« 「池之端 藪蕎麦」 で 鴨なべを食べる。 Ikenohata Yabusoba, Soba, Tokyo's Ueno | トップページ | 「北斎展」 に行く »

京風おでん&日本酒 「あがれや」 @ 王子 Agareya, Oden and Sake, Tokyo's Ooji. Highly recommend !

11/23(水)は、夕方から、夫と 王子駅のすぐ近く、京風おでんと日本酒のお店の 「あがれや」 へ。

2階への階段を上ると、落ち着いた照明に静かなジャズのBGM。
おでんを煮ているご主人のまわりをカウンターがぐるっと取り囲んでいて、壁には日本酒の一升瓶がずらりと並んでいます。

counter_of_agareya__ouji_051123___005

おでんの汁は 鰹だしがよく効いていて、香りと風味の良い薄味 京風。

こちらは日本酒の品揃えが良く、約30種類ほど。
店主オススメの日本酒は おでんに合う、ほのかな甘口。

今回飲んだ中では、「門外不出」 が、芳醇まろやかな味わいで、特に美味しいと感じました。

落ち着いた雰囲気の中、野菜中心でヘルシーなおでん & つまみを頂きながら、 ご主人が厳選した日本酒の杯を傾ける 至福の一時。

静かに飲む、大人のお店だと思います。
今回も、美味しい日本酒の数々を夫と二人、堪能しました (^^)。

おでんは 150円から300円ほど。
*だいこん & アスパラ

1_daikon_and_asupara__agareya_051123___006_40

*つみれ

2_tumire__agareya_051123___007

*ちょっと酸味のある 「トマト」 のおでん (¥300)。 爽やかな味わいで美味しいです。

3_tomato__agareya_051123___009

*かぶ & こんにゃく & ゆば (お皿左下は、夫のお皿からもらったものですが、思い出せず・・(^^ゞ)

4_kabu__konnyaku_and_yuba_051123___010

*たまご & かいわれもち

5_tamago_and_kaiware_mochi_051123___011

*締めは、杏仁豆腐で。

6_annin_doufu__agareya_051123___012

今回は、夫と私、たくさん飲んでいるので、二人で¥10,000 ほどでした。

entrance_of_agareya__ouji_051123___004


■あがれや

住所:北区王子1-5-11 2F 
TEL: 03-3927-8525

営業時間 17:30~23:00  月曜定休
予約が無難かもしれません。

参考になるHPは 「こちら」 と 「こちら」。

Googleマップ 地図&情報

この日は、JR上野駅から京浜東北線で王子駅まで。
王子駅からゆっくり歩いても徒歩5分ほどです。

2004年2月29日 のエントリーでも触れていました。

-------------------------------------------------------------------------

この勤労感謝の日の3日前の日曜日(11/20)は、女子高の同窓会が、地元、水天宮前のロイヤルパークホテルにて。 女子高の同窓会には今回初めて出席してみましたが、同期でも、住む世界が違うなーっていうレベルのお洒落な人も(笑)。

内輪な話になりますが、仲良くしてたKさんに声をかけておいて助かったのが本音のところ。 Sちゃんもいたお陰で、話が盛り上がって楽しかったです。ね、Kさん!(^_^;)

ginnan_sai__suitengu_royal_park_051120___001


3日後の土曜日(11/26)は、大学のゼミOB会総会 & 懇談会 @生協食堂にて。
ゼミの方は、幹事会事務局の仕事をお手伝いしていたので、当日も準備で大忙し。
でも、敬愛する先生とお話できて 嬉しかったです。 幹事会の皆様、お疲れさまでした。

ooichou__keio_umiv_mita_051126__ob_001

oo_ichou__mita_keio_univ_051126__ob_002

|

« 「池之端 藪蕎麦」 で 鴨なべを食べる。 Ikenohata Yabusoba, Soba, Tokyo's Ueno | トップページ | 「北斎展」 に行く »

コメント

やはり、この季節はおでんが似合いますよね。
僕の住む街のおでん屋さんは・・・どうも味付けが合わないのか、あまりタイプではありません。やはり、おでんの汁(つゆ)は透明でなくちゃね。それにしてもおいしそうですね。ぽわぁ~と立つ湯気がこちらまで漂ってきそうです。

年齢のせいでしょうか、最近は
“おでもいいけど、お漬物もネ”です。
いや、きっと、たぶん酒の肴が欲しいだけなんですが(笑)

ところで、伊藤ちゃんドットコムのサイトは開けましたか?調べてもらったら正常に稼動しているとのこと。もし、まだ開けていないのでしたら、よろしければプロバイダーとブラウザをお教えください。メールで結構です。

投稿: 伊藤ちゃんドットコム | 2005.11.29 17:11

>伊藤ちゃんドットコムさん、

夫のパソコンでも試してみましたが、なぜか、サイト、開けられませんでした。

プロバイダは、e-mansion (イーマンション)の光ファイバー(集合住宅向け)
http://www.em-net.ne.jp/
ブラウザはIE、ver.6 (SP2) と、いたって普通なのですが・・。

夫は、会社のパソコンからは開けられたって言ってましたが、一体どうしてなんでしょうね??

>“おでもいいけど、お漬物もネ”

最初のは、「おでん」 ですよね。

お漬物もできれば京都の美味しいお漬物がいいな、なんて贅沢ですね (^^)。人形町に 「近為」 という京都のお漬物やさんのお店があって、これがとっても美味しいのです。

投稿: きのこ | 2005.11.29 18:48

たびたび現れまして申し訳ありません。
僕の先生に調べてもらいましたところ、あるコトが原因ではないでしょうか?という回答がでました。
ただ、この場に書き込むには少々問題があるというかはばかれるので、
メールアドレスを教えてくださいませ。
僕宛にメール頂ければ、回答の内容を添えてご返信いたします。
なお、このコメント書き込みも内容的に不適当かも知れませんので、削除されてもかまいません。
よろしくお願いします。

投稿: 伊藤ちゃんドットコム | 2005.11.29 20:39

>伊藤ちゃんドットコムさん、

大変申し訳ございませんが、いかなる場合であっても、リアルで信頼関係のある方以外には、メールアドレスはお教えしないことにしております。

折角のお申し入れに対し、心苦しい限りなのですが、どうかご容赦下さいませ。

なんとかサイトを見ることができるよう、私もよくわかる方に相談してみます。

サイトを見るのを楽しみにしていますので、これからもどうか宜しくお願い致します。

投稿: きのこ | 2005.11.29 22:32

おでん、美味しそうですね~!
母がよく作りますが(自分で作っても、なかなか母のような味がでません)、何日続いてもOKなくらい大好きです。
このお店、雰囲気もよいですね。ちょっと暗めの照明がいいなと思います。
昔からお酒がほとんど飲めないので、おでん屋でちょっと一杯・・・というのに憧れます。

投稿: カナ | 2005.12.01 10:08

>カナさん、

照明が暗くて、おでん写真が見えにくくてすみません。 でも、照明暗めなので落ち着けます。
こちらは美味しい日本酒が充実しているので、お酒がほとんど飲めないとは残念ですね・・。口当たりが良すぎるので、 あまり飲めない方でもすいすい飲めちゃいそうですが(^-^)

我が家では、おでんは外で食べるものになっていますが、実家ではよく母が作ってくれました。カナさんのお母様のおでんは、かなり美味しいんでしょうね!
寒いときはおでんやお鍋に限りますね。

投稿: きのこ | 2005.12.01 20:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14678/7371277

この記事へのトラックバック一覧です: 京風おでん&日本酒 「あがれや」 @ 王子 Agareya, Oden and Sake, Tokyo's Ooji. Highly recommend !:

« 「池之端 藪蕎麦」 で 鴨なべを食べる。 Ikenohata Yabusoba, Soba, Tokyo's Ueno | トップページ | 「北斎展」 に行く »