« 日本橋 「三井記念美術館」 に行く | トップページ | キース・エマーソン ライブ @東京厚生年金会館 に行く »

根津美術館 特別展 「国宝 燕子花図 -光琳 草花の意匠-」を観る

10/10(月)は、南青山の 根津美術館 で開催されている特別展 「国宝 燕子花図 -光琳 草花の意匠-」 を観に行ってきました。

zuroku_nezu_bijyutukan_051010_

国宝 「燕子花図 (かきつばたず)」尾形光琳 筆 は、4年半にわたり保存修復のため展示できなかったもの。
今回、修復を終えた こちらの屏風を展示する特別展ということで、とても楽しみな展覧会でした。
展覧会のご案内は 「こちら」 。

「燕子花図」は、光輝く金箔地に、鮮やかな群青と緑青の色彩の燕子花が リズミカルに配置されていて、 その色彩と画面構成の素晴らしさに、ただただ感嘆するばかり。

至近距離からだけでなく、しばらく屏風から離れた位置で、屏風画を堪能してました。
この琳派を代表する装飾性もさることながら、リズミカルな花の配置が 心地よい動きを感じさせ、 画面の外へと広がっていくような、そんな力強い美しさを感じた作品でした。

他に印象に残ったのは、

「四季草花図」「伊年」印 (根津美術館蔵)の屏風の花は、群を抜いた美しさでした。

それから、金箔地にたわわな白い花が美しい「菊図」尾形光琳 筆 (個人蔵)も絢爛たる美しさでしたが、惜しむらくは もう少しだけ 離れて観るためのスペースが欲しかったです。

後期に展示される 国宝 「八橋蒔絵螺鈿硯箱」尾形光琳 作 (東京国立博物館)や、重要文化財 「槇楓図」 尾形光琳 筆 (東京芸術大学大学美術館) なども、これから楽しみです。


■根津美術館 特別展 「国宝 燕子花図 -光琳 草花の意匠-」

会期:2005年10月8日(土) ~ 11月6日(日)

   前期 10月8日(土) ~ 10月23日(日)
   後期 10月25日(火) ~ 11月6日(日) 前期・後期で一部展示替えあり

開館時間:午前9時30分 ~ 午後4時30分(入館は午後4時まで)

休館日:月曜日(10月10日は開館、翌11日は休館)、展示替期間

こちらの特別展の入場料は、¥1,000 (一般)。庭園入場料を含む

詳しくは、根津美術館 HP (「こちら」)。

住所:港区南青山6-5-1 アクセスは 「こちら
TEL:03-3400-2536

nezubijyutukan__entrance_051010_

この日はあいにく雨降り。写真は「弘仁亭」と、その近くから撮影したものです。

kounintei__nezubijutukan_051010_

mezu_bijyutukan_teien_051010_

ずっと昔、お茶を習っていた時、こちらでお茶会があった際、「弘仁亭」でお茶をたてたことがありました。今では本当にいい思い出です。
まだお茶の先生が存命中だった あの頃をしみじみ想い出し、懐かしい思いでいっぱいになりました。

雨の匂いのする、緑の生い茂る日本庭園も素敵でしたが、この日 気合を入れて履いていたお洒落な靴がダメになることを危惧し、途中で撤退。
また後期、晴れた日にでも散歩しようと心に誓ったのでした。

----------------------------------------------------------

その後、「キル・フェ・ボン」 で 「タルト・モンブラン」 を購入しました♪

montblanc__gon_051010_

喫茶は、1時間20分待ちとのこと。 人それぞれだと思うんですが、いくらなんだって・・。
雨足も激しかったし、早く家に帰って のんびりお茶しよっ、 と家路を急ぐ私でした。

和栗を使ったモンブランはクリーミーで甘さ控えめ。サクッとしたタルトと一緒に美味しくいただきました♪
甘いものが苦手な人でもOKかも。でも、フレッシュすぎて、あんまり 「モンブラン」 ぽくないかも。。

■キル フェ ボン 青山
住所: 港区南青山3-18-5 アクセスは 「こちら
TEL : 03-5414-7741
営業時間 : 11:00~20:00
HPは 「こちら」 。 青山の他にも、いろいろ支店があったんですね。

モンブランといえば、あの 日本橋 千疋屋総本店の「究極モンブラン」、コクがあって美味しかったです♪♪
以前のエントリー「結婚2周年 & 千疋屋 「究極モンブラン」」 は 「こちら」 をクリック (「究極モンブラン」の写真画像あり)。

|

« 日本橋 「三井記念美術館」 に行く | トップページ | キース・エマーソン ライブ @東京厚生年金会館 に行く »

コメント

きゃ〜!尾形光琳大好きなんですっ!
根津美術館は燕子花図見たさに何度も足を運びました。最後に行ったのが修復に入る直前だったんですよ。やっとこれから見れるようになるんですね〜。
八橋蒔絵螺鈿硯箱も素晴らしいですよね。国立博物館のグッズコーナーにあるレプリカ(プラスチック製)でいいから買っちゃおうかと何度思ったことか(笑)
光琳作品に限らず蒔絵が大好きなので、常設展示している東京の美術館っていいな〜と思います。
北海道も琳派やってくれ〜!西洋のはもういいよ〜(T_T)


投稿: なかちー | 2005.10.12 09:35

「キル・フェ・ボン」は、こちらに昔の本店(一号店)があります。
相変わらず人気あるんですね。

って、そこにひっかかってコメントかよ、オレ。(笑)

投稿: astrolabio | 2005.10.12 16:27

>なかちーさん、
何度も根津美術館に行っていらしたくらい、お好きだったんですね。
私も、尾形光琳の作品が大好きです。去年の「琳派 ~RIMPA 展」も名品揃いでしたが
http://kino-ko.tea-nifty.com/tea_time/2004/08/_rimpa_.html
今年はこの特別展、とっても楽しみでした。
札幌でも琳派の展覧会あるといいですね。。

投稿: きのこ | 2005.10.13 00:38

>astrolabioさん、
追記しましたが、青山のほかにも、いろいろ支店があったんですね。
ちょうど祝日だったせいもあって、混みこみでした。
astrolabioさんも、こちらのタルトのファンなのでしょうか (^^)?
いろいろ美味しそーなケーキが並んでいるので、目移りしすぎてなかなか決められませんでした。

投稿: きのこ | 2005.10.13 01:03

こんにちは。終了間近になって根津美術館に行ってきました。タルトおいしそうですね。次に行くときはぜひ行ってみたいと思いました。
勝手ながらTBをお許しくださいませ。

投稿: ruihui | 2005.11.04 22:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14678/6357831

この記事へのトラックバック一覧です: 根津美術館 特別展 「国宝 燕子花図 -光琳 草花の意匠-」を観る:

» 国宝 燕子花図 [晴歩雨読]
『国宝 燕子花図  光琳 元禄の偉才』 根津美術館にて 2005年10月8日~ [続きを読む]

受信: 2005.11.04 22:10

« 日本橋 「三井記念美術館」 に行く | トップページ | キース・エマーソン ライブ @東京厚生年金会館 に行く »