« 箱根 強羅 に行く その1 | トップページ | 箱根 強羅 に行く その3 »

箱根 強羅 に行く その2

「その1」 の続きで、 箱根への旅行の2日目を書いていきます。

まず、 箱根登山ケーブルカーで 「公園下」駅から 「早雲山」駅へ。
*「公園下駅」。かなり傾斜がきついです。 このハンパじゃない坂を上る自転車の一団がいて、びっくりしました。 むろん尊敬。

01_vfsh003

箱根ロープウェイ に乗り換えて 「大涌谷」 に行きました。

*ロープウェイの上空から見る「大涌谷」の眺めは、煙がもうもうと出ていて凄かったです。

02_fh000036

こちらの名物 「黒玉子」 はバラ売りはなく、6個一組。 しかも2~3日中の消費期限だったので断念しました。なんでバラではだめなのか・・。

「大涌谷」から 「芦ノ湖」 湖畔の「桃源台」まで、本来であればロープウェイで行かれるのですが、あいにく来年2007年5月31日(予定)まで架け替え工事中。バス振り替え輸送で、「桃源台」まで。 途中の道は、かなり車が渋滞中。

「芦ノ湖」を渡る 箱根海賊船 に乗りました。

03fh000031

*甲板上は眺めが良いけど寒かった・・。

05_fh000028

*でも、釣りをしている人たちがたくさんいました。

04_vfsh005

*「元箱根港」まで行って、 コンビニで肉まんとフランクフルトを買って、湖を眺めながらランチタイム。
こちらには自転車でツーリングにきているグループもおみかけしました。 気持ちよさそうですが、傾斜のところは大変そうです。

06fh000027

*大きい「へらぶな」を釣っている釣り人もいました。

07_fh000026

-------------------------------------------------------------

その後、箱根登山バスで 「元箱根港」から「小涌谷」のバス停へ。 ここで「施設めぐりバス」 (箱根登山バス)に乗り換え、「仙石案内所前」のバス停まで。

そのすぐ近くにある 「箱根ラリック美術館」 に行きました。

*緑の庭園が美しく、その庭園を望むカジュアル・フレンチ・レストランの併設された美術館。

08_fh000023

09_fh000019

*美術館本館。 「ルネ・ラリック」 の 見目麗しいジュエリーや、香水瓶などガラスの作品、 室内装飾などの数々に心がときめきました(^^)♪ こちらは 本当にもう一度行きたいくらい、 とても素敵な美術館です。

09_fh000021

*ラリックが制作したガラスパネルが飾られている、実際にパリ~イスタンブールを走った「オリエンタル急行」を見学することができました。(定員予約制、一回につき45分、一名2,100 (コーヒーor紅茶、デザート付き)。
「LE TRAIN (ル・トラン) 特別展示」

10_vfsh006

*入口にディルプレーされていたオリエントエクスプレスのガラスパネル

11_fh000014

*オリエントエプスプレスの窓

11_fh000013

*とても美味しかった有機栽培のお茶と、お菓子。 ちなみに、車内は撮影禁止で、 こちらは入口にディスプレーされていたもの。

12_fh000018

*仏ラリック社のクリスタルガラスのペンダントをお土産に購入。 この深みのある赤い色に、ぞっこんほれ込んでしまいました♪♪

13vfsh010

------------------------------------------------------------------

その後、施設めぐりバスに乗って、「強羅公園」 へ。

*秋バラの季節は少し盛りを過ぎていましたが、 ローズガーデンではたくさんのバラが咲いていました。

14_vfsh007

15_fh000009

16_fh000008

*噴水

17_vfsh009

-------------------------------------------------------------------

*最近出たばかりの 川上弘美「真鶴」を読んで就寝。 主人公が箱根に行く下りがあって、妙にシンクロ。 この小説は面白くて、旅行中に読了してしまいました。

18_vfsh002

「その3」 に続きます。

|

« 箱根 強羅 に行く その1 | トップページ | 箱根 強羅 に行く その3 »

コメント

宮部みゆき・川上弘美…きのこさんと私って好きな作者って似ているかも~^^ でも、きのこさんの知的な雰囲気が私にはないけどorz

いいな~晩秋の箱根で美術三昧…超羨ましい

投稿: ゆきちゃん | 2006.11.08 10:45

似てるなんて、いろいろお話が合いそうで嬉しいなー(^^)。私、ちっとも知的じゃないですよー(恥)。かなりぼーッとしてます(^_^;)。

美術館ポタ一緒に行きたいですねー、則さんとも(笑)。

投稿: きのこ | 2006.11.08 17:20

へらぶなデカッ∑( ̄△ ̄;)

箱根はいつか自転車で登りたいところのひとつなのです。きつそーですけどねえw

投稿: moro | 2006.11.08 23:19

釣り人が結構いるなーと思ったんですが、こんな大物が釣れたら面白そうですよね!
自転車だと、傾斜がめちゃめちゃキツイから大変そう(笑)。でも、上がって行く一団を目の当たりにして、尊敬の気持ちでいっぱいになりました。moroさん、がんばってね(^^)

投稿: きのこ | 2006.11.09 18:52

箱根にはラリックがあるのですね。知らなかった。
諏訪湖にはガレがありますね。
バブルの頃、結婚する友人に「何が欲しい?」と聞いたら「花瓶」と答えたので
ラリックの花瓶をプレゼントしました。
今思えば、なんであんなに高価なものがあげられたのか不思議。
赤いネックレス、すてきですね。
ガラスとか磁器(陶器より磁器が好き)とか大好きです。

美術館ポタというか目黒区美術館&公園ポタですが。
八方園〜庭園美術館〜自然教育園〜(林試野森公園、目黒不動尊、五百羅漢)〜目黒雅叙園〜松涛美術館〜戸栗美術館〜駒場公園(近代文芸館・民芸館)というショートコースを考えました。スカイラークさんの日記に書いたけど、誰も反応していないw
距離が短すぎてポタにもならなそう。ほとんど散策ですねw
紅葉が美しいときが良さそうだけど、ポタスケジュールがぎっしりつまっているので
今年は無理かもしれませんね。新緑の頃でもいいかも。
もう少し勉強して、見所開発しておきましょう。

投稿: 則( ) | 2006.11.10 01:17

則(サザエ)さん、「おさかなくわえたドラ猫~~、追っかけ~て」ないですよね(笑)。ミクシィの日記だと名前を入れなくてもいいので、私も時々名前を入れ忘れては、管理画面で変更してます(^_^;)。直しておきますね。

諏訪湖のガレは、知らなかったです。
いやはや、バブル期って今考えるとおそろしい(笑)。

>ガラスとか磁器、私も大好きです!
いいものを見ると、心の栄養になりますよね。

美術館ポタ、考えて下さってどうもありがとうございます♪♪

距離的には短くても、じっくり見て回ると時間がなくなってしまうのでちょうどいいのではないでしょうか。
いつやるか、が問題ですが、ポタの予定が目白押しですので、ちょっと様子をみたほうがいいかもしれないですね。わたしもグルメスポットを調べておきます。もしかしたら、まあささんやJunjunのほうが詳しいかも!?
とって楽しみです~(^^)。

投稿: きのこ | 2006.11.10 12:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 箱根 強羅 に行く その1 | トップページ | 箱根 強羅 に行く その3 »