« 赤坂 「しろたえ」 の レアチーズケーキ | トップページ | 自宅でお祝いワイン&チーズ  »

「宮廷のみやび 近衛家1000年の名宝」 展 @東京国立博物館

1/31(木)は、上野の東京国立博物館・平成館で開催されている 「宮廷のみやび 近衛家1000年の名宝」 展へ。
2008年1月2日(水)~2月24日(日) 9:30~17:00 (入館は閉館30分前迄)
NHKプロモ-ション の 展覧会サイト (割引クーポンあり)

0001_080131_005

この展覧会は、 「陽明文庫」 創立70周年記念特別展で、 陽明文庫 20万点にもおよぶ所蔵品の全貌を俯瞰するはじめての展覧会。 皇室に献上、現在、宮内庁三の丸尚蔵館に収蔵されているもの等も含めて、近衛家の名品の数々が一堂に展示されていました。

「近衛家」 は、大化改新で有名な藤原鎌足以来、 平安時代の貴族、藤原道長など連綿と続いてきた藤原氏の嫡流。 宮廷貴族の豊かな文化、美意識に裏打ちされた名品の数々に圧倒されました。
以下、私の印象に最も残ったものをあげていきます。
展示品リスト・・東京国立博物館サイト

*「源氏物語和歌色紙貼交屏風」 近衞信尹筆 6曲1双、安土桃山~江戸時代・16~17世紀

0002_080131_014

・・絵も文字も、とても美しい。

藤原道長 自筆の日記である 「御堂関白記」 (国宝) 平安時代 1007年

0003_080131_015

・・さらさらと書かれた書が残っているところも凄いことだし、 筆だと息遣いまで伝わってくるようで、見ていて本当に面白かったです。

*重美 「宇治拾遺物語絵巻」 巻第一・巻第二、 詞書:近衞家熙筆
絵:狩野尚信筆(巻第一)/狩野探幽筆(巻第二) 2巻(5巻の内) 江戸時代・17世紀

0007_080131_013

・・何枚もの唐紙の料紙の色目や、文様も限りなく美しい。。

*「粘葉本和漢朗詠集」 伝 藤原行成筆 2帖 平安時代・11世紀 (宮内庁三の丸尚蔵館蔵)

0004_080131_018

・・この流麗な書を目指したいと、強く激しく思いました。 実際の筆致を見ることができるのは、 このうえない喜びでした。

*「小野道風像」 伝頼寿筆 1幅 鎌倉時代・13世紀 と彼の達筆な字をあわせて見るのも、非常に面白かったです。

0005_080131_017

*「四季花鳥図屏風」 酒井抱一 筆   6曲1双 江戸時代・文化13年(1816)

0006_080131_016

・・これがうちにあったなら・・と、想像しただけでも、豊かな気持ちになれました。
みやびな王朝の世界って、いいなぁ・・・。 当時は、 今とは比べ物にならないほどの、格差社会だったことでしょう。。

ほかにも、 本当に名筆、名品ぞろい。
国宝 「大手鑑」 の書のコレクションも凄かったし、 近衞家熙の美意識が伺える表具の仕立ても、 趣味がすごく良く、 まさしく ため息ものでした。

美意識を磨くには、 本物のいいものを、 たくさん実際に見るのが、 大切なことなのだわと改めて思いました。

この展覧会、 閉館5時とは、 終了時間が早すぎなのでは。
いっぱい見るのものがありすぎて、最後はせかされぎみとなりました。

あと、気になるものといえば、 展覧会や作品に関係ないことを 延々オシャベリしながら見ているオバサン逹。 気が散るので、 私はすぐ離れることにしてますが・・。

あと迷惑なのが、 いちいちガラスに指をついて見てる人。 お連れのオバサンと一緒に 「コレコレ」 なんて、 作品ごとにトントン、 ガラスケースの上から指をついて見ていたオバサン。すぐ隣にいた私は さすがに耐えかね、 ご注意申し上げました。

展覧会や美術館は、 一人で鑑賞するのが、 気兼ねも要らず、一番だと思うんですけど・・。
今回も、 音声ガイドの解説を聞きながら、 じっくり鑑賞することができて良かったです。

|

« 赤坂 「しろたえ」 の レアチーズケーキ | トップページ | 自宅でお祝いワイン&チーズ  »

コメント

またいいのやってますねー、国立博物館。
前回の東京旅行の際はエライ目に遭いましたが(笑)
酒井抱一 も大好きなんですよー!
ホント大富豪だったらこういう物に囲まれたいですわ。
私はロココよりやっぱり雅が好き〜♪

投稿: なかちー | 2008.02.04 12:28

この展覧会は、平日午後でしたが、混んでいなくてゆっくり見学できました。入場制限までやっちゃう展覧会は、それだけいいものもあるけど、疲れますね。
酒井抱一はねー、そりゃー美しかったです。金地だけど、自然の描写が繊細で、完成された美ですね。
美しい庭が見える数奇屋造りの注文住宅で、こんな屏風を眺めたりとか、お茶を嗜んだりとか、書をしたためてみたりとか・・、わたしもこんな生活に憧れます。

投稿: きのこ | 2008.02.04 23:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 赤坂 「しろたえ」 の レアチーズケーキ | トップページ | 自宅でお祝いワイン&チーズ  »