« 蕎麦&日本酒 日暮里 「川むら」 まで谷中散策 Kawamura, Soba and Sake bar in Tokyo's Yanaka. take a walk in Yanaka | トップページ | 根岸 酒亭・居酒屋 「鍵屋」 Kagiya, Japanese Bar in Tokyo's Negishi. Highly recommend ! (woman must with a man) »

「プーシキン美術館展」 に行く

12/3(土)は、上野の東京都美術館で開催されている 「プーシキン美術館展 -シチューキン・モロゾフ・コレクション-」(12/18(日)迄)に行ってきました。

こちらは看板の宣伝文句にあるように、「モネ・ルノワール・ゴーギャン・マティス・ピカソ ― 世界屈指のフランス近代絵画コレクション」。今まで見たことがなかった 巨匠の素晴らしい絵画に出会え、幸せな気持ちになれました。

tobijyutukan_entrance_051203___001

ロシア人実業家、セルゲイ・シチューキンとイワン・モロゾフという、フランス近代絵画の伝説的コレクターが蒐集した きわめて質の高いコレクションが、モスクワのプーシキン美術館に所蔵されているのですが、今回はこのうち50点を厳選。

都美術館のHPによれば、こちらの「コレクションの最大の魅力は、マティスとピカソの優れた作品を多く含む」点にあり、 「約40年ぶりとなるマティスの傑作「金魚」をはじめ、 ピカソが旅芸人を哀歓深く描いた初期作品「アルルカンと女友達」、 キュビスム期の代表作「女王イザボー」」を出品」。

今回の展示は、以下のように分類。
1、印象主義 モネ・ルノワールとその周辺
2、セザンヌと新印象主義
3、象徴主義 ゴーギャンとゴッホ
4、ナビ派とアンティミスト
5、マティスとフォービズム
6、フランス近代絵画 マネからピカソまで
7、ピカソとキュビズム

特に印象に残ったものを3つあげると

美しい色彩と装飾的な構図が印象的な、アンリ・マティスの 「金魚」。

pusikin_bijyutu_kan_ten_051203___056

絶妙な色彩感覚が発揮されている、ポール・ゴーギャン 「彼女の名はヴァイルマティといった」

人物の内面に迫る描写力、独特な色彩が印象的な、フィンセント・ファン・ゴッホ 「刑務所の中庭」 でしょうか。

素敵な絵画がありすぎて、図録を眺めながら幸せな気分に浸っています。

tobijyutukan_shoumen_genkan_051203___002

------------------------------------------------------------------

今回は、北斎展であまりに外で待たされた夫は、行く時間ぎりぎりになって「やっぱりやめとく」ということに(^_^;)
その間、修理された掃除機を御徒町のお店から自宅まで運んでくれて、夫には感謝するばかりです。

*いちょうの葉が黄色く色づき、たくさんの人が西洋美術館の近くの、この いちょうの木を撮影。 わたしもつられて撮影してみました(笑)。

ichou_by_seiyou_bijyutukan_051203___004

------------------------------------------------------------------


見終わった後、携帯電話で、夫と 上野駅のパンダ橋で待ち合わせをして、 「韻松亭」 の喫茶去へ。

inshoutei_kissa_entrance_051203___019

*おしるこ (生麩のおだんご入り、抹茶アイス付き。冬季限定)(¥800)

oshiruko_and_maccha_ice_cream_051203___016

*ところてん。天つきが入っていて二度目は自分で♪(¥500)

tokoro_ten_051203___013

*カウンターに座り、窓から見えた風景

inshoutei_kissa_from_the_window_051203___011

■ 「韻松亭」については、以前書いたエントリー (「こちら」) をご参考に。

google ローカル での地図は、 「こちら」 をクリック。

------------------------------------------------------------------

その後、東京国立博物館の右脇にある道をまっすぐ歩いて、JR鶯谷駅前を経由。
鶯谷駅からほど近く、レトロな雰囲気で落ち着ける酒亭 「鍵屋」 へ。

kagiya_entrance_051203___047

こちらは別エントリー(「根岸 酒亭・居酒屋 「鍵屋」」)で、くわしく感想を書き写真も載せましたので、よかったら 「こちら」 をクリックしてみて下さいませ。

|

« 蕎麦&日本酒 日暮里 「川むら」 まで谷中散策 Kawamura, Soba and Sake bar in Tokyo's Yanaka. take a walk in Yanaka | トップページ | 根岸 酒亭・居酒屋 「鍵屋」 Kagiya, Japanese Bar in Tokyo's Negishi. Highly recommend ! (woman must with a man) »

コメント

はじめまして。
私も先週の金曜に、マティスの金魚みてきまいした。素敵な作品でしたね。
「鍵屋」いいですね。いきたくなりました。
うちのブログでも書いたので、TBさせてください。

投稿: 自由なランナー | 2005.12.05 22:19

>自由なランナーさん、
はじめまして、こんにちわ。コメントありがとうございます。
マティス、結構大きくていい絵でしたよね。

TBにつきましては、大変恐れ入りますが、ページ右上にトラックバックポリシーが書いてありますので、そちらのリンクも合わせてご覧下さい。

投稿: きのこ | 2005.12.06 07:02

はじめまして。

私もずっと行きたかったプーシキン美術館展
明日有給とれたので行くんです。
凄く楽しみ^^

記事で紹介なさっている「韻松亭」も
とっても気になるので
「喫茶去」という名がいいですね(お茶をしているので・・)
足を運べたらなぁと思っていますが、
ものすごい方向音痴なのでたどり着けるでしょうか(笑)

ではまた遊びにきます。

写真とってもお上手ですね。

投稿: まみちん | 2005.12.06 12:16

>まみちんさん、

はじめまして、こんにちわ。
有給とってのお休み、羨ましいです。やっぱり週末の美術館は混んでいたので、ゆっくり平日に見たかったなと思ったので。

「喫茶去」は、上野公園の噴水広場のところからだと、西郷さんの銅像に至る並木道をずっと先に歩いていくと右側にあるのでわかり易いと思います。

まみちんさんのブログを拝見しました。私もカラダにいいことしなくっちゃと思いましたよ。
わたしもまた遊びに行きますね。

充実したお休みを過ごされますように♪
ps.写真褒めて頂いて嬉しいです。励みになります。

投稿: きのこ | 2005.12.06 18:47

わぁ。遊びに来てくれたんですね
うれしいです^^

明日はプーキシン楽しんできます。
終わりも近いので、
込んでいるとのことですが、出来るだけ早起きして・・できるかな(笑)
喫茶去の場所詳しい説明ありがとうございます。手帳にメモしていきます♪


投稿: まみちん | 2005.12.06 21:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14678/7472664

この記事へのトラックバック一覧です: 「プーシキン美術館展」 に行く:

« 蕎麦&日本酒 日暮里 「川むら」 まで谷中散策 Kawamura, Soba and Sake bar in Tokyo's Yanaka. take a walk in Yanaka | トップページ | 根岸 酒亭・居酒屋 「鍵屋」 Kagiya, Japanese Bar in Tokyo's Negishi. Highly recommend ! (woman must with a man) »