« 成分分析をする | トップページ | THE ENID (エニド) の LP! & IL PAESE DEI BALOCCHI (イル・パエーゼ・デイ・バロッキ)-最近聴いているプログレ その3- »

苺のショートケーキ @巣鴨 「フレンチパウンドハウス」

おとといは、夫が出張なので実家に泊まりに行っていました。

4/10は寂しい誕生日だったので、自分でケーキを買ってお祝いしてもらおうと(汗)、巣鴨の美味しいケーキ屋さん 「フレンチパウンドハウス」 に行って 「苺のショートケーキ (ルージュ)」 をお土産に持って行きました。

060412short_cake_rouge_french_pound_hous

こちらの家庭画報デリシャスの記事によると、いちごリキュールとキルシュが入っているらしく、 それがちょうどいい感じにスポンジ生地に浸み込んでいて、とっても風味が良くて美味しいです♪♪♪

こちらのケーキ&お茶をいただくと、これこそ至福のティータイムかも♪ といった気分に浸れて、 私の満足感のボルテージも最高潮に(^^)!!

こちらのケーキを頂くたびに、いつも幸せな気持ちになれる、私の大好きなケーキ屋さんです。

060412entrance_of_french_pound_house_sug


■フレンチ パウンド ハウス (FRENCH POUND HOUSE) (本店 (大和郷店)) 

住所:豊島区巣鴨1-4-4  (常盤台にも支店あり)
TE:03-3944-2108

営業時間:10:00 ~ 20:00
年中無休

雰囲気のいい、落ち着ける喫茶店も併設されています。

オフィシャルサイト

家庭画報デリシャスのサイトで、こちらのケーキをとりあげています。

Yahoo!グルメの記事

Google ローカルの地図

|

« 成分分析をする | トップページ | THE ENID (エニド) の LP! & IL PAESE DEI BALOCCHI (イル・パエーゼ・デイ・バロッキ)-最近聴いているプログレ その3- »

コメント

お誕生日、おめでとうございます~~!!!

うわ~!
美味しそう!!!!
イチゴショートは、日本が誇るケーキだと思います。
私は大好物なので、今度行ってみようかな・・・

投稿: junjun | 2006.04.14 18:43

junjunさん、どうもありがとう♪
ここの苺ショートは、アド街とかメディアでもよく取り上げられてて、結構有名かも。
普通の苺ショートよりもワンランク上の美味しさだと思うので、ショートケーキ好きだったら是非! ルージュは、ホントにオススメですー。

投稿: きのこ | 2006.04.14 19:50

明日早速。。。
最近甘いもの食べすぎでやばいかも~

投稿: たかぽん | 2006.04.15 00:06

たかぽんさんは、割と近くだからでいいですね~。
運動してれば、甘いものも大丈夫!(^_^)v

天気がイマイチだったんで、自転車で播磨坂のパティスリーマリアージュ~、に行きそびれてしまってました。
今度こそ、自転車で播磨坂に寄ってロールケーキを買ってから、実家にいかなくっちゃ!

投稿: きのこ | 2006.04.15 00:21

豊島区巣鴨なのに大和郷店なのかと突っ込みたくなります(笑)
やはり高級住宅街周辺って美味しいケーキ屋さんがありますね。
大和郷と同じような高級住宅街の西片においしいパン屋アトリエ・ド・マヌビッシュがあって、イチゴのタルトがおいしいらしいのですが、食パンしか買ったことがない(笑)
このすぐ隣にアップルパイのマミーズ本店があります。

投稿: tadanzaka | 2006.04.15 01:36

あ、大和村じゃなく、大和郷でしたねー(笑)。もし村だったら、「村の掟」とか作っちゃって、高層マンション問題も起きなさそうだし、かえっていいかもしれないけれど・・。

以前、大和郷の幼稚園のお迎え風景に出くわしたことがあったんですが、ワンピースにエルメスのケリーバックを持った若くてキレイなマダムがお迎えにきてて、住んでる世界が違う・・と思ったものでした。とげぬき地蔵通りの「巣鴨」とは全くジャンルが違うから、「大和郷店」っていうんでしょうねー。

西片のパン屋さんとかには縁がなくて、全然知らなかったです。「アトリエ・・」っていうところから、もうすでに美味しそうかも~なんて思ったりして(笑)。
実家に行く前に寄りたいお店が増殖中です。教えて下さってどうもありがとうございます(^_^)v

投稿: きのこ | 2006.04.15 02:17

大和郷はもともと村にしたかったようです。
東京市に村はってことで郷になったとのことです。
そのため「村の掟」は本当に存在します。
掟があるために現在まで存続しました。

西片のパン屋さんは住所こそ西片ですが端っこで、菊坂下と言ったほうがいい場所です。
西片という住所で高級感が出るってすごいですよね。
菊坂下だと、古いおんぼろパン屋のイメージになってしまう(笑)
パンを焼く時間が表に出ていて、その時間に行列が出来ます。
買った人は西片側の坂を上っていきます。
買って菊坂を登っていく人は少ない(笑)

投稿: tadanzaka | 2006.04.15 10:03

本気でまねっこしてしまいましたw

友達来たら食べようと思うんですが、あと3時間後なので我慢できそうもない。。。
全部食べて証拠隠滅、とか考えてます(^_^;)

投稿: たかぽん | 2006.04.16 14:48

>tadanzakaさん、

興味をひかれ、タウン誌「巣鴨百選」に「「大和郷」今昔ものがたり」という特集記事を読んでみました。昔は、三菱の岩崎家の所有地で、大正11年に分譲が始まった当時は、「元総理大臣の岩槻礼次郎をはじめとする政治家や高級官僚、学者、文学者、三菱の重役ら錚々たる方々」で「大和村組合」が作られていたんですね。こちらの組合の規律=「村の掟」なのかな。建物規制がうるさそう・・。でも、宗教団体の建物も結構ありますね。
http://www2.odn.ne.jp/sugamo-100sen/tokusyu/2002/tokusyu-2002-09.htm

>西片のパン屋、
菊坂下か西片か、住所の名前からくるイメージの違いの落差が激しすぎですね(笑)。


>たかぽんさん、

あのケーキを前に3時間も待ってるなんて・・。
お味のほうはいかがでしたか?

投稿: きのこ | 2006.04.17 09:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14678/9586187

この記事へのトラックバック一覧です: 苺のショートケーキ @巣鴨 「フレンチパウンドハウス」:

» 夢への一歩と甘いケーキ [花侍の甘くて幸せな日々‥]
子供の頃から漠然と描いていた夢に向かっての一歩を、 今日、花侍は踏み出して参りました。 花侍は楽観的なところがあるので、 「夢は願い続ければ必ず叶う」が信条なのですが、 実現に向けてはまず「一歩」踏み出すことが必要で、 その最初の一歩の踏み出しが難しい事....... [続きを読む]

受信: 2006.04.16 23:54

« 成分分析をする | トップページ | THE ENID (エニド) の LP! & IL PAESE DEI BALOCCHI (イル・パエーゼ・デイ・バロッキ)-最近聴いているプログレ その3- »