年、ゴシック建築として創建。 白山の戦いを経たのち、カトリックのイエズス会の教育機関(the former Jesuit collage)となりました(その後、1773年、ローマ教皇クレメンス14世 Pope Clement XIVによって、イエズス会は解散させられる)。

今日の教会は、1704年から1756年にかけて、三代にわたるバロック建築の巨匠、クリシュトフ・ディーツェンホーファー (Kryštof Dientzenhofer 1704-1711)、その息子、キリアン・イグナーツ・ディーツェンホーファー (Kilián Ignác Dientzenhofer 1737-1752)、キリアンの娘婿、アンセルモ・ルラーゴ (Anselmo Lurago 1751-56) によって完成されました。

内陣の天井のフレスコ画、「聖三位一体の栄光」(A fresco by František Xaver Palko)
01_20130814_to_17_prague_1153

豪華すぎる説教壇
01_20130814_to_17_prague_1144

中央身廊の天井のフレスコ画、「聖ミクラーシュの栄光 Apotheosis of St Nicholas」(ウィーンの画家ヨハン・ルーカス・クラッカー Viennese painter Johann Lukas Kracker from 1761)。
01_20130814_to_17_prague_1185

二階から見ると、こんな感じ。 スペクタクルな天井画。 面積は広いわ、天井は高いわ、描くのはとても大変だったはず・・・。
01_20130814_to_17_prague_1164

左右の内部も超豪華。 アングルを変えて撮らないと、この豪華さ、とても記録しきれないと思った。
01_20130814_to_17_prague_1154

01_20130814_to_17_prague_1155

左前方に階段があり、二階に上がれるようになっている。
01_20130814_to_17_prague_1157

天井の大理石アーチと彫刻の数々。ただ、圧倒されてしまった。角度を変えて見ると、まったく見えないのだが、内陣の上部にも、小さなバルコニーがついているのがわかる。
01_20130814_to_17_prague_1177

柱の装飾も全く手を抜いていない。 天井と柱の境目も凄く凝っている。
01_20130814_to_17_prague_1175

大理石の柱とアーチが何連にも続いているところが、また凄いと思う。
01_20130814_to_17_prague_1169

下を見るとこのような感じ。設計も建築も、とても大変だったろうなあ・・・。
01_20130814_to_17_prague_1173

モーツァルト (W. A. Mozart) も演奏したパイプオルガン。
01_20130814_to_17_prague_1178

パイプオルガンのパイプ周辺の彫刻、天使たち。写真は左側のみ。右側にもあり。二階にのぼらないと、ここまでは見えない。
6mの高さのパイプが4000個以上もあり、1745-47年にかけて作られた。
01_20130814_to_17_prague_1170

美しい楕円の天井のフレスコ画
01_20130814_to_17_prague_1193

その天井の下の祭壇や絵も美しい。
01_20130814_to_17_prague_1195

彫刻の一部。思わず目を留めてしまう彫刻の美しさ。これがいくつも・・・。
01_20130814_to_17_prague_1190

いやはや、壮麗なカトリック教会。写真をアップしすぎの感があるけど、これでも一部。
01_20130814_to_17_prague_1196

この豪華すぎるバロック教会。モーツァルト追悼ミサも、いち早くこの教会で行われたし、ここでのコンサートも聴きたかったなぁ・・・。
01_20130814_to_17_prague_1199

★聖ミクラーシュ教会 公式サイト http://www.stnicholas.cz/en/about-the-church/
★田中充子著 「プラハを歩く (岩波新書)」131頁~138頁参照。

こちらの教会。ちゃんと中に入って見学して、本当に良かったと思いましたshine

続きます。「プラハ ヴァルトシュテイン宮殿へ

| | コメント (0)

プラハ路面電車でマラーストラナ広場 聖ミクラーシュ教会へ

チェコ郵便局から荷物を送る プラハの歩道の石畳」のつづき。★プラハ個人旅行 まとめ記事

朝10時前に、「市民会館 (Obecní dům)」で、見学チケットを購入。
★現在(2016/06)は、市民会館の公式サイトで、前売りの見学チケットの購入が可能になっています。
http://www.obecnidum.cz/en/turistic-tours.html 一般: 290,- CZK 人数制限があるので早めに購入したほうがよいかも)。

その後、マラーストラナ Malá Strana (Little Quarter)、マラーストラナ広場にある、聖ミクラーシュ教会へ。

マラーストラナ広場 (Malostranske náměstí) に到着。
01_20130814_to_17_prague_1138

路面電車 5番で Náměstí Republiky (共和国広場) から Malostranská (マロストランスカー) まで。
路面電車 20番に乗り換え、Malostranská (マロストランスカー) から マラーストラナ広場 (Malostranske náměstí) まで。 

写真左は、プラハの公共交通サーチの検索結果。 約15分くらいで到着。
http://jizdnirady.idnes.cz/praha/spojeni/
写真右は、乗り換えの Malostranská (マロストランスカー) 停留所。 行き先の矢印と路線番号が書いてあるのでわかりやすい。
001_20130814_to_17_prague_1193

プラハの公共交通サーチで検索し、Mapa をクリック。 詳細な地図も出てきます。
0001_20130814_to_17_prague_1194

★路面電車については、以前書いたブログ記事:
プラハ 路面電車でプラハ城へ ★路線図&時刻表
プラハ 路面電車でプラハ城へ マロストランスカーで乗り換え&城に到着

★プラハの地下鉄と路面電車 路線図は、PDF Metro and trams (stops)
http://www.dpp.cz/en/transport-around-prague/transit-schematics/

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

マラーストラナ広場 (Malostranske náměstí) の路面電車の停留所のある所から見た、聖ミクラーシュ教会 (Kostel svatého Mikuláše, St. Nicholas Church (Malá Strana)) http://www.stnicholas.cz/
01_20130814_to_17_prague_1205

マラーストラナ広場 (Malostranske náměstí)

写真右手前が、聖ミクラーシュ教会 (Kostel svatého Mikuláše, St. Nicholas Church (Malostranské náměstí))
写真左手前(聖ミクラーシュ教会の真向かい)が、リヒテンシュタイン宮殿 (Lichtenštejnský palác, Liechtenstein Palace (Malostranské náměstí))
01_20130814_to_17_prague_1140

リヒテンシュタイン家は、皇帝ルドルフ2世の治世の頃、初代リヒテンシュタイン公となるカール1世 (Karl I. von Liechtenstein) がハプスブルク家の寵臣として活躍。 1608年には、世襲制の「侯」の位を授与され、侯爵家となりました。

1620年11月8日、プラハ近郊で カトリックとプロテスタントが激突した 「白山の戦い」(ビーラー・ホラの戦い)では、カール1世は、マティアスの跡を継いだ皇帝フェルディナント2世(カトリック側)につき、皇帝側(カトリック側)が勝利。
白山の戦いの後、カール1世は、このリヒテンシュタイン宮殿を所有し、1627年まで住んでいました。

その間、1621年6月21日には、プラハの旧市街広場で、白山の戦いにおける反乱軍の首謀者、27名が処刑。
1627年、改訂領邦条例の発布により、ボヘミアでは、ハプスブルク家による絶対支配体制が確立し、カトリックが唯一の宗教と定められ、プロテスタントが弾圧されたのでした。

現在の建物は、1791年、建築家 Mathias Hummel による建築。

現在は、プラハ芸術アカデミー HAMU Praha (Music and Dance Faculty of the Academy of Performing Arts in Prague) http://www.amu.cz/cs

★地図&建物の解説
https://mapy.cz/zakladni?x=14.4042941&y=50.0885619&z=18&source=base&id=1836574
★Google 翻訳 https://translate.google.co.jp/#auto/ja/
http://www.informuji.cz/objekt/4181-sal-bohuslava-martinu/
★リヒテンシュタイン美術館展 リヒテンシュタイン侯爵家について http://www.asahi.com/event/liechtenstein2012-13/about.html

マラーストラナ広場の 「聖三位一体柱」(The Holy Trinity Column)
01_20130814_to_17_prague_1200

この聖三位一体柱は、ペスト流行の終結に感謝を込めて、1715年に建造されました。その後、1772年の飢饉の後に彫刻の一部が補充されています。
★地図&建造物の解説
https://mapy.cz/zakladni?x=14.4042941&y=50.0885619&z=18&source=base&id=1720631

聖ミクラーシュ教会 (Kostel svatého Mikuláše, St. Nicholas Church (Malostranské náměstí))
http://www.stnicholas.cz/ 9:00-17:00
01_20130814_to_17_prague_1202

★地図&建物の解説
https://mapy.cz/zakladni?x=14.4034412&y=50.0884449&z=18&source=base&id=1702822

薩摩秀登著「プラハの異端者たち―中世チェコのフス派にみる宗教改革 (叢書 歴史学への招待)」(現代書館、1998年)255頁から271頁参照。

次に、プラハのバロック建築を代表する、壮麗な聖ミクラーシュ教会の内部を見学。 見学料・大人: 70,- CZK

続きます。「プラハ 聖ミクラーシュ教会 (マラーストラナ)

| | コメント (0)

«チェコ郵便局から荷物を送る プラハの歩道の石畳