« 浅草・吉原散歩 その2 浅草 「今戸神社」 | トップページ | 浅草・吉原散歩 その4 「一葉記念館」 から 「浄閑寺」 (投げ込み寺) »

浅草・吉原散歩 その3 「吉原大門」、 天ぷら 「土手の伊勢屋」、桜なべ 「中江」

「その2」 の続きで、「土手通り」(昔の「日本堤」)を通って「吉原大門」 へ。
*写真は、昔の「吉原大門」入口付近。 ガソリンスタンドの角に、見返り柳と碑があります。 往時を偲ぶ風情は、もはやなく。知らないと見過ごしそうです・・(-_-;)。
名所江戸百景 「よし原日本堤」 歌川広重。 昔は良かった。。

0001_070225_072

0002_070225_076

*「新吉原衣紋坂 見返り柳」 と碑に書いてあります。
0003_070225_075

0004_070225_074

吉原遊郭は、江戸における唯一の幕府公許の遊里で、元和三年(1617年) 葺屋町東隣 (現 中央区 日本橋人形町、 旧 難波 (浪花)町、住吉町、高砂町、新和泉町) に開設されました (リンクは、人形町商店街協同組合のサイト、 「わが町 人形町」 のページより)。

明暦の大火 (1657年)で焼失したのを機に、江戸幕府により、浅草千束村(現 台東区千束)へ移転を命ぜられました。 これを「新吉原」 と呼び、 移転前の遊郭が「元吉原」。 昭和33年 売春防止法の成立によって廃止されました。

*江戸時代、安政3年 (1856年) 実測復元地図
0006

■「吉原遊廓」 については、 「お江戸きまぐれ帖」 というサイトをご覧下さい。
新吉原へ登楼の疑似体験までできて、 興味深く面白かったです。

----------------------------------------------------------

吉原大門の先、土手通り沿いには、 天ぷら・天丼の 「土手の伊勢屋」、 桜鍋の 「中江」と、 いずれも奇跡的に戦災をまぬがれた木造建築の店が並んでいました。 写真は、いずれも支度中。

0007_070225_078

「土手の伊勢屋」 は、創業明治22年。現在の建物は、昭和2年竣工。
住所:台東区日本堤1-9-2 TEL 03-3872-4886、11:30 ~ 14:00, 17:00 ~ 20:00、水曜定休。

桜なべ 「中江」は、創業明治38年。現在の建物は、大正12年竣工。
住所:台東区日本堤1-9-2 TEL 03-3872-5398、火曜から金曜 17:00 ~ 23:00(L.O.22:00)、 土日祝日 11:30 ~ 22:00(L.O.21:00)、月曜定休。
 
この散歩の最後に夫と 「中江」 に入りました。 「中江」 については別エントリーで。

「その4」 に続きます。

|

« 浅草・吉原散歩 その2 浅草 「今戸神社」 | トップページ | 浅草・吉原散歩 その4 「一葉記念館」 から 「浄閑寺」 (投げ込み寺) »

コメント

今晩は、いきなり今日の問題です(^^ゞ

西瓜で帰り女房を起こすなり

という江戸川柳があるそうです、吉原に大いに関係あるのですが
どういう意味でしょうか?

ヒントは次の句です(素見物とは金のない男が吉原を冷やかしで歩くこと)

もろこしを二本齧って素見物

投稿: kimcafe | 2007.03.01 19:49

kimcafeさん、ご出題どうもありがとうございます!
考えてたら寝られなくなりそうなので、明日考えよう!と、いつもより早く寝てしまいました(笑)。

「もろこし」=(焼き)とうもろこしを、吉原の屋台で買って、ウキウキ食べながら冷やかして歩いていたダンナさん。
「あんた、どこ行ってたのさっ(怒)。遅いから寝ちゃったじゃん」
な~んて、奥さんから叱られちゃいそうなので、スイカをお土産に!?
、なんとか追及を逃れようと???

kimcafeさん、解答教えて下さ~い!

投稿: きのこ | 2007.03.02 09:13

いきなり出題してすみません
しかも、難しい問題なんです

物の本によれば、素見物というのはずいぶんあったようで
とうもろこしを食べながら、花魁を眺めてあるいたり
あるいはスイカの切り身を買って歩いたり、したものだそうです
そこで・・・・

「西瓜を食べながら素見物した男が、興奮さめやらず帰って
寝ていた女房を起こし・・・・」という訳です

コードに触れたら削除してください(^^ゞ

投稿: kimcafe | 2007.03.02 21:19

これは昔の吉原の風俗を知らないとわからない、難しい問題だったんですね。

想像するに、吉原で、焼きとうもろこしとか、スイカの切り身を食べながら、ぶらぶら歩いていたダンナさんが、夜更けに帰ってきて奥さんを起こそうものなら、奥さんに激怒されるのがオチだと思うんですけど・・。
そういえば、以前ニュースで、明け方に奥さんを起すようなダンナさんで、奥さんに殺されちゃた人がいましたね。
・・現実は厳しいものです。

起した旦那、女房に殴られるなり。しょぼん。(字余り)(^^ゞ

投稿: きのこ | 2007.03.03 00:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 浅草・吉原散歩 その2 浅草 「今戸神社」 | トップページ | 浅草・吉原散歩 その4 「一葉記念館」 から 「浄閑寺」 (投げ込み寺) »