« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月の28件の記事

「THE ENID エニド」 限定紙ジャケット仕様 & オリジナル音源収録 の 「サンプラーCD」(追記コメント 2013/04/16: バンド公認 2010年最新デジタルリマスター盤の 1st, 2nd. 最新CD Invicta )

昨日(12/28(木))は、予約していた 「 THE ENID (エニド)」の 限定紙ジャケット仕様 Digital Remaster 盤を受け取りに、 ディスクユニオン新宿プログレッシヴ・ロック館 に行ってきました。(場所&営業時間など

「全13タイトル」 & オリジナル音源収録 のサンプラーCD *画像クリックで拡大
001_the_enid_13_title_box_set_disc_union

「THE ENID (エニド)」は、 イギリスの シンフォニック系 プログレッシヴ・ロックバンド。 私が、プログレの深みに入り込むきっかけとなったグループです。

私は、エニドのCDをすでに3枚持っているのですが、 今回13タイトルを全て購入したのは、 ひとえに オリジナルのアナログ・レコード盤の音源を収録した 「サンプラーCD」 が、 全13タイトル購入特典で付いているためでした。

この「サンプラーCD」は、 1st アルバム “ In The Region Of The Summer Stars ”(1976 BUK Version)、2nd アルバム “ Aerie Faerie Nonsense ”(1977 Honeybee / EMI Version)の オリジナルのアナログ・レコードを音源として盤越ししたもの。(詳しくは、「紙ジャケットCD-紙ジャケ プログレの美学-」のサイトの 「こちら」 のページ と、 ディスクユニオンのこちらのページ

この 「サンプラーCD」の他に、 ディスクユニオンの全13タイトル購入特典として、 国内アナログ盤の帯、 エニド新聞、 三種のボックスを特典としてもらえました。

*国内アナログ盤 帯 ミニチュア
002_the_enid_belt_061228_004

*英国 ENIDファン "THE STAND" へ配布した "ENID NEWSPAPER (エニド新聞)" のレプリカ

003_the_enid_news_paper_01_061228_006

004_the_enid_news_paper_02_061228_007

すでに、12/20に発売されていたのですが、 ボックスが不良のため 受け取りが遅れてしまっていたのでした。 前日ディスクユニオンの方から電話で、ボックス良品が入ったとの知らせを受けて、受け取りに!

早速聴いてみましたが、 このオリジナル盤の演奏は素晴らしかったです!!!
以前購入したCDを聴いた際、 オリジナルLPでさんざん聴いていた演奏とのあまりの違いに落胆していた私でしたが、 今回のサンプラーCDでオリジナル盤を気軽に聴くことができるようになり、嬉しくてなりません(^^)♪

なお、このサンプラーCDには、「本CDは視聴用サンプラーです。 本CDの販売、転売、ネット・オークションへの出品は固くお断わりします」 と書いてありました。

一番最初の写真の後ろは、 「エアリー・フェアリー・ノンセンス BOX 」、「フォール・オブ・ハイぺリオン BOX」、 各ボックスを収納できる 「イン・ザ・リージョン・オブ・サマー・スターズ BIG BOX」です。 エニド・ファンとしては、 このボックスだけを、 後で受け取りに行っても良かったんですが、 時間に余裕がなかったもので・・(^_^;)。

13+1枚もあるので、 しばらくエニド漬けの生活になりそうです (^^)♪

■以前書いたエントリー
「THE ENID (エニド) の LP! & IL PAESE DEI BALOCCHI (イル・パエーゼ・デイ・バロッキ)-最近聴いているプログレ その3-」
(私が所有している オリジナルLPの画像あり)
「THE ENID (エニド) -最近聴いているプログレ その2-」
(以前購入したCDについて)
「THE ENID エニド 限定紙ジャケット仕様 一挙発売」
(今回発売されたCDについて)

■エニドについて、参考になったサイト

●THE ENID (エニド)オフィシャルサイト http://www.theenid.co.uk/
 (2013/04/15 更新)

DPRP - Forgotten Sons The Enid (Part 1 1972-80)
・・かなり読み応えがあるサイト(英語)。
シンフォニックロック ワールド 友部 豊のページ
・・エニド 完全ディスコグラフィーのページが、とても参考になりました。 (2013/04/15 更新)
●友部さまのブログ 「ともべの錯乱絵日記」 の中の記事 「酒池肉林っ!!狂乱のエニド祭りっ!!」
・・「ホワイト・ゴッデス」の解説にも書いてありましたが、友部さまと同じく、私も エニドの初の来日公演に期待しています!!

| | コメント (28)

千疋屋総本店のショートケーキ & シャンパン・ワイン @クリスマスイヴ、ラブ日本酒

12/24(日)は、夫と自宅でまったりな クリスマス・イヴを過ごしました。

*クリスマス用に、それまで飲まずに我慢していたシャンパン & 日本橋三越で購入した 鶏モモ (@鶏三昧、「越ナントカ」っていう名前で案外美味だった♪)
001_061224

*赤ワイン & 手抜きなご馳走で、リビングでごろごろ、まったり~♪ いつかは、「バカラ」 の綺麗なシャンパングラス&ワイングラスが欲しいなぁ・・(希望)。
002_061224

「千疋屋総本店」 のショートケーキ♪♪
生クリームがフレッシュで軽~く、 スポンジもしっとり。 やっぱりここのショートケーキは美味しいのう~(^^)♪ 千疋屋総本店@日本橋三井タワー は、 変に行列してないところも ポイント高し (笑)。
003_061224

赤ワイン (Chateau de Paillet Quancard, 2002 Grand vin de Bordeaux)は、日本橋三越で、 赤か白か、ラベルを見ることもなく さっさか購入。 私も夫も、混雑&行列が大ッ嫌いなので、 とにかくデパートから早く脱出したい一心でした (笑)。

チーズは 残念ながら買いそびれ。 日曜日は、行きつけの人形町の酒屋さんと、チーズ・オン・ザ・テーブル@浜町はお休みなのだった・・残念。

まったりなクリスマスイヴを全うすべく、作るものは最小限。 アサリの酒バター蒸し&ポテト&椎茸バター焼き、あとはジョアンのバゲットなど。 余計なストレス皆無で、手抜き万歳!ですね(笑)

クリスマスイヴという商業主義に踊らされて頑張ることは、できれば避けたい。 けれども、何にもしないのも寂しいものが・・。 で、結局クリスマスっぽくなっちゃう小市民。。

*人形町行きつけの酒屋さんに オススメしてもらったシャンパンでしたが、 爽やかな風味で美味しかった♪♪ 家用にしては高かったので、記念写真 (^_^;)。
「シャンパーニュ キュヴェ ロゼ」 生産者 ピオロ ペール エ フィス(フランス シャンパーニュ)
002_02_061211_004

*「作柄の良い年のみに造られる限定品で、樹齢40年のピノノワールを100%用いて、昔ながらの足踏みにてブドウを粉砕し、5~6日かけてロゼの色を抽出」 とのこと。
002_03_061224

-------------------------------------------------------------

以下は、最近飲んだ中で、かなり美味しかった日本酒を忘れないようにメモ。

「八海山 越後で候」(しぼりたて原酒)、新潟
(人形町行きつけの酒屋さんで購入)
006_061211

「豊の秋」(純米大吟醸)、島根
昨日のひどい雨の中、 夫が 「にほんばし島根館」で購入してくれたもの。ありがたや~
005_061226

| | コメント (4)

日本橋 「espressamente illy (エスプレッサメンテ・イリー)」 (イタリアン・スタイル・バール) & 炭火焙煎珈琲店 「ボナール」

12/23(土)は、日本橋 「玉ゐ」 での食事の後、 日本橋高島屋の並びに新しくできた 「espressamente illy (エスプレッサメンテ・イリー) 日本橋」 に行ってきました。

こちらは、イタリアの珈琲ブランド illy の 旗艦店。
イタリア人デザイナー Luca Trazzi デザインの店内は 天井が高く、すっきりしていてオシャレな感じ。分煙スペースも、よくある窮屈で早く立ち去りたい感じではありません。

*深煎りの美味しいカプチーノ?・・なんか別の名前があったようなんですが、失念 & カフェラテ。
001_061223illy_029

わかりやすい場所だし、軽食やお酒もいろいろあったので、待ち合わせとか、日本橋でヘタってしまったときなどに使えそうかも (^^)。

ところで、 入口に、「青山フラワーマーケット」 も併設されていて、目を愉しませてくれました。 もっとも、本気で買う気でないと、 見てるだけでは悪い気がして、 ゆっくり見てるってわけにはいきませんけど・・ (^_^;)。

こちらは、「NEC U Gallery」 (こちらは 11:00~19:00) も併設していて、 この日は 「ぜんじろうのロボット教室」 をやっていました。

「ぜんじろう」って??? テレビで科学の実験をする先生がいたけど、その先生とはなんか違うような・・。 ヘンだなーと思って検索したら、 「でんじろう」 先生と勘違い。 モーッ! なんと、 紛らわしいことか。 「でんじろう」(米村でんじろう)先生の実験を期待していたら、 吉本の芸人さんだったのね・・。(ちなみに、こちらの「サイエンス広場」の実験なんて、小さい子供と一緒にやったら面白いかも!?)

002_061223illy_028

004_061223illy_030

003_061223illy_031


■espressamente illy (エスプレッサメンテ・イリー) 日本橋

住所:中央区日本橋2-5-13 日本橋富士ビルディング1F
営業時間: 7:00~22:00

happysadさんのブログ 「こんなものを買った。-ムダ遣い日記-」に関連記事あり。
私も、紙コップはいやなので グランデはやめておきました。

----------------------------------------------------------------

もっとも、 ゆっくり腰を落ち着けるならば、 同じ富士ビルの1F、高島屋の角を曲がった 深煎 粗挽 炭火焙煎珈琲店 「ボナール」 のほうがいいかもしれず。

こちらは、昭和25年創業の珈琲店。 値段はそれなりだけど (コーヒー¥700~)、 マイセンやウェッジウッドのカップ&ソーサーで、より優雅な気分に浸れるかも!?
(9:30 ~ 23:00、土は 11:00~、日祝は 11:00 ~ 19:30、 年中無休)

ボナールのHPによれば、 日時は、トップシークレットとのことですが、 毎月2回 先着40名様に 「お花の鉢植え」のプレゼントがあるそうです♪

| | コメント (6)

日本橋 「玉ゐ」 (穴子専門店)

12/23(土)は、夫と 日本橋 「玉ゐ」 本店 に行ってきました。

01_061223illy_024

こちらの日本橋本店の建物は、「昭和28年、終戦を迎えてまもなく酒屋として建てられた日本家屋」 とのことで、 建物の造りに趣があり、とても落ち着けるお店でした。
(建物は古いけれども 「老舗」 ではなく、 昨年6月にオープンしたばかり)

*こんな何気ない照明も素敵に見えます。「こヽは又来てみたいそんな玉ゐ」 と短冊に書いてあります。 わたしも、ぜひ再訪したいお店です。

02_061223illy_009

表に「江戸の味 あなご専門店」と書いてあって、穴子だけかと思いきや、さにあらず。 天然穴子のほかにも、美味しい酒の肴にお酒がいろいろあって、かなりお気に入りのお店になってしまいました。 土日祝日も開いているのも嬉しいところです。

*まず、「まぐろの酒盗」(¥600) を、日本酒 「銀盤」(富山)(¥1,500) で。
この日は二人で 「銀盤」×4合くらい。 すっきり口当たりが良く、でもまろやかさもあり、 お料理を引き立てる美味しいお酒だと思いました。
「銀盤」は、人形町のふぐ「あをき」でも頂きましたが、美味しい日本酒だと再認識。

03_061223illy_007


*「板長おすすめ一品」(¥1,200)、ブリのお刺身(間違っていたらすみません!)。 ほどよく脂が乗っていて、めちゃ旨でした♪♪

08_061223illy_008

*「だし巻き玉子」(¥700)。 淡白な穴子で、上品な味わい♪

06_061223illy_011

06_02_061223illy_012

*「なんこつ竜田揚げ」(¥700)。 ゆずコショウと合って、酒の肴向け。

05_061223illy_010

*「たこの塩辛」(¥600)。 まぐろの酒盗と同じく、下に隠れている大根おろしがサッパリして、お酒がさらにすすみました(^^ゞ

07_061223illy_013

*「白子豆腐」(¥500)。ねっとりした白子の風味が、たまりませんでした♪

08_061223illy_014

*「いぶりがっこ」(¥500)。スモークの香りがなかなか ◎(^^)。

09_061223illy_015

他にも、本日のおすすめで、三陸産牡蠣ポン酢、北海道産白子ポン酢、宇和島産極上じゃこ天焼き etc. 食べてみたかった・・。

*いよいよ本命、穴子の箱めし。 これは「小箱」(香の物、お椀付)(¥1,600)。 穴子のお出しは別途200円でしたが、これは頼んだほうがよいかも。。
ふっくらした煮上げと、香ばしくタレをつけての焼き上げの2種類から選べました。 私は「煮上げ」のほうが好みでした。 *画像クリックで拡大します*

10_061223illy_019

メニューに「箱めし」の美味しい召し上がり方が書いてあって、
1、まずは、お好みで山葵をのせて。その季節の旬の産地でとれた穴子の香り、旨味の乗りを楽しんで、一口二口。
2、次に、薬味で味わう。葱、柚子をのせ、また一口二口。
3、仕上げに、穴子のお出しで。穴子の焼き骨からとった出汁を薬味と一緒にあつあつをさらりと。・・だそうです

11_061223illy_020

この方法で食べてみましたが、 穴子の香りと淡白な美味しさを堪能できて、とても満足できました♪

*お土産に、「当店限定穴子キティー」(本当は400円で販売)を頂きました。
「なんでキティーが穴子に変身!?」 と突っ込まずにはいられません。 あと、どーでもいいんですけど、 「サザエさん」に 「アナゴさん」っていましたね(笑)。

12_061223illy_040


■日本橋 玉ゐ 本店

住所:中央区日本橋2-9-9
TEL: 03-3272-3227

営業時間:平日 11:00 ~ 14:00 / 17:00 ~ 21:30 (LO.21:00)
     土・日・祝 11:30 ~ 20:30 (LO.20:00)

オフィシャルサイト
Googleマップ 地図&情報

念のため、 私は、こちらのお店のまわしものではありません。 特に広告したいわけでもなく、 私個人が気に入ったお店の備忘録です。 後で見直しても楽しい思い出ですし、 何らかの参考になれば何よりです (^^)。

その後、 日本橋高島屋の並びに新しくできた 「espressamente illy (エスプレッサメンテ・イリー) 日本橋」(Italian-style bar) へ行きましたが、 これは別エントリーで。

■追記:「日本橋 「espressamente illy (エスプレッサメンテ・イリー)」 (イタリアン・スタイル・バール)」 & 炭火焙煎珈琲店 「ボナール」

| | コメント (6)

中目黒 「COWBOOKS」、美容院に行く

12/22(金)は、中目黒の 「ラ・ブランジェ・ナイーフ」(追記:既に閉店)でバゲットなどを買った後、 目黒川沿いをしばし散策。

*ナイーフから目黒川沿いに出る角にあった、玄関に牛が飾ってある 「上目六さくらショッピングセンター」(現在閉店)。 その後すぐ会った美容師さんによれば、天然酵母パンとケーキのお店 「opatoca (オパトカ)」(中目黒店)(追記:既に閉店)のパンも美味しいとのことでした。

05_opatoka

「みどりばし」 を渡らず左折し、 桜並木のある目黒川沿いをしばらく歩くと、 オシャレな洋服屋さんや美容院、そして、橋を渡って反対側にも、これまたオシャレ系のレストランバーなどが、いくつか点在。

以前、等々力方面へのポタの帰り道、この目黒川沿いを走って、なかなかいい感じかも~とは思っていました。
こうしてのんびり歩いてみると、 中目黒ってこんなにオシャレなお店が揃ってて、 しかも、渋谷や代官山より人が少なくて落ち着いていて、 目黒川沿いの散歩もなんだかいい感じだし、ここはもしかして穴場か!? なんて思ったり(笑)。

この中のバーで一休みしようかなと思ったところで、 その窓越しにお洒落な格好でバッチリ決めてる女性の姿が目の入りました。 「ヘアスタイルがイマイチ決まらないけど、買い物だけだし、まっ、いいか」、と、投げやりな気持ちで家を出てしまった私は、気後れしてしまって、これ以上お店に近づくことすらできませんでした。 我ながら、気よわ~(^_^;)。

「くぅぅぅ~~、このヘアスタイルさえなんとかなれば・・」、と速攻、先ほど気になってた美容院に戻って、 すぐさま髪の毛をカットをお願いしました。 はじめての美容院でしたが、とても気に入りましたし、 髪の毛を切っただけで、こんなにも気分が良くなるなんて♪♪ すぐさま美容院に入って正解でした(^^)。
それにしても、中目黒って美容院がありすぎなんでは・・!?
-----------------------------------------------------------

その後、「COWBOOKS」 (中目黒) へ。
「COWBOOKS」オフィシャルサイト

こちらは、和洋古書を中心に、雑貨なども置いてあり、中でコーヒーも飲めるお店でした。 お店の中に電光掲示板がぐるぐる回ってユニークだなと思いましたが、 その本の品揃えを見ていくうちに、 これは私の趣味にバッチリ合ってて、しかも、 欲しかった絶版の本まで置いてある!! もう、心の中はかなり興奮ぎみとなりました\(^o^)/

*買った本
07_books_061222naifsuryacowbooks_002

●池田弥三郎 「町ッ子土地ッ子銀座ッ子」(三月書房)(1976年7月初版、絶版)¥2,200

●レイ・ブラッドベリ、北山克彦訳 「たんぽぽのお酒」(晶文社、文学のおくりもの①)(1971年6月初版、1990年53刷。現在出ているたんぽぽのお酒とはカバー、装丁が異なる。装丁は長新太)¥500

●ポール・ギャリコ、矢川澄子訳 「スノーグース」(王国社)¥1,200
(私が大好きなプログレバンド「CAMEL」のアルバム「The Snow Goose」の元本)

*今、2,000以上お買い上げの方にプレゼントということで頂いた、 こちらの本屋さんの “founder”、 松浦弥太郎さんのエッセーと、画像が入ったCD-ROM。
CD-ROMの中身は これから見るところですが、 電車の中で読んだ松浦弥太郎さんのエッセーは、寂しげな情景が心の中に浮かんだ、味わいのあるエッセーでした。

08__2

というわけで、美味しいパンが買えただけでなく、 お気に入りのヘアスタイルになれたし、欲しかった本にも出会うことができ、今日は中目黒まで導いてくれたNさんに、心から感謝したのでありました♪

| | コメント (4)

中目黒 「ラ・ブランジェ・ナイーフ (la boulangerie naif)」 の バゲット (追記:既に閉店)

今日(12/22(金))は、「ラ・ブランジェ・ナイーフ (la boulangerie naif)」 の バゲットを買いに、日比谷線で中目黒に行ってきました。

追記:ナイーフは、 既に閉店 (2007年)。 窯の修理中ということで、 長期お休みされていましたが、いつのまにか閉店になっていました。 美味しかっただけに、残念でたまりません。

01_naif_061222naifsuryacowbooks_016

02_naif_2_061222naifsuryacowbooks_001

*「バゲット」 (写真上)。
皮はパリパリ、中はもっちり。 香りがとってもよくて、噛み応えあり。
パンを噛みしめるたびに幸せな気持ちになれるパンでした♪♪ 電車に乗って買いに来た甲斐があったと思いました(^^)。 このバゲットを教えて下さった則さん、どうもありがとうございます!

*「マリネ」 (写真左下、名前がもしかしたら違ってるかも。間違ってたらすみません!)
干しブドウとアーモンド入りで、シナモンの香り。 上のシュガーコーティング以外は、あまり甘みを感じないので、いくらでも食べられそうな感じでした♪

*「パン・ド・ナイーフ」 (写真右下)。
クリームチーズを練りこんだ生地の中に、アーモンドと酸味のあるドライチェリー。上に蜂蜜が塗られていると書いてありましたが、それほど甘みは感じないパン。 酸味があってやや個性的かも。

04_naif_entrance_061222

■ラ・ブランジェ・ナイーフ (LA BOULANLANGERIE naif)

住所:目黒区青葉台1-27-8 セブンスターマンション第一青葉台103
TEL: 03-3713-0201

営業時間:9:00~19:30

Googleマップ 地図&情報

中目黒駅から、山手通りを北方向へ。「三茶亭」の手前で右折。

その後、この近くにある美容院と 「COWBOOKS 中目黒」 へ。 これは別エントリーで書く予定です。
■追記: 「中目黒 「COWBOOKS」、美容院に行く」

| | コメント (2)

錦糸町、亀戸、両国 自転車散歩 その2 両国 「ちゃんこ川崎」

「その1 亀戸 「銘柄牛肉の佐藤」のカツサンド」 の続きです。 ちょうど5時になったので、 両国 「ちゃんこ川崎」 に急行しました。

「お座敷かカウンター、どちらにしますか? お座敷は7時から予約が入っているので、それまでに」 と言われ迷っていたら、 お店のおばさんに 「お座敷のほうが落ち着くし、2時間もあれば十分お鍋が楽しめますよ」 と言われたので、お座敷へ。

しかし、お座敷は個室に区切られ、同じ個室には別の男性ばかりの団体さんが先に来ていて、不安な気持ちはみごと的中。 お酒が入るにつれ、声が大きくてうるさい上に、しかも考えられないくらい下品な話で盛り上がっていて、いやでも耳に入ってくる・・。

でも、ここの鍋はすご~く美味しくて、すぐ帰るには、あまりにも勿体なさすぎ(泣)。
*「名代ちゃんこ」 (¥2,940)。 濃い出汁がきいてて、ここの鶏肉は旨みがあってとっても美味しかったです♪♪
最後は、玉子を入れて雑炊にしてもらいましたが、これもとても美味しかったです♪

061218_nabe_017

061218_021

*「平やき」(¥740)。皮がパリッと焼けてて、これも美味♪

061218_014

*「つくね」 (¥790)

061218_020

*「焼き鳥」 (¥740)

061218_023

*たる酒 (¥790)も、飲みやすくてとても美味しいかったです。 おつまみに三つ葉と塩が出ました。

061218_016


Yahoo! グルメの情報

本当はもっと堪能したかったけれど、「もう、お腹いっぱいだから・・」 と暗に帰宅を促す私に、 夫は勝手に日本酒や焼鳥を追加。 私は不機嫌、不愉快のきわみに達してプンプンでした。
この個室を後にするとき、「さ~、もっと盛り上がるぞ~」 と大声で言われたときは、悔しくて悔しくてたまりませんでした(号泣)。

帰りがけ、「早くからいらしてくださったのに、お時間がとれなくてすみません」 と丁寧に言われたものの、 心の中では、「そんなことじゃなく、個室をおすすめしてすみません」 なんでは・・、と思わずにはいられませんでした。
しかも、 カウンターではカップルが静かに和やかに鍋をつついて幸せそう。。

この日の教訓。
「個室は、団体客と一緒、または一緒になりそうだったら、断固お断わりする」。

帰りは、ライトアップされた柳橋を通って帰りました。

| | コメント (4)

錦糸町、亀戸、両国 自転車散歩 その1 亀戸 「銘柄牛肉の佐藤」のカツサンド

先日は 夫と自転車で、雑誌「散歩の達人」で特集していた 錦糸町、亀戸、両国 に行ってきました。

まず、浜町公園から隅田川沿いに 「両国橋」 へ。
*両国国技館のお膝元だけに、橋の途中が 「土俵」 になってます。

061218_001

*夜行く予定の、両国 「ちゃんこ川崎」 を偵察(笑)。

061218_002

*ねずみ小僧の墓があることで有名な 「回向院」 の前を通って、

061218_003

*京葉道路をひたすら東。 明治通りを右折し、明治通り沿いにある 「銘柄牛の佐藤」 で名物 「カツサンド」(¥525)を購入。 近くの公園でランチタイム。

061218_004

*この値段 (500円!)で、これだけのボリュームはエライッ!

061218_005

061218_006

でも激旨だった、日本橋 「宇田川」 のカツサンド (1,700円) を経験しちゃうと、 あれを超えるものってかなり難しいような気がするので、 あえてコメントは控えておきます。

その後、この近くのガレージの上にある 「飛行機の頭部」 を外から見学。

061218_007

前からコックピットを見て乗る姿を想像しました。 遊覧飛行だったら楽しそうだけど、「散歩の雑誌」によれば、これは自衛隊から譲り受けたものだそう・・。

061218_008

その後、明治通り沿いにある近くの「珈琲館」に入って、炭火珈琲、マンデリンでしばし一服。

その後、錦糸町にある 「すみだ江戸切子館」(墨田区錦糸2-6-5 地図&情報)に行きました。

061218_009

*「江戸切子の出来るまで」 などの展示や、江戸時代のガラスカタログなどがあって楽しめました。 体験学習も面白そう! お店にいたときも学校かららしい予約の電話が入っていました。

061218_010

でも、この日は自転車でガラスが壊れるとタイヘンですし、 ステキなものはお値段も結構よい(笑)ので、また次の機会のお楽しみです♪

----------------------------------------------------------------

その後、夫の冬用ジャケットを買うため、 「アルカキット錦糸町」 の下にある駐輪場に行きました。

駐輪場は、アルカキットで500円以上お買い物をしてスタンプを押してもらえばタダになるけど、そうでなければ一台100円。 親切なおじさんたちがいらして、駐輪するのを手伝ってくれました(^^)。

しっかし、「自転車の空気を抜くいたずらが頻発してます」 という張り紙に、 思わず ガーーーン!
不安な気持ちで一杯になって、駐輪やめとこうかと思いましたが、すぐ100円取られちゃうのも悔しいし、おじさんたちが見回りしてるので信頼するしかないと腹をくくったのでした。 でも、自分の自転車が無事なのを確認するまでドキドキでしたし、 ものすごい早足になってしまって、錦糸町の雑踏の中、夫が私の姿を見失ったほどでした(^_^;)。。

そんなこんなで、錦糸町では夫のお気に入り(とにかく安いもの(笑))には出会えず、 亀戸に戻ったりしながら再び両国。「いろいろ見ないと・・」 と ぐずぐずしている夫に、「見ているうちに冬が終わっちゃうよっ(怒)」とキレる私でありました。「とにかく安くていいものじゃなきゃダメ」という こだわりのある夫の買い物に付き合うことくらい面倒くさいことはなく、最後はもうどーでもいいやと投げやりになって選んでたので、 私がバーゲンで勝手に買っちゃえばよかったかも・・と後悔しきり。 もっとも、夫にはもっと優しくしなくては、と反省しました。

ちょうど5時になったので、 両国 「ちゃんこ川崎」 に急行!
「その2 両国 「ちゃんこ川崎」」 のエントリーに続きます。

*今回回ったところ *画像クリックで拡大します。

061218_

| | コメント (2)

年賀状をパソコンで作る

今年も、エプソンの 「カラリオ年賀」 の無料ダウンロードソフトで年賀状を作りました。
http://my.epson.jp/myepson/alluser/printown/index.jsp

*カラリオ年賀で作った、ごんちゃんの年賀状
Photo_21

「カラリオ年賀」 は、 エプソンの対応プリンタで印刷できる、「MyEPSON」 会員限定の年賀状などのダウンロードソフトです。
去年の Ver.2 から 新バージョンの 「カラリオ年賀 Ver.3」 になって、さらに改良されていいかなーと思ったものの、 旧バージョンの「カラリオ年賀」のファイルはもう使えないのでした・・orz もっとも、このソフトで作るのは3回目なので、手早く作ることはできましたけど (^^ゞ。

むしろ、一番手間がかかったのは、印刷のほうでした。

自分の部屋のプリンタを使うのはひさびさで、 ホコリが白く堆積しておりました(^_^;)。 今まであえて目をそらしていたけど、使ってないプリンターにはカバーつけなきゃだめみたいですね(汗)。

印刷の際 「用紙の種類によっては用紙の上下端で印刷の乱れ、あるいは汚れが発生する場合があります。」と書いてあるように、 年賀ハガキ(官製のインクジェット紙)の隅っこなどに黒いインクが付着して、13枚ほどボツになりました (T_T)。

その後、 面倒だけど一枚づつ印刷すれば大丈夫なことが判明したけど、時間がかかること、かかること・・。
でも、なにしろ無料なんだし、幸い時間の余裕はまだあるので、しばし 「耐える女」 になっていました (笑)。

宛名書きは自筆にしますが、無料で手軽に作れるのってやっぱり助かりますね♪

去年は仕事があって、夫の実家に帰省する前、徹夜で仕上げた年賀状でしたが、今年は早めに出さなくては!
■平成19年度年賀ハガキ特集 http://www.post.japanpost.jp/nenga2007/

■「平成18年元旦用に、年賀状をパソコンで作ったときのエントリー」。
■「平成17年元旦用に、年賀状をパソコンで作ったときのエントリー」。

| | コメント (0)

「ケーク・オ・フリュイ」 @木村純子さま (お取り寄せ)

前のエントリーで書いた 絶品 「シュト-レン」 は クリスマス・ホームパーティへのお土産用に。
自宅用には 「ケーク・オ・フリュイ」 を、 パティシエ 木村純子さんから お取り寄せしていました。

002_061218_025

001_061218_025

甘いものが苦手な夫が、 あっという間に 4分の1以上パクパク食べちゃったくらい (しかも 両国 「ちゃんこ川崎」 での外食 から時間がそれほど経ってなかたのに・・)、 とっても美味しかったもの。
カタログによれば、 「ドライフルーツをたっぷり混ぜ込み しっとりと焼き上げた ラム酒の香り豊かなパウンドケーキ」。 とてもしっとり、 後をひく上品な甘さのパウンドケーキでした♪♪

こちらも、またお取り寄せしたい美味しさだったので、備忘録メモ(^^)。
「クリスマスケーキ_カタログ1 from_.pdf」をダウンロード

■以前書いたエントリー 「ウィーン菓子 「リンツァートルテ」 @木村純子さま (お取り寄せ)」

| | コメント (10)

お取り寄せの 絶品 「シュトーレン」 & 「赤ワイン」

12/17(日)の プチ・クリスマス・ホームパーティー には、 「シュトーレン」 と 「赤ワイン」 を持っていきました。
幸い評判が良く、持って行った甲斐がありましたし、喜んでもらえて嬉しかったです♪

*パティシエ木村純子さんからお取り寄せした、 絶品 「シュトーレン」(^^)♪

009018

005_017

木村純子さんのカタログ によれば、 シュトーレンは、「ドライフルーツ入りの生地でローマジパンを包み込んだ ドツツのクリスマスには欠かせないお菓子」だそうです。
「クリスマスケーキ_カタログ1 from_.pdf」をダウンロード

しっとりしていて、上品な甘さ。 この間、ドイツ文化会館でのクリスマス音楽会の際に出たシュトーレンに匹敵するかなりの美味しさでした♪

*赤ワイン、「Cotes du Rhone Village Visan Vieilles Vignes」 (コート デュ ローヌ ヴィラージュ ヴィサン ヴィエイユ ヴィーニュ)、生産者 ドメーヌ ラ ガントランディ (フランス、コート デュ ローヌ)。 このワインは、 いきつけの人形町の酒屋さんでオススメされたもの。 フルーティーで渋すぎず、 ホームパーティーにはぴったりでした♪

004visan_061217_014

01_061211_008

以上、 美味しかったので、 備忘録でした(^^ゞ

■以前書いたエントリー 「ウィーン菓子 「リンツァートルテ」 @木村純子さま (お取り寄せ)」 で、 木村純子さんとの出会いとケーキのことを詳しく書いています。

■今回自宅用にお取り寄せした 「ケーク・オ・フリュイ」については、 別エントリー 「「ケーク・オ・フリュイ」 @木村純子さま (お取り寄せ)」 で書いています。

| | コメント (4)

プチ・クリスマス・ホームパーティー

12/17(日)は、夫と プチ・クリスマス・ホームパーティー @Oさん宅へ。
素敵なクリスマスのインテリアと、美味しいお料理を堪能させて頂いて、とても豊かな気持ちになれました。

*とても素敵で感動したクリスマスの飾りつけ。
これはほんの一部で、 玄関に入ってからクリスマスの飾りが、 そこかしこにキレイにディスプレーされていました。*画像クリックで拡大

001_061217

*大きなクリスマスツリー。 オーナメントも綺麗。

002_003

*飾りだなの中の サンタさんと仲間たち。

003_007

うちはというと、こんなホームパーティーは、まあ無理でしょう(^_^;)。

テレビドラマや雑誌に出てるみたいなご馳走尽くしのホームパーティーって、本当に全く興味がないし (ただし、他人が主催するのに参加するのはまた別の話)、 頑張るのもイヤだし、 片付けも苦痛。 お見せするべきものも特にありません(笑)。
うちは、お茶 or 飲み会専用ってことで、人形町、日本橋界隈のお店で宴会しましょう!

うちから持って行った 赤ワイン & この日のために注文お取り寄せした、パティシエ
木村純子さんの絶品 「シュトーレン」 は、また別エントリーで!

■追記: 「お取り寄せの 絶品 「シュト-レン」 & 「赤ワイン」」 のエントリー

| | コメント (4)

地図の専門店、日本橋 「ぶよお堂」(武揚堂) に行く

きのう(12/16(土))は、 きのう(12/16(土))は、 日本橋のプラネタリウムから、 京橋の「100%チョコレートカフェ」 、 「ミキモト」でクリスマスツリーなどを見た後、 日本橋の老舗の地図店、 「ぶよお堂」(武揚堂) に行きました。

こちらは1897年、明治30年創業の老舗のお店。 いろんな地図の他に、 空気をふくらませたらボールになる地球儀だとか、 高尾山の手作りキットなどの楽しそうなグッズも売られていました。

44061216_020

何にしようかと迷っていたら、 夫が早く散髪に行かなきゃと急かしたので、何も選べずそのまま帰ろうかというときに、 お店のおばさまが 「折角来て下さったのだから」 と、 地図のついたカレンダーを下さいました。

なんかすごく感激したし、 さすがに何も買わずに帰るのは悪いと、夫に何か買いなさいよと言って、雑誌「散歩の達人」を購入しましたが、 ここは来てみてよかったです (^^)

*世界地図のついたカレンダー。 他に日本地図などなど選ぶことができました。

40061216_028

41061216_029

42061216_030

■「ぶよお堂」(武揚堂)

住所: 東京都中央区日本橋3-8-16  ぶよおビル1F
TEL 0120-72-2410

営業時間:平日(月~金) 10:00~19:00 土曜日 10:00~17:00
日曜祝日 年末年始 休み
地図

「ぶよお堂」(武揚堂) オフィシャルサイト
ぶよお堂大阪店


| | コメント (2)

銀座 ミキモト の クリスマスツリー♪ アクセサリーのクリーニング & 和光へ

きのう(12/16(土))は、 日本橋のプラネタリウムから、 京橋の「100%チョコレートカフェ」 などに行った後、 夫と再び自転車で銀座に行きました。

銀座通りは ツリーが飾られ、 「ミキモト」 のツリーがやっぱり大きくて素敵でした!

20061216_017

折角、ミキモト前に来たので、 指輪とネックレスのクリーニングをしてもらったところ、 見違えるほどキレイに光輝いて感激しました♪ お店の方によれば、 真珠でも2年に一回くらいはクリーニングしたほうがいいとのことでした。

その後、「和光」 で時計のバンドを交換しました。 バンドを交換するだけでも、かなり見栄えがして、とても嬉しい気持ちになりました♪
時計を新しく新調するのもいいかと思いますが、 自分のお気に入りを、 長く大事に使えれば、 それにこしたことはありません (^^)。

21061216_037_1

*シャネルのへんてこな天使。 高級なイメージからかけ離れているような気が・・。

30061216_011

31061216_010

| | コメント (2)

「100%チョコレートカフェ」 に行く

きのう(12/16(土))は、「日本橋 HD DVD プラネタリウム」を見て「上野精養軒 日本橋店」 でランチの後に、 夫と自転車で、鍛冶橋通り沿い、 京橋の明治製菓本社ビルの1Fにある 「100%チョコレートカフェ」 に行きました。
「100%チョコレートカフェ」 ショップガイド

05_061216_006

デザートにプディングを頂いたばかりだったので、 今回はお土産にチョコレートを購入しました。
*美しく色のグラデーションで並べられたチョコレートたち。

06061216_007

*今回購入したもの。 上は、おまけで頂いた 「卓上カレンダー」。

07_061216_021

ラベンダーは、美味しい普通のミルクチョコレートっぽかったけれど、 ジャスミンは最後にほんのりですが、 ジャスミンの香りがしました。 ちょっとサクッとした口当たりがあり、 なんとなく不二家のフルーツミックスっぽい感じがしなくもありませんが、 これは買ってみた甲斐があったかも。 もっとも、一つ 200円 の値段は微妙なものがありますが、 こればっかりは人によりけりだと思います。

*説明にそそられて、ついつい購入(^_^;)。
*「イタリアトスカーナ大公」「王侯貴族を魅了した、バロック時代の華やかな宮廷の味」にノックアウトされたジャスミン。

08061216_033

*こういうのにも、よわよわ~(^^ゞ

09061216_034

*「風の吹くラベンダー草原に佇むような」ってフレーズにやられました(笑)。

10061216_035

以前ショップで、 ショコラドリンクを頂いたこともありましたが、 とても美味しくて暖まりました♪
*これも美味しそう♪

11061216_008

*頂いた卓上カレンダー。 12月はチョコレートっぽいけど、1月からは普通に便利に使えそう♪

12061216_031

13061216_032

「100%チョコレートカフェ」 オフィシャルサイト

その後、 銀座へ行きましたが、これは別エントリーで書く予定です。

| | コメント (0)

「上野精養軒 日本橋店」 に行く

きのう(12/16(土))は、「日本橋 HD DVD プラネタリウム」を見た後、 日本橋三越の向いのビルの9Fにある 「上野精養軒 日本橋店」 に行ってきました。

落ち着いた雰囲気で、接客もとても丁寧。 近くに会社がある夫によれば、 お昼も接待向けかも、とのことでした。
すぐお隣に、ワインを一本あけて、ご機嫌でお話している年配の女性の方がいて、 お話が丸聞こえなんてこともありましたけど(笑)。 まあ、お休みなんだし、私は気にしませんよ (^v^)。

ビーフシチューセット(¥2,940)を頂きましたが、 最初のオニオンスープからして、非常に美味しかったし、 ビーフシチューも柔らかく煮込んだお肉に濃厚なソースがとても美味しく、大満足のランチとなりました♪♪♪

*ビーフシチュー

03_061216_003

*デザートで別途頼んだプディングは、 昔ながらの、手をかけて作ったという感じの美味しいプディングでした。

04_061216_005

ぐるなびの記事
上野精養軒オフィシャルサイト

その後、 自転車で京橋にある 「100%チョコレートカフェ」 、そして銀座へ行きましたが、これは別エントリーで書く予定です。

| | コメント (0)

「日本橋HD DVDプラネタリウム」 を見る

きのう(12/16(土))は、夫と 「日本橋HD DVDプラネタリウム」 を見に行きました。
オフィシャルサイト
■2007/1/28に 「星空の贈りもの」 を見た感想は、 最後に追記しています。

01_061216_001

チケットを買う際、 上映時間約30分に 1,500円! これって入場料高すぎない!? とは思いました。
でも、 500万個の星を投影する世界最高峰のプラネタリウム・メガスターⅡ だし、 宮本亜門演出だし、緒方拳が声で出演してるし、「北斎の宇宙」ってなんだろう!? とにかく見てみなくっちゃ! と楽しみにしてました。(以前書いた、 「「日本橋HD DVDプラネタリウム」 開幕、 三井本館の壁面映像を見る」のエントリー

でも、 あまりの期待ハズレに、かなりがっくり、 唖然・・。

確かに、星空が出てくる場面では、星の数がすごい! と感心。 でも、 その肝心の場面があまりに短かすぎました。

プログラムの内容も、 「無為に生きる若者が、北斎に叱られて更生する」 といったもの。「北斎と宇宙」 というタイトルから私が連想したものとは、 あまりにかけ離れすぎでした。

「北斎の宇宙」 銘打っているわりには、 「北斎」 の興味をそそられるような絵の解説があるわけでもないのです。
これでは、 冬の星座、とか、夏の大三角形、とかオーソドックスな内容のほうがいいかもしれず・・。

「HD DVD映像」 と言ってる割には、 映像が荒すぎるのではと思いました。 これでは、 液晶大画面テレビで見たほうが、 よっぽどマシかもしれません。

始まる直前、 チケットの半券を、 1月から投影予定のプログラム 「星空の贈り物」、もしくは、 今回のプログラム 「北斎の宇宙」 の招待券とお引き換えしますとアナウンスがありました。 その時は、 やけに気前がいいけど、なんか不自然な匂いを感じていました。 終わってみれば、これで納得。
(*画像クリックで拡大します)
02_061216_027

もし1月からのプログラムの招待券の引き換えがなかったならば、 その場でクレームの嵐が吹き荒れたのではないでしょうか。 かくいう私は、 終わるやいなや 「お金返して~~!!」 と言わずにはいられなかったけど・・。 こんなことなら、 映画デスノート後編のほうがまだマシだったかもなんて思ったり (T_T)。

ブログ上では、 極力悪口を控えている私ですが、 こればっかりは酷すぎのではと思わずにはいられません。

きのう開幕したばかりで、この日2回目の上映時間に行きましたが、 せいぜい席が埋っているのは半分だけ。 道理で、 昨日すんなりチケットがとれるわけでした。

来年1月から上映予定の 「星空の贈りもの」 は、「世界中の四季の星座を巡りながら、 「メガスターⅡ」 の繰り広げる、満天の星とヒーリングサウンドをじっくり堪能していただくプログラム」 と招待券のご利用についてのリーフレットに書いてありました。
でも、 わずか30分のプログラムで、 「じっくり堪能」 できるかどうか、今からとても不安でなりません。

今は閉鎖されてしまった 「五島プラネタリウム」 とか、 「池袋サンシャイン」 のプラネタリウムでは、 土曜の最終回とかだったと思いますが、 ヒーリングサウンドを聴きながら星空を眺めるプログラムがありました。

今でも思い出すのは、 タンジェリンドリームなど、プログレ系のヒーリング音楽が流れる中で、 満天の星空を眺めるプログラム。 今でもどこかのプラネタリウムで是非ともやってほしいものです。でも、 さすがに 30分では無理がありそうな・・。

--------------------------------------------------------

■追記(2007/1/30):
1/28(日)、「星空の贈りもの」を見てきました。 北斎のプログラムとは違い、 春夏秋冬の満天の星空を堪能することができました。
上映時間30分は、やはり短いという感じがしましたが、 星の密度が濃い冬の星空は、 まるでこちらに迫ってくるような迫力がありました。
また、夏の満天の星空、天の川は、 昨年行った屋久島の夜の永田浜で見た星空を思い出しました。

もうちょっと時間を長くして、簡単でいいので星座の紹介があれば なお良かったかも。
今回は、「北斎の宇宙」 を見た際にもらった招待券でしたが、 「星空の贈りもの」 単独だったら、 もっと入場料を安く、せめて500円くらいにすればちょうど見合うくらいかなと個人的には思います。
でも、 ようやく500万個の星を投影する世界最高峰のプラネタリウム・メガスターⅡ の素晴らしさを実感することができ、 招待券をムダにしなくて良かったと思いました。

--------------------------------------------------------

余談ですが、 プラネタリウムのすぐ前にある屋台村。 三井不動産が、 「日本橋再生計画」 の一環でプラネリウムなどを開催するのだったら、 もっと江戸をイメージした屋台を工夫すればいいのにと夫と話しておりました。
たとえば、時代劇に出てきそうな 「ニ八蕎麦」 の屋台とか、 はたまた 「天ぷら」 「寿司」 の屋台とか、 もっと工夫したらいいのにね。。

以上、私個人の主観的な意見に過ぎません。 気を悪くなさった方がいたらすみません。

| | コメント (10)

THE ENID エニド 限定紙ジャケット仕様 一挙発売

ディスクユニオン 新宿 Progressive Rock 館のサイトの こちらのページをチェックしたら、 「THE ENID」(エニド) の 限定紙ジャケット仕様 Digital Remaster 盤 が、 12月20日に発売予定!との情報が出ていました。

■追記(12/19): 今日、 全13タイトルのボックスをお店で予約しました。 すでに入荷していて、お店ではエニドの曲が流れてるし、気分がかなり高揚してしまいました\(^o^)/。 ディスクユニオン新宿プログレ館では、 全13タイトル購入特典として、三種のボックス、帯、エニド新聞、オリジナル盤から再現したCD!!!を特典としてもらえるそうです。 ところが、お店の方によれば、現在ボックス不良のため、 ボックスとセットの場合、受け取りが遅れそう・・ (T_T)。

■追記(12/28):やっと購入できました!「。「「THE ENID エニド」 限定紙ジャケット仕様 & オリジナル音源収録 の 「サンプラーCD」」 」。

http://blog.diskunion.net/user/archangel_takekawa/kami/5834.html

*昔、LP盤で何度も聴いた愛聴盤 「Aerie Faerie Nonsense」

060412aerie_faerie_nonsense_009

まだ持っていないものもあるだけに、20日がかなり待ち遠しいこのごろです。 私は、もちろんボックス盤狙いなのですが。 かなり物入りになりそうな年末です・・(-_-;)

☆今回 WHDエンタテインメント から発売されるタイトル

続きを読む "THE ENID エニド 限定紙ジャケット仕様 一挙発売"

| | コメント (2)

「日本橋HD DVDプラネタリウム」 開幕、 三井本館の壁面映像を見る

今日(12/15(金))から、 日本橋の 「三井本館」 の向いで 「日本橋HD DVDプラネタリウム」 が開催され、 三井本館の壁面を巨大なスクリーンにして北斎の浮世絵などの映像が投影されるというので行ってきました。
「日本橋HD DVDプラネタリウム」 オフィシャルサイト
■追記:「「日本橋HD DVDプラネタリウム」 を見る」

*三井本館に投影された映像。 外壁を囲むコリント式の列柱が堂々とした威厳をたたえ、昭和初期を代表し、重要文化財に指定されている 「三井本館」 が、 美しくライトアップされていました。

02_061215_012

01_061215_013

*いろんな映像が次々と投影されていました。

04__3

03_061215_009

*正面から見ると障害物なし。

08_061215_016

*プラネタリウム 「HOKUSAI ~ 北斎の宇宙」 は、 大平貴之氏が作り上げた、500万個の星を投影する世界最高峰のプラネタリウム・メガスターⅡ とCG映像。 プラネタリウムは、明日 夫と観にいく予定で楽しみにしています♪

07061215_

メガスターⅡ といえば、 以前、お台場にある 「日本科学未来館」 に プラネタリウム MEGASTAR-II cosmos を見にいったときには、ちょっと期待はずれな面もあっただけに、 こちらでリベンジできればいいなと期待しています。(以前書いたエントリー 「「未来館」 @お台場 に行く」 を参照)
開催期間は、 2006年12月15日 から 2007年6月末日まで。 上映時間は、11時~23時(毎時00分上映開始) (※日によって異なる)全席指定。

上映時間 約30分で、大人一人 1,500円(子供 800円) ・・って高くないですか!?
チケットは、 チケットぴあ、ローソンチケットでも発売されていますが、 プラネタリウムの入口前にチケット売り場があって、そこでも買うことができました。

*プラネタリウムのドームスクリーンと屋台
人形町板倉屋の人形焼や、甘酒、ビールやお酒などなど、いろんな屋台がありました。

05061215_014

*絵本やぬいぐるみも扱っていて、お菓子のコーナーも見ているだけでなんだか楽しいローソン 「HAPPY LAWSON」 が、 プラネタリウムのお隣に新しくできていました。 成城石井セレクトと同じく、 気をゆるめていると、ムダ遣いしちゃいそうなお店かも・・。

06_061215_017

| | コメント (0)

クリスマス音楽会、 シュトーレン&ワインを愉しむ @ドイツ文化会館

きのう(12/14(木))は、クリスマス音楽会と シュトーレン&ワインを愉しみながらの懇親会のお誘いがあり、 ドイツ文化会館に行ってきました。
*演奏が終了し、花束贈呈が終わったところ。 ステージ左側に大きな樅ノ木が飾られています。
01061214_daad_002

今回の音楽会は、 ドイツ学術交流会 (DAAD) 東京事務所DAAD友の会 の主催。
曲目は、 ハイドン 「ピアノ三重奏曲」イ長調 Hob.XV:18 と、 メンデルスゾーン 「ピアノ三重奏曲」ハ長調 Op.66 。
演奏者は、 Kurt Guntner (ヴァイオリン) (武蔵野音楽大学客員教授)、 Clemens Doll (チェロ)(武蔵野音楽大学客員教授)、 恵理子 Doll, Klavier (ピアノ)(武蔵野音楽大学講師) でした。

今回のクラシックの生演奏は 本当に素晴らしく、 やっぱりクラシックっていいな~♪ と思いましたし、優雅な気分に浸ることができました (^^)。
演奏者のレベルも高く、満員盛況な音楽会で、アンコールまでありました。

*ホールに飾られていた樅ノ木は、 ドイツ大使館から借り受けたもので、 ドイツでは、樅ノ木のクリスマスの飾りつけは、このようにシンプルなのが普通とのこと。

02_061214_daad_009

演奏会が終了した後、 シュトーレンとワインを愉しみながらの懇親会がありました。

*今まで食べた中で一番美味しく感じられた、 しっとりした味わいの 「シュトーレン」 (stollen)

03_061214_daad_005

03_061214_daad_004

*美味しいワインも飲み放題でした♪ (ピーロート・ジャパンからのご寄付)
ピーロート・ブルー 「ブルク・ライヤー・シュロスカペレ」 と、 フュルスト・フォン・メッテルニヒ 「キュヴェ・リースリング・ゼクト・トロッケン」

05_061214_daad_007

このような素敵な演奏会に誘って下さった I 先生、 どうもありがとうございました。

| | コメント (0)

「湯島聖堂」、 神田明神 甘酒 「天野屋」、上野 不忍池へ

12/10(日)の昼は、夫と自転車で 「湯島聖堂」、「神田明神」、上野の不忍池 へ。

まず、 「湯島聖堂」。 こちらは、創建元禄3年(1690)、徳川五代将軍綱吉が儒学の振興のため創建し、 寛政9年(1797) 幕府直轄の 「昌平坂学問所」が開設された場所で、現在史跡として無料で公開されています。

001__1

*「仰高門」 をくぐると、うっそうと木々が茂っています。

002__2

*「孔子銅像」

002__1

*木々に囲まれた 「入徳門」。 この門は、寛永元年(1704)に建てられたものがそのまま残っている、大変貴重なもの。

003__1

*「大成殿」の手前の 「杏壇門」。 銀杏の大木がありました。

005_

004__1

*孔子を祀っている 「大成殿 (孔子廟)」。(土・日・祝日 (午前10時から閉門時間まで)は内部を公開。

004__2

Wikipedia によれば、 大成殿は たびたび焼失、関東大震災でも焼失しており、 現在の大成殿は伊東忠太設計により鉄筋コンクリート造で再建されたもの。

*西門から出たら、銀杏の並木が美しく並んでいました。

006__1

*晴天の湯島聖堂

007__1

-----------------------------------------------------------------

その後、神田明神の鳥居横にある 「天野屋」で、甘酒を頂きました。

007_061210_024

こちらは、弘化3年(1846) 江戸時代からの創業。 お店では温かい 「明神甘酒」が味わえるだけでなく、夏には「冷し甘酒」、「芝崎納豆」なども販売されています。
こちらの甘酒は、お店の地下6mの天然の土室(むろ)で糀(米かうぢ)をもとに熟成されたもの。 お砂糖を使っていない、ほんのりとした自然の甘味が味わえました。 右はセットで付いてくる久方味噌。

008__2

*天野屋の店内には、古いランプや掛け時計、鉄道模型などが飾ってあって、 トイレに至る小さな庭にも趣きがあって素敵です。 トイレ前に、室の写真などが貼ってあります。

008


■天野屋

住所:千代田区外神田2-18-15
TEL:03-3251-7911 

営業時間:
平日 9時~18時  (日曜・祭日  9時~17時)
12月2週目~4月2週目の日曜日まで冬季無休
定休日 4月3週目~12月1週目の各日曜日 及び 夏期休業日

オフィシャルサイト
Googleマップ 地図&情報

--------------------------------------------------------------------

その後、「神田明神」 でお参りしました。

こちらは江戸城の丑寅(うしとら)の鬼門に当たる場所で、江戸総鎮守。 幕命により桃山風の壮麗な社殿が築かれています。

009_


■以上詳しくは、以前書いたエントリー 「御茶ノ水 まで 自転車散歩 (神田明神、湯島聖堂、ニコライ堂)」をご覧下さい。 写真入りでご紹介しています。

--------------------------------------------------------------------

その後、湯島天神下の居酒屋 「シンスケ」 などの前を通って、上野の不忍池へ。
池に集まる鴨などの鳥たち、 銀杏並木などの自然を楽しむことができました。

*銀杏並木

013

*冬になってすっかり枯れた不忍池の蓮

010

*群れ飛ぶ鳥たち

011

*不忍池の鴨さんたち

012_

*たまたま見つけた、不忍池の回りでは珍しい紅葉。

014_

この日は、夜、月島 あんこう鍋の 「ほていさん」 で忘年会もあり、 とても充実した一日となりました。

| | コメント (9)

人形町 洋食 「キラク」(旧スタッフは「そよいち」へ)

12/9(土)は雨降りだったので、 夫と 近所の人形町の洋食屋さん 「キラク」 へ。

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°
★追記(2009/12):その後、古くからいたおばさん、スタッフが移転を余儀なくされ、「そときち」として再スタートし、テレビに出たのもつかの間、 商標登録の関係で 「そときち」から 「そよいち」に店名を変更。その間の事情は、公式ブログの「こちら」のページ。人形町在住のピアニスト、マサヒルトン侯爵さま こと、斎藤雅広先生も、「こちら」と「こちら」のページにも書いていらっしゃるけど、これまでの味になじんでいた私も、「そよいち」さんを応援したいと思います。

★追記(2009/01):私が以下で書いている 「キラク」 の料理を作っていたおばさん、スタッフの方々は、全員、 2008年10月7日に開店した、人形町「そときち」改め「そよいち」(オフィシャルサイト http://sotokichi.web.fc2.com/index.html) で働いていらっしゃいます。

 「そよいち」さんには、開店してから2回ほど伺っていますが、 ビーフカツレツのサクッとした揚げ上がり、付け合せのサラダ、 そしてポークソテーなど、 相変わらずの美味しさでしたnote ちなみに、 以前、民放のTVで、世界最優秀ソムリエコンクールで優勝された田崎真也さんが、 人形町の洋食の店として絶賛されていたのは、この旧メンバーがいらした頃です。

 昔のキラクの味が懐かしい方、 「そよいち」 さん (中央区日本橋人形町1-9-6、TEL: 03-3666-9993 Googleマップ地図 ) をオススメします。
 なお、その後、キラクも値上げされています。

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

オフィシャルサイトによると、「戦後先代マスターが本当に屋台から始めました。創業50年以上になります」とのことです。
カウンターだけの12人ほどしか座れないこじんまりしたお店ですが、 以前 TV番組で、世界ソムリエチャンピオン の田崎真也氏がこちらの洋食を絶賛していらっしゃいました。 わざわざ遠出しなくてもご近所に美味しいお店があるって、 やっぱり嬉しいものです。

ヒレ下ロース肉を使ったポークソテーも、 とっても美味しくて 大好きなのですが、 今回はビーフカツにしてみました。
*ビーフカツ (ライス付) ¥1,550。 (画像クリックで拡大します)

01_kiraku_fried_beef_cutlet_061209_002

*ちょうどよく揚がっていて、 お肉も柔らかく旨みがあって、 お腹にもたれない、とっても美味しいビーフカツレツでした。 付け合せのマカロニサラダも美味♪

02_kiraku_peace_of_beef_061209_003

*エントランス。 地下鉄の人形町駅A3出口の隣にあって、お昼は行列ができる、夜もひっきりなしに人が訪れる人形町洋食の人気店です。

03_kiraku_entrance_061209_001

こちらは何回か伺っているのですが、 夫が飲み会の時などに、一人で気軽にカウンターで晩御飯をすませることができて重宝しています。

04_regular_holiday_and_time_061209_004


■キラク

住所:中央区日本橋人形町2-6-6
TEL: 03-3666-6555

営業時間:11:00 ~ 20:15 (休憩 15:00 ~ 17:00)
定休日:毎週日曜日、第2第3月曜日(祭日の場合は翌日)

オフィシャルサイト
Yahoo!グルメ
Googleマップ 地図&情報

| | コメント (0)

月島 あんこう鍋 「ほていさん」

12/10(日)は、自転車オフの忘年会で、 月島の 「ほていさん」 にあんこう鍋を食べに行きました。

あんこう鍋のコース 一人¥5,250 でしたが、 とにかくボリュームがあって、 美味しかったです♪
忘年会とかに最適かも。 でも、年内土日は予約でいっぱいとのこと。 お陰さまで、 楽しい忘年会になりました(^^)!

*付き出し。 ごま豆腐が美味しかったです。

02_006_1

*たっぷりのウニ、シャコも入ったお刺身の盛り合わせ。 これで三人前。

01_061210_005

*ほんのり甘めのあん肝がいっぱい♪ 煮る前にちょっと食べてみて下さいと言われて食べましたが、 ストップをかけられないと、かなり食べてしまいそうなくらい美味しかった♪

03_061210_007

*おばさんが取り分けてくれました。 争奪戦にならなくて良かったです(^^ゞ

04_061210_008

*雑炊

05_061210_010

*メニュー

06_061210_003


■ほていさん

住所:中央区月島3-9-7
TEL: 03-3531-5200

営業時間:平日17:30 ~ 22:30、土日祝 17:00 ~ 21:00

参考になったサイト http://www.unisys.co.jp/club/shop/hoteisan.html
Google マップ 地図&情報 月島西仲通り3番街。 花井金物店の脇の路地を入ってすぐ。

*昼間、「文明堂窯出しかすてら」地図) を食べに、 荒川サイクリングロードを北上して浦和に行ったメンバーからのお土産のかすてら。 こちらもふっくらして美味しかったです♪ ご馳走さまでした。 ちなみに、 出来立てはもっと美味しいらしいのでいつか行ってみたいものです。

07_061210_017

| | コメント (9)

人形町 「よし梅」 に行く その2

きのう(12/9(金))は、 夫が仕事関係でお世話になったYさん、 T夫妻、 夫と私の5人で、 人形町の ねぎま鍋と魚河岸料理 「よし梅」 に夕食会に行きました。
「よし梅」 は、昭和2年創業。 江戸名物の 「ねぎま鍋」 で有名なお店です。 この日は本店で、 「ねぎま鍋コース」 を頂きました。

*コースの最初は、あっさりと美味しい「佃煮」と「みそ豆」を先付けに、 これまた美味しいおさしみが出てきました。

061208_001

*あじの南蛮漬。 これは、お店の近くにあるお惣菜のお店 「よし梅 別館」 で購入できます。

061208_002

*ねぎま鍋の具

061208_003

*最初のうちは仲居さんが作ってくれて、ちょうどいい煮え具合のところで取り分けてくれました。
まぐろだけは、あっという間に煮えてしまいましたし、鍋だけとってもナンですので写真はなしです(^^ゞ

061208_004

まぐろを鍋に入れると パサパサすると思いきや、 まったくそのようなことはなくて、 ほどよく脂が乗った、 とても美味しい鍋でした。

*美味しい出汁がでているお鍋で、ぞうすいを作ってくれます。 これがまた美味しかったです♪

061208_005_1

この日は、2階の個室でゆっくりお話ができました。 会社でお付き合いがあった方で、最近お亡くなりになった方のお話にしんみりしました。 夫も休肝日を守って、お酒の量と煙草を減らし、健康で長生きしてほしいものです。 できれば、来年から禁煙してほしいと切実に思います・・。

*もとは芸者の置屋だったお店の、風情漂う玄関先。

061208_008

人形町には都内でも最古の花柳界である 「芳町」 があります。(「芳町ネット」 は こちらをクリック

人形町交差点からほど近くにある大観音寺脇の路地を歩いていくと、「よし梅」 「よし梅 別館」、 その先の道を渡ったさらに先の路地 「芸者新道 (小菊通り)」 には、「きく家」、「きく家はなれ」、 登録有形文化財の「よし梅 芳町亭」、そして路地の終点の角には 「太田鮨」 と風情ある店が続いています。

■以前書いたエントリー、 「人形町 「よし梅」 に行く」

★ランチは、kimcafeさんの 「kimcafeのB級グルメ旅」
「小粋な店で鮪でも・・・ よし梅」 をご覧下さい★


■よし梅

住所: 中央区日本橋人形町1-18-3
TEL: 03-3668-4069

営業時間:11:15 ~ 14:00 (13:45 L.O.)、17:00 ~ 22:00 (21:00 L.O.)
土・日・祭日定休。ただし、12月から 2月は、土曜、祭日の夜も営業。

オフィシャルサイト
ぐるなびの情報
お店の地図
Googleマップの地図&情報

■人形町の紹介記事
 中央区 江戸開府400年記念 -2003- 第7回:江戸からの面影を残す町

-------------------------------------------------------

その後、 人形町の自宅にきていただいて、 ゆっくりお話できて良かったです。
夕方急遽、リビングに散らかっていたものを別の部屋に移動させて、 「リビングだけ」 は、とりあえず掃除しましたが、 いつ人をお呼びしても大丈夫なように、 来週からは整理整頓&掃除のオニにならなくては。。 風水でも、掃除すると運が良くなるそうですし(by 李家幽竹先生の 「運がよくなる風水収納&整理術」参照) (^^ゞ

| | コメント (0)

お礼状を書く

今日(12/8)の午後は、お礼状を書いていました。
ちょっと気合を入れて筆で書こうと、お手本を用意して練習しましたが、付け焼刃ではやっぱりダメだ~と諦めました(汗)。
でも、ちょっとづづでも字が上手になって行く過程って楽しいものです。

*舞妓さんのカードと、日本橋本町にある 「小津和紙」 で購入した京便箋。

Photo_19

ところで、今年は書道!と決意していた私でしたが、やりたいことが多すぎて、ゆっくり心落ち着けて書道をする気分にはなかなかなれず・・。 一週間続かなかったギターより、もっと酷い~、 と夫から 事ある毎に からかわれています。 おそらく、エアギターとかならば、 なんとか続きそうなのですが。 どなたか一緒にやりませんか?(笑)。

これから年賀状を書かなくてはなりませんが、 筆でさらさらと書く夢は、 また来年までお預けです (^_^;)。

*この間私の実家に飾ってあったヘレンドの小物入れ。 センスのいい結婚式の引き出物だなぁ~と感心したので、記念撮影。

Photo_20

| | コメント (3)

文京ポタリングオフ その2

「文京ポタリングオフ その1 ルートと地図」 の続きです。 (地図はこちらをクリック

まず、文京区役所前から清和公園下を通って、 菊坂下にある 「アトリエ・ド・マヌビッシュ」で、 フランスパンのフレンチトースト~♪ と思っていたのですが、10時開店・・。

気を取り直して、 樋口一葉ゆかりの 「旧伊勢屋質店」の前を通って、
(以前書いたエントリー、「本郷 散歩 その2 ~ 胸突坂、樋口一葉ゆかりの桜木の宿」に詳細情報。
この建物は年に一度、一葉忌の際に公開されるそうです。)

001_060129_039

「東京大学赤門」 から 「三四郎池」へ。
*銀杏並木と安田講堂

01_061202_001

*三四郎池。 晩秋の風情が漂っていていい感じでした。

02061202_005

その後、 「旧岩崎邸庭園」へ。
(以前書いたエントリー 「「旧岩崎邸庭園(重要文化財)」@池之端 に行く」で、詳しく書いています。)

03061202_007

上野の不忍池の弁天堂 (弁財天)を通って、 「水月ホテル鴎外荘 (森鴎外旧居)」(「舞姫」を執筆した「舞姫の間」がある)へ。
(以前書いたエントリー、「自転車で 谷中七福神めぐり (谷中・本郷散歩&グルメ) その2 上野公園 噴水広場から 桃林堂まで」 に詳細情報)

04061202_014

茶道 「江戸千家」、 明治時代の木造三階家 串揚げ 「はん亭」 前を通り過ぎ、
●以前 2004年2月16日、夫と散歩に行った際に書いたエントリー 「根津・千駄木 散歩 ~根津 「はん亭」

05061202_015

井戸のある細い路地を通って、 明治時代の石蔵 の 釜揚げうどん専門店 「釜竹(かまちく)」 (老人ホーム、「ウイーザス根津」 のすぐ手前)へ。

和菓子の 「桃林堂」 の前を通って、 「寛永寺」 から 「パティシエ・イナムラショウゾウ」 に行き ケーキ (ポムカネル ¥450)を食べました。
(以前書いたエントリー、「自転車で 谷中七福神めぐり (谷中・本郷散歩&グルメ) その3 上野寛永寺から 大名時計博物館まで」)で詳しく書いています。)
*ポムカネル

06061202_018

銭湯 「柏湯」を改装した現代美術ギャラリー 「スカイ・ザ・バスハウス」、 ヒマラヤ杉の大木のある 「みかどパン」の角を左折し、 細い路地を抜け、 階段を下って、 「玉林寺」 の近くにある 「谷中の井戸」 へ。

*「野田家専用」と書いてあります。

07061202_019

なお、「谷中の井戸」 については、 以前書いたエントリー、「自転車で ラクーア、白山神社、谷中、浅草、神田明神、サッカーミュージアム、ラクーアへ その3 白山神社 「あじさい祭り」 ~ 谷中の井戸」で詳しく書いています。

谷中の井戸から路地を抜けると「玉林寺」。 さらに細い路地を通って、 「ねんねこ家」へ。

08061202_020

「ねんねこ家」 の前の坂を下り、 さらに 「ギャラリー猫町」 前を通って、 元治元年(1864)創業の 江戸千代紙 「いせ辰」 と 「珈琲乱歩」 の間の道を通って、 「三崎坂」 へ。

「谷中銀座」 にある 「肉のすずき」 で松坂牛を使ったジューシーで絶品♪ の メンチカツを食べました。

09061202_021

10061202_022

「夕焼けだんだん」を上がり、

11061202_023

「谷中せんべい」 で堅焼せんべいをご飯代わりに(^^ゞ。

12_061202_025

次に、上野の戦で敗走した彰義隊をかくまったため 山門に銃弾の痕が残っている 「経王寺」 脇の道を抜けて、 「富士見坂」 へ。
富士見坂眺望研究会
*この日はあいにく富士山は見えませんでした。

13061202_026

富士見坂を下り、 よみせ通りにある 「福丸饅頭」 (こちらの「10円饅頭」を、後ほど 文京区役所の展望台で、 これを買ってくれたBさんから1個頂いて食べました) 前へ。
*以前撮影した10円饅頭
06032510en_manjyuu__104

三崎坂にある 「菊見せんべい」 で 「柿の種」 を 辛いもの補給 & お土産用に購入。

14061202_027

その後、「へび道 (旧藍染川)」 を通って、藍染大通り沿いにある 甘味 「芋甚」 へ。

15061202_028

こちらで 冬季限定の抹茶のアイスモナカを食べました。 濃ゆい抹茶味で、さっぱりして美味しかったです♪

16061202_030

そのまた近くの不忍通り沿いにある 「根津のたいやき」 で鯛焼きを食べました。
こちらのたいやきは、 皮がとっても薄く、あんが美味。 お店の前には行列ができていました。

17061202_031

18061202_032

さらに、讃岐うどんの 「根の津」「花小路のかりんとう」 の前を通って、 「根津神社」 へ。

19061202_035

「根津神社」で 森鴎外(森林太郎)が奉納し、現在は水呑場として利用されている石を見て、根津神社を通り抜けて、 「千駄木ふれあいの杜 (屋敷森)」 へ。

20061202_038

日本医科大脇の階段を上がり、 猫が塀の上を歩いている銅像がある 「夏目漱石旧居跡 (猫の家)」 を通り、

21061202_040

さらに、本郷通り沿いにある 「吉祥寺」 へ。

*境内に咲いていた冬桜
22061202_041

23061202_043

本郷通りをさらに北上して、 「六義園 (りくぎえん)」 へ。

こちらは、小石川後楽園とともに江戸の二大庭園。 元禄8年 (1695年)、 柳沢吉保が 5代将軍 徳川綱吉より下屋敷として拝領されたこの地に、自ら設計した 「回遊式築山泉水庭園」 です。

ちょうど紅葉の時期で、かなりの混雑。 入口は行列ができていてびっくりしました。 トイレも混雑して待たされました(-_-;) (入口付近のトイレはさほど混雑していなかった・・)。 桜の時期と同様、 ライトアップもしていたようです。

006_061202_052

004_061202_056

26061202_050

その後、 「大和郷 (やまとむら)」 にある 「フレンチパウンドハウス」 で ショートケーキ 「ルージュ」 を食べました。

ここのケーキはすごぉーく美味しかったです♪ たくさん甘いものばかり食べてきましたが、 あっという間に食べてしまいました。 もっとも、Yちゃんと半分個しましたが(^^ゞ

(以前書いたエントリー、 「苺のショートケーキ @巣鴨 「フレンチパウンドハウス」」で、ケーキの写真画像付きで、詳しく書いています)

27061202_059

*以前撮影した ショートケーキの 「ルージュ」 (¥578)

002060412short_cake_rouge_french_pound_h

その後、 本郷通り沿いにある和菓子と小物の 「こうさぎ」へ。 でも、 さすがに甘いものはギブアップ・・。

28061202_060

その後、 「小石川植物園」東京大学大学院理学系研究科付属植物園) で、 晩秋の景色を堪能しました。

こちらは「六義園」に比べると圧倒的に人が少なく、 心静かに自然を満喫することができました。
枯れ葉を踏みしめながら 季節の移ろいを感じるひとときでした。

290_061202_066

003_061202_068

*ニュートンのりんご

31061202_063

*精子発見のイチョウ

32061202_069

「東大総合研究博物館 小石川分館」旧 東京医学校 本館)を望む日本庭園。

005_061202_070

こちらでは、 Tかぽんさんがアイスを食べながら待っていてくれて、記念撮影に参加してくれました (^-^)。

なお、 小石川植物園は、 江戸時代、 山本周五郎の小説 「赤ひげ先生」 で有名な 「小石川療養所」 があった場所。 現在は井戸跡が残っています。

その後、 桜並木で有名な 「播磨坂」 を上って 「パティスリー・マリアージュ」 へ。 でも、 さすがにスイーツ系はギブアップ・・。 別の機会に、ゆっくりお茶しに行きたいと思います。

33061202_071

「播磨坂」 の坂も小径車では厳しかったのに、 「播磨坂」 をいったん下って、 「占春園」 の脇の 「湯立坂」 をさらに上って 「茗荷谷駅前」 へ。

私の大好きな 「茶楽」 で中国茶でも飲みたいと思いつつもあえなく通り過ぎるしかなく、 小日向の坂を下って、 音羽にある 「鳩山会館」 (鳩山御殿) の裏手の道へ。

かなり疲れ果ててしまったので、 先頭集団のもの凄いスピードには当然ついていかれませんでした。 このスピードは、もはやポタではないと思われ・・。

へとへとになったところで、 文京区役所のシビックセンターの駐輪場前で、私の両親とばったり遭遇!
偶然とはいえ、 赤い糸の親子版というか、これって結構すごいことかも (^_^;)。 ちなみに、私の両親は 「小石川後楽園」 の紅葉を観にいっていたとのことでした。

その後、 「文京区役所」 の展望台から 沈む夕陽を眺めました。 雲が下にかかってちょっと残念でしたが、間に合ってよかったです。

340_061202_076

その後、 JR水道橋駅の西口近くのニューヨーカーズ・カフェで、 やっと待望の美味しいコーヒーを飲むことができました (^^)。

以上、 すごく盛りだくさんの企画で、以前行ったところが多かったとはいえ、 とても楽しかったです。
鳩山会館への、怖くて自転車では下れなかった坂と、そこからの道のりはちょっと辛いものがありましたが、 自分ひとりでは到底行かれないところが多く、 連れて行って頂いてとても良かったです。

細い路地が多いですし、これだけの距離を行くには 自転車以外には考えられません。

今回先導してくださったSさん、 そして企画者のまろまろさん、本当にどうもありがとうございました。

■以前書いたエントリー、
「自転車で 谷中七福神めぐり (谷中・本郷散歩&グルメ) その1」

「自転車で 谷中七福神めぐり (谷中・本郷散歩&グルメ) その2 上野公園 噴水広場から 桃林堂まで」

「自転車で 谷中七福神めぐり (谷中・本郷散歩&グルメ) その3 上野寛永寺から 大名時計博物館まで」

| | コメント (4)

文京ポタリングオフ その1 ルートと地図

12/2(土)は、 まろまろさんの企画した 「文京ポタリングオフ」 に参加しました。

*今回まわったところ。 *クリックで拡大します*

061202_1

今回は11人が参加。 「文京区役所」 前に9時に集合。 菊坂下にある 「アトリエ・ド・マヌビッシュ」 はあいにく開店時間前。 樋口一葉ゆかりの質屋の前を通って、 「東大赤門」 から 「三四郎池」、 そして 「旧岩崎邸庭園」へ。

上野の不忍池の弁天堂を通って、 「鴎外荘」、 「寛永寺」 から 「パティシエ・イナムラショウゾウ」 に行き ケーキ(ポムカネル)を食べて、 「玉林寺」 の近くにある 「谷中の井戸」 へ。

「ねんねこ家」 の前の坂を下り、 「谷中銀座」 にある 「すずき」 でメンチカツを食べ、 「夕焼けだんだん」を上がり、 「谷中せんべい」 で堅焼せんべいを食べてやっと一息つきました。

次に、 「富士見坂」 の坂を下って、 「菊見せんべい」 の柿の種を食べ、 「芋甚」 の冬季限定の抹茶のアイスモナカを食べ、 「根津のたいやき」 で鯛焼きを食べ、 「根津神社」 へ。

「根津神社」で 森鴎外(森林太郎)が奉納し、現在は水呑場として利用されている石を見て、 「千駄木ふれあいの杜(屋敷森)」へ。

「夏目漱石旧居跡」を通り、 「吉祥寺」 にある冬桜、 「六義園」 の紅葉、ナナカマドを見て、 大和郷にある 「フレンチパウンドハウス」 で ショートケーキ 「ルージュ」 を食べて、 「こうさぎ」へ。

「小石川植物園」 で晩秋の景色を堪能し、 「播磨坂」 を上って 「パティスリー・マリアージュ」 の前でユーターン。

小日向、音羽にある「鳩山会館」の裏手の道を通り、 「文京区役所」 の展望台から夕陽を眺めてきました。

「その2」 で詳しく書いていく予定です。(追記:「文京ポタリングオフ その2」
先導してくださったSカイラークさん、どうもありがとうございました!

■以前書いたエントリー、
「自転車で 谷中七福神めぐり (谷中・本郷散歩&グルメ) その1」

「自転車で 谷中七福神めぐり (谷中・本郷散歩&グルメ) その2 上野公園 噴水広場から 桃林堂まで」

「自転車で 谷中七福神めぐり (谷中・本郷散歩&グルメ) その3 上野寛永寺から 大名時計博物館まで」

| | コメント (0)

「仏像 一木(いちぼく)にこめられた祈り」 特別展 @東京国立博物館

12/1(金)は、10/3 ~ 12/3 まで 上野の東京国立博物館で開催されている 「仏像 一木(いちぼく)にこめられた祈り」 特別展に行ってきました。

*雑誌BRIOに掲載されていた広告。 写真は、和尚様が顔を裂くと、中から十一面観音が次々と現れ、絵を描くことができなかったという話を元に、ご神木の一木から作られた 重文 「宝誌和尚立像」 (平安時代・11世紀、京都・西往寺蔵)。
これって、ハリウッドの未来を題材にした映画で出てきそうなお顔かも。 これが日本の平安時代にあったとは、ますます驚愕。
Photo_18

やや混雑していましたが、 一本の木から彫り出された 国宝・重要文化財をはじめとする 素晴らしい仏像146体が一堂に会したとても見応えのある展覧会でした。

第一 檀像の世界では、白檀(びゃくだん)の一木から細密に彫られ、インド的風貌をした 重文「十一面観音菩薩立像」(唐時代・7世紀、東京国立博物館蔵)や、 唐時代の檀像をもとに やや日本的風貌になってきた 重文「十一面観音菩薩立像」(奈良~平安時代・8~9世紀、京都・海住山寺蔵)など。

第二 一木彫の世紀では、 重文「伝薬師如来立像」(奈良時代・8世紀、奈良 唐招提寺蔵)や、 これまで門外不出とされ、井上靖、白洲正子が絶賛していた、すっとした立ち姿、 一つ一つの十一面の表情、特に間後ろの笑う顔が印象的な、 国宝「十一面観音菩薩立像」(平安時代・9世紀、滋賀 向源寺蔵(渡岸寺観音堂所在))など。

第三 鉈彫では、 鉈の細かい彫り施された印象的な仏像の数々と、 和尚様が顔を裂くと、中から十一面観音が次々と現れ、絵を描くことができなかったという話を元に、ご神木の一木から作られた 重文「宝誌和尚立像」 (平安時代・11世紀、京都・西往寺蔵)など。

第四 円空と木喰では、 円空が一本の丸太を三つに割って彫った 「十一面観音菩薩立像・善女龍王立像・善財童子立像」(岐阜・高賀神社蔵)や、 円空の「十二神将立像」など。

カタログには、詳細な解説があって読み応えがありました。

仏像展ホームページ

*上野公園
001_061201_001

002_061201_003

003_061201_004

| | コメント (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »