« Google Earth で ルート検索 ◆ヨーロッパ・ドライブ予習 | トップページ | 「バカ姉弟」 (安達 哲) 第5巻 »

レオナルド・ダ・ヴィンチ 「最後の晩餐」 電話予約をする ★2013/12 改訂

今日は、イタリアのミラノにある 「サンタ・マリア・グラツィエ教会」 (Santa Maria delle Grazie in Milan) にある レオナルド・ダ・ヴィンチ Leonardo da Vinci 「最後の晩餐 (Cenacolo Vinciano, The Last Supper)」 の見学の予約をしました。

Cenacolo チェーコロ =「キリストが最後の晩餐をとった部屋」;(古くは)食堂;修道院などの食堂;会食室などの意味(伊和中辞典)
Vinciano ビンチャーノ =レオナルド・ダ・ヴィンチ Leonardo da Vinciの(形容詞)

見学は、一回 15分間。 一回につき、30人限定。 早々に売り切れてしまう場合が多く、現地で時間を無駄にしないためにも、予約必須だと思います。

「公式予約サイト」(2013年12月4日現在)は、http://www.vivaticket.it/?op=cenacoloVinciano
オンラインでの購入は、http://www.vivaticket.it/index.php?nvpg[tour]&id=744&wms_op=cenacoloVinciano CENACOLO VINCIANO
詳細は、http://www.vivaticket.it/index.php?nvpg[evento]&id_evento=1197461&idt=744
ON LINE TICKETS のカレンダーから、大体3ヶ月前から購入可能。 OPENING SALE の日付がサイトに書いてあるので要チェック。
日付をクリックすると、予約・購入可能な時間が出てくるので、これをクリック。 サイン・インあるいは登録 (Accedu o Registati, Sign in or Register) が必要です。

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

料金は、一般 EUR 6, 50 + 予約手数料 EUR 1, 50 で、合計 8ユーロ (2013/12/04 現在は、1 euro = 約 140 yen と円安になってしまったので、約 1,120円)

INTERO = intéro 全部の, 全部 whole.
bigliétto intéro ビリエット・インテーロ = 正規の値段のチケット a ticket at full price

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

ところで、最後の晩餐の予約は、オンライン上では空きなしでも、電話であれば空きありで、できる場合がありましたので、 電話予約にチャレンジすることを強くオススメします!

私は、2007年予約当時はオンラインで空きが無かったのですが、あきらめきれず、電話予約にチャレンジしました。 簡単な中学程度の英語でゆっくり話し、必ず復唱して確認。 電話に出た方は感じよく丁寧に応対してくれました。

電話サービスセンター (CALL CENTER SERVICE)
予約または購入: +39 02 92 800 360 (2013年12月4日現在)
電話予約は、月曜日から土曜日までの 8:00 から 18:30  
http://www.vivaticket.it/?op=cenacoloVinciano

※日本とイタリアの時差は-8時間、サマータイム期間中(2013年は、2013年3月31日(日)2時から 2012年10月27日(日)3時まで)は-7時間 

なお、技術的なサポート·サービスは、サイト上の Help and Assistance のフォームから問い合わせ可能。
http://www.vivaticket.it/index.php?nvpg[aboutUs]&page=contatti

詳細は、
http://www.vivaticket.it/index.php?nvpg[evento]&id_evento=1197799&idt=744

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

そして、オーディオガイド AUDIOGUIDE CENACOLO も、あらかじめ購入可能。
http://www.vivaticket.it/index.php?nvpg[tour]&id=744&wms_op=cenacoloVinciano
オーディオガイドは、最後の晩餐の入場券には含まれていなくて、オーディオガイドの料金は、EUR 3,50 (2013/12/04 現在)。 ただし、入場チケットがないと、まったくの無駄になってしまいます。
最後の晩餐のオーディオガイドは、イタリア語、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ロシア語、中国語、日本語あり。

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

★ 「最後の晩餐 (Cenacolo Vinciano, The Last Supper)」
イタリア・ミラノ 「サンタ・マリア・グラツィエ教会」 (Santa Maria delle Grazie in Milan)

火曜日から日曜日まで 8:30 から 19:00 最終入場は 18:45
月曜休み。 1月1日、5月1日、12月25日も休み。

予約時間の20分前までに、支払レシートのコピーを見せて、正式のチケットを引き取らないと、キャンセル扱いになってしまいます。

トラムでは、Tram 18: stop Corso Magenta - Santa Maria delle Grazie まで。
地下鉄では、Tube MM1: stop Conciliazione o Cadorna Metro あるいは、MM2: stop Cadorna

Santa Maria delle Grazie Official website (イタリア語) http://www.grazieop.it/

★グーグルマップ https://www.google.com/maps/ 「Museo Cenacolo Vinciano」 で地図検索できます。 

ちなみに、ミラノには二回とも教会の近くにある小規模なブティックホテル、Antica Locanda Leonardo http://www.anticalocandaleonardo.com/it/index.htm に宿泊しました。 オーナーの奥様が日本人で、素敵なオススメレストランの予約やタクシーの予約もして下さって、とても助かりましたheart01

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

ところで、イタリア旅行、一回目の際、旅行会社などの予約代行サービスを調べたところ、正規の値段よりかなり高額でびっくりしました。ある某旅行会社では一人5,500円。 これが自分でやると、見学 6.50ユーロ+予約 1.50ユーロ=全部でたったの8ユーロ。 1ユーロ172円としても 一人 1,376円。 これは、自分で予約すべきだなと私個人的には思いました。ただ、英語が全くできない場合は有用でしょう。

2007年当時の予約公式サイト(2013年現在は閉鎖され、現在の公式サイトに変更)から、インターネットで予約しようとしたところ、ほとんど空きなし。 “not available” と出てしまう。 でも、絶対見た~い!!!

ぐずぐずしてると予約が一杯になっちゃうよ~と、 いつになくチャレンジャーな私は、夫に頼らず自分で電話することにしました。 私、恥ずかしながら、今まで国際電話すらかけたことがないのにね(笑)。

というわけで、 電話しました。 もう緊張したのなんの。 不覚にも、手がブルブル震えてしまいました。あー、なんて、小心者な自分・・。
で、 最初にベラベ~ラ、 イタリア語の自動音声が続き、 フォリナーは 「2」の番号を押してと言ったような気がしたので、 2をダイヤル。 すると、イタリア語の女性が出ました。 しかも、イタリア語で・・わけわからん。

もう覚悟を決めるしかないっ!と思って、大きな声でゆっくりと “I'm calling from Japan. I'd like to make a reservation for 2 people. On September 2nd.” と言ってみました。 そうしたら、なんとなく緊張がほぐれていくのが自分でもわかりました。
でも、一番大切な予約ナンバーのところでは、ゆっくり復唱。 予約の女性も優しくて、私が緊張しまくりなのを察してか、 ゆっくり復唱してくれました)^o^( 予約時間の20分前に行って料金を支払うことも、 念押ししてくれました。

予約の際は、 Buon_viaggio<イタリアの最新情報満載、青の洞窟情報めざせ日本一>の サイト http://ooneko.pos.to/buon_viaggio/index.html で予習しておいて良かったです。 (ページはこちら

コメント欄にほかに予約した方の体験談がありますので、参考になさって下さい。
常に変更の可能性がありますので、最新情報をご自身でチェックして下さいませ。

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

ところで、2007年、2008年のイタリア個人旅行では、フィレンツェのウフィツィ美術館の予約も事前にしておいて良かったです。

ウフィツィ美術館@フィレンツェ
Contact Firenze Musei, Tel: +39 055294883
ウフィツィ美術館では、現在、Seventeenth-century Neapolitan painting from the Medici collections の特別展が開催されているようです。

★追記:2008年5月に、2度目のイタリア旅行の準備で、 ミラノの「最後の晩餐」、 そして、フィレンツェの「ウフィッツィ美術館」、「アカデミア美術館」、 そして、ローマの「ボルゲーゼ美術館」の予約をしています。

フィレンツェの「ウフィッツィ美術館」、「アカデミア美術館」、 そして、ローマの「ボルゲーゼ美術館」については、予約説明など補足していますので、よかったらご覧下さい。

フィレンツェ 「ウフィッツィ美術館」の電話予約をする」(アカデミアも一緒に電話予約しました。 2008.05.15)
「「ボルゲーゼ美術館」@ローマのオンライン予約をする」(パソコンの設定を変える方法を画像で説明しています。 2008.05.27)

|

« Google Earth で ルート検索 ◆ヨーロッパ・ドライブ予習 | トップページ | 「バカ姉弟」 (安達 哲) 第5巻 »

コメント

イタリアに電話しちゃうなんてすごいです!
最後の晩餐って、予約制なんですね。知らなかった…
私も今年はミラノにサッカー見に行きたいなぁ。

投稿: 則(@@) | 2007.07.18 23:18

でも予約とか確認は重要ですよね~
せっかく現地の美術館に見に行ったのに
ちょうどそのとき日本へ貸し出し中とかだと
もう笑うしかなくなりますからw

投稿: аκⅰо | 2007.07.19 09:00

>則(@@)さん、

ミラノにサッカー観戦に行けたらいいよね~!
もし行くときは、最後の晩餐もセットにしたらいいかもね。
イタリアに電話したときは、自動音声の時間も結構あったし、確認も念入りにしたから電話代がかかっちゃったかも(汗)。

>аκⅰо さん、

壁画とかだったら大丈夫だけど、美術館でお目当ての絵が貸し出し中だったらショックかも!しかも日本に貸し出しだったら(爆)。
そういえば、アムステルダムの国立博物館は改修中、一部のみ公開で、収蔵品のいくつかは世界を巡回してるみたい。今年9月からフェルメール「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展ってのが、六本木の国立新美術館であるし(笑)。
そういえば、レオナルド・ダ・ヴィンチの「受胎告知」も上野の国立博物館で公開されてたことがあったし、油断できませんね。

投稿: きのこ | 2007.07.19 23:53

きのこ、ご無沙汰しちゃってます。
ヨーロッパ旅行、いいですねぇ~。
私もバックパッカーで10年前2ヶ月かけて行って来ました。 
きのこが行くところで私も行ったのは、ブリュッセル、ブルージェ、オランダー、パリで、特にブリュージェは本当に素敵な町でした。きのこもきっと気に入ると思う。 ブリュッセルでは特に感動した記憶がないのだけれど、女の子版小便小僧は、インパクト強かったです。 結構リアルで見てる方がちょっと恥ずかしい感じ。オランダは私が行った時はチューリップ園のちょうど開催時でかなり満喫出来たけどこの時期はどうだろう・・・。あと美術館はどこのも感動の嵐! 私が行った時はまだユーロになってなかったから、フランス以外は物価が安かったけど、今はどこも高いよ~。 気をつけて行って来てね。 土産話、楽しみにしてます!

投稿: きょしょー | 2007.08.08 08:39

きょしょー、お久しぶり~♪元気にしてる?
バックパッカーで2ヶ月かけて回ったなんて、さすが、きょしょーだよ。地球の歩き方とか読んで予習してるけど、ブルージュって歴史があるし、見どころも一杯みたいだね。
ブリュッセルも余裕があったら行ってみたいな。小便少女も見てみたいし(笑)。オランダのチューリップはちょっと時期が違うかなー。きょしょーは、ほんといろいろ綺麗な風景を見てきたんだね。きっと、まわりの人たちともいっぱい交流できたんだろうな。
美術館も楽しみ~。でも、たくさんまわろうとすると結構お金を使っちゃいそうだよ。パリは日本でミュージアムパスを買っちゃいました。現地で買えばいいけど、探す時間がもったいなくて、またまた出費が・・。
最初は行き当たりばったりでいいや、なんて思ってたけど、ユーロ高でホテル代の高いことといったら。。インターネット・レートだと安いところが多いから、すでに日程の半分以上はホテルの予約をすませてしまいました。
きょしょーも充実した夏をお過ごし下さい!ほんとに初めてでドキドキだけど、がんばってくるね。きょしょー、書き込みありがとう。

投稿: きのこ | 2007.08.09 09:05

はじめまして・・・!いきなりかきこんでしまってすみません!!
実は、私もウッフィッツィを予約したくて、予約の仕方を探していたらこちらにたどり着きました。
ウッフィッツィ、もう予約されました??
電話代、どのくらいかかったとか、あつかましいのは承知でききますが、教えていただけないでしょうか・・??

投稿: イタリア好きの大学生 | 2007.11.29 23:40

ウフィッツィは7月31日23時頃に電話予約して、9月7日10:30から見学してきました。

幸い、NTTの通話記録、電話代の記録が残っていましたのでお役に立てば幸いです。NTTコミュニケーションを使って、0033-010-39-055-294883 に電話しました。
2回電話したのですが、まず、最初の自動音声のアナウンス(英語)を電話機に録音したのに、46秒104円。
次に、夫が実際に英語でやりとりして予約するのに、2分32秒で296円。
合計400円でした(NTT国際ダイヤル通話料)。
プラチナラインの世界割りなどを使ったらもっと安くすむと思いますが。いずれにせよ自分で予約するのが一番安いと思いました。

自動音声で、"Museum of Florence"(フローレンス)という単語が出てくると思います。ご存知かとは思いますが、Uffizi Gallery は、The State Museum of florence の一つで、フローレンス=フィレンツェの意味です。予約はたしか1番だったと思います。ずいぶん前のことなので、記憶違いや、その後変更があったかもしれません。

受付の女性の英語は、ゆっくりと聞き取りやすかったです。夫はUffizi の予約ですよねと念押ししていましたが。

あらかじめ私が英文メモを用意しておき、夫、そのまま言っておりました。
I'm calling form Japan.
I'd like to make a reservation for 2 people.
On September 7.

名前を聞かれたので、氏のみ言い、
予約時間と7ケタの予約コードを教えてくれましたので、復唱しながらこれをメモ。

このメモを、美術館、広場から行って右側の棟にある予約受付の部屋の、ドア前に立っている人に見せて、支払窓口へ。

予約なしでも見学できますが、10時頃で長蛇の列。予約しておいて本当に良かったと思いました。

投稿: きのこ | 2007.11.30 14:33

そうなんですかー!
地球の歩き方に、最後の晩餐を予約した方の体験談がのっていたのですが、その方は2700円もかかったとおっしゃっていて、びびってたんですが、400円ならありですね!

そうですよね~予約代行とか、完全にぼってますもんね。

ウッフィッツィはフローレンスっていうんですか~知らなかった!知らなかったらやばかったです。
教えてくださってありがとうございます!

私は今度の春休みにいくんですけど、夏にいかれたんですね^^夏の方がいいっていいますよね。

すごく丁寧に教えていただいて、本当にありがとうございます。現地でどのように動いたらいいとかもしれて、ためになりました。
実際に電話したというかたのお話をきけて、助かりました。
長蛇の列になるんやったら、絶対予約してくべきですね!
がんばって予約しようと思います。緊張しますね~
本当にありがとうございます!

投稿: イタリア好きの大学生 | 2007.11.30 21:17

ちょこっとでもお役に立てたようで良かったです。

もっとも、最後の晩餐の予約で、自分で最初にイタリアに国際電話をかけたときには、ものすごく緊張してしまって、6分52秒で1,104円かかっていました。
でも、相手のオペレーターの方も、わたしに付き合って、丁寧にゆっくり、わかりやすく英語で応対してくれました。

その経験のお陰か度胸もついて、現地でも私からどんどん英語で話しかけられるようになったので、いい授業料だったと思います。

>ウッフィッツィはフローレンスっていうんですか

上のコメントにも書きましたが、「フィレンツェ=フローレンス」です。

>夏の方がいいっていいますよね
本当に暑かった8月だったら、暑くて暑くて大変だったかもしれません。9月に入って暑さもやわらいでいたので助かりました。

春休み、楽しみですね。 わたしも、イタリアのフィレンツェはまだまだ行きたかったところがたくさんあるので、また行きたいと思っています。
いいご旅行になりますように!

投稿: きのこ | 2007.11.30 23:29

あ、すみません;>フローレンス
美しい名前ですね。

ありがとうございます^^
イタリアを精一杯楽しんできます~!

このたびは、本当にありがとうございました。

投稿: イタリア好きの大学生 | 2007.12.01 20:30

はじめまして、こんばんわ。
もう直前なんですが、来週ミラノに行く予定があり、せっかくなら「最後の晩餐」を見てみたいのですが、インターネット予約は出来ないみたいでどうしようと悩みつつ、いろいろ調べてるところでこちらにたどり着きました。
実際にお電話なさったのですね。すばらしいです!
電話予約の際に、クレジットカードの番号は必要でしたか?
よろしければお教えいただけますでしょうか。
その前に、こんなに直前ではまにあわないでしょうか?

投稿: etsuko | 2007.12.04 23:04

公式サイトでのインターネット予約は、希望日時は空きがなくて予約できなかったんですね。
私は、7月18日18:30頃電話して、9月2日9:00からの予約がとれました。
直前で予約がとれるどうかは、私にもわかりませんが、とにかくダメ元でもかけてみてはいかがでしょうか?

電話予約の際、クレジットカード番号は必要なくて、名前の氏を伝えるだけで大丈夫でした。

予約とれるといいですね。頑張ってください!

投稿: きのこ | 2007.12.04 23:54

ありがとうございます。
online予約は、私の英語力がないためよくわかってないのか、私が予約したい日付け周辺はもちろん、それからずっと先、3月ぐらいまで本当に予約が埋まっているのか、まったく真っ白で入力とかに進めなかったんです。
でも電話で、カードが必要ないのならやってみますね、ありがとうございます。

投稿: etsuko | 2007.12.06 21:21

はじめまして。
2月に卒業旅行で初イタリアにいく学生です。どこも予約いっぱいでこまっていたら、このサイトにたどり着きました。
とてもいい情報ありがとうございます。
参考にさせてもらいます。

投稿: かにこ | 2008.01.07 14:35

かにこさん、はじめまして。
無事に予約がとれるよう、お祈りしています!
いいご旅行になりますように♪

投稿: きのこ | 2008.01.07 19:11

最後の晩餐、電話で予約しました。
やり方は、次の通りです。
+39 02 92800360
1.最初は、イタリア語。その後、英語での予約は、「2」とメッセージが入る。
2.女性の担当者に、希望の日時、時間を申し込む。
3.クレジット番号とメールアドレスを聞いてくる。
4.予約番号は、英語5文字+数字13文字。
これで、OK。あとは、当日、支払うだけだ。
と、思いきや、違った。
後日、最後の晩餐の確約ツアーに変更したため、予約をキャンセルするため、再度、電話しました。
すると、なんと、受付の方が日本人でした。ラッキー。
で、予約キャンセルを伝えると、確かに、予約は出来ていました。しかしながら、既に、クレジットで支払いがされているため、キャンセルは聞かないということ。
あーーー、ガクッ。
教訓。クレジット番号を聞かれたら、予約だけか、購入かを、必ず、確認したほうがいいですよ。
まあ、二人分、約2000円の損害ですみましたが・・・。

投稿: チョコ | 2011.06.21 21:24

チョコさん、はじめまして。
私がブログ記事を書いた当時とは違ってきているようですね。コメントどうもありがとうございます。
コールセンターの番号の前に、Call now to book or buy とあるので、予約のみかどうか、確認したほうが良さそうですね。

投稿: きのこ | 2011.06.22 13:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Google Earth で ルート検索 ◆ヨーロッパ・ドライブ予習 | トップページ | 「バカ姉弟」 (安達 哲) 第5巻 »