« 平将門の首塚 | トップページ | 「神楽坂SHUN・本家」 に行く Kagurazaka SHUN・Honke, Japanese restaurant, Tokyo's Kagurazaka »

千石自慢ラーメン (本店) に行く その1

3/9(木)は 実家に帰ったので、久々近所にある 「千石自慢ラーメン」 に行きました。

千石自慢ラーメンは、こってりした とんこつ醤油味で有名なラーメン店です。
でも、 豚骨と鶏骨のあわせスープの塩ラーメンもあって、 次回はこれにトライしてみようと思っています。

■追記:「千石自慢ラーメン (本店) に行く その2 (自転車で 文京六中 & 実家まで)」で、塩ラーメンを食べたときのこと書きました(画像あり)。

ここのラーメンが好きな私の友人は、深夜タクシーを飛ばしてまで行ってるらしく、 夜はけっこう人が並んでいる、知る人ぞ知る(?)お店かもしれません (^^)。

改装以前は 立ち食いで、ガラス戸の枠がピンクに塗られてて趣味が悪いなー (失礼!)なんて思っていたのに、改装後は、以前の面影はなくなって、カウンターにスツール、外観もなんとなく洒落な感じになりました。

060309sengoku_jiman_ramen_gaikan__001

オフィシャルHPもできてるし、支店も鶯谷、西巣鴨、王子、高円寺にできてて、びっくりしました。

女子としては、改装後のほうが入りやすい雰囲気になったと思います。
でも、なんとなく味が濃くなったかなという気がするんですけど、気のせいかな~??

戸を開けるとすぐ左側に食券販売機があって(改装前と同じ)、前に並んでいた若い男子のマネをして、お店の一番人気と書いてある 「骨太ラーメン」 (¥850) の食券を買いました。

*「骨太ラーメン」(¥850)。
お店のHPによれば、「全部入りパワーのある一杯」だそうです。

060309honebuto_ramen_850_en__003

麺も美味しかったです。
060309men__004

とんこつのこってり濃厚なスープに、やや太めの麺、やわらかいチャーシュー、脂肪のところがとろとろの豚の角煮(角煮は、やや味が濃かった)、もやしがいっぱい、ねぎもいっぱい、海苔おおきのが4枚、煮玉子、めんまが入っていて、ボリューム満点でした。

最近、こってりラーメンの免疫がかなり薄まっていたので、 脂を少なめにしてもらえばよかったと思いました(調整可能)。
「ラーメン二郎」 などの、こってりラーメン好きには堪えられない味かもしれません。 私も結構好きです (^^)。

夜になっても、ちっともお腹が減らなくて、朝体重をはかったら、なんと1キロ増えていました・・。(^_^;)


■千石自慢ラーメン 本店

住所: 文京区本駒込6-5-4
TEL: 03-3944-0336

営業時間:11:30 ~ 翌 2:00 (日曜 24:00迄)
水曜定休

オフィシャルHP

Google ローカルの地図

●私が愛読している ゴリ蔵さんの 「東京の美味しいグルメ」 でも紹介されていました


*おまけ*
ラーメン二郎三田本店命

 こちらの ◆はうつー二郎◆ 実践編が役に立つやも。 
 ニンニク入れますか?(笑)。

巣鴨周辺MAP (口コミ情報サイト)


*六義園の近くにある お屋敷の庭のさくらも 咲き始めていました。

060309sakura__005

-------------------------------------------------------------------


ラーメンを食べすぎたので、 六義園の近くにある 自家焙煎珈琲 「カフェ・クラナッハ」 へ。

こちらはクラシック音楽が静かに流れていて、やや深入りの美味しいクラナッハ・ブレンドもすっきり美味しい、
お気に入りの喫茶店です。

*クラナッハ・ブレンド (¥500)

060309cranach_brend_500_en__006

*外観も素敵♪

060309cafe_cranach_entrance__008


■カフェ・クラナッハ

住所: 文京区本駒込6-11-16
TEL: 03-3943-3004

営業時間:10:30 ~ 18:00
毎週日曜、第一月曜定休

Google ローカルの地図


-------------------------------------------------------------------

そんなに食べ過ぎてなければ、久々 「フレンチパウンドハウス」 に行って 「いちごのショートケーキ」 が食べたかった・・・、残念!

Google ローカルの地図

|

« 平将門の首塚 | トップページ | 「神楽坂SHUN・本家」 に行く Kagurazaka SHUN・Honke, Japanese restaurant, Tokyo's Kagurazaka »

コメント

げげ きのこさんの実家って大和郷だったのか(汗)
お お嬢様じゃん。
お嬢様とラーメン(笑)
うーん この感覚が良い。
チャリで行けば、体重増えませんから…

投稿: tadanzaka | 2006.03.12 00:57

げげ ラーメンうまそげ(涎)
きのこさんの写真、いっつも美味しそうなのよね~。
それにしても、1キロ増は、ちょっと躊躇させるぞ。

六義園、もう桜の季節なのですね。
あそこは、「細雪」の世界に入ったような気持ちにさせてくれるとても素敵な場所ですよね、きのこさんの雰囲気に似合う・・・。

投稿: susan | 2006.03.12 10:19

>tadanzakaさん、

大和郷じゃなく、白山通りをはさんだ反対側のほうです!
あの高級住宅街のほうじゃなく、ふつーの住宅街のほうなので、どっちかというと、みのもんたがおばちゃん相手に言う「お嬢さん」ですね(笑)。

実家まで自転車で7.2キロなので、行かれる距離ではありますねー。かなり減量できそうですし。

でも、毎回いろいろもらって帰るので、サドルの後ろに大きなバッグをつける必要がありそうです(^^;)。

投稿: きのこ | 2006.03.12 15:11

>susanさん、

写真はいつもオートシャッターで撮ってるんだけど、光線の入り方の加減か(?)、この上と下ラーメン写真、微妙に色が違ってて、下が本来の色に近いです。

1キロは、背脂と豚角煮のせいだと思うので、脂少な目、角煮抜きなら大丈夫かも。こってり目のとんこつスープが大丈夫なら、トライしてみてね!

桜の頃の六義園もいいよね~。susanさんのいうように、「細雪」 の世界かも。 混んでなければですけれど (笑)。

>雰囲気に似合う
いや~、それほどでも (^^ゞ。 実家から着物を着て行かないと (笑)。

近くにあるラ・グーリュやプルミエで一緒にランチしてた頃が懐かしいねー♪

投稿: きのこ | 2006.03.12 15:39

こんばんは~! 去年末、本駒込に、引っ越してきてから、こちらには数度行っていますが、美味しいですね。 いつも、塩ラ-メンシリ-ズで食べていたので、次回は、「骨太ラーメン」食べてみます!!

カフェ・クラナッハ、このお店は、どうなのかなぁ…と、いつも見ていたので、記事で読めてよかったです!!

投稿: Next-JIS | 2006.03.14 20:50

>Next-JISさん、

はじめまして、こんにちわ!
ブログを拝見しましたが、文京グリーンコートのすぐお近くなんですね。Next-JISさんの春色キューブの和紙の照明など、和の照明・インテリアも素敵ですね♪

千石自慢ラーメン、いつも塩ラーメンシリーズでしたら、もしかしたら骨太ラーメンはちょっとくどいかな、と思われるかもしれません。でも、好きになったら、くせになるかも!?

カフェ・クラナッハは珈琲を自家焙煎していて、とっても美味しいので、千石の実家に帰ったときに、珈琲を買って帰ったりしています。

わたしはあそこで、クラシック音楽のBGMを聞きながら、静かにくつろぎたいほうなのですが、この間は後半、うるさくおしゃべりするおじさま方、おばさま達がいて残念でした・・。
そんなアクシデントがなければ、落ち着けていいと思います。

すでに行かれたかもしれませんが、千石自慢ラーメンの白山通りをはさんだ向かいあたり、大鳥神社に向かう道の手前にあるフランス料理の「ラ・グーリュ」 
http://www.restau-lagoulue.com/
小さいお店ですが、とても美味しいです♪ 何回かランチ&ディナーに伺いましたが、いつも豊かな気持ちになれる素敵なレストランだと思います。

この近辺には美味しくていいお店がいろいろありますよね!

投稿: きのこ | 2006.03.15 01:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14678/9039574

この記事へのトラックバック一覧です: 千石自慢ラーメン (本店) に行く その1:

« 平将門の首塚 | トップページ | 「神楽坂SHUN・本家」 に行く Kagurazaka SHUN・Honke, Japanese restaurant, Tokyo's Kagurazaka »