« 京都旅行 その8 嵯峨野1(常寂光寺、落柿舎、二尊院) | トップページ | 京都旅行 その10 祇園 豆皿懐石 汁る椀 「豆寅」 »

京都旅行 その9 二日目後半2 (祇王寺、あだし野 念仏寺、 寂庵)

「その7」 の続きで、さらに奥嵯峨の 「祇王寺」 へ。

1_070501_to_0502_017

祇王寺は、平清盛の寵愛を受けるも、仏御前に心を移した清盛に館を追い出され、妹の祗女、母の刀自とともに、今の祇王寺に行き仏門に入った白拍子の祗王。
その後、この世の無常を感じ仏門に入った仏御前も、三人に加わり往生の本懐を遂げた地とされています。
祇王寺 公式ホームページ

*新緑の緑が生い茂り、苔に覆われた庭を進むと、風情ある小さな門がひっそりと佇んでいます。
2070501_to_0502_018

*本来、入る側から見た門の姿。
3070501_to_0502_019

*お庭は広くはないですが、小倉山の麓にあって、鳥の声が聞こえる静寂さ。
車で回って外から見るだけの観光客の方もいらっしゃいましたが、 中に入らないなんて本当に勿体ない!!
4070501_to_0502_020

*苔生した庭と草庵。
外からは垣間見ることのできない美しい庭に、心を奪われました。
5070501_to_0502_023

*清らかな空気が漂う 竹林の細道
6070501_to_0502_024

*祇王寺の控えの間の丸い大きな 「吉野窓」 と、佇む白猫。
7070501_to_0502_026

*白猫さんの見ている お庭。 プイとそっぽを向かれてしまいました。。
8070501_to_0502_028

仏間には、ご本尊の大日如来のほか、清盛公、祇王、祇女、母刀自、仏御前の木像が安置。 説明は、ボタンを押すとテープで流されるようになっていました。

*「ししおどし」の響きが耳に心地よかったです。
9070501_to_0502_029
*説明文 (画像クリックで拡大します)
10070501_to_0502_032_1

なお、こちらは三脚及び大型カメラでの撮影は禁止。 ・・なんだけど、外国の方が三脚で撮影されていました。 あまりに熱心に撮影されていたので、注意はできず。。
ここは、足を伸ばして行ってみる価値大だと思いました。

-----------------------------------------------------

さらに嵯峨鳥居本の方へ、民芸品や土産物店が点在する ゆる~い坂道をひたすら歩いて、「あだし野 念仏寺」へ。

11070501_to_0502_040

*パンフレットによると、あだし野(化野)念仏寺が建立されたのは、約1,100年前。 古えより葬送風葬の地であったとのこと。
12070501_to_0502_033

*境内の8,000体を越えるという石仏は、 明治中期、あだし野に散乱していた石仏を集めたもの。
13070501_to_0502_038

毎年8/23、24に行われる「千灯供養」は、予約不要。(開門 17:30 ~ 20:30 (受付終了)、行事開始は 18:00から)

*「水子地蔵尊」 で お参りできて、本当に良かったと思いました。
14070501_to_0502_035

私は以前流産しており、 産まれてこられなかった子供のことを思うと、今でも胸が痛みます。
水子供養は、毎月24日(14:00~ 一時間程度)。8月分の回向は千灯供養で行うそうです。

*竹林の道
15070501_to_0502_036
*六面地蔵
16070501_to_0502_037
*本堂
17070501_to_0502_039

-----------------------------------------------------
付近は、景観保全地域に指定されていて、茅葺屋根の風情ある民家が目立ちます。
*「あだし野 念仏寺」 の さらに先。
18070501_to_0502_041

子供の頃、以前母が大変お世話になっていた京都の松本さん(女性)に、ハイヤーで嵯峨鳥居本のゴージャスな料亭に、家族で招待してもらったことなど、懐かしく思い出しました。 子供たちには、布の袋に入ったお小遣い付き。 今でも目にありありと浮かぶほど、すごい体験でした。
-----------------------------------------------------

歩いてきた道を戻り
19070501_to_0502_042

お地蔵さんが並ぶ道の分岐点から、大覚寺道のほうに進むと、左手に、広い農地と茅葺の民家がありました。
20070501_to_0502_044
さらに進むと、瀬戸内寂聴さんの「寂庵」 へ。 右折指示の看板があります。
21070501_to_0502_048
*入口
22070501_to_0502_046

「法話の会」は、毎月第三日曜日。 往復ハガキ(1枚につき1人。団体参加は不可)で要予約(二ヶ月前から受付開始、前月末日までに必着。○月希望と記入)。(受付12:30~、開始13:00 ~ 14:30)。小学生以下(小学生を含む)の入場不可。
「写経の会」は、予約不要で毎月1日(10:00 ~ 15:00)
「法話の会」「写経の会」とも、8月、12月は休み

■寂庵

住所:〒616-8434 京都市右京区嵯峨鳥居本仏餉田町7-1
TEL: 075-861-6770

オフィシャルサイト 「寂庵へようこそ!」

目の前には畑が広がっていました。
23070501_to_0502_047

-----------------------------------------------------
その後、 清涼寺の近くにある 「釈迦如来堂前」 のバス亭までひたすら歩き。
*清涼寺の近くで咲いていた藤
24070501_to_0502_049

ここまで来ると、一挙に疲労が・・。 市バスで四条烏丸まで。
祇園 「豆寅」での夕飯の予約した時間に間に合わなくなりそうだったので、やむなくタクシーで祇園 花見小路南側へ。
「その10」 に続きます。

|

« 京都旅行 その8 嵯峨野1(常寂光寺、落柿舎、二尊院) | トップページ | 京都旅行 その10 祇園 豆皿懐石 汁る椀 「豆寅」 »

コメント

嵐山の中で祇王寺が一番好きなんです。
小さいけどとても味わいがありますよね。
女性3人がこの小さな寺で身を寄せ合って暮らしていた様を想像すると…
ぐっときちゃいますね。

投稿: 則(@@) | 2007.05.12 21:15

祇王寺、いいですよね~♪
生きていくためには、女3人+後から1人、畑とか田んぼで せっせと逞しく野良仕事とかしてたかも^^;

投稿: きのこ | 2007.05.13 03:07

 嵯峨路は青かえでがみずみずしくていいですよね。化野念仏寺までよく歩きましたね。私は祇王寺、滝口寺から清涼寺へ下りました。

投稿: 駿 | 2007.05.24 06:25

駿さんも京都に行かれてたんですね。
>化野念仏寺までよく歩きましたね。
私は自転車が好きで、ヘタレながら日頃体を鍛えていたのが良かったのかもしれません。強い向かい風の荒川サイクリングロードを自転車で何キロも走るよりは、はるかに楽でした(笑)。
滝口寺から清涼寺もいいでしょうね。ブログ拝見させていただきます。

投稿: きのこ | 2007.05.24 11:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 京都旅行 その8 嵯峨野1(常寂光寺、落柿舎、二尊院) | トップページ | 京都旅行 その10 祇園 豆皿懐石 汁る椀 「豆寅」 »