« 武蔵野 国分寺崖線 散歩、 「お鷹の道 から はけの道 」(西国分寺から北小金井) その5 はけの道、はけの森美術館 | トップページ | 「藤田嗣治展」 @東京国立近代美術館 (2回目) »

武蔵野 国分寺崖線 散歩、 「お鷹の道 から はけの道 」(西国分寺から北小金井) その6 はけの道、武蔵野公園

5/5(金)は、 西国分寺から 北小金井に至る、「お鷹の道」 から 「はけの道」 まで 合計約8キロの行程を、夫と散歩しました。
「その1 散策全体地図」 のルート概略、 「その2 お鷹の道」「その3 野川と不動橋、 東経大」「その4 貫井神社、 薬師通り」「その5 はけの道、はけの森美術館」 のエントリーの続きで、 ルートを詳しく書いていきます。
今回の「武蔵野 国分寺崖線 散歩」 の 全体ルート地図

■散歩ルート詳細地図 その5
  「はけの道」 から 「二枚橋」 、「北小金井駅」 へ (*画像クリックで拡大*)

Photo_4

「はけの道」 をしばらく歩くと、 左にうっそうとした木々に囲まれた 「ムジナ坂」 がありました。

060505_139

右側は、 武蔵野公園の緑が広がり、 ここは 「武蔵野」 なんだなーという気持ちになりました。

060505_140

*はけの道自体も、 うっそうと茂る木々に取り囲まれています。

060505_141

*公園として整備された、 なだらなかな緑の台地。 ジョギングをしている方々を多くみかけました。 みなさん結構早くてびっくり!

060505_144

*夕暮れの武蔵野公園。

060505_145

*公園の中には 「小金井水田跡」 の碑がありました。

060505_146

北海道特産会席料理店 「コタン」 が見えたら、 「二枚橋」 まであとわずかです。

060505_149

西武多摩川線のトンネルを抜けて右折し、 野川にかかる 「二枚橋」 へ。

*「二枚橋」

060505_157

*二枚橋から、 野川の川下を眺める。 犬を散歩させている人がいたり、 とてものんびり。 緑が多くて癒されます。 こんな緑の公園を毎日散歩できたらいいだろうな♪

060505_154

*二枚橋の由来が書いてある木の立て札 (*画像クリックで拡大します)

060505_151

画像を拡大しても、 たぶん見えづらいと思います (^_^;)。
 
「その昔、小金井の東南の淋しい山道を流れる野川に、調布や染谷を結ぶ一本の丸木橋がかかっていた。
染谷の庄屋の息子は小金井の山守の娘と恋仲になり、夜毎、この橋のたもとで
逢瀬を重ねていた。
やがて村中の評判となり、頑固な庄屋の怒りを買うことになった。
二人は実らぬ恋とあきらめ。渦巻く野川に身を投げてしまった。
暫くしてその娘の怨念が大蛇になって住みつき、もう一本の幻の丸木橋に化けて村人を惑わし、通る人を川の中に落した。
庄屋は若い二人の魂を哀れんで二人の供養にと、大木を二枚に挽き割って立派な橋を作り、ねんごろに霊を慰めた。
以来、村人はこの橋を二枚橋と呼ぶ」 

と書いてありました。 それにしても、 この由来の文字、せっかく書いてあるのに 非常に見にくくなって、どうにかならないものなのか?

*野川付近案内図

060505_156

この先の、 武蔵野の森、 野川公園にも行ってみたかったです。 時間&体力がもっとあればなんですが ・・。

■散歩ルート詳細地図 その6
  二枚橋の先にある 「武蔵野の森」 と 「野川公園」 (*画像クリックで拡大*)

Photo_5

地図で見ると、 緑が広がっていて、 散歩にはうってつけの場所という感じです。
野川の下流(地図右下)には、 近藤勇の墓のある 「龍源寺」 があります。 そういえば、 近藤勇は多摩出身なんでしたよね。

気力も体力の限界もあとわずかになった夫と私は、 二枚橋から西武多摩線の 「北小金井駅」 まで行きました。

*北小金井の駅の近くにあった和菓子のお店 「ならは」 で、 柏餅を購入。 こどもの日なので、これははずせません(^^)。

060505_159

あっさりした味噌あん、 こしあん (もしかしたら つぶあんだったかも) とも、 大変美味しかったです♪♪

060505_162

その後、 吉祥寺の豆腐と地鶏の 「燈庵 (とうあん)」 (武蔵野市吉祥寺本町2-16-17 B1F TEL:0422-29-7660 ) へ。

こちらもとっても美味しかったし、 接客も良く、 大変気に入りました!

全体で10キロとかなり、長距離の散歩でしたが、 大変充実した一日となりました。
また、是非散歩に行きたいと思っています!

---------------------------------------------------------

■参考になったサイト■

多摩のジョギング道

 詳しい道順ばかりでなく、歴史など、興味をそそられる解説、地図もあり。

 ◎多摩のジョギング道-お鷹の道からはけの道へ歴史と文学を辿る道-
   距離:約8km、所要時間:約1時間 <通過エリア: 国分寺、小金井>

 ◎多摩のジョギング道-国分寺の歴史と文学を辿る道-
   距離:約4.5Km <通過エリア: 国分寺>

●上のHPの製作者、hrd25151さまのブログ  『多摩の道探訪記』

 ◎「武蔵野の長土手、はけの道を行く」

 ◎「国分寺のハケ界隈の歴史散歩」 


牧田さまのホームページ、 「野川を歩く」
   
  地図、主な見どころのご紹介

「国分寺崖線」
 さらに、野川公園から柴崎駅まで18キロ歩いている方がいて、驚きました。

|

« 武蔵野 国分寺崖線 散歩、 「お鷹の道 から はけの道 」(西国分寺から北小金井) その5 はけの道、はけの森美術館 | トップページ | 「藤田嗣治展」 @東京国立近代美術館 (2回目) »

コメント

はじめまして。
主人が「お勧めブログ」としてリンクさせていただいていたので、以前読ませていただいたことはあるのですが、コメントは初めてです。
たくさんの写真、詳しい説明、すっかり武蔵野を歩いた気分になってしまいます。
今の時期、緑がだんだん濃くなって美しい季節ですね。
武蔵野のほうの公園は、あまり作りすぎていなくてとてもいい感じです。行ってみたくなりました。

投稿: oishi--i | 2006.05.19 12:59

>oishi--iさん
コメントどうもありがとうございます。
普通の住宅街の中も結構歩きましたが、 最後は武蔵野の自然の緑の中を歩くことができて良かったです。
ただただ緑が広がっているだけの公園もいいものですね。
国木田独歩の「武蔵野」も読み返してみたくなりました。

投稿: きのこ | 2006.05.20 04:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14678/10128909

この記事へのトラックバック一覧です: 武蔵野 国分寺崖線 散歩、 「お鷹の道 から はけの道 」(西国分寺から北小金井) その6 はけの道、武蔵野公園:

« 武蔵野 国分寺崖線 散歩、 「お鷹の道 から はけの道 」(西国分寺から北小金井) その5 はけの道、はけの森美術館 | トップページ | 「藤田嗣治展」 @東京国立近代美術館 (2回目) »