« 人形町 天ぷら 「中山」 その8 Tempura Nakayama, Tempura and small Japanese cuisine restaurant in Tokyo's Nihombashi Ningyo-cho. highly recommnend ! | トップページ | ヨガ セカンドクラス&ティーパーティー@インド大使館 &千疋屋総本店へ »

夫の実家に帰省&旅行 内山観音 「千体薬師」、 湯布院温泉 「亀の井別荘」 百番館、日本一 「九重“夢”大吊橋」

6/22(金)から25(月) まで、夫の両親のいる宮崎県延岡に帰省 & 大分の 「湯布院温泉」 へ旅行に行ってきました。

一日目は、夕食後、夫と、すぐそばにある海岸を散策。
*靄に霞む海。 夫よ、目指せ、大海原へ!!! 
001_070628_011
-------------------------------------------------

二日目は、夫と夫の両親と4人で、「湯布院温泉」へ。

夫が運転する車での往路途中、1008体もの薬師如来が安置されている 「内山観音」(蓮城寺)の 「千体薬師」 に立ち寄りました。

*京都の三十三間堂を彷彿とさせる、千体もの薬師像がずら~~っと並んでいる姿に、ただただ感動!! ここは九州の穴場中の穴場だと思いました。(大分県豊後大野市三重町内山527)
002_070628_029

----------------------------------------------------------

湯布院に到着し、70台ものクラシックカーが展示されている 「九州自動車歴史観」(レトロモーターミュージアム) を見学。

003_070628_067

その後、「金鱗湖」。(金鱗湖の畔、写真の奥が 「亀の井別荘」)

004_070628_086

その畔にある「マルク・シャガール ゆふいん金鱗湖美術館」 を見学。

005_070628_089

-------------------------------------------------------------

「由布院御三家」の一つである 「亀の井別荘」 に宿泊しました。

*宿泊者入口と本館
013_070628_208

012_070628_150

一万坪ある敷地の中に、本館洋間6室と民家風離れ15室とが点在。

私たちは、そちらの離れ。
庄屋さんの旧家を移築した、茅葺屋根の 「百番館」 に宿泊しました。

*屋根付き渡り廊下の他、 庭石を辿っても行かれる 「百番館」 入口。

006_070628_136

007_070628_137

広い土間。 高い天井に太い梁の風格あるリビング、 広間、 これらをはさんで、 和室が二つ。 トイレも二つ。 テレビも二つ。

一軒家の離れでしたが、 夫の両親とも気兼ねすることなく寛げました。

*リビングで寛ぐ夫

008_070628_128

*プライベートな庭の緑をのぞむ広間

009_070628_140

縁側から廊下を渡ると、ゆったりした広さの洗面所、温泉の内風呂、露天風呂。 シャワーも二つありました。

014_070628_194

015_070628_195

プライベートなお庭の手入れも行き届いていて、 とっても静か。

*内風呂側からプライベートの庭をのぞむ

016_070628_201

さながら、「和のデラックス・スイートルーム」 の趣きでした。

部屋まで運んで下さる食事も、とても美味しかったですし、 露天風呂のついた大風呂も広々として気持ちよかったです。

本当に最高級の宿の離れをとってくれた夫に、ひたすら感謝!!!

-------------------------------------------------------------

三日目は、 湯布院から車で一時間ほど先、大分県九重にある、 日本一の人道吊橋 「九重“夢”大吊橋」 (平成18年10月30日完成)へ。

*渡る代金、一般500円は、かなり高めかも~。

017_070628_209

風雨がひどくて大変でした。 長さ390
傘は禁止。 ビニールのカッパが風にあおられ、ズボンはびしょ濡れ。

018_070628_218

すたこら先を急いだ私を探して2往復した夫には、本当に申し訳ないことをしました。

*必死に風景を撮影。
滝も見えましたが、風景を楽しむ余裕はまるでなし(笑)。

019_070628_217

020_070628_214

*標高777mから、 橋の下も見えましたが、 ちっとも怖くありませんでした。

021_070628_216

---------------------------------------------------------

夫の両親の家に帰宅後、「味のおぐら」で、待望の 「チキン南蛮」と「ちゃんぽん」を頂きました。

023_070628_231

四日目は、お墓参りの後、 宮崎空港へ。

とても充実した帰省&旅行となりました。 これから詳しく書いていく予定です。

|

« 人形町 天ぷら 「中山」 その8 Tempura Nakayama, Tempura and small Japanese cuisine restaurant in Tokyo's Nihombashi Ningyo-cho. highly recommnend ! | トップページ | ヨガ セカンドクラス&ティーパーティー@インド大使館 &千疋屋総本店へ »

コメント

亀の井別荘とはさすが押さえていらっしゃる♪

私も泊まってみたいんですけどね~、ハードルが高くて。。。

投稿: いま | 2007.06.26 23:05

いまさんも、湯布院ご存知なんですね!

2週間前だったか、ようやく休みがとれる目処がたって、湯布院のいくつか宿に予約電話をかけてみたんですけど、亀の井別荘のこの広めの一軒家しか予約がとれなかったんですよ。

4人分だとかなりの出費になるので、今回は親孝行だ~っ、と清水の舞台から飛び降りる気持ちで予約してました(^^ゞ
「親孝行」の三文字がなければ、うちも、ハードル超えられなかったかも。二泊はさすがに厳しいものが。。

いまさんが行っていらした阿蘇や黒川温泉にも行ってみたかったんですが、阿蘇方面は注意報が出るくらい雨がひどくて断念しました。黒川はまたいつか♪

投稿: きのこ | 2007.06.27 00:57

すごく素敵なお宿ですね。
のんびりと何泊かしてみたいですねー。

お天気、生憎で残念でしたね。
高い所は好きなので、大吊り橋も歩いてみたです。

投稿: 則(@@) | 2007.06.27 01:17

たしかに、できれば何泊もしたかったなぁ。離れの一軒家。。
温泉の内風呂もあるし、土間の炊事場もあったし、自炊でもよいくらい。

お天気は、晴れていたなら~って思いましたよ。曇りや雨でも、かなり蒸し暑かったし。もっとも。人が少なくて、日差しが強くないのは助かりましたが。。

ところで、大吊橋は、かなり頑丈なのか、あんまり揺れもせずで、スリルを味わうには物足りないかも!?

投稿: きのこ | 2007.06.27 01:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 人形町 天ぷら 「中山」 その8 Tempura Nakayama, Tempura and small Japanese cuisine restaurant in Tokyo's Nihombashi Ningyo-cho. highly recommnend ! | トップページ | ヨガ セカンドクラス&ティーパーティー@インド大使館 &千疋屋総本店へ »