« 初詣 @ 宮崎 日向 「大御 (おおみ)神社」 | トップページ | チキン南蛮 Chicken Namban & 白くま White bear ☆ を食べる »

宮崎 日向 「米の山」 「馬ケ背」

日向のお伊勢さま 「大御神社(おおみじんじゃ)」への初詣の後、そこから車で約10分ほど、
周囲360度の大パノラマを見渡せる 「米の山展望台」 に行きました。

*霞んで見えにくいですが、南は遠くに宮崎市。手前に平岩地区。

kome_no_yama_1_060101__053

*北は遠くに延岡市。手前に細島地区と門川町。

kome_no_yama_2_060101__055

米の山にはパラグライダー基地もあり、眺めが良いので、空中遊泳も楽しそうです。

*そして、宮崎といえば、若山牧水の歌碑なのです。

bokusui_komeno_yama_060101__054

その後、「日向岬グリーンパーク」 の駐車場でトイレ休憩(^^)。
夫の父方の叔母がよくゲートボールをするという、緑の芝生が広がっていました。

そして、日向岬の突端にある 「馬ケ背」 へ。

馬ケ背の遊歩道の入り口にある 「馬ケ背茶屋 (0982-54-6177)」 は、あいにく お休み。

uma_ga_se_chaya_060101__061

左に海を臨み、緑豊かで、ハッとするほど空気がすがすがしくて気持ちよい 「馬ケ背遊歩道」 を歩きました。

uma_ga_se_yuuhodou_060101__062

*道の整備された遊歩道の途中にある、日本最大級の柱状節理の断崖絶壁が圧巻の 「馬ヶ背展望所」

umagase_chuujyou_seturi_060101__066

こちらは夫も始めてで、こんなに迫力のある絶景が見られるなんて! と二人で感激してしまいました。

*日豊海岸国定公園 日向岬 日本一の柱状岩である「馬ケ背」の案内板。
これによると、「馬ケ背」の名前の由来は、「この遊歩道先端一帯の、陸地から盛り上がった岩肌が馬の背中に似ている」からなのですね。

uma_ga_se_setumei_060101__063

*海に突き出た日向岬の先端。 日向灘の大海原を、はるか彼方まで、ぐるっと見渡すことができました。

uma_ga_se_tenboudai_060101__070

馬ケ背からほど近くにある 「クルスの海」 にも、いつか行ってみたいと思いました。 こちらは、柱状岩が波の侵食で十文字に裂け、十文字のクルスに見えることから命名。

■「大御神社」のすぐ近くにある 「伊勢ケ浜 海水浴場」、「米の山」、日向岬の先端にある「馬ケ背」への グーグルマップ の地図は、 「こちら」 をクリック。 わかり易くてドライブにオススメだと思います。
宮崎観光のガイドマップを見ると、とかく県南の「フェニックス・シーガイア・リゾート」、もしくは 「高千穂」 などが大きくとりあげられがちなのですが、 県北の日向、 ことに今回行った馬ケ背などは、まさに穴場といえるかも。

話は逸れますが、ついでに言えば、熊本に近い 「椎葉村」 は、まさに穴場中の穴場です!!
昨年は台風土砂崩れにより交通が寸断され、甚大な被害を被った地でしたが、昨年大晦日、NHKの「ゆく年くる年」で、 椎葉厳島神社での神楽が放映されていました。 またいつか是非、いや、絶対行きますっ!
できれば、森の民宿 龍神館 (宮崎県東臼杵郡椎葉村大字下福良2091 TEL:0982-67-2261) へ (^^)! こちらの、地域の旬の食材を生かしたお料理は、地元の方も絶賛するほど美味しいのです♪♪

あ、でも、やっぱりいつかは 「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」 の 「バンヤンツリー・スパ」 を体験したい、この私♪

「バンヤンツリー・スパ」 は、アジアを中心に展開され、日本発上陸の ラグジュアリーな スパ 、とのこと。 )^o^(
温泉施設 「松泉宮」 もあるし、できれば是非、いや、こちらも絶対行ってみた~い憧れの場所、なのです(笑)。

・・・ってことで、夫よ、よろしくお願いします♪


■「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」

住所:宮崎市山崎町浜山
TEL:0985-21-1113 (予約TEL)
HPは 「こちら」。
バンヤンツリー・スパ については 「こちら」。

宮崎の観光地 地図(宮崎ポータルサイト/グルネット宮崎)

|

« 初詣 @ 宮崎 日向 「大御 (おおみ)神社」 | トップページ | チキン南蛮 Chicken Namban & 白くま White bear ☆ を食べる »

コメント

うひゃぁ、宮崎の馬ケ背ってこんなにすごい絶景なんですね!
私は九州は宮崎以外の県はすべて行ったのですが、宮崎だけはまだ行ったことがありませんでした。
馬ケ背とバンヤンツリー・スパ(憧れのスパです!)。
この組み合わせで宮崎は決まり!ですね。詳しい情報、ありがとうございます♪

投稿: yoraku | 2006.01.07 22:51

>yorakuさん、

>宮崎以外の県はすべて行った
ってのには、うちのダンナ、思わずズッコケて笑ってました。

あくまでも私の独断と偏見なんですが、宮崎が全く初めてでしたら、馬ケ背はなんていうか、「マニアックな宮崎観光地」(?)なので、まずは、「高千穂」、「天岩戸伝説の 「天安河原(あまのやすかわら)」がオススメです!
夜は夜神楽を見る楽しみもありますし。

宮崎には、宮崎牛、宮崎地鶏、新鮮な海の幸、本格焼酎などなど、美味しいものが盛り沢山♪
いいですよー、宮崎!

バンヤンツリー・スパは憧れますよねー。家庭画報の最新号でも紹介されてて、すごく行きたくなってしまいました。

投稿: きのこ | 2006.01.08 00:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14678/8027816

この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎 日向 「米の山」 「馬ケ背」 :

» 別れ間際に優しくしないで@シェラトンシーガイア [I LIVE FOR THIS by "j"eter]
本球場での試合が塩っぱい&雨降りそうだったので、早めに撤収。再びバスを乗り継いで、今宵のお宿、シェラトングランデオーシャンリゾートまで。例によって最安値でコーナースィートをGET。なんちゃってプラチナパワーが使えるのも、今月一杯。最後にこういう待遇をされてし...... [続きを読む]

受信: 2006.02.20 23:38

« 初詣 @ 宮崎 日向 「大御 (おおみ)神社」 | トップページ | チキン南蛮 Chicken Namban & 白くま White bear ☆ を食べる »