« e.s.t. (イー・エス・ティー) LIVE IN JAPAN 2007 @渋谷 Bunkamura オーチャードホール 2007年1月13日(土) | トップページ | 古地図で東京めぐり »

「クーカーニョ」@渋谷 セルリアンタワー 東急ホテル

1月13日(土)は、私の父と、 スウェーデンのピアノトリオ、「e.s.t.」(イー・エス・ティー) の コンサート @渋谷 Bunkamura オーチャードホール に行った後、 渋谷セルリアンタワー 東急ホテル 40階にある タワーズレストラン 「クーカーニョ」 に行きました。

*40Fからの素晴らしい夜景。 本当はもっとワイドでくっきりと、なだらかな丸~い地球の形に夜景が煌いて見えました。 本当に素晴らしかったです!!
窓の近くから見ると左に東京タワー、 東京湾岸をぐるっと見渡し、 レインボーブリッジが遠く右のほうに見えました。

001_view_from_40f_restaurant_070113_est__1

HPによれば 南仏プロヴァンス料理とのことですが、 とっても美味しかったですし、 目も楽しませてくれました。

今回は プリフィックス コース(¥9,817・・私には、お値段の書いていないメニューが渡されたので、ちょっとドキドキしました(笑) )。

以下の写真は、フラッシュなしでササッっと撮っています。 本当は、もっと美味しそうな色合いで食欲をそそります。 これはあくまでも私の備忘録ですので、どうかご了承下さい。

*アミューズ ブーシュ。 生ハムの下はスイカ。 サクサクしてとっても美味しかった♪♪ と、最初から感激。

01_amuse_070113_est_008_2

*前菜
「カラスミを加えた平目のタルタル 4種のソース 男爵芋のゴーフルを添えて」を選択。
とてもカラフルな楽しいお皿ですよね。 何が入っているかは、後掲の、シェフが作ったイラストのカラーコピーをご覧下さい。
男爵芋のゴーフルは、ない方がさっぱりしていて良かったかも。

02_entree_070113_est_012_1

*お口直し。 名前はあまりに時が経ってしまったため失念・・。とても美味しかった記憶のみ残っています。

03_070113_est_013

*魚料理
「リゾットのフライを添えたオマール海老のソテー パセリとアイユのムースリヌソ-ス 1/2尾」 を選択。
リゾットのフライは珍しかった。 フライは自分にはやや重めでした。
(父は、「白ワインのアガーを詰めたマリネサーモンのミキュイ 南仏野菜のサルピコンを添えて」を選択) *画像クリックで拡大します

04_070113_est_016_2

*肉料理
「NZ産赤鹿フィレ肉のポワレ ミックスベリーとショコラソース スパイラルな野菜を添えて」を選択。
ミックスベリーとショコラソースが、絶妙に合っていて美味しかった。 この日、一番感動したお皿。 これを超えるものはなかなかないやも。
(父は「和牛フィレ肉のポワレ 香草と発芽マスタードのソース ジャガイモのガレットを添えて」を選択) *画像クリックで拡大します

05_070113_est_018_2

*飴細工が綺麗。 美味しかったデザート

06_070113_est_021_1

*フレッシュハーブティー(コーヒー・紅茶はコース料金に含む。これのみ +¥404)。
レモンの香りで胃もすっきりするような気がしました。

06_070113_est_022

*この白ワインをグラスで。 すっきりしていて美味しかったです。 このラベルは記念に頂いたもの。

08_070113_est_033

*母へのお土産にした小菓子

07_070113_est_025


この日はコンサート&サイン会の後でしたので、お店に入った時間はかなり遅く、 メインの頃には他のお客様もほとんど帰られて、 最後は私たちともう一組のカップルだけになりました。
でも、 お陰さまできめ細かいサービスを受けることができ、 かえってよかったかもしれません。 とても親切で、感じのいいサービスの方がついて下さいました。

もう一組のカップルは私たちからやや離れた席でしたので、 遠慮なく記念写真も撮っていただくことができました。
結婚後は、父と一緒に外で食事する機会もめっきり減ってしまったので、とてもいい記念になりました。
次回は、 私の母も一緒に3人で食事会ができればいいなと思っています(^^)!


■セルリアンタワー東急ホテル
タワーズレストラン 「クーカーニョ」
Lunch 11:30 ~ 14:00 (last order) / Dinner 17:30 ~ 22:00 (last order)

以下は、今回のメニューです。

前菜、魚料理と肉料理は、それぞれ書いてある中から好みのものを選べるのですが、あまりに選択肢が多く、美味しそうなものが一杯あって、かつ、書いてある意味もよくわからないものが多かったです(^^ゞ

そこで、 サービスの方に質問して、メニューを組み立てるお手伝いをして頂きました。 他のお客様も少なかったので、 遠慮なく時間をかけて選ぶことができたのも良かったと思います。 とても丁寧に判りやすく教えてもらえました。

メニューはそれぞれ長~~い名前がついていて、 自分が頼んだものさえ判らなくなりそうでした。
他のお客様に迷惑にならないよう、フラッシュなしでデジカメで撮影していたら、 お店の方がコピーを下さいました。

最近(でもないか(笑))めっきりもの覚えが悪くなったので、 コース料理の場合、 お食事しながら、このメニューはなんだったっけ、とか、次はなんだったっけ? なんて、小さめのメニューがテーブル上で見られると、 何かと助かるんですよね。
いちいちお店の方に、なんでしたっけ、なんて聞くのはなんか恥ずかしいですものね (^^ゞ

0001_menu_a_prix_fixe_070113_est_047

0002_les_entrees_070113_est_035_2

*前菜の中の 「カラスミを加えた平目のタルタル 4種のソース 男爵芋のゴーフルを添えて」 に関しては、 お店の方が、シェフの描いたイラストのコピーを下さいました。

0005_karasumi070113_est_044

0003_les_poissons_070113_est_036_1

0004_les_viandes_070113_est_037_1

|

« e.s.t. (イー・エス・ティー) LIVE IN JAPAN 2007 @渋谷 Bunkamura オーチャードホール 2007年1月13日(土) | トップページ | 古地図で東京めぐり »

コメント

なんておしゃれでおいしそうなんでしょう。
ベリーとショコラのソース、興味津々です。
甘いんですか?ショコラは苦みと香り?
セルリアンタワー、まだレストランには行ってないんです。
金高田もあるんですよね。行ってみたいーー。

ここから見えるんですよ、そのレストランが!

投稿: 則(@@) | 2007.01.24 02:04

ベリーとショコラのソースは、ベリーの酸味と香り、ショコラのわずかな甘み、苦味、香りが渾然一体となって、ふくよかな味わいといったところでしょうか。 私はかなりの甘党&こってりした味が好きなので、まさにツボでした。 味覚は人それぞれなので、難しいなぁ~。

金田中も料亭の味が気軽に楽しめていいのかな。
セルリアンタワーは低層階にもレストランがあるけど、やっぱり40Fの眺望はかなり良くて感激したよ。窓から則さんちも見えてたはずなのね(^^)。

あそこの能楽堂もいつか行ってみたいな。

投稿: きのこ | 2007.01.24 03:19

お料理のイラストまで下さるとは、何てホスピタリティーに溢れたレストランなのでしょう。

でも、父娘で、コンサート&ディナーのデートが出来るなんていい関係ですね。なかなかないことです。羨ましい^^

投稿: ゆきちゃん | 2007.01.24 08:52

超庶民の私には、どうやって食べるものなのかわかりません(^^;)
シェフのイラスト、かわいいですねー!
額に入れて飾っておきたいな。

投稿: Bake | 2007.01.24 08:59

>ゆきちゃん、

とても心のこもったサービスを受けることができて、このレストランに行かれて良かったなーと思いました♪

今回のコンサートは、前回のe.s.t.のコンサートに父が一人で行ってとても良かったということで、父からのお誘いでした。父には時々ジャズやクラシックのCDや本を貸してもらって、いい刺激を受けています。結婚したら、なかなか一緒に出かけるチャンスがなくて、ちょっと寂しいですね。

>Bakeさん、

>どうやって食べるものなのかわかりません(^^;)
ちゃんとフォークとナイフがついてるから私でも大丈夫でした(^^ゞ

シェフのイラストの実物は、細部まで細かく書き込まれていて、色使いのセンスもステキでした。レターにも使えそうな紙にコピーしてあるので、尚更きれいに保存しておきたくなりました♪

投稿: きのこ | 2007.01.25 00:57

すてきな親子関係ですね。ファザコンの私には羨ましい限り。

投稿: 則(@@) | 2007.01.27 01:48

私と父は、趣味・嗜好が似ているだけで、たぶんファザコンではないと思われ(笑)。
則さんのお父様には、お会いしてみたいなぁ~。

投稿: きのこ | 2007.01.27 06:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« e.s.t. (イー・エス・ティー) LIVE IN JAPAN 2007 @渋谷 Bunkamura オーチャードホール 2007年1月13日(土) | トップページ | 古地図で東京めぐり »