« 宮崎県延岡に帰省する#2延岡 和食 「匠」 (10/11) | トップページ | 宮崎県延岡に帰省する#4旭ヶ丘駅、リニアモーターカー実験線 »

宮崎県延岡に帰省する#3延岡の浜辺、バッタ、自転車

延岡に帰省する#2延岡 和食 「匠」(10/11)」 の続きです。 翌日の朝は、家から歩いて10分ほどの海岸へ。 お父さんとお母さんの自転車を借り、夫と散歩に行きました。

★人も少なく広々とした海辺に来ると、気分も清々。 癒されます。
空気までも、のんびり。 穏やかな日向灘の青い海が、はるか遠くまで広がっています。 ※写真は画像クリックで拡大します。
002_081010_to_12_089

★堤防から陸を眺める。
山々も、なんとなく南国といった雰囲気ですね。 防潮林で町が守られています。※写真は画像クリックで拡大します。
003_081010_to_12_070

★思わず、うひゃぁ、、と思った、「青ムシ」 のパック。 想像したら、かなりおぞましかったりして。。 この堤防には、釣りをしている人が数人。 たぶん風に飛ばされてしまったものでしょう。
007_081010_to_12_066

★砂浜と小さな蟹に、なごみ~~~note
005_081010_to_12_053

006_081010_to_12_061

★この砂浜では犬を散歩させている人が時折いるくらい。
あまりに人がいないので、草が生い茂っているところでゴルフの練習をする人もいたりして・・。
ここからちょっと離れたところでは、サーフィンをしている人たちもいましたが、ここは本当に人が少なく、ほっとできます。 私も夫も、 人がむやみにたくさんいるところは苦手です。。 写真は画像クリックで拡大します。
008_081010_to_12_082

★砂浜のすぐそば。 緑の草がかなり茂っています。
009_081010_to_12_093

★夫はなぜ下を向きながら歩いているかというと、バッタを探していたのでした。
東京にはバッタが居ないとよく嘆いているバッタ大好きな夫は、 何匹ものバッタに出会えて嬉しそうでした。 草の色と一緒なので、 目を凝らして見ないとわかりにくいですね。
010_081010_to_12_042

★海岸のすぐそばの遊歩道。 左は旭化成の工場。 右は防潮林になっています。
ソテツが宮崎っぽいですね。
0111_081010_to_12_101

★単線の日豊本線沿いの道を、のんびり走って帰りました。 空気までのんびりしているので、 ここでは、全く早く走る気になりません (^^)。
012_081010_to_12_103

延岡に帰省する#4旭ヶ丘駅、リニアモーターカー実験線」に続きます。

|

« 宮崎県延岡に帰省する#2延岡 和食 「匠」 (10/11) | トップページ | 宮崎県延岡に帰省する#4旭ヶ丘駅、リニアモーターカー実験線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 宮崎県延岡に帰省する#2延岡 和食 「匠」 (10/11) | トップページ | 宮崎県延岡に帰省する#4旭ヶ丘駅、リニアモーターカー実験線 »