« 第21回東京湾大華火祭 入場整理券(晴海主会場)申込み | トップページ | ヨガでうつを克服するワークショップ(GET RID OF DEPRESSION THROUGH YOGA)に参加する その2 »

英語でヨガのワークショップの感想を書く

「ヨガでうつを克服する」 シュクラ先生のヨガのワークショップも、あと1回を残すのみとなりました。
シュクラ先生には当然ながら、 今回、ボランティアでワークショップの運営をして下さっている方々にも、 感謝の気持ちで一杯です。

その中のお一人、カメラマン・ライターの石井真弓さんも、ご自身のブログ 「石井真弓のブログ◎Apertures」 で、 今回のヨガのワークショップのことを書いておられます。
その中の 「ワークショップは最終日」 のエントリーで、「今日は最後にフィードバック(感想)用紙を書いていただくので、筆記用具をお持ちください。」とお知らせが書いてありました。

今回の講演会の後でもフィードバックを書いたのですが、 私は英語が上手ではないので、 さしたる用意をしていなかった私のフィードバック用紙は訂正線だらけ。。
自宅に戻ってからも、 「もしかして、単語が間違っていたりして・・・」 と気弱になって、辞書で確かめたりしていました。

今回のワークショップは、 とても心に残る素晴らしいものだったので、 自分の言いたいことを、自分の言葉で、 英文で直接先生にお伝えしたい! ここは英文を準備しておかなくては!!
・・・というわけで、 翻訳サイト http://translate.livedoor.com/ のお世話になりながら、 辞書を引きつつ、 これまでのワークショップの感想を英文で準備しておきました。
日本語で書いた感想であっても、 どなたかが訳して下さるとは思うのですが、できれば英文で直接お伝えしたいと思ったのでした。

これまでも、 ファーストクラス、セカンドクラスが終了した際、 先生からフィードバックを書いておくよう言われたので、 英文で感想を書いていました。
このときは、時間があったので、私が英文で書いてから、 英語ができる夫の添削を受けて、提出していたのでした(汗)。

去年の4月から、NHKの語学講座で、 ウィークデーはほとんど毎日勉強しているのですが、 実際使うとなると難しい。
これまでの通常のヨガクラスでは、 ファーストクラスの最初の頃は、生徒さんの一人がボランティアで逐一通訳して下さっていて、 とても助かっておりました。
でも、その方が事情があって途中でお辞めになってしまい、 ファーストクラスの途中からセカンドクラスまで、 ちょこっと通訳して下さる方はいらしたんですが、 今回のワークショップのように、 逐一通訳して下さる方はいらっしゃいませんでした。
先生のお話を聞いている途中で、 「この単語の意味って何だろう?」 と躓いてしまうことも、しばしあり。。
現在のサードクラス、そして、 今回のワークショップで通訳をして下さる方には、めちゃめちゃ感謝しています。

もちろんヨガを習うことがメインなのですが、 もっと英語でコミュニケーションをとれるよう、これからもプラクティス!プラクティス!! がんばっていこうと思います。 もちろん ヨガも sign03

|

« 第21回東京湾大華火祭 入場整理券(晴海主会場)申込み | トップページ | ヨガでうつを克服するワークショップ(GET RID OF DEPRESSION THROUGH YOGA)に参加する その2 »

コメント

おつかれさまでしたー!
フィードバック&筆記用具のことを紹介してくれてありがとうございました。おかげで、前もって文章を考えられた&ペン持参した方がきっと多かったのではと思います。
ワークショップでは、通訳がお上手だったから先生の言うこともよく伝わったようで、ほんとに良かったですね。いつものヨガクラスとまた違って濃い内容でしたね!

投稿: mayumiish | 2008.07.02 07:55

mayumiさん、今回の講演会&ワークショップでは、ボランティアでポスターの写真撮影、準備、運営、お疲れさまでした。大変お世話になりまして、どうもありがとうございます。とても感謝しております!

昨日、mayumiさんがブログでフィードバックの件を告知して下さったお陰で、前もって英文で準備できたので、とても助かりました。こんなに私が助かったのだから、私のブログでも広くお知らせできればと、勝手ながら、mayumiさんのブログのページをリンクさせて頂きました。

ところで、ワーショップでのUさんの通訳はとてもお上手でしたよね。
「今、先生がおっしゃた言葉の意味って何だろう?」なんて、ちょっとひっかかってしまうと、リラックス状態がそこで一時中断してしまいがちです。
横たわるポーズや瞑想の際、シュクラ先生がとても心地よいトーンでお話されるのと同じようなトーンで、上手に日本語で上手に訳されていて、そのお陰で、深いリラックス状態に入ることができました。

mayumiさんがおっしゃるように、本当に濃い内容でしたし、今回のプログラムは深~くリラックスできましたね!

投稿: きのこ | 2008.07.02 12:46

それから、「これからシュクラ先生のために、日本語で書かれたフィードバックを100名以上分、訳さなければ・・」というようなこと、が、食事の際にちらっと耳に入りました。
ボランティアでやっていただいているのに、ここまでご苦労されているとは、頭が下がる思いでした。

私のヘタな英語でも、英語で書くことによって、通訳をして下さっている方のご負担を少しでも減らすことができ、良かったと思います。

投稿: きのこ | 2008.07.02 12:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第21回東京湾大華火祭 入場整理券(晴海主会場)申込み | トップページ | ヨガでうつを克服するワークショップ(GET RID OF DEPRESSION THROUGH YOGA)に参加する その2 »