« ヨガでうつを克服するワークショップ(GET RID OF DEPRESSION THROUGH YOGA)に参加する その2 | トップページ | ヴェネツィア 「サンマルコ寺院」「アカデミア美術館」の予約 (追記あり) »

「クォーレ 心の学校」 エドモンド・デ・アミーチス著、神田道子訳

この 「クォーレ 心の学校」 は、 ヨガのレッスンでご一緒している方からお借りして、まだ読んでいる途中の本です。
しかしながら、ここに出てくる子供や大人たちの立派で真に尊敬に値する姿に、いたくいたく感動し、ご紹介せずにはいらせませんでした。
★この帯にあるように、 この本は、 まさに 「心の原点にかえる!」。思わず自らの心の有り様を、 降り返えらずにはいられない本でした。
080709

この本は、イタリアの作家 
エドモンド・デ・アミーチス
著。 イタリアの小学4年生が書いた日記の形式をとり、父親がそれに加筆する形で書かれた本。 イタリア統一から20年後、1881年の始業式から翌年の夏までのことが描かれています。

日本のアニメでも有名な、 あのマルコが出てくる 「母をたずねて三千里」の原作なども所収された、1886年に出版された、イタリア児童文学の名作です。

いじめ問題ひどい格差子供たちの心打たれるエピソード、 尊敬に値する先生、 毅然と対処する大人たちなど。

児童文学のジャンルとされていて、 まさに 「道徳」の授業にうってつけ。
そして、これを読んだら、さぞかし 「イタリアの愛国心」が養われるんだろうなぁ。

でも、大人になっても、 いや大人になって、子供の頃のむじゃきな頃をすっかり忘れた今になったからこそ、 私には、 とても心に響くものがありました。

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

私は今、2回目のイタリア旅行の準備の 真っ最中。
イタリアのルネッサンス時代の芸術や建築、イタリア語、はたまたイタリアの食文化など、ついつい時間を忘れてしまうほど、本やウェブなど夢中の、今日この頃。
ちょうどこのタイミングで、この素晴らしい本にめぐり会うことができ、 さらにイタリアのことを、 もっと深く知るきっかけとなりました。

前回ローマに行って、 ヴェネチア広場にバーンと巨大に建てられていてオオッと思い、 その入口階段の所でジュースを飲んでいた外国人の女の子が、警備の警官にすごく怒られてたという (飲食禁止の場所なんだと思われる)、ヴィットーリオ・エマヌエレ2世の記念堂でしたが、そのイタリア初代国王のヴィットーリオ・エマヌエレ2世の大葬記念日、イタリアの戦争、イタリアのために命をささげた人々のことなども書かれており、大変勉強になりました。

あまりに感動したので、さっそく本を注文しました。
旅行後に、またゆっくり読もうと思います。

★文源庫webサイト クォーレ 心の学校」http://www.bungenko.jp/book/cuore.shtml
http://www.bk1.jp/product/02739880
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4903347052.html

|

« ヨガでうつを克服するワークショップ(GET RID OF DEPRESSION THROUGH YOGA)に参加する その2 | トップページ | ヴェネツィア 「サンマルコ寺院」「アカデミア美術館」の予約 (追記あり) »

コメント

こんにちは!お元気そうですね(^o^)/
「クオレ・愛の学校」、実家にあり、子供の頃何度も読みました!懐かしいです。ほんとに礼儀正しい子供、尊敬できる大人。。子供の頃は本に出てくるような道徳観念を普通にもっていて、真剣に考えていたような気がします。。どのお話も素晴らしいですが、難破船のお話が子供心に強烈に心に響きました。。懐かしい本がでてきて嬉しかったです(*^o^*) そういえばこの本大好きで東京にまで持ってきていました☆(兄弟5人読んでボロボロですが。。)
イタリア旅行、楽しみですね!旅行を企画すると、いろんなことに興味が沸いてよいですね~♪

投稿: ゆきゆき | 2008.07.09 22:52

cherryゆきゆきさん、こんにちわ!お久しぶりです。

ゆきゆきさんは、子供の頃から何度も読んでいらしたんですねheart私も小学校くらいのころに、題名だけは見たことがあったような気がするのですが「クオーレ」ってなんのこっちゃ?と思って、読まずに今まできてしまいました。今思えば、とても勿体なかったなぁ。

>難破船のお話が子供心に強烈に心に響きました
私も読んでみました。一番最後のエピソードですね。
思わず映画のタイタニックを連想しちゃいましたがsweat02

私は、ガロッフィの雪玉のエピソードがかなり強烈でした。
雪玉を投げたガロッフィと、たまたまその雪玉が当たって大怪我をしたお爺さん、それを責め立てる大人たちと、勇気あるガロッフィ、そして校長先生。あぁ~、自分にはとてもできない行動かも。感動で胸が熱くなりました。

ゆきゆきさんは、どちらかご旅行など計画されていらっしゃるのでしょうか?
落ち着いたら、またランチなどご一緒してくださいねloveletterします~。

投稿: きのこ | 2008.07.10 19:10

雪玉のお話ってどんなのだったかなと、少し本をめくってみたら、、漢字に振り仮名を打っていました。。元々印字で振り仮名はたくさん振られているのでが、自分の字で「べんきょう」とか「2ど」とか。。かなり小さい時に読んでいたんだなとびっくりしました。雪玉のお話もガルローネや校長先生が素晴らしいですね~。他にもお父さんの筆耕を手伝うお話も好きだったような。「難破船」は、子供心に景色が浮かんできてすごく怖くて、自分にはこんなことが出来るだろうか、、、とず~っしんと感じたお話でした。。また読み返してみようかな♪ 子供の頃の本て、たくさんいいお話がありました。本が好きで好きでたまりませんでした。今はそこまで心に響く本に出会うのは難しいです。。。
また遊んでくださいね~♪

投稿: ゆきゆき | 2008.07.11 08:57

あの筆耕の話も、あの健気さに感動するよねー。
これほど「道徳」を実践する話として、心に響く本はないかも。

私も子供の頃から本が大好きでした。もっとも自分が子供の頃読んで、今でも心に残っている本といえば、なんといっても中川李枝子作の「いやいやえん」で、「クオーレ」とはまったく違う世界観だけど(笑)。

子供の頃の本って、「子供の精神形成に良いだろう」という大人の目の検閲を経ているから、必然的に「いいお話」が多いんだろうなぁ。
こういう子供向けの本を大人になってから読むと、自らを戒めるとともに、心が洗われる気分になれるのがいいのかもね。

投稿: きのこ | 2008.07.12 01:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヨガでうつを克服するワークショップ(GET RID OF DEPRESSION THROUGH YOGA)に参加する その2 | トップページ | ヴェネツィア 「サンマルコ寺院」「アカデミア美術館」の予約 (追記あり) »