« 将棋大会(職団戦)を見学する | トップページ | 「假屋崎省吾の世界展」を観にいく »

「日本橋三越 新館」に行く Nihombashi Mitsukoshi Shinkan

きのうの午後は、夫と三越日本橋本店の 新館 に行ってきました。

オープン初日だったせいか混雑しており、一階入口からは入れてもらえず本館地下から連絡通路で新館へ。
もしかして、本館にもお客さんを誘導する戦略か?と思ったけど、外の道路も人通りが結構あったし仕方ないのでしょう。

本館に比べると売り場面積は小さいけれど、女性向けのお洒落なお店が割と入っていて楽しめそうです。
たとえば、1F「コールハーン」の靴も素敵だったし、8F「ビーズサロン」も楽しそう♪ 
新館フロアガイドは「こちら」をクリック。
込み合っていない平日にゆっくりお買い物してみたいものです。

2Fの窓に面しているレストスペースはゆったりしたソファーもあり、ゆっくり休憩できました。
9Fの女性用トイレには同フロアに「カルチャーサロン」もあるためか、パウダースペースにドライヤーも置いてありました。

「假屋崎省吾の世界展 ~天才華道家、琳派に挑む~」 も22日(金)までなので見てみたいところ。
きのうはサイン会があったみたいで、サインしてもらいたかったけど夫も一緒だったのでパス。残念。
お店にディスプレーされていたお花も豪華で素敵でした。


ひととおり見て回った後、
9F 「グリル満天星」 へ行き 「おすすめ洋食コース」 を注文。

生ビールで乾杯の後、オードブルが三種類。「鴨のハーブソース、フレッシュバジルなどのハーブ添え」が美味しかったです。
コーンスープも美味しかった♪

ワインは、イタリアの 「ゾーニン・ガヴィ」 (白)を別途注文。
すっきりとした飲み心地でお料理を引き立たせる美味しいワインでした。

その後セレクトメニューで私は「エビフライ」。
たまたまだったと思いますが、衣にサクサクッとした食感があまり感じられず、タルタルソースの量も少なめで 何だか物足りなく思われたのが残念でした。
私の理想とするエビフライ(たとえば、神保町のビヤホール・洋食屋 「ランチョン」 のエビフライ)と見解の相違があったのかもしれません。( 「ランチョン」については「こちら」 もクリック)

夫のセレクトした「ハンバーグ」は、美味しいデミグラスソースがかかっていてとても美味しかっただけにセレクトを失敗したかも。

その後、セレクトメニューで私は「ハヤシライス」。こちらもデミグラスソースがとっても美味しかった。
夫は「オムレツライス」をセレクトしていました。私は「ハヤシライス」の方が好みかな。

デザートは「杏仁豆腐」。杏仁は美味しかったけれどサイズ小さめの一個のみ。
食べすぎでお腹をこわさないようにとの配慮でしょうか?
美味しいものは ついつい食べすぎ傾向にある私はむしろ感謝すべきかも・・・。

美味しいコーヒー(紅茶などセレクト可能)が最後に出てきて、コースで¥4,200でした。
単品メニューもあり、気軽に入れる洋食屋さんといったところ。


帰りがけに
B2Fの 「アンジェリーナ」 へ。新館地下2F スイーツフロアについては「こちら」と「こちら」のHPの記事が参考になりました。

*写真は 「アンジェリーナ」 (B2F)の日本橋三越限定 「モンブランシュー」 (クリックで拡大します)
まず、上のシューを、しっかりとした栗味のモンブランとフレッシュで美味しい生クリームで♪
次に、モンブラン、生クリーム、カスタードを合わせて♪♪
最後に、残りのモンブラン、生クリーム、カスタードを下のシューとともに♪♪♪
とっても美味しくてほぼ二個(夫に一口だけあげたので)食べてしまいました。
お腹がいっぱいだったけれど、美味しいデザートは別腹ですよね。お土産にオススメです。

dsc00457.JPG

|

« 将棋大会(職団戦)を見学する | トップページ | 「假屋崎省吾の世界展」を観にいく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14678/1657500

この記事へのトラックバック一覧です: 「日本橋三越 新館」に行く Nihombashi Mitsukoshi Shinkan:

» 日本橋三越 新館 [こんなものを買った。−ムダ遣い日記−]
10月12日オープン、ということで既に一月も経ってしまった。初日は避けたが先月のうちに見に行きはしたのだけれど、どうも書く気がせずのびのびになってしまった。だっ... [続きを読む]

受信: 2004.11.10 13:53

« 将棋大会(職団戦)を見学する | トップページ | 「假屋崎省吾の世界展」を観にいく »