« 人形町 焼き鳥 「鳥友」 (現在は、江戸路に改名) Edoji, Sumibi yakitori restaurant in Tokyo Nihombashi Ningyo-cho | トップページ | パソコンで年賀状を作る、Cheese on the table @日本橋浜町、千疋屋ショートケーキ »

ワインが届く、「八海山」 なましぼり原酒、 and 「MEW」

きのう(12/17(土))は、夫の出張先アメリカからワインが届きました。
一本は私の実家に持っていく予定。 夫の心遣いに感謝。

051217__wine_from_usa_022

お酒つながりということで
ご近所でかなりよく行く酒屋さんのご主人から、 「一年に一回だけ」 ということで強~くオススメして頂いたのが、「八海山」 なましぼり原酒。

hakkaisan_nama__gon_051217__004

生酒特有のフレッシュさ、まろやかさ、口当たりのよさが渾然一体となって、かなり美味しかったです。 また近々入荷するということなので、すかさずゲットしなくては。

肴は、夫の妹さんからの頂き物、博多中州の「ふくや」の「明太子」
(とっても美味しかったです(^^)♪。どうもありがとうございましたー!!)

---------------------------------------------------------------------

きのうは、マサヒルトン公爵さま ご推薦のチーズのお店に行こうかと思っていたものの、 ゆっくりお風呂に浸かっていたり、洗濯したり、夫に洗濯物を干してもらい、その場で上手な干し方を指南したり (^^ゞ etc.

いつしか夕暮れ時になっていました・・。

都営新宿線で小川町に行き、淡路町交差点の近くの 「やなか珈琲店」神田店へ。
珈琲を飲みながら焙煎を待っているうち、いつしか街は暗くなり。
神保町まで歩いて、「東京堂書店 ふくろう店」 へ。

----------------------------------------------------------------

購入したのは、全部で4冊。

1、「和楽」 12月号 「特集 きものを着る、きものを愛する」
    着物を着て、どこかにお出かけしたくなり。

2、「和楽」 1月号 「特集 『書』を愛でる、『書』で遊ぶ」
    来年は、巻紙にさらさら手紙をしたためてみたくなり。

 フジ子・ヘミングさんが購入した京都の知恩院門前町の町家の佇まい、彼女の所有のエキゾチックな調度品も趣味が良くて素敵だった。

3、日経BP「大人のロック」(2006 winter) 「レノンVSマッカートニー/プログレ番付2006」

 無論、「プログレ番付」 めあて。プログレの王道、メジャーなところははずせまい。

 でも、不満だったのは、EL&Pで、最高傑作(と、あえて言いきる)、「悪の経典#9」 (アルバム 「恐怖の頭脳改革(K2HD紙ジャケット仕様が最近発売)」 に収録) が紹介されてなかったこと。 この間のキース・エマーソンのライブの一曲目が、まさにこの「悪の経典#9」の第一印象だったし。まあ、「展覧会の絵」も悪くはないけど・・。未だにめちゃくちゃ好きで良く聴くのが「悪の経典#9」なので。

 あと、ルネッサンスが入っているのに、なんでPFMが入ってない~!! とか。

 ・・・プログレにまったく興味のない方、マニアックでどうもすみません。。

4、madame FIGARO voyage (winter vacation issue)
  「北欧のあったか暮らし」
    
 最近、よく聴いているロック・バンド 「MEW」 のメンバーの出身地がデンマークなので。今、デンマーク王国がマイブームなのです。 デンマークって、現在は女王さまが君臨しているらしいです。デンマーク語は馴染みがなくて難しそう・・。

ちなみに、デンマーク公式観光情報ホームページは、「こちら」。

---------------------------------------------------------------------

「MEW」 は、というと
「デンマーク発 超耽美派、ここに極まれり」とメジャーデビュー2作目のCDの帯にある、そのキャッチへの期待を裏切らない凄いバンド。

一作目の「フレンジャーズ」、二作目の「ミュー、アンド・ザ・グラス・ハンデッド・カイツ」。
いずれも一曲目から、うわっ、凄いっ、凄すぎる~~~!!!!! と、いうくらい、曲の完成度が高く、かなり衝撃を受けたアルバム。

美しいボーカルと重厚なサウンド。 ひねりのある曲もあり、2作目は全曲をつなげた起伏ある構成。
ハード寄りなプログレファンにもオススメできる作品かなと (どちらかというと、1作目?)。

(クリックで写真拡大。 「ミュー、アンド・・」のCDジャケット、かなり気持ち悪る~。)

mew_cd__gon_051217_010

もし興味がありましたら、 「こちら」 の MEW オフィシャル・サイトのビデオをどうぞ。 「Am I Wry ? No」 あたり、私好きです。 とくに曲後半。

MEW ジャパン・オフィシャル・サイトは 「こちら」。

MEWは、是非、ライブにも行ってみたいと思っています。
Cちゃん、MEWを教えてくださってどうもありがとう♪よかったらライブにも誘ってね!

|

« 人形町 焼き鳥 「鳥友」 (現在は、江戸路に改名) Edoji, Sumibi yakitori restaurant in Tokyo Nihombashi Ningyo-cho | トップページ | パソコンで年賀状を作る、Cheese on the table @日本橋浜町、千疋屋ショートケーキ »

コメント

八海山になましぼり原酒なんていうのがあるんですね。知りませんでした。
八海山の吟醸は、旦那が好きでよく飲んでおります。
「和楽」は私も好きです。日本の魅力を再発見できる雑誌ですよね。ただ重いのが難点^^;

投稿: yoraku | 2005.12.20 21:46

>yorakuさん、

八海山のなましぼり原酒は、年に一回しか出ないので入手困難かもしれませんが、フレッシュで口当たりもいいので、吟醸を飲んでいらっしゃる旦那様も、たぶん気に入られることと思います。yorakuさんも機会があったらトライしてみて下さいね!

yorakuさんも、「和楽」お好きなんですね。1月号では、「金沢の美道楽の正月」という特集で、とっても美しい古九谷焼の色絵の器の写真が素敵でしたね。
この日は、2冊もいっぺんに買って帰ったので、本を持ってくれた夫、かなり重たそうでした・・。

投稿: きのこ | 2005.12.21 03:57

こんにちは。だから早くチーズ屋さんに行けよ~ぉ!(笑)
いやいや失礼失礼!(^o^)/

実は今日も行きました。今日買ったのはゴルゴンゾーラと
ブリードモーとミモレットです。いまミモレットには22ヶ月物
6ヶ月物があって、ボクは森前首相じゃないけど、干乾び
チーズはちょっと苦手(笑)なので6ヶ月物にしました。
迷ってワインゼリー買わなかったのをちょっと後悔かな。

最近は毎日のように三友の「牡蠣フライ」です~。小春軒の
カツ丼と並ぶ人形町だけの食べ物だと思ふとついつい(笑)。
牡蠣は3月までだそうですよ。こちらもぜひぜひ!

投稿: マサヒルトン公爵(^O^) | 2005.12.22 16:40

>マサヒルトン公爵さま、

チーズ屋さんには、ホントに早く行ってみたいのですよ。(^^ゞ
でも、のんびりマイペースな性格ですので、時間感覚がフツーじゃないみたいです。お仕事をしていないと、いつのまにか夕方になってることがあまりに多く・・・(笑)。
おまけに最近寒すぎですし・・。

でも、今とっておきのワインが3本あるので、連休中もしお店が開いていたら行ってみますね♪

それから、私だったら、ワインゼリーは迷わず買っちゃうと思います(^^)。もうすぐクリスマスですし~♪♪
ミモレットは食べたことがないのですが、トライしてみたいし・・・と期待は膨らむばかり。

ところで、
>毎日のように三友で「牡蠣フライ」

なんて、お聞きしたら、行ってみないわけにはいきません(笑)。もうすぐお仕事から解放されるので、是非行ってみます!!

昨晩は初めて、天ぷら「みやび」に行ってきました。

こんなに美味しい天ぷら屋さんが、すぐ近くにあったなんて、と、とっても感激しました♪
マサヒルトンさまがご紹介して下さったお陰で、こんなに素晴らしいお店に出会えました。
マサヒルトンさま、本当にどうもありがとうございます!!

昨晩はお客さんが目いっぱい入っていたので、入れてラッキーだったと思います。
一生懸命心を込めて作っていらっしゃる姿勢に好感が持てましたし、なんといっても、とっても美味しいですね!
その内容からしたら、とってもリーズナブルだと思いました。

苦手な早起き&黙々お仕事を強いられるストレスからか(?)、おとといあたりから胃腸の調子が絶不調。でも、とっても軽~くサクッと揚がっていたので、パクパク食べてしまいました(^^)。
でも、たくさん食べられなかったのが、ものすごく心残り。また近いうちに体調万全で行きたいものです。

みやびについては、今後、ブログで書く予定ですが、あんまり広めちゃうのが勿体無い、とっておきのお店になりそうです。

また、オススメがありましたら、是非教えてくださいませ。どうぞよろしくお願い致します。

投稿: きのこ | 2005.12.23 03:43

拙ブログにお越しいただき有難うございました。
NEWをお聴きとの事で、嬉しくなり書き込みさせていただきます。

耽美的、プログレッシヴ・ハードといった趣のNEWは私も好きです。考古学的に音楽を探す・聴くというのも楽しいですが、今の音を聴くのってさらに楽しいですよね。
NEWとは少し毛色は違いますが、耽美的ってところで、ア・パーフェクト・サークルというバンドをお勧めします。特にセカンドのサウンドはプログレ者にもマッチすると思います。
では、これからもヨロシクです。

投稿: 窯元 | 2006.01.22 18:23

>窯元さん、

こちらこそ、MEWの話題でコメント下さって嬉しいです。(あの、えっと、NEWじゃなくMEWですよね(^^ゞ)。

エントリー本文では、メジャーデビューアルバム1作目の「フレンジャーズ」がいいかななんて書いたんですが、アルバム「ミュー・アンド・ザ・グラス・ハンデッド・カイツ」も聴き帰してみると、窯元さんがおっしゃるように、プログレ・ハードの趣、なのに耽美的、アルバム全曲起伏を持ちながらもすべて繋がっているところが、これまたプログレ的。本当に素晴らしいアルバムですよね!

01でまずノックアウトされ、02、03へと否応なくぐいぐい引き込まれていき、07の冒頭、ひねりのあるリズムにまたまたノックアウトされ、コーラスの美しさに引き込まれてしまう・・・、聴くたびに発見がある凄いアルバムだと思います。

ア・パーフェクト・サークルのセカンドアルバム、「サーティーンス・ステップ」は、輸入版(US)購入しました。今から届くのが楽しみです。窯元さん、アルバムをご紹介してくださって、どうもありがとうございました。
プログレ古典もいいですが、今の音もなかなかよいですよね~!!

これからも、プログレつながりということで、こちらこそ、どうぞよろしくです(^^)♪

投稿: きのこ | 2006.01.23 02:07

NEM→MEW、思いっ切り間違ってますね。

A Perfect Circleは嵌ると深いのでお気を付け下さい。

投稿: 窯元 | 2006.01.23 21:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 人形町 焼き鳥 「鳥友」 (現在は、江戸路に改名) Edoji, Sumibi yakitori restaurant in Tokyo Nihombashi Ningyo-cho | トップページ | パソコンで年賀状を作る、Cheese on the table @日本橋浜町、千疋屋ショートケーキ »