« 8日目1) ベルギー 「ゲント」 「聖バーフ大聖堂」 中世祭壇画の傑作 「神秘の子羊」 を見る ★追記:修復後の祭壇画をGoogle Arts & Cultureで公開中 (2017/05/09) | トップページ | 8日目3) ベルギー 「ゲント」 レイエ川クルーズ »

8日目2) ベルギー 「ゲント」 旧市街の地図、 グラスレイのギルドハウス

「ヨーロッパ・ドライブ旅行 8日目1)ベルギー・ゲント 「聖バーフ大聖堂」、 中世祭壇画の傑作 「神秘の子羊」 を見る」 の続き。 

「ゲント旧市街」 "Gent Historical center (Histrisch centrum)" マップ

0001_map_of_gent_histrish_centram_6

ゲントの街歩きMAP pdf.
・・地図の解像度はやや低めですが、 日本語で場所の名前が書いてあります!
ゲント・ビジターズ・ガイド (Ghent. Visitor's Guide)Pdf.
ゲント・ウォーキング・ツアー(Ghent. Walking Tour)Pdf.

聖バーフ大聖堂 "St-Baafskathedraal (St Bavo's Cathedral)"」 の「神秘の子羊」を見学した後、 大聖堂前の広場にあるレストランのテラスへ。

繊維ホール鐘楼 "Belfort en Lakenhalle"
中世におけるゲントにおいて、最も重要な位置を占めたのは繊維貿易で、 繊維ホールは1425年建設が開始されました。 しかし、1441年 繊維産業は下り坂になり、このホールの建設も途中で中止。 その後、フェンシング・スクールや義勇軍のギルド、1742年から1902年までは地下が牢獄として使われるなどした後、 1903年にやっと建物が完成。
現在は、3F(On the second floor)が「The Museum of the Guild of Saint Michael」 になっています。
001_dsc08166

「劇場 "Groot Huis (Theatre)"。電光掲示板があって、証券会社かなんかだと勘違いしてました(汗)。

002_dsc08168

*入ってしばらくしたら、 雨が降ってきました。
003_dsc08170

朝食バイキングが充実していたので、私たちは軽くクロワッサン&コーヒーで一息つきました。私たちの左隣の席では、おばあさんがコーラを飲みながら、ゆったり座っておりました。
0061_dsc08172

004_dsc08171

*劇場の並びにあったチョコレート屋さん "Chocolatier L. van Hoorebeke" で、生チョコを購入。
006_dsc08174

*種類が多くて、目移りしまくり! とてもまろやかなチョコで、美味しかったです♪ お店の方に、写真を撮らせてくださいと言ったら、快く笑顔で了解してくれました(^^)。
007_dsc08173

*ベルギーといえば、 チョコのほかには、ベルギーレースが有名です。 お土産屋さんのウィンドーには、美しいレースがディスプレーされていました。
0051_dsc08169

*ゲントの路面電車。
008_dsc08179

*「コーレン・マルクト広場」"Koren Markt"から、 「聖ニコラス教会」 "St. Nicholas' Church" を臨む。

009_da_dsc08180

*路面電車の停車場と、由緒ありそうな古~い外観、"Mango Post Plaza Shopping Center" (ショッピングセンター)。
010_dsc08177

*「聖ミヒール橋 (聖ミヒエル橋)」 "St. Michielsbrug"から、レイエ川 "Leie" の北を臨む。
川を挟んで 右側が、グラスレイ "Graslei" 。左側が コーンレイ "Korenlei"。ギルドハウス "Old guildhalls" が建ち並んでいます。 奥にちょこっと見えるお城は、フランドル伯居城 "Gravensteen (Castle of the Counts)" 。

011_da_dsc08183

*橋の反対側は、大体こんなかんじです。 フォトショップで写真2枚を合成して、パノラマ写真のようにしてみました。
右側は、「聖ミヒール教会 (聖ミヒエル教会)」 "St Michielskerk" 。 画像クリックで拡大します。

005_dsc08182

*橋を渡って右側に、レストラン 「De Grill」 がありました。
ゲント名物、ワーテルゾーイ(シチュー)のメニューが黒板に書いてあって、"Waterzooi van Kip"(鶏肉のワーテルゾーイ)が 14 euro。 "Waterzooi van Vis"(魚のワーテルゾーイ)が 19 euro だそうです。(オランダ語で、kip は 鶏。vis は 魚)

013_kip14_vis19_dsc08184

こんどゲントに行くときには入ってみたいものデス♪ でも、ここのHP、オランダ語とフランス語しかなかったりして・・(汗)。

*川沿いの石畳の道を歩いて、左側のボート乗り場へ。 対岸は、グラスレイ "Graslei" のギルドハウス。
012_dsc08185

その後、ボートに乗って、レイエ川クルーズを楽しみました。
続きます。
ヨーロッパ・ドライブ旅行 8日目3)ベルギー・ゲント レイエ川クルーズ

|

« 8日目1) ベルギー 「ゲント」 「聖バーフ大聖堂」 中世祭壇画の傑作 「神秘の子羊」 を見る ★追記:修復後の祭壇画をGoogle Arts & Cultureで公開中 (2017/05/09) | トップページ | 8日目3) ベルギー 「ゲント」 レイエ川クルーズ »

コメント

久々の日記ですね。嬉しいなっ。
忙しいとは思いますが、いつもステキ♪な写真と文章と・・を、楽しみにしています。
私もちゃっかり旅行気分を楽しませていただいてます♪
まだ8日目なので頑張って下さいねっ!!
いえいえ、急かせている訳ではありませんので。。のんびり楽しませて下さい♪

投稿: mizu | 2007.11.20 19:21

ようやくOB会の仕事からも解放されて、久々日記書く余裕ができました。
週2日の、最近とみに厳しいヨガも、今週と来週はお休みですし、ここで一気に書ければいいのですけれど・・。

今書いたのが8/20のことなので、ちょうど3ヶ月前のことなのですね。写真を見ないと、うまく思い出せなくなっています。
でも、写真を見て記事を書いているうちに、楽しい気持ちが甦ってきます。滅多にない体験ですし、端折って書いてしまうのは勿体ないので、なかなか先に進まないかも(^^ゞ

読んで下さるmizuさまのような方がいると思うと励みになります。どうもありがとう♪

投稿: きのこ | 2007.11.21 02:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 8日目1) ベルギー 「ゲント」 「聖バーフ大聖堂」 中世祭壇画の傑作 「神秘の子羊」 を見る ★追記:修復後の祭壇画をGoogle Arts & Cultureで公開中 (2017/05/09) | トップページ | 8日目3) ベルギー 「ゲント」 レイエ川クルーズ »