« ヨガ 新サードクラス@インド大使館、 今年の目標&情熱 | トップページ | 今年こそ書を始める »

13日目4) フランスのシャトー・ホテルへ@ジヴェルニー近郊、 フランス語で道を聞く

去年に引き続き、2007年 8/13から9/13まで一ヶ月間の、夫との ヨーロッパ個人旅行 (オランダから ベルギーを経由し フランスへの ドライブ旅行、 イタリア旅行)を書いていきます。
ヨーロッパ・ドライブ旅行 (オランダ、ベルギー、フランス)&イタリア個人旅行★前半
ヨーロッパ・ドライブ旅行 (オランダ、ベルギー、フランス)&イタリア個人旅行★後半

私にとっては滅多にできない貴重な経験。 端折ってしまっては勿体ない。 6000枚以上撮影した、メモ代わりにもなっている写真を見ると、その時見た景色や空気、何を思ったかまで、鮮やかに思い出します。 デジカメで撮影すると、撮影日時まで記録されているので助かります。 書いた情報がお役に立てば何よりです。

★ルートや地図について、詳しくは、以前書いたエントリー
「ヨーロッパ・ドライブ旅行 オランダからパリ、全ルート地図」 と、
「ヨーロッパ・ドライブ旅行 11日目5) フランス 「ルーアン」 から 「オンフルール」 「モン・サン・ミッシェル」 「Douains」 「ジヴェルニー」経由 「ヴェルサイユ」 「パリ」 へのルートマップ」。
★これまでのヨーロッパ旅行記については、「オランダ個人旅行」、「ベルギー個人旅行」、「フランス個人旅行」 の、 各アーカイブをご覧下さい。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

前置きが長くなりましたが、 「ヨーロッパ・ドライブ旅行 13日目3) モン・サン・ミッシェル その3」 の続き。

13日目(8/25(水))は、フランス 「モンサンミッシェル」 (Le Mont-Saint-Michel) から、 「モネの庭」 のある ジヴェルニー (Giverny) からほど近くにある ヴァーノン ("Vernon") 近郊の "Douains" へ (約282km 計算上は約2時間40分)。

ミシュランでみつけた 「Château de Brécourt」 という、 フランスの古城ホテル&レストランへGO!

こちらのホテルへの予約は、当日の午後3時すぎに、携帯電話で。
そちらのレストランの予約もオススメされたので、 レストランも同時に予約。

モン・サン・ミッシェルから ヴェルサイユまではやや遠く、到着が遅くなりそうなので、急遽 予定変更。 ヨーロッパ・ドライブ旅行では、 あまり先々まで宿泊先を予約せず、 行き当たりばったりの方が、 体力的にも精神的にもラクだと思いました。

宿泊先は、ミシュランの本が大変参考になりました。 PCがあれば、情報面でも、予算面(インターネット・レート)でも万全だったかもしれません。 しかしながら、パソコンやインターネットの情報に振り回されずに、 休暇や冒険気分を満喫できて、かえって良かったと思います。

* モン・サン・ミッシェル (Le Mont-Saint-Michel) から、 ヴァーノン (Vernon) の近くにある Douains (Château de Brécourt) まで、 約282km 計算上は約2時間40分。
Googleマップのルート検索による、詳細なルートマップはこちら
画像クリックで拡大します。
Douains

Photo

途中 15:00頃、 ガソリンスタンドへ。
ここで、Douains にある シャトーホテル&レストラン "Château de Brécourt" を ミシュラン・ガイドで探し、携帯電話で予約を入れました。

ホテルに電話したところ、 たまたま英語があまり得意でない方が出てしまい、 ナビに入力するため、 ホテルのある道の名前を聞いたけれども、 アルファベットを英語で言うのもダメみたい・・。 フランス人って、 ホントに英語ができない人が多いことを実感。

ちなみに、 ホテルに着いたら、受付にはちゃんと英語ができる方がいて、 先ほどの予約の際の不手際を謝っておられました。

*ここも当然セルフサービスで、 20.67L 30.59euro。日本円で 4,943円 (カード換算日8/27付 レート 1euro=161.60円)。
010_dsc09666

*緑がいっぱい、ピクニックができるような芝生があった、ガソリンスタンド&売店 「Total Excellium」。
011_dsc09667

*快調に高速道路を走っています。
017_dsc09675_2

オランダ、ベルギーの高速道路が 無料だったのに対して、 フランスでは、モンサンミッシェルからヴァーノンまで、ちょこまか高速料金を徴収されました。
3.00euro (日本円で 477円)+4.50euro (日本円で 716円)+3.00euro (日本円で 477円) =合計10.50euro (日本円で 1,670円)。 (カード換算日8/29付 レート 1euro=約159.29円)

*そろそろ目的地近く。 ここでもナビ様が活躍してくれました。
018_dsc09676

*高速道路をおりると、 森と緑が広がっていました。
019_dsc09677

*シャトーホテルへの標識や看板などは見当たらず、うっかり目的地を通り過ぎてしまいました。
でも、このフランスの田舎道って、なかなかステキ♪ スムーズに行きすぎちゃったら、見られなかった景色でした。
020_da_dsc09678

何の標識もなく、ナビには、ミシュランに書いてあった大体の住所を入力しておいただけだったので、 たまたま農家の庭先に立っていらしたフランス人の 「おじいさん」に、 フランス語で道を尋ねることにしました。
ちなみに、ホテルの予約は夫の担当。 道を尋ねるのは、主に私の担当でした。

フランス語には、あんまり自信がないのですが、おじいさんの指差しジェスチャーで バッチリ了解(汗)。
運よく、このおじいさんが外に立っていてくれ、道を教えてもらえて、本当に助かりました!

*おじいさんの指差す方向に引き返して、 この先がホテル。
021_dsc09679

*シャトーホテル&レストラン "Château de Brécourt" に到着!!!
17世紀に建てられた、 回りをお掘に囲まれ、緑の芝生の美しい、26室のシャトーホテル。 ここにして良かったと非常に感激しました。

022_dsc09680

この直前、 私たちは、このホテルの手前にある個人宅の敷地を、 ホテルの入口と勘違い。 そちらの奥様、ご主人様から、「一体何事~!?」 といった顔をされてしまいました。
シャトーと個人宅とを間違えるなんて、外観だって全然ちがうし、あ~、なんて恥ずかしい・・。

"Château de Brécourt"の公式サイトに出ていた、航空写真。
すぐ手前のお宅の方々、おっちょこちょいな日本人がお騒がせしてすみません(陳謝)。
Photo_2

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

★フランス語で道を尋ねる場合を、ざっと 「おさらい」。

Excusez-moi, monsieur(madame) = Excuse me,
(エクスキュゼ モワ、ムッシュー (マダム))
すみませんが、

Où est Le Château de Brécourt, s'il vous plaît ? =Where is the "Château de Brécourt" ?
(ウ エ ル シャトー ド ブレコート, スィルヴプレ?)
Château de Brécourt はどちらでしょうか? 

Merci, monsieur (madame).
(メルシィ ムッシュー (マダム))
ありがとうございます。

・・と、これだけは覚えておいて助かりました(笑)。
フランスで道に迷ったら、相手もジェスチャーで教えて下さいましたし、地図を用意すればなんとかなりました。

---------------------------------
以下、ご参考まで。

C'est tout droit. = It is straight ahead.
(セ トゥ ドゥロワ)
まっすぐ 行ったところです

C'est sur la droite(gauche). = It is on the right.
(セ スュール ラ ドゥロワットゥ(ゴーシュ))
右(左)手にあります

Continuer tout droit,
(コンティニュエ トゥ ドゥロワ)
まっすぐ行って、

Et ensuite = And then,
(エ アンスィトゥ)
それから、

Prenez la première(deuxième)rue à droite(gauche). = Take the first street on the right (left).
(プルネ ラ プルミエ リュ ア ドゥロワットゥ(ゴーシュ))
最初(2番目)の通りを 右(左)に曲がって下さい。

Tourner à droite(gauche)sur N15. = To turn on the right on N15.
(トゥルネ ア ドゥロワットゥ(ゴーシュ)スュール N15)
N15通りを 右(左)に曲がって

Continuer sur N15. = To continue on N15.
(コンティニュエ スュール N15)
N15通りを そのまま
-----------------------------------

続きます。

|

« ヨガ 新サードクラス@インド大使館、 今年の目標&情熱 | トップページ | 今年こそ書を始める »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヨガ 新サードクラス@インド大使館、 今年の目標&情熱 | トップページ | 今年こそ書を始める »