« 宮崎県日向 「美々津」(みみつ)へドライブ #2 | トップページ | 宮崎県日向 「美々津」(みみつ)へドライブ #4 »

宮崎県日向 「美々津」(みみつ)へドライブ #3

宮崎県日向 「美々津」(みみつ)へドライブ #2」の続きです。

美々津港のすぐ前、「日本海軍発祥の地」の碑の近くにあった、「国選定 日向市美々津 重要伝統的建造物保存地域」の説明表示にあった地図に加工してみました。
0001

この大きな 「日本海軍発祥の地の碑」は、もともと初代天皇である神武天皇 東征御船出した地として、昭和17年、国によって紀元二千六百年記念事業の一環として建立されたもの。その後、第二次世界大戦の終戦直後進駐米軍によって碑文が破壊されるも、昭和44年地元有志の強い要望により、防衛庁(海上自衛隊)などの協力を得て、復元されたそうです。
020_081230_090102_077

今ではいたってノンビリ平和な町ですが、日本海軍の発祥の地として、第二次大戦中にはここから軍船が出たりしていたのですね。
024_081230_090102_074

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

この碑のすぐ近くには、 「立磐神社」。
022_081230_090102_083

この本堂の裏手には、ものすごく巨大な石がありました。
028_081230_090102_091

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

次に、かつての豊後街道のあった上町通りへ。
025_081230_090102_098

雑貨&カフェ 民(みん)」 がありました。中には入りませんでしたが、ギャラリーにもなっているようです。(Googleマップ地図&情報)

この 「日向市美々津 重要伝統的建造物保存地域」 にある伝統的様式を残している家屋には、揃って、この同じ船のかざりのついた郵便箱が備え付けられていました。
027_081230_090102_110

この高札場の裏手にはトイレあり。
031_081230_090102_120

やっぱり大晦日じゃなくて、店があいている普通の日にまた行ってみたいです。。
029_081230_090102_116

美々津の重要伝統的建造物保存地域の道は、隔月片側駐車になっていました。 でも、観光するなら、一旦市営駐車場に停めて歩くほうがいいと思います。
030_081230_090102_138

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

鐘つき堂の見える正覚寺山門から、本堂左脇にある階段を上っていくと、
032_081230_090102_128

034_081230_090102_129

遠くに美々津灯台を臨む高台には、お墓がたくさんたっていました。このお墓は眺めがいいなぁ~。
035_081230_090102_130

そのまま先に進むと愛宕神社 (と、 このときは、わからなかった)。
036_081230_090102_131

地上に戻って来れたという感じ・・。 ここを下がって、すぐ右に行った先には、県指定名勝 「橋口氏庭園」があるのだけれど、 地図をよく見なかったせいで、この時には行きそびれ。。
037_081230_090102_135

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

・・・まだまだ彷徨う私たち。
中町通りに戻って、その道沿いにある 天保4年(1833年)の「矢野家」をやっと認識。
038_081230_090102_148

そのお隣。 白い障子がとてもきれい。
039_081230_090102_147

続きます。 「宮崎県日向 「美々津」(みみつ)へドライブ #4
しつこくてすみません。 いやというほど、 美々津を歩き尽くしました(笑)。

|

« 宮崎県日向 「美々津」(みみつ)へドライブ #2 | トップページ | 宮崎県日向 「美々津」(みみつ)へドライブ #4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 宮崎県日向 「美々津」(みみつ)へドライブ #2 | トップページ | 宮崎県日向 「美々津」(みみつ)へドライブ #4 »