« インド大使館でヨガを習う その5 深い智慧と精神 | トップページ | 荒川CR、北千住、吉原ポタ その1 千住名物 「かどやの槍かけだんご」 »

ダライ・ラマ 「死と向きあう智慧」

ヨガを始めて、 さらに精神的なことに興味を持つようになったのですが、 先日 susan さんがブログ 「home&dry」 で、 ダライ・ラマ 「死と向きあう智慧」 について書いていらしたので、 興味を惹かれて読んでみました。

070419

この本は、 ダライ・ラマ法王14世テンジン・ギャツォ が 「パンチェンラマ一世の17偈」、 死の恐怖を克服し、より高い境地へと至るための奥義について書かれています。

かなり深い内容ですし、 これからヨガの瞑想を深める上でも大切な教えが書かれていると思いました。

------------------------------------------------
ところで、 ダライ・ラマ法王14世は、チベット仏教の最高指導者。
2歳の時に、ダライ・ラマ法王13世の生まれ変わりであるとの認定を受け、4歳の時、法王に就任(「14世ダライ・ラマ法王発見の経緯と輪廻転生制度」)。 観音菩薩の生まれ変わりとされています。

映画 「地球交響曲 ガイアシンフォニー 第二番」 で気さくにインタビューに応じながら、 「慈悲」 「利他」 の心の大切さ、 「輪廻転生」 について語っておられた のが印象的でした。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所
■以前書いたエントリー、「映画 「地球交響曲 ガイアシンフォニー 第二番」」


|

« インド大使館でヨガを習う その5 深い智慧と精神 | トップページ | 荒川CR、北千住、吉原ポタ その1 千住名物 「かどやの槍かけだんご」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« インド大使館でヨガを習う その5 深い智慧と精神 | トップページ | 荒川CR、北千住、吉原ポタ その1 千住名物 「かどやの槍かけだんご」 »