« ライオン銀座七丁目店、 酒種あんぱん@木村屋総本店、 ダロワイヨ | トップページ | 私の実家へ »

「奥野ビル」 @銀座一丁目 クラシックアパートメントを探訪する

5/14(日) の、 夫とのデートの続きで、 さらに私たちは銀座に残るクラシックアパートメントとして有名な 「奥野ビル」(旧 銀座アパートメント) に行ってみました。

地域タウン誌 「銀座百点」の5月号で、 藤森照信氏が 「銀座建物探訪」 として 「奥野ビル」 について書いていた記事を見て、 これは行ってみなくては!と思ったのでした。

目指す 「奥野ビル」 は、 銀座一丁目の銀座通りから、 2ブロックほど東に入った通り沿いにありました。

*「奥野ビル」 の左側の外観。右側も同じような外観になっています。

7_0605114_014

こちらは、 昭和7年に作られたビルで、 ベランダからは、 植物が伸び放題のところもあって味わい深し。

こちらのビルで、 是非見てみたかったのが 「エレベーター」 です。

*ボタンを押すと、回数を示す矢印が、 ゆるゆる弧を描いて動くところが面白い。 タイルもいい味を出してます。

8_0605114_015

*エレベーターの外側の扉もかなり重くて、 夫がかなり踏ん張って、 ようやく開けることができました。
中側のドアは蛇腹の手動式になっていて、 こちらも、夫がかなりな力を入れないとなかなか開かず・・。 カメラを持った私の手まで力が入って、画面が傾いてます(笑)。
緑のボタンも、古びていて いい感じ。

9_0605114_016

前掲記事によれば、 「建築時以来そのままのエレベーター」で 「全面補修の時期を迎えているらしい」 です。

*ギャラリーが入居しています。

10_0605114_017


■奥野ビル

住所: 中央区銀座1丁目9-8
Google ローカル 地図

銀座コンシェルジュ 「銀座好景録 Vol.06 銀座アート伝える長老ビル 」(枝川公一)

●こちらの驚くべき設計者の名前など、 詳しくは、「銀座百点」2006年5月号 (No.618) をご覧下さい。 この他にも面白い特集記事があって、オススメです!
銀座百点◆銀座百店会 オフィシャルサイト

11_0605114_019

--------------------------------------------------
その後、 「アンティークモール銀座」 で、 古い箪笥などの和家具に心がときめいたりと。 この日は、とても楽しい銀座デートになりました。

|

« ライオン銀座七丁目店、 酒種あんぱん@木村屋総本店、 ダロワイヨ | トップページ | 私の実家へ »

コメント

銀座にこんなクラシックなアパートがまだあるんですね!
築70年以上とは、驚きです。
蛇腹のエレベータ、久しぶりに見ました。まだ三越本店などは蛇腹のエレベータって残っているのでしょうかね。
それから「アンティークモール銀座」、あそこは骨董好きにはたまりませんね!
資金を貯めて、また行きたいです。

投稿: yoraku | 2006.05.31 21:42

こういう渋いお散歩コースはすごくイイ!!
わくわくしますね。

投稿: tadanzaka | 2006.06.01 00:42

>yorakuさん、

奥野ビルは、アンティークモール銀座からほど近くです。エレベーターが全面補修される前に、よかったら行ってみてください!
三越と高島屋はまだ蛇腹があったかな?エスカレーターばかりなのでわからなくなっちゃいました(^_^;)

アンティークモール銀座、骨董好きだったら時の過ぎるのも忘れてしまいそうな場所ですよね(笑)。

>tadanzakaさん、

東京って、お洒落でリフレッシュできる散歩もできれば、銀座ライオン7丁目店や奥野ビルなど、歴史ある建物を見て回る散歩もできて、やっぱり面白いですね!

投稿: きのこ | 2006.06.01 08:50

このビルは友人らがたまに個展等をひらくのでよくいきます。なかなかいい感じの建物で好きなんですが、最近銀座近辺はバブルの頃をしのぐ建設ラッシュでこういうおもむきのある古い建物をじゃんじゃん立て替えてしまっているので、とても寂しいです。こういうビルはいろいろつかいにくい所もあるだろうけれどなんとかうまくつかっていってもらいたいですね

投稿: ぺん | 2006.06.02 15:36

>ぺんさん、

こちらは趣のある建物ですよね。
銀座百点の藤森照信氏の記事によれば、同潤会のアパートを手がけた建築家川元良一氏が設計した「由緒正しき」建築物で、入り口ロビーの中にはられたスクラッチタイルもまたいい味を出してますよね。
地下に共同浴場もあるとのことですが、使えるようにしたら面白いかもしれないですね。

確かに、途中の階にエレベーターは止まらないようになっているし、使いにくい面があるかもしれませんが、残しておいて欲しい建物ですよね。こんどはギャラリーのほうにも入ってみたいと思います。

ペンさんは、こういう建築物に詳しそうですので、趣のある建築物めぐりのポタを、是非よろしくお願いします!!

妻有へは、まだまだ厳しい修行が必要なのでご一緒できず残念です。とりあえず、今週末の皇居、三宅坂、青山通り、外苑めぐりポタで修行します(笑)。

投稿: きのこ | 2006.06.02 17:07

はじめまして、私もこのアパート訪問して、
「おおぉ!!」と思った人間の一人です。

ブログをアップしておりますので、
もしお時間ございましたら、
ご笑覧いただければ幸いです。
http://www.samsul.com/2006/09/09/post_203.php

投稿: サムスル渡邉裕晃 | 2007.03.08 13:50

ここを隠れ家にして、コレクションされた絵画を楽しむなんて、なかなか素敵なことかも。
エレベーターがの扉を開けるのが重くて大変でしたが、何かコツでもあるのでしょうか??

投稿: きのこ | 2007.03.08 21:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14678/10331013

この記事へのトラックバック一覧です: 「奥野ビル」 @銀座一丁目 クラシックアパートメントを探訪する:

« ライオン銀座七丁目店、 酒種あんぱん@木村屋総本店、 ダロワイヨ | トップページ | 私の実家へ »