« ヨガ 頭立ちのポーズをする | トップページ | GENESISそして、演歌な年末 »

人形町 「太田鮨」 に行く その4 Oota-zushi, Sushi restaurant in Tokyo's Nihombashi Ningyo-cho. Highly recommend !

11月某日夜は、夫と、人形町でお寿司といえばの 「太田鮨」へ。

人形町の喜寿司さんも大好きですが、 よりリーズナブルに、飛び切り美味しいお寿司を、寛いだ、居心地抜群の雰囲気で食べたいときには、太田鮨さんがオススメです。
001_081120_036

人形町での創業は昭和30年頃。 「太田鮨」の横の路地は、「芳町」の 芸者新道 (小菊通り)。「よし梅」、 「きく家」 など 粋な風情あるお料理屋さんが並んでいます。

ちなみに、太田鮨さんの一階木枠の窓は、「きく家」さんと同じ大工さんに直してもらったのだそう。
店構えも、お店の中も、古くからの下町人形町を感じさせてくれるところが、またいいですね。

※念のためですが、 ご迷惑にならないように、 お店の中で撮影する場合には、 いかなる場合も ノーフラッシュで。 シャッター音などの操作音は鳴らさない設定にして、ササッと撮影しています。
.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

お好みもモチロンありで、 「にぎりのおまかせ」(¥4,500)もありますが、 この日は、「つまみとにぎりのおまかせ」(¥7,500)。
太田さんとは、「太田会」でも、 ピアニストの斎藤雅広さんとともに、お食事をご一緒させていただく間柄なので、 こちらからは何も言わなくても、 次々いいネタが出てくる気安さがあるのもいいところ。

人形町の「天ぷら中山」さんもだけれど、夜、何度も通って常連さんになってこそ、さらにその良さがわかってくるお店だと思います。

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

お刺身とお寿司は、きれいな黒塗りの漆のカウンターに置かれていきます。
まずはビールで乾杯!
003_081120_003

中とろは、一切れ食べちゃった後。 生のプリプリ海老、いか、こはだ。 みんな美味しくて幸せ~ heart04
004_081120_005

「玉乃光」(京都)を冷やで。 香ばしいエビの頭。
005_081120_006

日本酒がすすみますnote
006_081120_007

このカマ焼き、表面は香ばしく、中はふっくら。 脂も乗ってて、 塩加減もよし。 とてもとても美味しかったhappy02
007_008

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

お寿司のご飯は少なめ。 言葉では尽くせない美味しさでした。
009_081120_011

ウニも最高deliciousheart01 
010_081120_017

コリコリした歯ざわりが楽しめた、上品な味わいの蒸しあわび。
011_081120_021

ジューシーで大きめのはまぐりに、ふっくら味わいのある穴子。私は、この昔ながらの江戸前、甘めのツメがあってると思うのですが、お客さんのリクエストで、甘くしないこともあるとか。
012_081120_023

白身の魚入りの味わい深いおすまし。
014_081120_028

太田さん自ら時間をかけて焼いているという、 ふんわり柔らかな分厚い玉子焼き。
015_081120_030

ごちそうさまでした!! かなり大きな湯のみです。
016_081120_031

キリッとしていて、格好いい、太田鮨の2代目 太田 太 (とおる)さん。
ブログ掲載許可をいただいたうえで、 撮影させていただきました。
002_081120_032_2

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

ところで、この日は、マサヒルトンさまこと、ピアニストの斎藤雅広さんが挨拶に来られて、びっくり仰天!
なんで、太田鮨さんにいるのが判ったの~!? と思ったら、太田さんの妹さんが、メールで報告されていたのでしたcoldsweats01 

ちなみに、 某グルメサイトの投稿で、「息子さんの奥様が」なんて書いてる人もいらっしゃいましたが、妹さんです。 ちなみにグルメサイトの投稿は私、基本的に信用していません(笑)。 どこのお店もそうですが、自分の舌で確かめてみるのが一番。 人それぞれ好き嫌いや嗜好が違っていますし。 先入観は禁物でしょう。

「太田会」では、太田さんからネタのお話などなどを聞いて勉強になり、斎藤先生からは豊富なグルメ情報、いつも楽しく美味しい会に参加させていただき、有り難いかぎりです。
来年もぜひ、この太田鮨さんの美味しいお寿司を味わうとともに、太田会でご一緒したいものですhappy01

★私が、以前書いたエントリー記事
人形町 「太田鮨」 に行く その3
人形町 「太田鮨」 に行く その2
人形町 「太田鮨」 に行く その1

★マサヒルトンさまこと、人形町在住のピアニストの斎藤雅広さんがブログ「まさひろ瓦版」でお書きになったエントリー記事の一部。
知っていればこそ。太田鮨はうまい! 
さすがうまい!いつもの「太田鮨」は最高です!
今日もまたまた太田鮨に行く 

★ランチは、kimcafeさんのブログ「kimcafeのB級グルメ旅」の、「太田鮨でおまかせ握り」 をご覧下さい。


■太田鮨

住所:中央区日本橋人形町1-5-2
TEL: 03-3666-6415

営業は月~金曜日。 土・日休業。

昼11時からのランチ 「にぎりおまかせ」(¥1,800)。
夜は5時から。夜は予約したほうがいいと思います。
Reserve a table in advance

Googleマップ 地図

|

« ヨガ 頭立ちのポーズをする | トップページ | GENESISそして、演歌な年末 »

コメント

教えて下さい。太田鮨休業中?何かご存知ですか?心配していますが、常連でもないのでご連絡ができません。お願いします。

投稿: うさこ | 2011.06.05 20:49

太田さんは足を骨折された、とご常連の斉藤先生からお聞きしました。早く治って復帰されるのをお祈りしています。

投稿: きのこ | 2011.06.06 11:16

ご返信ありがとうございました。

投稿: うさこ | 2011.06.09 21:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヨガ 頭立ちのポーズをする | トップページ | GENESISそして、演歌な年末 »