« 「神楽坂SHUN・本家」 に行く Kagurazaka SHUN・Honke, Japanese restaurant, Tokyo's Kagurazaka | トップページ | 自転車で有楽町に行く »

「この素晴らしき世界」 必聴 Music Video Clip !

クロマチック・ハーモニカ (Jazz Harmonica) 演奏者の Fujiwara Takayuki さんのブログ 「 Jazz Harmonica fuji-h 」こちらのページ で、今回ご紹介する
トゥーツ・シールマンス ( Toots Thielemans ) の ミュージック・ビデオ・クリップをみつけました。

15分近くある長編ビデオで、前半の 「Days of Wine and Roses (酒とバラの日々)」 もいいですが、
ことに 後半、 「 IT'S A WONDERFUL WORLD (この素晴らしき世界)」 の情感あふれる演奏には泣けました・・。

ハーモニカの 「心に沁み入る」 演奏をどうぞ!!!(↓クリック)

bb.toots_thielemans_fragment (15:25) Windows Media Player ★ 
  (ブロードバンド用)

 ●スモールバンド用はこちらをどうぞ


音もいいですし、めちゃくちゃオススメの ビデオ・クリップです。


トゥーツ・シールマンス の 紹介ページ (@BLUE NOTE 東京)

 このブルー・ノート東京のHPにある トゥーツ・シールマンス の 紹介ページによれば、 彼は、1922年(大正11年!)4月29日、ベルギーの首都ブリュッセル生まれ。
今なお現役で活躍しているハーモニカ奏者です

 オフィシャル・サイトの こちらページ に、パット・メセニーとも共演している写真もありました♪(In Montréal, Canada Toots and Kenny Werner had a special guests Pat Metheny and Paolo Fresu (july 2005))。

about Toots Thielemans ( Fujiwara Takayuki さんの サイト)

 これによれば、 今年 (2006年)も Blue Note 東京 (1/26-29)、名古屋 (1/31-2/1)、 大阪 (2/2-3)で 来日公演があったようです。


トゥーツ・シールマンス (Toots Thielemans) オフィシャル・サイト
 
 日本語で書かれたバイオグラフィーもありました!

------------------------------------------------------

この素晴らしい ビデオ・クリップをみつけたきっかけは、 以前私が書いた 「パット・メセニー・グループ THE WAY UP コンサートに行く」 のエントリーコメント欄に書き込みをして下さった sus さんのおかげです。 sus さん、どうもありがとうございました!

*トゥーツ・シールマンスのハーモニカをフィーチャーしている ジャコ・パストリアスのCDアルバム


|

« 「神楽坂SHUN・本家」 に行く Kagurazaka SHUN・Honke, Japanese restaurant, Tokyo's Kagurazaka | トップページ | 自転車で有楽町に行く »

コメント

これは心にしみました。
ブルーノートとかコットンクラブなんて一度行ってみたいけど、チャージすごいですね。
私はもっぱらここです↓
http://www.tokyo-club.com/intro/
けっこう安い。

投稿: tadanzaka | 2006.03.15 19:51

わたしの書き込みが有用でしたら幸いでした(^^)
しかしPatと共演したことがあったとは。わたしがTootsを知ったのはQuincy Jonesの1981年のアルバム「The Dude」(愛のコリーダ)収録の「Veras」。Ivan Linsが書いたメロディを奏でるハーモニカを聴いてしみじみしたものでした。わたしは映画もよく観るのですがQuincyは映画音楽も書いていて1972年Steve McQueen主演「Getaway」のエンディングで流れていたハーモニカもTootsの演奏と後で知った時は驚きました。
ところでわたしも大阪ブルーノートへは年1回行くか行かないかくらいで。チャージ高いですもんね(^^;大阪でもリーズナブルなライブスポットがありますので御紹介しておきます。元サイズのチャカさんがよく出演されている「ロイヤルホース」です。
http://www.royal-horse.jp/

投稿: sus | 2006.03.15 23:03

>tadanzakaさん、

Toots、気に入っていただけて良かったです。

駿河台にも、ライブハウスってあったんですね!
私はもっぱら出演者次第でライブハウスを決めるほうなので、私の好きな人がtokyo clubに出演されるといいのですが。。

最近はすっかりご無沙汰ですが、結婚する前は、一時期ほぼ毎週かもっていうくらい、夫と六本木や青山のライブハウスに行っていました。

Blue Note 東京や、六本木のSTB139スイートベイジル などは、席にもよりますが、人気アーティストが出演すると、どうしても詰め込まれ感があるような・・。
南青山のBody & Soul
http://www.bodyandsoul.co.jp/ 
六本木のサテンドール
http://www.leglant.com/satindoll/
あたりが、ほどよい規模&距離感でリラックスできるので、私のお気に入りです。
・・と言っているうちに、また行きたくなりました(^^)

投稿: きのこ | 2006.03.16 02:20

>susさん、

susさんのおかげで、素敵なミュージックビデオクリップに行き着きました!

ところで、Quincy Jones の 「愛のコリーダ」、はやりましたねー。 「Getaway」 の映画音楽をQuincy が手がけ、 Toots のハーモニカがフューチャーされていたとは知りませんでした。 意外なところで活躍されているんですね。

Blue Note って私もチャージ高すぎだと思います。 お料理&カクテルをいくつかとったら、かなり高くついてしまいますよね。。

susさん、大阪のリーズナブルなライブスポットのご紹介、どうもありがとうございます。
大阪に行く機会があったら、行ってみますね!

投稿: きのこ | 2006.03.16 03:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「神楽坂SHUN・本家」 に行く Kagurazaka SHUN・Honke, Japanese restaurant, Tokyo's Kagurazaka | トップページ | 自転車で有楽町に行く »