« 映画 「イントゥ・ザ・ワイルド」(Into The Wild)を観る | トップページ | 栃木へ輪行ポタリング#1ルートマップ 鬼怒川、野元川サイクリングロード、mikumari 到着 »

輪行バックの使い方を練習する

自転車を輪行バックに入れて、栃木までサイクリング (ポタリング) に行くことにしたので、9月某日、御徒町にある ODBOX ANNEX店東京都台東区上野6-2-6 TEL 03-3836-1055)に輪行バックを買いに行きました。

私の自転車は、クロスバイクで、スペシャライズド社のシラスA1(SPECIALIZED SIRRUS A1 2006)
面倒くさがりやな私は、クロスバイクの種類を言って、ハンドルバーとペダルをつけたままで持ち運べるものをと、お店の方に選んでもらいました。

選んでもらったのは、オーストリッチの輪行バック 「E-10 輪行袋」、別売りの「エンド金具」、フリーカバー(MTB用)。

1、まず、エンド金具をあらかじめ組み立てておきます。
組み立て方は、オーストリッチの会社の人に直接電話をして質問しました。 コーン型のバネは、外側。 シラスの場合は、マウンテンバイク用のスペーサーは不要でした。
001_080917_003

2、次に、前後のタイヤをはずします。
★タイヤのはずし方は、詳しくは、私が以前書いたエントリー記事、「自転車のメンテナンス教室に行く その2 タイヤのはずし方」をご覧下さい。

★前輪、後輪とも変速機をトップに入れておきます。
前輪はチェーンを一番大きな歯車。後輪はチェーンを一番小さい歯車に。
002_080922_010

前もって、変速機を大きな数字にしておいて(ただし、たとえば後輪は2~3つづつ大きくしていって、いっぺんには変えない)、前輪は地面に置いたままで一方の手でサドルを持ち上げ、別の手で前方向にペダルを回します。
003_080922_011_3

★前後のブレーキワイアーをはずし、
004_080922_014

★まず前輪のタイヤをはずします。クイックリリースレバーを起こし、クイックリリースレバーを持ちながら、反対側にあるナットをゆるめます。
005_080922_016

前輪をはずしただけでも、ちょっと軽くなるので、私はこの時点で自転車を上下さかさまにしておきます。
そして、前輪と同様に、後輪のタイヤをはずします。

3、後輪が入っていたところに、エンド金具を装着。きっちり締めることができました。
006_080922_021

4、袋に入れるために、このように縦にします。
007_080922_022

5、付属のベルトでタイヤをまとめます。
★私はまだ練習が足りないせいか、うまく車輪をまとめることが苦手です。要は、何度も練習あるのみかも。
008_080922_027

★最後にショルダーベルトの一方をペダルのところに縛りつけて、バックの小窓から出し、もう一方をヘッドチューブに縛りつけます。
009_080922_037

★完成!
010_080922_040

★かなり大きいので、ショルダーベルトは極力短めにしたほうがいいと思いました。
012_080922_041

三回連続して練習して、やっと10分程度でできるようになりました。
私は輪行前夜に汗だくになって練習して、なんだかそれだけで疲れてしまいました。 。
ぶっつけ本番ではなく、事前に練習が必要だと思いました。

これで、栃木まで輪行に入ってきました! 栃木ポタのことは後ほど書きますね。
栃木へ輪行ポタリング#1ルートマップ 鬼怒川、野元川サイクリングロード、mikumari 到着

|

« 映画 「イントゥ・ザ・ワイルド」(Into The Wild)を観る | トップページ | 栃木へ輪行ポタリング#1ルートマップ 鬼怒川、野元川サイクリングロード、mikumari 到着 »

コメント

輪行の練習は必要ですよね^^
私は、年に1~2回しか輪行しないので、事前練習は欠かせません。
しかも、折り畳みチャリなのに、輪行袋に入れるのに20分近くかかりますが。

投稿: いま | 2008.10.03 01:01

いまさんが自転車で旅行している日記を読んで、私も無性に自転車を持ってどこか旅行に行きたくなってました。
やっぱり、あらかじめ輪行の練習はしておいたほうがいいですよね。

私はメンテナンススタンドなしで、前輪、後輪とも変速機をトップに入れておくってところで、早くも躓いてしまっていました。習ったことはあったけど、長く時間が経ちすぎると忘れちゃうんですよね。ポタ前日に、自転車を買ったお店の人に聞きに行ってしまいました(--;
後輪にあるブレーキワイアーがきつくて、なかなかはずれず汗汗だったり・・・。

わが家の折り畳みチャリのダホンは、いつも輪行袋に入れて自宅の廊下に保管しているので、パパッと入れることは入れられるのですが、うちのダホンは重くて重くて・・・。シラスと比べて重さがすごく違うわけじゃないと思うんだけど。
軽くて速度もそこそこ出せる折り畳みチャリがあればいいなーと夢みるこのごろです。

投稿: きのこ | 2008.10.03 01:30

今度、輪行の仕方、教えてください^^
やっぱり、コツがいるんでしょうね・・・

実は、輪行未経験なんです--;;

投稿: ヨシ | 2008.10.03 05:16

私は一回やったばかりで、まだまだ人に教えられるほどでは(汗)。ブログは忘れないための備忘録ですし。

私はまだまだだけど、ちょっとしたコツってあるんだろうなーと思います。
フレームと車輪重ねるときに、二つの車輪がハの字になるように置いて、置いた車輪の上のほうで、中締めベルトをフレームに一回巻きつけてから、二つの車輪を縛ると安定するって解説のリーフレットに書いてあるんですが、縛る場所が悪かったのか、栃木への輪行の往路でぐずぐずになっちゃてました。
不器用な私は、あと何度か試行錯誤しなきゃだめそうですcoldsweats01

イギリス中、ヨーロッパ中を輪行でいろいろ旅したら、行動範囲がすごく広がってとっても楽しそうですね。
ヨーロッパだと、そのまま自転車を持ち込める電車もあるけれど、輪行だったら、気が向いたときにパッと自転車を持って行かれて便利だと思うしflair
ヨシさんだったら、全部自走で行かれてもいいかも~とも思うけど(笑)。

投稿: きのこ | 2008.10.03 12:15

大変参考になりました!ありがとうございます^^

私のブログで輪行について記事を書きまして、
参考にさせていただいたこちらのサイト様を紹介させていただきました。不適切である場合には削除いたしますのでご一報ください。

投稿: きーぼう | 2012.05.08 23:26

flagきーぼうさま
ブログで紹介して下さって、こちらこそありがとうございます。お役に立ててなによりです。
エンド金具の組み立て方は、教えてもらわなければわからず、写真に残しておいて良かったと思いました。教えて下さった方に本当に感謝しています。
私も最初はかなり時間がかかりましたが、練習あるのみですね。

投稿: きのこ | 2012.05.09 00:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 映画 「イントゥ・ザ・ワイルド」(Into The Wild)を観る | トップページ | 栃木へ輪行ポタリング#1ルートマップ 鬼怒川、野元川サイクリングロード、mikumari 到着 »