« 日本橋「小網神社」 ご鎮座540年神幸大祭 神輿渡御 | トップページ | 「モーツァルトを語る午後」 斉藤雅広さん(ピアニスト)with 松井菜穂子さん(ソプラノ)@銀座十字屋ホール »

浅草「今戸神社」「浅草寺」、ロシア料理 「ラルース」 絶品キャベツロール!

5/28(日)は、夫と自転車で、浅草に行ってきました。

*浅草 吾妻橋のたもとにある ○○○ビル。
060528_001

隅田川沿いにある墨田公園の中を通って、桜橋へ(写真は、桜橋から川下の眺め)。
060528_002

-----------------------------------------------------
桜橋を渡って、向島。 季節の生ジュースと自家製パンの店 「カド」で休憩しました。

*「活性生ジュース」(¥600、 はちみつ・アロエ・セロリ・パセリ・レモン・リンゴ・グリーンアスパラ入り) を飲んで一服しました。 とても健康によさそうな、飲みやすい美味しいジュースでした。

060528_005

*「くるみレーズンクリームチーズの全粒粉のパン」(¥300)をお土産に買って、 途中でちょっとつまみぐい(^^ゞ。写真は、その残りです。 ふんわりしていて、チーズがクリーミー。 とても美味しかったです♪

060528_034

■カド 

住所:墨田区向島2-9-9
TEL:03-3622-8247

営業時間: 11:00 ~ 21:00
月曜定休 (但し、月祝日は 11:00 ~ 17:00 まで営業)

Yahoo!グルメ - 季節の生ジュースとくるみパンの店カド

◆Tokyo 老舗・古町・散歩 「向島(2)見番通りから桜橋」

「カド」には今までにも何度か伺っていて、夫と私の休憩ポイントの一つです。
●2006年3月19日(日) 「自転車で 向島・浅草 に行く」
●2005年4月9日(土) 「隅田川の桜 ~ 浅草 天ぷら 「中清」」
●2004年4月10日(土) 「浅草・向島 散歩 ~築地 「築地寿司清」」

--------------------------------------------------------------

再び桜橋を渡って、浅草の 「今戸神社」 に行ってみました。

060528_006

こちらは、浅草七福神・東京下町八社の一つですが、 「招き猫発祥の地」 でもあるらしく、 写真にも写っていますが、神社の中に大きな招き猫が座っていました。

060528_007

「沖田総司終焉の地」(今戸神社のオフィシャルサイトによると、 日本テレビ「笑点」の字を書いた方に依頼して、碑の文字を書いて頂いたとのことです。「沖田総司」と「笑点」って、どうかんがえても結びつかないんですけれど、まあいいです。)

060528_008

■今戸神社
住所:台東区今戸1-5-22
TEL: 03-3872-2703
今戸神社公式サイト

--------------------------------------------------------------

浅草寺裏の千束近辺を自転車でぐるぐる巡って、「浅草寺」 へ。 門が工事中になっていました。

060528_010

060528_011

060528_012

--------------------------------------------------------------

最後に、 ロシア料理の 「ラルース」 へ。

こちらは、心からリラックスできる雰囲気で、 ことに 「キャベツロール」 が絶品の美味しさでした!

夫と私、それぞれAコース(¥5,775)と Bコース(¥5,775)を頂きました。(どっちかに「キャベルロール」が入っていました)。

*オードブル (生ハム、スモークサーモン、パテも美味♪)

060528_016

*まろやかな ボルシチスープ♪

060528_017

*アツアツのピロシキ

060528_019

*えびのグリル♪

060528_021

*キャベルロール♪♪♪ (画像クリックで拡大します)

すごくとろとろに煮込んであって、こんなに美味しいキャベツロールがあったとは・・とただただ感激!!

060528_024

あまり記憶が定かではないのですが、単品の「キャベツロール」は、 一日限定20食だったかな? 私が行ったときには、すでに単品では売り切れでしたが、コースならOKでした!
お店のパンフレットによれば、「当店の「キャベツロール」は、ニチレイの『上等洋食』シリーズとして発売されています」 とのことです。

*キャベツロールが入っていないコースのお肉料理(名前は失念。こちらも美味しかったですよ)。

060528_025

*ロシヤコーヒー

060528_031

*白ワイン(シャブリ)をフルボトルで(5,250)。口当たりの良い美味しいワインでした。

060528_014

こちらのお店には、 郷ひろみさんがグループでいらしてました。 テレビで拝見するより、断然格好良くて、 ステキなオーラが出ていました (^^)。

060528_033


■ロシヤ料理 「ラルース」 (Larousse)
住所:台東区浅草1-39-2
TEL: 03-3841-3383

火曜定休(火曜が祝日の場合は、翌日)
営業時間: 11:30 ~ 20:30

Yahoo!グルメの情報

060528_036

*今回の浅草自転車ルートマップ (ぐるぐる回ったので、一部のみです)
*画像クリックで拡大します* (マップファンネット地図に加工)

060528

|

« 日本橋「小網神社」 ご鎮座540年神幸大祭 神輿渡御 | トップページ | 「モーツァルトを語る午後」 斉藤雅広さん(ピアニスト)with 松井菜穂子さん(ソプラノ)@銀座十字屋ホール »

コメント

キャベツロール美味しそう!
浅草はいろんなお店があって良いですよね~
いつか住みたいと思っている土地の一つです(^^

投稿: аκⅰо | 2006.06.27 05:43

キャベツロールの写真は、拡大すると実物より大きくなってしまいました(^^ゞ 自宅ではなかなか作れない味でしたよ。
以前、аκⅰоさんがコミュの掲示板で紹介されていた お好み焼き屋さん「穂里(ほり)」にもいつかは行ってみたいし、浅草って、気取らないで美味しいものが食べられるいいとこですよね。
浅草に住むのも楽しそう♪下町っていいですよねー。

投稿: きのこ | 2006.06.27 09:17

生まれ育ち共小舟町のアと申します。いつも更新楽しみにしております。私も先日浅草寺に行って参りました。浅草寺の宝蔵門は確かに改修中でしたね。ところで宝蔵門の大提灯は日本橋小舟町となっているのご存知ですか?もう300年以上も続けて小舟町にて奉納させて頂いているようです。この提灯は三社祭で神輿が通るたびに提灯を上げ下げする為、痛みやすいのです。前回提灯の架け替えは2003年でした。20~30年に1度架け替えているようです。この大提灯を作れる職人がもう東京にいないと言う事で前回は京都に発注しました。その費用を小舟町有志にて全て負担しています。そう言う事で日本橋と浅草の関係は深いのです。

また三社祭は何となく浅草寺のお祭りのように感じてしまいますが、実は浅草寺の横に浅草神社と言う小さな神社があり、そこのお祭りなのです。

『浅草寺裏』は浅草では『観音裏』と言われ通常我々が知る浅草とは違い、本当の浅草が今でも残っている所です。浅草警察前に浅間神社があり(地元では『お富士さん』と呼ばれている)浅草寺とお富士さんの間を通常『観音裏』と呼んでいます。観音裏は有名な『植木市』が開催される所で、芸者さん達を司る見番もあります。浅草で食事をするならこの辺りは趣があっていいものです。夜には小さな飲み屋がたくさんあります。私のお勧めは『喜美松』というモツ屋さんです。モツ屋さんですけどとても綺麗です。地元の人のみが知るお店です。他の店が閑古鳥が鳴いていても、ここだけは平日でも賑わっています。

この辺りから隅田川を渡った下町一帯は東京大空襲にて焼け野原となりました。下町の歴史を語る時にこの件は欠かせません。この空襲により下町の歴史は分断されてしまっていると言っても過言ではありません。

こう言う歴史を知りながら散策するのもまた趣があっていいものです。

では。。

投稿: ア | 2006.06.27 14:15

あっちこっち最近自転車で行ってるから、だいぶ更新が日付とずれて来てますね(笑)
かなりブログ更新が大変になってきているのではと心配しております。
がんばってね。

>千束近辺を自転車でぐるぐる
いったいどこをまわったのか(笑)

投稿: tadanzaka | 2006.06.27 19:13

>アさん、

こんにちわ。コメントまで頂いて、ありがとうございます。励みになります。

小舟町の大提灯があるのは知ってましたが、日本橋小舟町のことだったんですね。三社祭が浅草神社のお祭りってこともよく知らなかったです。

戦前、私の父は浅草寺裏の千束に家族で住んでいて、3月10日の空襲にあい、母親と姉妹3人を亡くしています(4人とも認定死亡で、その後すぐに(私の父の)父親も亡くなっています)。

浅草寺裏に行くと、父の家族がそこで暮らしていたことや、東京大空襲のこと、そこで祖母と叔母たちが死んだことを思わずにはいられません。空襲で焼け出されても何の補償もなく、弟2人をかかえて苦労をした父は、その頃のことを思い出したくないらしく、あまり話をしてくれませんが。

最近、新潮文庫の「写真版東京大空襲の記録」(早乙女勝元 編著)を見ました。そこに、焼け野原になった浅草と焼死体の山の悲惨な写真がありましたが、この中に祖母と叔母たちもいるかもと思うと、心が締め付けられる思いがしました。

観音裏の浅間神社近辺は、今回とあわせて、2回ほど行っていますが、見番の場所や、お店などはまだよく知らないので、『喜美松』というモツ屋さんなど教えていただけると嬉しいです。浅草裏にある飲み屋さんは、なんとなく常連さんばかりかな、と思って、入るのを遠慮してしまっていました。

投稿: きのこ | 2006.06.27 19:52

>tadanzakaさん、

そう!イベントが多すぎて、更新日付がずれまくりです。
あと、
1、夫と城ヶ島、三浦海岸、観音崎ドライブ
2、皇居、靖国神社、神楽坂ポタ(自転車散歩)
3、後楽園、白山神社、谷中、浅草ポタ
4、京島、荒川サイクリングロード、浅草(夫とポタ)
5、深川、木場(夫とポタ)
6、パット・メセニー@ブルーノート東京
7、今日行ってきたばかりの、マサヒルトン公爵さまの「モーツアルトを語る」コンサート!
・・・が控えています(T_T)

つくづく、自分の分身が更新してくれればなと思います。

>いったいどこを
へへへ。浅草裏の情報喫茶とか、鳥獣店とか、ほんとにいろいろ。とてもブログ記事には書ききれません。
それに、書いたら、ますます更新が遅れるし。。
ううう。がんばります。tadanzakaさんの励ましのお言葉嬉しかったです!

投稿: きのこ | 2006.06.27 20:03

お父様 ご苦労されたのですね。

全然知らずに空襲の事書き込んで失礼しました。

実は私も叔父と叔母を空襲で亡くしています。下町に戦前から住む人は誰かしら犠牲になっていると思います。そして確かに補償は本当に何もなかったのです。この空襲を指揮し原爆投下を指揮したアメリカの将校は別件で何と日本から勲章を貰っています。

空襲とは別に戦中の千束辺り(竜泉・三ノ輪)の事を書いた本が出ています。晶文社からで『1銭5厘たちの横丁』と言う本です。(中央区の図書館にあります)この本に出てくる写真の中に泡盛屋さんがあるのですが、その泡盛屋さんの家族写真の中の小さなおかっぱの女の子が、今、店を1人で切り盛りされている80過ぎのおばあさんである事を最近知り、店を確かめに行った所、確かに今でも営業されていました。


投稿: ア  | 2006.06.28 15:26

>アさん、
>東京大空襲を指揮し、原爆を投下したアメリカの将校が、別件とはいえ、日本から勲章をもらっていた、・・なんともやりきれない思いがしました。
アさんのご親類の方々も辛い目にあわれたんですね。

『一銭五厘たちの横丁』はさきほど図書館の予約をしました。教えて下さって、本当にどうもありがとうございます。

投稿: きのこ | 2006.06.29 14:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本橋「小網神社」 ご鎮座540年神幸大祭 神輿渡御 | トップページ | 「モーツァルトを語る午後」 斉藤雅広さん(ピアニスト)with 松井菜穂子さん(ソプラノ)@銀座十字屋ホール »