« 生花のアレンジメント、 「仏像展」、 樽生酒 | トップページ | 箱根 強羅 に行く その2 »

箱根 強羅 に行く その1

11/2(木)~4(土)まで、 夫と、「箱根 強羅」 に行ってきました。

新宿から 「小田急ロマンスカー」 で「箱根湯元駅」まで約一時間半と本当に近場です。 紅葉は まだ少し先のようでしたが、 おそらくその頃は、混雑必至のことでしょう・・。

ところで、 新型ロマンスカーVSE でないと、座席で注文をとって席まで持ってきてくれるシートサービスはなく、盲点だったと後悔しました。 (電車予約は旅行会社で。 夫にすべてまかせきり)
昔、ロマンスカーに乗ったら、 ロールケーキにお茶が楽しみだっただけに、 期待が大いにはずれてしまいました・・。
次回は、VSE 車を予約しなくては! できればお弁当も(^^)。

------------------------------------------------------

さて、「箱根湯元」駅から、「箱根登山電車」で「強羅」駅まで。

箱根登山鉄道は、大正8年(1919年)に開通したわが国唯一の本格的山岳鉄道。 傾斜がきついので、 途中、スイッチバックでジグザグに上ります。

*途中、渓谷にかかる橋のある眺望の良いところでは、いったん停止。

061102_001

*強羅 (標高553m)に到着。 ちなみに 高尾山は 約600m。「登山」してる鉄道なのです。

061102_003

ところで、 この強羅の駅の標識の写真を撮った後、 なぜか愛用のデジカメ SONY Cyber-shot DSC-P100 にエラー表示が!! ピントもあわず、 二段沈胴の光学ズームの開け閉めができず、 しまいには電源もうまく入らず、 なんでこんな時に限って・・(T_T)。
以後は、今まで使ったことがなかった携帯電話付属のカメラと、使い捨てカメラを使用した画像です。
デジカメはピントがうまくあえばまあまあ。 でも本当のカメラに比べるとピントが合わせにくいのが困りもの。
使い捨てカメラは、ちゃんと写っているか、イチかバチかのバクチみたい。 明日の現像が心配です。。

-------------------------------------------------------

宿泊先は 「メルヴェール箱根強羅」インターネットで探して予約

強羅駅から歩いて行かれる距離ですが、行きは 想像を超える、ものすごい急坂なので、「公園下」駅まで一駅ですが、「箱根ロープウェイ」 に乗って正解でした。

お部屋は、洋室を選びました。 バスルームは普通だけど、 部屋自体はゆったりめ。

自分で部屋まで荷物を運んだり、 お茶はティーパックだったりと余分なサービスはないけど、その分料金も抑えてあるのでまあいいか、と思いました。
いつかは「強羅花壇」なんて思ったりもしますが、 「まあ、いつかは」といったところ(笑)。
旅行は何べんでも行きたいし。 アクティブ派なので、まだまだもったいない気がするし。 分不相応かなと。

ところで、箱根は 良質の温泉があることでも知られています。
こちらの宿の温泉は、単純硫黄泉

この頃やみつきになっている銭湯は、江戸っ子流?の熱湯なので、ぬるめのお湯は最初やや物足りない感じを受けました。 でも、 ゆっくり長時間入るにはちょうどいいかもしれません。 もっとも、かけ流しなので、時間や日によってやや温度が違ってくるようです。

女性風呂には、シャワー専用以外は カランが5つだけなので、夕食前はやや争奪戦。
団体客はいなかったのが幸いだけど、小さいお子さん連れの方がいると落ち着いて入っていられないので (・・年配の方の多い銭湯のほうが寛げたりする。 騒がないし、ま横からのシャワー攻撃もないし(笑))、夜中人がいない時間帯をねらって 再度入りに行きました(^_^;)。

お料理は、一日目の夜より二日目の夜の方が、格段に美味しく感じられました。 作り手が違ったのかな??
給仕の方は感じがよくて好印象でした。

-------------------------------------------------------

箱根は、本当に近場でいい温泉・観光地だと思います。
できれば人が少ない平日に、 そして、 時間ぴったりに来て、混み合わない 「施設めぐりバス」(箱根登山バス)があったなら・・。

今回使った 「箱根フリーパス」 は、美術館などをめぐる 「施設めぐりバス」 が乗り放題。
でも、 時間ぴったりには来ず、さらに30分待ちは当たり前で、時間をロスして勿体無いことこの上なし。 しかも、来る時間が全くわからずかなりイライラさせられました。
ようやく来たと思ったら、 満員で乗り切れないこともあったし、 乗るのも降りるのも大変でした。
あれは、タクシー会社の陰謀かと思ったくらい。 強羅駅で、小涌園行きのガラガラのバスを横目に、 なんでこっちにバスを振り分けないのかと思ったりする。。

今回は、 「大涌谷」「芦ノ湖」箱根海賊船)、 「箱根強羅公園」 などの観光地、
「箱根ラリック美術館」「箱根ガラスの森」「星の王子さまミュージアム」、 そして
「ポーラ美術館」 など美術館めぐりをしてきました。

あの「施設めぐりバス」 のせいで、 時間がなくて 「箱根美術館」 まで回れず悔しい思いもしましたが、 「強羅花壇」への大いなる夢もあることですし(笑)、 また行く機会もあることでしょう (^_^)v

では、 「その2」で、めぐった場所を書いていきます。

HAKONE ONLINE「箱根強羅温泉」
箱根ナビ

|

« 生花のアレンジメント、 「仏像展」、 樽生酒 | トップページ | 箱根 強羅 に行く その2 »

コメント

強羅花壇はもう少し年を取ってからかなあと自分も思っております。
強羅ー大湧谷ー芦ノ湖はバスよりロープウェイの方がいいですよ。

投稿: | 2006.11.06 09:19

いいな~^^美術館巡り…芸術&温泉を楽しみ、美味しいものも食べて、いい休日だったようですね。

都内美術館巡りポタとか誰か企画して欲しい…

投稿: ゆきちゃん | 2006.11.06 09:37

>なナシさま、

強羅花壇は、ずっといないともったいない値段ですよね(^_^;)。
もし、宝くじが当たって両親を連れていったら、ものすごい親孝行ができそうです。。

ところで、強羅ー大涌谷まではロープウェーで行きました!
あそこは大涌谷の上をロープウェーが通って、すごい眺望でした。その2で書く予定だったのでした(^^ゞ
大涌谷から芦ノ湖(桃源台)は、ロープウェー架け替え工事でバス振り替え輸送をしていて、かなり残念でした。架け替え完了の来年2007年6月1日(予定)からに期待ですね。

投稿: きのこ | 2006.11.06 15:58

>ゆきちゃん、
>箱根は近場で良かったよー。人が少なくて渋滞がなければもっといいんだけど・・。

>都内美術館巡りポタ、

目黒庭園美術館、自然教育園の白金ポタだったら行きたいなー、でも白金方面は自転車で行ったことがないからよくわからない・・。誰か連れてってくれる人がいたらいいんだけど。。
則さんダメですかねー、と言ってみる(笑)。

投稿: きのこ | 2006.11.06 16:27

東京都庭園美術館の「アール・デコ・ジュエリー展」(来年の1/14まで)
http://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/jewlley/index.html
松岡美術館の「花鳥画へのいざない」
(同時開催 : 中国陶磁にみる植物文様の世界)(12月23日まで)
http://www.matsuoka-museum.jp/
の特に松岡美術館のは、じっくり時間をかけて見たいから、自分だけで行っちゃおうかなー、と考え中・・。

投稿: きのこ | 2006.11.06 16:36

口ばっかりでちっとも企画しないですみません。
スカイラークさんも待ち望んでいるようなので、ひっそり企画しましょうかね。
こっちサイドだと目黒自然教育園、庭園美術館、目黒雅叙園、松涛美術館、戸栗美術館などかな。根津美術館は閉館中だし。ちょっと調べてみますね。
それと松涛に盲人でも美術が楽しめる、触れる美術館があるんですよね。
一度前を通ったのだけど、どの辺だったかしら?
行って見たいところありますか?
ただグルメスポットはからきしだめなんですよね。基本、外食しないので。

投稿: 則(目黒) | 2006.11.07 02:27

ここだとひっそり企画できそうですね(笑)。
松涛の美術館は知らなかったです。行ってみたいなぁ♪

美術館は私も調べてみますね。
グルメスポットは、「トシヨロイヅカ」のスイーツのテイクアウトとかいかがでしょうか?って行ったことないんですけど(^^ゞ
http://www.grand-patissier.info/ToshiYoroizuka/shop/index.jsp

投稿: きのこ | 2006.11.07 17:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 生花のアレンジメント、 「仏像展」、 樽生酒 | トップページ | 箱根 強羅 に行く その2 »