« 日向夏 (ひゅうがなつ) @宮崎 | トップページ | 森下 桜なべ 「みの家」(みのや) »

「開華 立春朝搾り」

昨日で立春を迎え、 本格的な春の訪れの待ち遠しいこの頃です。

待ち遠しかったものといえば、「開華 立春朝搾り(かいかりっしゅんあさしぼり)」(平成十九年丁亥(ひのとゐ)二月四日)(純米吟醸 生原酒)。

今日(2/5)は 仕事帰りに、 人形町の行きつけの酒屋さんで予約しておいた、栃木県佐野市の 「第一酒造」 、立春の特別限定生産の、 この日本酒をとりに行ってきました。

Kaika_jyunmai_ginjo_nama_genshu_070205_0

このフレッシュで馥郁とした この酒粕の香りを嗅いだだけで、 おおっこれは!! という期待感でいっぱいになりました♪
夫が帰ってから、ゆっくり晩酌するつもりですので、今からとても楽しみです。
・・・本当は待ちきれないのだけれど、 我慢、我慢 (^_^;)

■追記: 後日飲みましたが、 立春の朝に搾り上がったばかりという出来立てのお酒なので、 とてもフレッシュで軽い口当たり。 さわやかな香気に、春の訪れを感じました。 立春をお祝いするのにふさわしいお酒で、 今年も予約しておいて良かったと思いました。

日本名門酒会 公式サイト - ドキュメント-◆立春朝搾り◆ 春を迎える祝い酒
・・立春の 「当日、各地の蔵元では、蔵人たちと地域の酒屋さんが総出で、〈立春朝搾り〉に取り組みます」 とのことです。

NANさんの 「全国各地の『立春朝搾り』を探せ!2007♪」のブログ記事
・・今年は全国36蔵元で立春朝搾りが開催されたそうです。 NANさんのブログで、いろんな蔵元さんの立春朝搾りの情報が見られます。 なかなか面白い企画だと思いました。

*おまけに酒粕も頂いてきました。 これで粕汁とか作ると 美味しそう♪

「酒粕」を使った料理はこちらをクリック

Sakekasu_070205_002

■去年書いたのエントリー、「開華 立春朝搾り」 & 「浦霞 しぼりたて 特別純米生酒」(2006.02.09)

|

« 日向夏 (ひゅうがなつ) @宮崎 | トップページ | 森下 桜なべ 「みの家」(みのや) »

コメント

こんなにいいお酒の酒粕で作るお料理はどれも美味しそうですね(。・ρ・)ジュル

ご主人のお帰りを待っている、きのこさん偉い!♪ラブ(*-ェ-(-ェ-*)ラブ♪

投稿: ゆきちゃん | 2007.02.05 23:35

>ご主人のお帰りを待っている

待ってるどころか、人形町に二人で飲み&食べに行ってしまいました(^_^;)。
いやはや、今日は楽しかった~。中山@人形町。
明日こそは、飲まずに待っていなくては(笑)。

投稿: きのこ | 2007.02.06 00:31

こんにちは。日本酒大好き!クラシック音楽大好き!というBlogを書いてます、NANと申します。
全国の「立春朝搾り」のお味に関するBlogを収集する企画を個人的にやっております。是非一度、こちらのBlogを見に来て頂いて、良ければ、トラックバックをお願いしたいと思います。
何蔵集まるか分かりませんが、色々と呼びかけている所ですので、ご協力の程、よろしくお願いします。

投稿: NAN | 2007.02.06 12:23

昨年も御協力頂いたので、今年も。。。よろしくお願いします。

投稿: NAN | 2007.02.06 12:24

>NANさん、

お久しぶりです。
春鹿立春朝搾りを飲まれたんですね。私も飲んだら感想を書いてトラックバックさせていただきます。

投稿: きのこ | 2007.02.06 18:56

おいしいお料理とおいしいお酒、最高の幸せですね。
でもおいしいお酒は、ついつい飲み過ぎて翌日使い物にならなくなるのが辛いw。
私は家では全然飲まないので、こういう貴重なお酒を飲む機会がありません。
悲しいなぁ。

投稿: 則(@@) | 2007.02.07 02:02

いい日本酒は、何といっても翌日残らないところが素晴らしいところだと思います。 私と夫と二人で720ml瓶一本くらいだったら、翌日も朝からちゃんと仕事できますよ~(笑)。むしろ、うまくストレスが発散できて、かえって調子が良かったりします。

もっとも、私は「焼酎」は合わないらしく、翌日ひどい頭痛で寝込むこともしばし。体質に合う合わないはあるでしょうね~。

やっぱり和食には、日本酒がベストマッチだと思うので、則さんも、お家で自分のペースで飲んでみてはいかがでしょうか??

外で飲むのもいいけど、自宅で寛ぎながら飲むお酒もまた格別です。 私は、夫が飲み会で外出していても、私一人でまったり飲んでしまいます(^^)。

投稿: きのこ | 2007.02.08 02:11

トラバありがとうございます。
続々とトラックバックは集まるのですが、なかなか全蔵制覇は難しいようです。でも、色々呼びかけます!是非、のぞきに来て下さい。

投稿: NAN | 2007.02.09 08:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日向夏 (ひゅうがなつ) @宮崎 | トップページ | 森下 桜なべ 「みの家」(みのや) »