« レオナルド・ダ・ヴィンチ 「最後の晩餐」 電話予約をする ★2013/12 改訂 | トップページ | BOSE TriPort IE ◆ボーズ トライポートIE ヘッドホン »

「バカ姉弟」 (安達 哲) 第5巻

巣鴨在住、ご近所のお年寄りにかわいがられてスクスク育つ 「バカ姉弟」。 友人Sさんにコミックを貸してもらって以来、とっても気に入り愛読しておりました。 ほのぼのしているけど、深~い内容を含むものもあり、カワイイだけじゃないところがミソ。
ちなみに、平成15年度(第7回)文化庁メディア芸術祭 優秀賞受賞作品
ヤングマガジンに連載されていて、 第一話はヤングマガジンのオフィシャルサイトの中にある 「こちらのページ」 で読めるようになっています

070720_002

第5巻では、 二人の成長した姿に興奮したのはもちろんですが、 「分け与えるときは一番おいしいものをあげるんだよ」 という 「おねい」 の言葉にハッとしたり。 プリンセスダムコフの老鳥のエピソードを見て 「おおっ」 と思ったり。
第5巻ラストの、「もっと気を楽にして生きて行こうよ」、というメッセージも、今の自分にとっては響くものがありました。

この 「バカ姉弟」、3歳だった二人の双子も成長。 もしかしてこの5巻で終了なのかな?という展開に、 とても寂しい思いになりました。 ネタバレになるとつまらないので内容は書かないけれど、感無量。

|

« レオナルド・ダ・ヴィンチ 「最後の晩餐」 電話予約をする ★2013/12 改訂 | トップページ | BOSE TriPort IE ◆ボーズ トライポートIE ヘッドホン »

コメント

Sでございます。

「最後の晩餐」の予約を国際電話でされているかと思えば、 「バカ姉弟」もお読みになる。ワールドワイド、というか守備範囲がホント広くていらっしゃる。
新たなおねいのエピソードはもう読めないのでしょうか・・・。確かに物凄く心配ですね。

投稿: S | 2007.07.26 18:57

>Sさん、

「バカ姉弟」まで守備範囲が広がったのも、元はといえば、Sさんが貸して下さったお陰です~♪

今回は、姉弟がいきなり成長してしまって驚きました。
新しい「バカ姉弟」のコミックが出るたび、心躍るような気持ちがしていました。もう読めないのかな・・と思うと、寂しくてくて仕方ありません。ほんと、どうなるか心配ですよね。

投稿: きのこ | 2007.07.28 23:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« レオナルド・ダ・ヴィンチ 「最後の晩餐」 電話予約をする ★2013/12 改訂 | トップページ | BOSE TriPort IE ◆ボーズ トライポートIE ヘッドホン »