« 着付け教室 4回目 名古屋帯(お太鼓柄)・着崩れ直し | トップページ | 江戸指物 「池之端 京屋」 姿見 »

ひなまつり@千石 栄泉堂岡埜の桜餅、単衣用の帯

この日は千石の実家へ、 「栄泉堂岡埜」 (文京区本駒込6-2-1 03 (3946) 0141) の桜餅、 道明寺 (どうみょうじ) をお土産に。

001_080303_002

002_080303_001

こちらのサイトによると、 桜餅は 江戸のお菓子で、 もともと向島長命寺の桜餅がその元祖。 道明寺は、 関西系の桜餅なんですね。

お店にいらしていたお客さんが、 「雛あられはもうないのですか? 去年とても美味しかったものだから」 と尋ねていて、 「うちのは手作りで、 3月のはじめには売り切れてしまいまして・・」 とのお答え。

ここの和菓子はとても美味しいので、手作りの雛あられはかなり期待できそう。
来年は、 早めに買い求めておきたいと思いました。

★お店が紹介されているサイト http://www.wagashi.or.jp/tokyo/shop/1020.htm

*いただきものだという、 日本橋 「長門」 の、 本わらび餅のもちっとした食感、 上品な甘さの 「久寿もち」 を頂いてきました。 嬉しい~~~♪♪ (以前、この 「久寿もち」 のことを書いたエントリーは、 こちらをどうぞ
003_080303_003

--------------------------------------------

この日も、着物のことをいろいろ教わったりとか、 洗い張り済みの薄いブルーの無地 (菊の大きめで美しい地紋あり)の着物の生地を、 私用に仕立て直すかどうかを検討してました。

*私の母から譲り受けた単衣用の帯。
白い帯は合わせやすそう。 私が譲り受けた、「銀座ママ」 な黒地の着物 (笑) にもいいかも~、 なんて話していました。
黒い帯は、金糸銀糸の入ったちょっとゴージャス系。 いずれは、それに合う単衣の着物が作れるとよいなぁ。。

05

06

|

« 着付け教室 4回目 名古屋帯(お太鼓柄)・着崩れ直し | トップページ | 江戸指物 「池之端 京屋」 姿見 »

コメント

栄泉堂岡野を検索していました。初めてメールいたします。お着物(帯)のご紹介を拝見してひとえの季節は短いのに、素敵な帯ですね?着物を着る機会が少ない時代ですが?頼もしいなと思いました。私も京都に暮らして25年、東京に戻って6年ですが、東京に戻ってからの方が、着物を着ることが多くなっております。最近茶道を始めたのも、着物を着たいの発想からです。恵比寿で、一ヶ月に一回のお稽古を京都の先生がやっています。如何ですか?

投稿: 星野秀代 | 2009.05.26 13:49

星野さん、はじめまして。

栄泉堂岡埜の和菓子といえば、この間食べた「かしわ
餅」も美味しかったな~、なんて思い出していました。
通年の粟大福も、粟の食感とよ~く晒した上品なあんがベストマッチで大好きなんですよ。

ところで、星野さんは京都に長く暮らしてらしたんですね。東京でも、着物を着て銀ブラ~とか、心浮き立ちますよねheart01
茶道は知り合いでやっている方がいらして、実は誘われているんです^^;
たしかに、茶道をやっていると、着る機会が増えますよね。

投稿: きのこ | 2009.05.26 22:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 着付け教室 4回目 名古屋帯(お太鼓柄)・着崩れ直し | トップページ | 江戸指物 「池之端 京屋」 姿見 »