« 『えんかえれじい』 @こまばアゴラ劇場 を観る | トップページ | 成城石井セレクト @日本橋浜町 に行く »

東池袋 人世横丁 「画廊 萬家 (がろう ばんや)」

11/12(日)は、夫と「えんかえれじい」 というお芝居を 「こまばアゴラ劇場」に観に行った後、 東池袋の 「人世横丁」 にある 「画廊 萬家 (がろう ばんや)」 に行きました。

★追記★ 「池袋「人世横丁」57年の歴史に幕(MSN産経ニュース)2008年10月31日

*池袋東口の雑踏を抜け、グリーン大通りをずっと歩いて、角を曲がったすぐ先にある「人世横丁」。
提灯がずらりと下がった狭い路地には、 飲み屋やバー、小料理屋などが立ち並び、 その一角だけ時が止まっているかのようなレトロな雰囲気が漂っています。

01_jinseiyokocho_061112_002

*ちょうちんに灯がともると、 さらにいい雰囲気になっていました。

02_chouchin_061112_001

*「画廊 萬家」。 大きな赤ちょうちんが下がり、大きな歌舞伎の役者絵が上に飾られています。

03_banya_061112_003

日本酒はワンカップだけだったので、 普段は飲まない焼酎にトライしてみました。

この日飲んだのは、 「晴々」 (鹿児島、芋 黒麹のものと白麹のものがそれぞれある)、 「カストリ 蔵守」 (東京青梅市、清酒の酒粕を蒸留してつくられる 「粕取り焼酎」)、 「塞翁が馬」 (宮崎、紅芋 黒麹)など。

「カストリ」 というと、 終戦直後、工業用アルコールや どぶろくを原料とした 「カストリ焼酎」 を思い浮かべてしまいますが、 こちらは 日本酒ので有名な「澤ノ井」のもの。 日本酒の麹の香りがして、私の好みに合いました。

「尾鈴山 山ねこ」 (宮崎、芋 白麹)は残念ながら売り切れだったので、 次回に期待したいと思います。

*「鮪 炙り」

04_061112_004

*「函館名物 イカの沖漬」

05_ika_061112_007

*他にもメニューがあります。 美味しくて値段もリーズナブルだと思いました。 サーモンを使ったお通し、「そばのピリ辛みそ焼き」も美味しかったです。

06_menu_061112_012

通常は二人、 日曜 (あと何曜日かは忘れましたが平日の一日)は一人だけでお店をきりもりされていたので、 ものすごく忙しそうでした。 定連さんには、2Fに上がる前に、 生ビールなど飲み物の注文を聞き、そのまま運んでもらっておりました。

お客さんがたくさんいるとそれなりに待たされますが、 てきぱきとして接客も感じが良かったですし、お待ちかねという感じで美味しいものが出てくるので、 夫といろんな話をしながら ゆったりした気持ちで待つことができました。

お店の雰囲気が温かくて、寛げたので、近いうちにまたいつか。 それほど混んでいないときにでも、こちらの「十割蕎麦」が食べられたらいいなと思っています。

07_ikoinoba_061112_011

08_map_and_address_061112_016

「人世横丁」 は、戦後の闇市を端緒とする飲み屋街。

お年を召した方だと懐かしさを感じるかもしれません。 私はまるでテーマパークを見るような、とてもわくわくした気持ちになりました。 もう、きれいでこじゃれた居酒屋はつまらなく思えてくるほどのインパクトがありました。

すぐ近くにも栄町通りなど飲食店が立ち並ぶ路地があり、池袋はなかなか奥が深いと思いました。

ところで、ここに入る前、某月島もんじゃのチェーン店に入ったのですが、2時間以上飲食お断わりの張り紙がベタベタ貼られ、追い立てられるような気分になって、早々に退散しました。 回転を上げて店の売り上げを伸ばす作戦だとは思いますが、 このような店には2度行くことはないでしょう。

ちなみに、 落ち着いて寛げる店に入って、飲み終わったら言われなくてもサッと出る。 どうしても話し足りないのなら、また次の店に。 これが私の理想とする粋な飲み方です。 むろん自戒なのですが (^_^;)。

|

« 『えんかえれじい』 @こまばアゴラ劇場 を観る | トップページ | 成城石井セレクト @日本橋浜町 に行く »

コメント

お酒もたしなめるきのこちゃんが羨ましい^^
お酒が一緒でないと美味しくないお料理ってありますよね。

池袋は、昭和の匂いの残る横丁なんかもあり、面白いです。

投稿: ゆきちゃん | 2006.11.15 16:20

> 落ち着いて寛げる店に入って、飲み終わったら言われなくてもサッと出る。
> どうしても話し足りないのなら、また次の店に

粋な愉しみ方ですよね~ 自分もそうありたいものです

投稿: аκⅰо | 2006.11.15 16:50

この路地は良い路地です(笑)
通りが2箇所ぐらい生き残ってますよね。
まわりがもう路地と調和していないのが残念な場所です。

投稿: tadanzaka | 2006.11.15 18:44

>ゆきちゃん
>tadanzakaさん

近くにあるハンズやサンシャイン60には何度も行っていたけど、こんな昭和レトロな横丁が残っているんですね。
すぐ近くにある2箇所の路地も通ってみました。人世横丁はちょうちんが下がっているところがいいですね。

>аκⅰоさん、

飲み屋での粋な愉しみ方って、話がはずむとお金がかかりそうなのが難点ですが^^;、かくありたしですね。

投稿: きのこ | 2006.11.16 12:31

料理もお酒もおいしいし、店長さんも温かい感じのなぜかホッとしてしまうお店で、思わず「ただいま」なんて言ってしまいそうな・・・・・お客さん同士が友達になって、貴重な空間ですね。大人になってから友達になるってかなり難しいと私は思っていたのですが、画廊 萬家では違う様ですよ。みなさんも行ってみてちぃ!!

投稿: kiki | 2006.11.19 14:44

>kikiさん、
はじめまして! わたしも、店長さんの温かいお人柄が伝わってきて、ほっと寛げるいいお店だなーと、いっぺんで画廊萬家のファンになってしまいました。
お客さん同士も気さくにお話できるいい雰囲気でしたし、常連さんになって交流ができたら楽しそうですね。
ミクシィの萬家のコミュにも入りましたので、萬家でお会いしたときにはよろしくです!

投稿: きのこ | 2006.11.19 15:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『えんかえれじい』 @こまばアゴラ劇場 を観る | トップページ | 成城石井セレクト @日本橋浜町 に行く »