« 日本橋蛎殻町 「テキサス」  Texas, Yoshoku resturant in Tokyo's Nihombashi Suitengu-Mae | トップページ | パット・メセニー・グループ THE WAY UP コンサート・チケットが届く »

千束・吉原・浅草 散歩

12/5(日)は、台東区 三ノ輪から一葉記念館・吉原神社・浅草 を散歩しました。

台東区の地図は、「こちら」 をクリック。
■追記:その後に書いたエントリー (2007/2/28 ~ 3/1)
●浅草・吉原散歩 その1 浅草 「待乳山聖天」(まつちやましょうでん)
●浅草・吉原散歩 その2 浅草 「今戸神社」
●浅草・吉原散歩 その3 「吉原大門」、 天ぷら 「土手の伊勢屋」、桜なべ 「中江」
●浅草・吉原散歩 その4 「一葉記念館」 から 「浄閑寺」 (投げ込み寺)
●浅草・吉原散歩 その5 吉原 桜なべ 「中江」
・・江戸時代の切絵図、明治時代の地図、現代の地図も掲載しています。

--------------------------------------------------------

まず、日比谷線 三ノ輪駅からゆっくり歩いて10分ほどの、 「台東区立 一葉記念館(樋口一葉)」 へ。

処女作「闇桜」原稿や、「たけくらべ」の草稿など、流れるような美しい筆跡で書かれていたのが印象的でした。
小説の師 半井桃水宛 書簡には、当時の一葉の心情が痛々しく迫ってくるようでした。

実際に一葉の着ていた着物や龍泉寺町の一葉の住んでいた家の模型などもあり、とても見ごたえのある記念館でした。

新札発行記念特別展 ~一葉と龍泉寺町「たけくらべ」の舞台~ は、平成16年12月23日(祝)まで。

dsc01104_■一葉記念館 (樋口一葉記念館)

建物改築に伴い展示場を移転し、竜泉の一葉記念館は建物改築等にともない閉館。
閉館期間: 平成17年1月31日から平成18年11月初旬まで
◎なお、閉館期間中は下記の場所に移転し開館。
移転場所 生涯学習センター内3階展示ホール (西浅草3丁目25番16号)
移転先開館日 平成17年2月22日より(月曜休館日)

問合せ
一葉記念館  TEL 03-3841-8671
詳しくは、一葉記念館のHP (「こちら」 をクリック) を参照のこと。

入館料:一般130円、小・中学生50円 毎年11月23日(一葉祭)は無料公開
開館時間:午前9時~午後4時30分(入館は4時まで)
休館日:月曜日(祝日と重なる場合は翌日) 12月29日~1月3日/特別整理期間

一葉記念館については、「こちら」 もクリック。


そこから 歩いてほどなく 「吉原神社」へ。
久保田万太郎の碑 「この里におぼろふたゝび濃きならむ」が鳥居の傍らにありました。

dsc01105_


dsc01114_
そこから 道なりに少し歩いて、「吉原弁財天」へ 。
「大震火災殃死者追悼紀念碑」などがありました。
(*写真は、弁財天の鳥居と追悼記念碑の上の像。)

dsc01110__

昔の大震災、戦災の歴史に想いを馳せました。

そちらにあった 平成元年三月、台東区教育委員会による
「花吉原名残碑 (台東区千束三丁目二十二番 吉原神社)」によると

「吉原遊郭は、江戸における唯一の幕府公許の遊里で、元和三年(1617) 葺屋町東隣 (現中央区日本橋人形町付近) に開設した。吉原の名称は、はじめ 葭原 と称したのを 縁起の良い文字にあらためたことによるという。

明暦三年(1657) の明暦の大火を契機に、幕府による吉原遊郭の郊外移転命令が実行され、同年八月 遊郭は浅草千束村(現台東区千束)に移転した。これを 「新吉原」 と呼び、移転前の遊郭を 「元吉原」 という。

新吉原は江戸で有数の遊興地のとして繁栄を極め、華麗な江戸文化の一翼をにない、幾多の歴史を刻んだが 昭和三十三年売春防止法の成立によって廃止された。

その名残を記す当碑は、昭和三十五年地域有志によって建てられたもので、碑文は共立女子大学教授で俳人、古川柳研究家の山路閑古による。

昭和四十一年の住居表示の変更まで新吉原江戸町、京町、角町、揚屋町などの町名が残っていた。」とのこと。

吉原遊郭といえば、五社英雄監督の映画 「吉原炎上」 の印象が強いのですが、華やかに見えるけれど、哀しさが胸に迫る吉原遊郭のことを想いながら散策。

あの映画は、出演者も豪華だったし、パワフルで面白かったし、懐かしいです・・・。

その後、花園通りへ。
「情報喫茶」というお店があって、ナンと、情報は「無料」。
一体何の情報? まさか散歩情報じゃなさそうだし・・・と訳がわからなかったのですが
歩くうち このテの店があまりに多くなってきたのでようやく納得。おそらく風俗関係か。

残念ながら(?)今回はそういう潜入レポートではないので(笑)
浅草寺の裏手まで、浅草5丁目あたりで道に迷ったりしながら散策しました。

「吉原遊廓」 については、 「お江戸きまぐれ帖」 というサイトが詳しくて、とても面白かったです。
イギリス在住の方が作っていらっしゃる、新吉原へ登楼の疑似体験まで出来る、オススメ サイトです。

dsc01122吉原界隈については、「こちら」 をクリック。

千束周辺、浅草4~5丁目については、「こちら」 をクリック。

*ライトアップされた浅草寺の五重塔(クリックで拡大)


その後、浅草六区ブロードウェー入口にある洋食屋 「リスボン」 へ。

そちらで、ひれかつセット(ポタージュスープ付き ¥1,600くらいだったと思う) をいただきました。
実家でよく母が作ってくれた 衣が薄くて幾つ食べても胃にもたれなかった美味しい「ヒレカツ」を 、なぜかふと思い出させてくれた、懐かしい味でした。
隅にテレビが置いてある庶民的・いわゆる大衆的な雰囲気で、夫とゆったり寛げました。

dsc01131_

その後、オレンジ通り沿いの 「おいもやさん 興伸」 で、大学いもとスイートポテトをお土産に購入。
どちらも美味しくて大満足でした♪
(巣鴨とげぬき地蔵通り沿いにもお店があることを発見!オススメです。)

今回は、吉原の見返り柳を探そうとして道に迷い、さんざん歩いて疲れましたが
ダイエット効果も大きく(笑)、楽しい散歩でした。

|

« 日本橋蛎殻町 「テキサス」  Texas, Yoshoku resturant in Tokyo's Nihombashi Suitengu-Mae | トップページ | パット・メセニー・グループ THE WAY UP コンサート・チケットが届く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14678/2266179

この記事へのトラックバック一覧です: 千束・吉原・浅草 散歩:

« 日本橋蛎殻町 「テキサス」  Texas, Yoshoku resturant in Tokyo's Nihombashi Suitengu-Mae | トップページ | パット・メセニー・グループ THE WAY UP コンサート・チケットが届く »