« アロマ・トリートメント & マカロン | トップページ | 日本橋 「三井記念美術館」 に行く »

「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐」(ジョージ・ルーカス監督)を観る

きのう(10/7(金))は、錦糸町シネマ8楽天地 で 映画 「スター・ウォーズ エピソードⅢ シスの復讐」を観てきました。

スターウォーズシリーズの公式ページ (英語だけど、画像は充実) は 「こちら」。
STAR WARS.com 日本語版、STAR WARS Japan.com は 「こちら」 をクリック。

051007_starwars_episode_3

ついにダークサイドに堕ちるアナキンの目、そしてあの仮面を顔に被せられるアナキン、改め ダース・ベイダー。
ヘイデン・クリステンセンの ちょい甘の かわいー顔が。 あぁーーーーーーー。

絶望の淵に真っ逆さまに堕ちていく、アナキンの心の叫びが聞こえてきそう。

一番最初のエピソード4の公開が 1977年。
その当時、こんなすごい映像見たことないってくらい衝撃的。
ハリソン・フォードがハン・ソロ役で出ていて格好よかったし。

あれから、28年もたってたなんて・・・ と、これまた衝撃的。

これで完結なのね、と思うと感慨深いものがありました。

CGも素晴らしかったです。もう満腹っていうくらい(^^)。
大画面で見るのがやっぱり、いいのでしょうね。

シスの誘惑から 「家事放棄」 という ダークサイドに陥っていた、この私。

けれども 善の心は残っていたようで、夫が帰宅、ピンポ~ンの音とともに 我に返って、
あわてて、晩御飯の準備をしてました。 めでたし。めでたし。 (^_^;)

今日は、水天宮前駅から半蔵門線で錦糸町駅へ。3駅で、改札を出てからすぐ、地下から直通のビル。今日見たスクリーンは、すごい大画面ではなかったけれど、思い立ったとき普段着で即行かれる映画館なのでした。

|

« アロマ・トリートメント & マカロン | トップページ | 日本橋 「三井記念美術館」 に行く »

コメント

その陥ったダークサイドには笑いました。

投稿: イチロー | 2005.10.08 10:03

日々、ダークサイドの誘惑に負けそうな PADAWAN です(笑)。
フォースの鍛錬に励まなくては。

イチローさんがスター・ウォーズをようやく観に行かれたという日記を拝見し、
やばっ、ロードショーが終わらないうちに行かなくてはーーーと、この映画館での最終日
ぎりぎりセーフで観てきました。

今、スター・ウォーズのオープニング・ファンファーレ、頭の中をぐるぐる駆け巡ってます。
いいですよねー、あの曲。

投稿: きのこ | 2005.10.08 11:59

もう28年かぁ...
日比谷の日劇だったっけ?連れて行ってもらったのは遠い昔。

あれが無かったら、いまの仕事はしてないかもしれないね(笑)

投稿: hirojk | 2005.10.09 19:47

有楽町マリオンができたのが、1984年。今から20年ほど前だから、まだ日劇の頃だったんですね。懐かしい。
http://www.takenaka.co.jp/t-file_j/d_synthesis/mullion/

hiroさんに与えた影響って大きかったかもしれないですね。いい作品に出会えて良かったよね (^^)。

投稿: きのこ | 2005.10.09 20:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14678/6301569

この記事へのトラックバック一覧です: 「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐」(ジョージ・ルーカス監督)を観る:

« アロマ・トリートメント & マカロン | トップページ | 日本橋 「三井記念美術館」 に行く »