« 「中村屋~!」(必聴!動画)  | トップページ | とんかつと豚肉料理 「平田牧場」 @ コレド日本橋 Hirata Bokujyo, Tonkatsu restaurant in Tokyo's Nihombashi Coredo »

浅草 おでん 「大多福」 Otafuku, Oden restaurant in Tokyo's Asakusa (おでん鍋画像を追加)

1/8(日)は、夫と 浅草寺、かっぱ橋道具街 散策 の後、浅草 おでん 「大多福」 に行きました。

こちらは、創業大正四年の老舗のおでんやさん。
言問通り沿い、国際通りと言問通りの交差点のほど近くにあり (詳しい案内図は 「こちら」)、 大きな「大多福」 の提灯と 風情ある玄関先が、なんともいい感じです。

otaruku_entrance_more_060108__036

玄関の扉をあけると、すぐ右にカウンター。 「いらっしゃいませ~!」の気持ちいい挨拶と笑顔が、これまたいいのです (^^)。

oden_otafuku_omise_naibu_060108__008

私たちは夕方5時ちょっと前に着いたのですが、ほぼ満席。 テーブル席あと2つを残すのみでした。
カウンターの先を左に曲がると、白っぽい大きな人面魚も泳いでいた(驚!)小さな池がしつらえてあり、その先、小上がりのお座敷が左右にあって、 気取りのいらない、ホッと寛げるいい雰囲気でした。

夫はビール、私は熱燗で乾杯の後、 おでんの前に、お店の方オススメの酒のつまみを注文しました。
*つきだしの、黒豆と数の子。 (黒豆は少し食べちゃった後です (^^ゞ)

tsuki_dashi_060108__021

*寒ぶり刺身 (脂が乗ってて美味~♪♪ ¥1,600 )

kan_buri_sasimi_060108__020

*生牡蠣 (ううっ、やっぱり美味しい~♪♪ 二つで ¥1,050 ×2)

nama_kaki_060108__019

*牛すじ煮 (やっぱり冬場の酒の肴にはこれですね (^^)。 こちらは、2日間かけて煮込んだ、という、とても柔らかくて美味しい 牛すじ肉の煮込みでした。 ¥850 )

gyuusuji_ni_060108_018

*そら豆 (嬉しい初物。 美味しく塩茹でされていました ¥1,050 )

soramame_060108__016

おでんは「関西風」とのことですが、 しっかりダシが効いてて、濃すぎない、ちょうどいい濃さでした。
自分の実家(東京)の味と、汁の味自体は、それほど違うわけではない・・・
・・・っていうか、うちの実家のおでんって、かなりダシを濃く、でも薄味なので、自分でいうのもナンなんですが、ヘタに外食するより美味しいかも、というレベルかも (^_^;)?。

でも、そこは老舗の美味しいおでんやさん。 かなりレベル高めの美味しさでした~
(^^)!

*カセットガスコンロに、こんなお鍋 (?)で おでんが出てきます。

oden_nabe_060108__023

*大根 (×2)
 おでんのダシより薄いダシ汁で一度煮込んであり、これにより季節や産地による味や固さなどの変化を均一化し、日々同じ味を維持しております」とのことでした。 中までしっかり味がしみていて美味しかったです。

daikon_060108__027

*つみれ (×2)
 ふんわりした食感でした。 魚の風味が活きていて、とっても美味♪

tsu_mi_re_060108__028

*すじ (×2)
 こちらのは、関東風の 「魚のすじ」 です。

suji_060108__030

*ふくろ (おもちなどの入った油揚げのきんちゃく)

kinnchaku_fukuro_060108_029

他に、 こんにゃく (×2)、 うずら卵、 焼き豆腐、 巻き湯葉、
そして、美味しい汁を吸い込んですっかり膨らみきった 「はんぺん」 (×2)。

oden_nakami_060108__026

以上、 おでん全部で ¥3,570 也。
とっても美味しいおでんを堪能しました~ (^^)♪

ちなみに、HPによれば、 おでん1品¥110 ~ 530 。
他、季節商品時価。 常時35 ~ 40品、とのことです。

*デザートで頼んだ 「ミルクゼリー (ゼリーというよりプリンに近く、とっても美味しかったです)」& 抹茶が濃くて美味しかった、「抹茶アイスクリーム」 (各 ¥480 )。

milk_jelly_060108__033

maccha_icecream_060108__034

この日は結局、生ビール(¥630)、熱燗 (白鶴(灘)瓶酒6合(一合¥580 ×6))、檸檬サワー(¥420 ×2)と、たくさん飲んで、美味しいものをたくさん食べて、 二人で合計¥15,000 ほどでした。

お座敷で、気分もゆったり、お腹も心も大満足で、その内容からすればリーズナブルかも。 また是非再訪したいお店です。
会計の際、 またいらして下さいとのことで、 お店の手ぬぐいを頂きました♪


■浅草おでん 大多福

住所:東京都台東区千束1-6-2
TEL:03-3871-2521
 (予約受付時間は午後12時から4時まで)

オフィシャルHP、 詳しい地図

●10/1~1/31、無休(年末年始を除く)。
 平日:午後5時~11時
 日祭日:午後4時~10時

●2/1~9/30、月曜定休。
 平日:午後5時~11時
 日祭日:午後5時~10時

●予約できる時間は下記の通り。
 ①5:00~7:00 ②5:30~7:30 ③6:00~8:00 ④6:30~8:30
 原則的に全て2時間。

私たちが帰る頃には寒空の中、順番待ちで並んでいた方々が何人かいらっしゃったので、予約が無難かもしれません。

ただし、席のみの予約は不可で、下記のどちらかを選択してくださいとのこと。
1)前菜とおでんのみの御用意 3,500円(お一人様)
2)5,250円のお料理コース 
  (前菜・おでん・酢の物・お刺身・肉料理・茶碗蒸し・茶飯・デザート)

otafuku21

------------------------------------------------------------------------


*ライトアップされた、浅草寺本堂&五重の塔

sensouji_light_up_060108__037

gojyuu_no_tou_light_up_060108_038

その後、ひさご通り沿いにある 台東区立 「江戸下町伝統工芸館」 に寄って、
江戸指物(さしもの)(できれば、欲しい~♪)などを見学。 オークションの申し込みもやっていました。
こちらは、無料なので気軽に入れました (10:00 ~ 20:00、年中無休)。

自宅を出たのが午後3時ごろ (^^ゞ
短時間の散歩でしたが、 浅草寺から、とても美味しい おでんやさんへと、とても充実した一日となりました。

|

« 「中村屋~!」(必聴!動画)  | トップページ | とんかつと豚肉料理 「平田牧場」 @ コレド日本橋 Hirata Bokujyo, Tonkatsu restaurant in Tokyo's Nihombashi Coredo »

コメント

初めまして!
東京の美味しいお店など沢山載っているブログなので
目にとまりました。私は去年、結婚を機に上京してきまして
しかも食べることが大好きなので、またこちらのブログに
遊びに来ますね。
色んな情報、楽しみにしてます(^-^)

投稿: なごみ | 2006.01.13 17:07

>なごみさん、

はじめまして、こんにちわ。
コメントありがとうございます(^^)。

ご実家は長野なんですね。東京は、もう慣れましたか?

私は、去年の年末、十分大掃除ができなかったので、今週は、朝から掃除&洗濯の毎日でした。年末ちゃんと大掃除して帰省された なごみさん、偉すぎです~!

また、遊びにいらして下さいませ。
わたしも遊びに寄らせていただきますね。
どうぞよろしくお願いします。

投稿: きのこ | 2006.01.13 17:32

あぁ、大根がとーっても美味しそうですね!
冬は熱燗&おでんでキマリ~。
かっぱ橋って、食器類や看板とか食堂のサンプルなどを売っているところですよね。あのサンプルのリアル感、すごいなぁと思いました。天ぷらのころものサクサク感とか、どうやって作っているのやら・・・

投稿: yoraku | 2006.01.14 07:33

こんにちは!

やっぱり冬は、おでん&熱燗サイコーですよね~♪
写真で拝見すると、おでんの量がすごい!
気のせいかな?

大多福さんは、以前から行ってみたいおでん屋さんの候補の
一つだったので、興味津々でした。
店内の雰囲気がとてもよろしいとか・・・
今度行ってみますね!

図々しくリクエストなんですが・・・
御茶ノ水(住所は湯島)の「こなから」というお店も
今度、取材に行っていただけませんか?
一度行って、おでんのお味に感動したので、
是非きのこにブログで紹介してもらいたいたくて。。。
自分では書けないので、アハハ(^^ゞ
よろしくお願いしますm(__)m

投稿: ちょこ | 2006.01.14 18:59

>yorakuさん、

>かっぱ橋って、食器類や看板とか食堂のサンプルなどを売っているところですよね。

おお、そうです(^^)。
そういえば、食堂のサンプルのお店もあったんですよね、かっぱ橋には。

お店のサンプルって、どうやって作るのか、以前、テレビでやってるのを見たことがありましたが (作り方はもう忘れちゃいましたが(^^ゞ)、本当によくできてますよねー。
今度行くときには、見にいってみます~♪

投稿: きのこ | 2006.01.14 20:15

>ちょこちゃん、

>写真で拝見すると、おでんの量がすごい!

お店に行ってたときには、お腹が減ってたから、そんなに量が多いとは思わなかったけど、後から写真で見たら、私もなんだか多いような気が・・(^^ゞ たしかに満腹でした~(笑)。

>御茶ノ水(住所は湯島)の「こなから」というお店も今度、取材に行っていただけませんか?

「取材」だなんて、私はただ「美味しいかった」なんて言ってるだけで、ちっとも「取材」になってないんで、恥ずかしい~(汗)。

私が美味しくて良かったお店をご紹介してるだけだけど、ちょこちゃんオススメっていうことで、今度御茶ノ水あたりを散歩したときとかに行ってみますね♪

御茶ノ水 「こなから」
http://www.konakara.com/

投稿: きのこ | 2006.01.14 20:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14678/8125825

この記事へのトラックバック一覧です: 浅草 おでん 「大多福」 Otafuku, Oden restaurant in Tokyo's Asakusa (おでん鍋画像を追加):

» 1KGの剥き身の牡蠣は、何粒?? [美味いぞ!広島牡蠣(*^_^*)]
広島は倉橋島の安全・安心の牡蠣      ↓ http://www.ec-kaki.net http://www.kurahasij.co.jp/ さて、1KGの剥き身の牡蠣はいったい何粒入っているのでしょう? 先日、お客様が牡蠣鍋を [続きを読む]

受信: 2006.01.12 20:03

« 「中村屋~!」(必聴!動画)  | トップページ | とんかつと豚肉料理 「平田牧場」 @ コレド日本橋 Hirata Bokujyo, Tonkatsu restaurant in Tokyo's Nihombashi Coredo »