« 中目黒 「Patisserie Cacahouete Paris (パティスリー カカオエット パリ)」 | トップページ | 40万アクセス、ありがとうございます »

日本橋浜町 イタリアン リストランテ 「アル・ポンテ」(RISTORANTE AL PONTE) Italian restaurante, Tokyo Nihombashi Hama-cho (very near from Nihombashi Ningyo-cho)

3/1(木)の夜は、日本橋人形町在住のピアニスト、マサヒルトン公爵さま(斎藤雅広さま)からのお誘いで、夫とともに 「アル・ポンテ」でのディナーをご一緒させて頂きました。
☆マサヒルトンさまの、 ブログ 「まさひろ瓦版」「アル・ポンテ再び」のエントリー、 「ご近所のイタリアン アル・ポンテ」 も併せてご覧下さい。

さて、お店は決めずに集まった私たちですが、 マサヒルトンさまに見せて頂いた、携帯の 「フォアグラ」@「アル・ポンテ」 の画像が とても美味しそうだったのと、 夫から「フォアグラOK」との了解を得ていたので、 頭の中は、フォアグラ画像で一杯に (笑)
*いよいよ憧れの店内へ・・。
070301_027_1

わたしは、いつもここを自転車で通るたび、あ~いつかはここのフレンチに・・。 と、密かな思いを寄せていて、以前、夫が 「会社の人たちと浜町のフレンチに行ってきたよ」 と聞いたときには、てっきり、このアルポンテだろうと思い込んでおりました (実際は 「ル・ブション」@日本橋浜町)。

でも本当のところ、 アルポンテは、「正統派の イタリアン リストランテ」。 外から見ても、フレンチにしか見えない雰囲気が漂っているのですが、 中もまるでフレンチのレストランのような、落ち着いた雰囲気の、素敵なレストランでした。

------------------------------------------------------------

お料理は、「おまかせコース」(¥10,500) もあるけれど、 マサヒルトンさまお薦めの 「ディナーコース(¥7,350)(いずれも税込、サービス料別途10%) を頂くことに。

ディナーコースでは、 いろいろあるメニューから一品づつ選べるところが楽しくていいなぁ~と思いました。
本当だったら迷いに迷うところですが、ここは、以前もお店にいらしたことがある、人形町きっての食通にしてピアニストの (順番はこの際不問で(^^ゞ)、マサヒルトンさまのオススメにしてみよう(笑)。 というわけで、 あまり悩まずに決めることができました。

結果、 いずれも美味しく、私も夫も大満足~♪ のディナーとなりました(^^)。
ワインは、スプマンテと赤ワインをグラスで頂きましたが、これも割と美味しかったです。

--------------------------------------------------------------

【Antipasto 冷前菜】

*「ホワイトアスパラとフルーツトマトのサラダ ピスタチオとオレンジのドレッシング」
ここで重くすると、 後でデザートが辛くなると思い、軽めにしておきました。 ホワイトアスパラが、シャキシャキ、ほんのり苦味があって美味しかったです♪

070301_001_1

*でも、本日のおすすめ前菜の「豚のテリーヌとイノシシのお肉」も、かなり美味しそう・・。 かなり羨望のまなざしを送ってしまいました(^^ゞ。
070301_002_1

お皿の反対側から見たところ。
070301_003_1

*テーブルウェアも素敵でした。
070301_004_1

ちなみに、他のメニューは
最高級生ハム、”クラテッロ ディ ジィベッロ(DOP)”と季節のフルーツ
生ハムとサラミの盛り合わせ
牛ロース肉のカルパッチョ モンターニャチーズ添え
オマール海老のサラダとピーマンのマリネ
アル・ポンテ風白身魚のカルパッチョ マスタード風味

【Antipasto 温前菜・冷製パスタ】

*「フォアグラのソテーと小野菜のアグロドルチェソース」
お待ちかねのフォアグラソテー♪ マサヒルトンさまのおっしゃるとおり、と~っても美味しかったです。 次回もこれは、はずせまい、というくらい(^^)♪

070301_005_1

ちなみに、他のメニューは
トリッパとウズラ豆のトマト煮込み
帆立貝のスモークとアスパラガスのポロネギソース
玉ねぎの籠に入った魚介のフリット
ズッキーニのスフォルマート 半熟の目玉焼き添え
本日のおすすめ温前菜

【Primo Piatto パスタ】

*「黒トリュフのパスタ」 (本日のパスタで、プラス\1,500~)

070301_012_1

黒トリュフさまを、目の前のお皿の上で、薄~く削って上からかけてくれました。 そう。これは、キクラゲでも、椎茸でもなく、黒トリュフ様なんですってば(笑)。
お味のほうは、 最初はピンとこなかったけれど、じわじわとトリュフの美味しさが「キターッ!」という感じでしょうか (^^ゞ。

*テーブルウェアも素敵。
070301_013_1

マサヒルトンさまは、 「ジャガイモのニョッキ ラスケーラチーズのクリームソース」 を絶賛されておりました。

ちなみに、他のメニューは
リングイネパスタ 魚介とトマトのソース
生ハムと菜花のニンニク風味スパゲッティ
アサリとトマトのスパゲッティ
オーストリッチのカネーデルリ コンソメ仕立て
キタッラパスタ 牛肉のラグーソース
鶏レバーとチーズを詰めたリゾットのオーブン焼き
タリオリーニパスタ グリーンアスパラと小海老のソース

オフィシャルサイトでは、今月のレシピを公開していました。

【Secondo Piatto メインデュッシュ】

*「蝦夷鹿のロース肉 赤ワインとローストカカオのソース」
これも美味しかったです。 クセはそれほどなく、程よい弾力。

070301_019_1

北海道の知床への旅行の際すぐ目の前に出てきたエゾジカの姿が、甦ってきましたが・・(笑)。 ちなみに、 奈良公園の鹿は、鹿せんべいを使えば、すぐに捕獲できそうだけど、エゾジカはどうなんでしょう?(笑)。

ちなみに、他のメニューは
各地産直、本日の鮮魚の炭火焼き 
本日の鮮魚 リヴォルノ風トマト煮込み
本日の鮮魚とポロネギのソテー
鴨胸肉のジンジャーソース 小野菜添え
骨付き仔羊ロースの香草炭火焼き
仔牛フィレ肉とグリーンアスパラ
ピレネー産古代豚のタリアータとアーティチョーク(プラス\1,000-)
特選山形牛のロース 炭火焼 100g(プラス\1,500-)

ご参考まで、「午後8時半より、アラカルトでの御注文も承ります」 とのこと。

さて、こちらは デザートが かなりの圧巻!! 「デザート・パラダイス♪」 な ワゴンでした(^^)。

070301_020_1

ちなみに、「全部」 選ぶこともできるそうです。でも、お皿に乗る量だけなので、かなり少しづつになりそうですが(笑)。

マサヒルトンさまが、「焼き菓子はないの?」と言ったら、後からワンホール一個、出てきました(笑)。

070301_021_1

ここは、マサヒルトンさまの面目躍如! お料理の時もそうですが、 マサヒルトンさまとご一緒できて、本当に良かったと思いました。 このシフォンケーキ、軽くて美味しくて、いくらでも食べられちゃいそうでした。

070301_022_1

紅茶の風味が効いている、なめらかでコクのある パンナコッタ~♪ もう最高~!!!
コクのあるプリンも、こんな美味しいプリンがあったとは♪♪・・っていうくらい、本当に美味しかったです
ティラミスは、もうちょっとなめらかでも良かったかも!? でも、チョコレートケーキも、深みのあるチョコで美味しかったです♪

もしここで、ケーキバイキング or パティスリーをはじめたら、行列必至になっちゃうかも。
もう、ほんとスゴク美味かったです。 ことに、パンナコッタとプリンは、人形町イチかもと思ったくらい、感激しちゃう美味しさでした。

070301_024_2

070301_023_2

サービスの方も感じが良かったし、また是非行きたいと思っています。
マサヒルトン公爵さま(斎藤雅広さま)、素敵なレストランにお誘いして下さり、本当にありがとうございました。 またご一緒できれば幸いです。


■アル・ポンテ Al Ponte

住所:中央区日本橋浜町2-4-3
TEL: 03-3666-4499
 
営業時間:11:30 ~ 13:30 (L.O.) 17:30 ~ 21:30 (L.O.)
日曜祭日休み
アクセス地図

Official web site
和田製糖のサイトでのお店の紹介
Google Map

|

« 中目黒 「Patisserie Cacahouete Paris (パティスリー カカオエット パリ)」 | トップページ | 40万アクセス、ありがとうございます »

コメント

うちでは、頂き物の鹿が成すすべなくお昼のカレーとかに使われています・・・かわいそうに( p_q)エ-ン(だって臭みがあってどうしたらいいかわからないんだもん(^^;;
こういうところでは、立派なメインに変身しているのね(^▽^;)

デザートも美味しそう・・・

こんな素敵なお店につれてってくれる旦那様でいいな~[壁]д=)

投稿: ゆきちゃん | 2007.03.03 09:15

アップしましたね~。こちらこそ大変楽しい時間をご馳走様でした!
ご主人様の温かな包容力に包まれて、ボクまで大はしゃぎしてしまい
ました。すみません~。

またご一緒できるのを楽しみにいたしております。
ありがとうございました。

投稿: マサヒルトン公爵(^O^) | 2007.03.03 14:09

>ゆきちゃん、

鹿肉の頂き物があったなら、私もどうしていいのやら~(笑)。
「ゆきちゃんなら、できる!」と見込まれたのでは。うちでは絶対ありえません(爆)。お料理教室、よかったらご一緒しますよ(^^)。

投稿: きのこ | 2007.03.03 22:52

>マサヒルトン公爵さま、

いろんな美味しいお店を教えていただいたり、とても楽しいひとときを、どうもありがとうございます。
私も、テンションが上がって大はしゃぎしちゃいました(笑)。

また、ご一緒できるのを楽しみにしています(^^)! でも、「大江戸」のいかだ重は私には重過ぎです~。

投稿: きのこ | 2007.03.03 23:02

ここは確か16〜7年前にオープンしたんですよね。
実はその時看板やメニュー等のグラフィックを仲の良い友人がデザインしたのでよく覚えています。あれはもう変わっちゃったのかな〜。それとも今でも使っているのかな。今度行ってみようと思います。

投稿: pen | 2007.03.04 01:49

オープン時は、まだ結婚前でこちらで暮らしていなかったので、変わったかどうかはわからないんですが、洒落た丸い看板がかかっていますね。
今日改めて見に行きましたが、レストランの雰囲気に合っていて、とても素敵なデザインだと思いました♪看板のデザインって、大切なんだと改めて思いましたよ。

投稿: きのこ | 2007.03.04 21:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中目黒 「Patisserie Cacahouete Paris (パティスリー カカオエット パリ)」 | トップページ | 40万アクセス、ありがとうございます »