« 着付け教室 7回目 袋帯の二重太鼓 (改良枕) | トップページ | 銀座「ぶどうの木」、「銀のぶどう」 桜もち 「江戸 大桜」 »

着付け教室 8回目 留袖、袋帯の二重太鼓(改良枕)2

着付け教室 7回目 袋帯の二重太鼓 (改良枕)」のつづき。
留袖の着付けと 袋帯の二重太鼓(改良枕)の第二回目。 黒留袖は着る機会がないだろうなぁ・・・。

*自分で自分のキモノを綺麗に着られるようにならないと、 レッスンに行っている意味がないので、 練習のために、 行き帰りは自分の着物を着て行っています。

染め抜きの一つ紋のついたサーモンピンクの無地の着物に、 扇面の刺繍のある帯。
この帯も重量感があり、改良枕を使う帯結びには不向きかもと思いました (詳しくは、7回目の感想)。
0001_0803268_002

この日は、梅の羽織で千石の実家へ。 滅多に着物を着る機会がないので、 勿体ないので両親に見せに行っていました。

|

« 着付け教室 7回目 袋帯の二重太鼓 (改良枕) | トップページ | 銀座「ぶどうの木」、「銀のぶどう」 桜もち 「江戸 大桜」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 着付け教室 7回目 袋帯の二重太鼓 (改良枕) | トップページ | 銀座「ぶどうの木」、「銀のぶどう」 桜もち 「江戸 大桜」 »