« 維新號 甬江 (よんじゃん) @コレド日本橋 Ishingo Yonjyan, Chinese restaurant in Tokyo's Nihombashi (COREDO Nihombashi) | トップページ | 文字の力・書のチカラ -古典と現代の対話- @出光美術館 »

横須賀衣笠 「江南飯店」 スペシャル上海蟹コース Kounan Hanten, Special course meal of Shanghai crub in Kanagawa prefecture's Yokosuka Kinugasa

上海蟹シリーズ全三回のトリを飾るのは、横須賀衣笠の 「江南飯店」。

12/7(日)、美味しいものに目がない江南飯店の常連Tさん主催のオフ会。 かねてから、こちらの上海蟹の宴の評判、数々の絶賛の声を聞き及び、ぜひ行ってみなければと、東京駅からJR横須賀線で、衣笠駅まで約1時間20分。
 ずーっと座れないのは身に堪える、ヘタレな私の目の前に、恰も「こちらにどうぞ~」と停まったグリーン車。 多摩川を越え、わざわざ遠出してでも行く価値のあった、主催者Tさんに感謝、そして大感激の「江南飯店」。
001_081207_001

上海蟹の大きさ、味わいもさることながら、それ以外の絶品メニューの数々、All About Japan のガイドの平田さんが、「スイーツ大王のAndyさん」とおっしゃるのにも、大いに納得。 まさに至福のひとときでした。

季節限定 上海蟹コース、2008年は、12/15(月)まで。
以下は、常連さん主催のオフ会のための、スペシャル限定コース。 通常のコースではないので、お値段は非公開です。 お店への、料金などの個別のお問い合わせは、どうかご遠慮下さいませ。

干豆腐絲の和え物heart04
003_081207_004

車エビのマヨネーズサラダ。生野菜とフルーツ添え heart04heart04
004_081207_006

待望の上海蟹の姿蒸しshine 濃厚なカニミソがたまりません。
サイズは、今までご紹介した中では一番大きく、とて~も美味しいオスの蟹さんでしたheartheartheart
005_da_081207_010

たっぷりの上海蟹みそとフカヒレ、海鮮入りスープ notenote
006_081207_012

ライチ肉江南スタイルheartheart
「茘枝肉」 とは、Andyさんのブログのこちらのページによると、 「茘枝 (ライチ) の産地である福建省福州の代表的な名菜で、清の時代から伝わる伝統料理」だそうです。
007_081207_015

ライチのタネをくり抜いた中に、ひき肉や椎茸などを入れた、すごく手がかかったもの。
感涙モノの美味しさ。 できれば次回も、是非食べた~いsign03というメニューshine
008_081207_017

ホタテのトウチあんかけ。 これもとてもとても美味しかったnote
010_081207_021

上海蟹みそ入り小籠包happy01
011_081207_022

紹興酒 「女児紅」。 まろやかな味わい。香りも良くて美味しかったです。
017_081207_014

海鮮あんかけ焼きそば (このオフィシャルサイトの動画videoを最後まで見たら、 また食べに行きたくなっちゃいました。 くうぅぅ、すぐに行かれないのが辛いです・・。 )
012_081207_024

そして、いよいよ 「スイーツ大王」 と呼ばれるAndyさんのスイーツ三種類。

絶品のマンゴープリンshine 硬すぎず、ゆるすぎず、今まで食べたマンゴープリンの中では一番かも!?と思ったほどの美味しさでした happy01
013_081207_027

All About Japan 「中国茶」ガイド役の平田公一さんのサイトで、 「マンゴープリンの魔術師」と呼ばれるAndyさんの、門外不出だったレシピが公開されています。

豆腐花 (トーファー)黒蜜シロップ。黒砂糖と、ほんのり効いたショウガのシロップが絶妙でした。
014_081207_029

ちなみに、シェフのAndyさんが、ブログで 「花粉症に効くスイーツ-豆腐花」 をご紹介All About でもレシピ指導して下さっています。

蜜香烏龍茶ココナッツプリン (間違っていたらスミマセン)
015_081207_030

Andyさん自ら買い付けに行かれるという中国茶も 香り高く、とても美味しかったです。
018_081207_003

★こんどは、このチャーハンも食べてみたい・・。 YouTubeでチャーハンを作っているところが公開されています。
★今回の主催者Tさんのブログ 「セミリカンベント型 S17 でどこまでも」の中の「08.12.07 『上海蟹三昧の宴Vol.2』@江南飯店」のページ

シェフのAndyさん、そして今回のオフ会を主催してくださった常連のTさんに感謝ですhappy01
今年も是非行きたいと思っています。 すっかり書くのが遅くなってしまってスミマセン。
016_081207_032

■江南飯店

住所:神奈川県横須賀市衣笠栄町1-22-16
TEL: 046-852-9595

JR横須賀線 衣笠駅から徒歩5分

江南飯店 オフィシャルサイト
Andyさんのブログ「日常茶飯」
シェフAndyさんのサイト 

ぐるなび
Yahoo!グルメ
Googleマップ 地図&情報

|

« 維新號 甬江 (よんじゃん) @コレド日本橋 Ishingo Yonjyan, Chinese restaurant in Tokyo's Nihombashi (COREDO Nihombashi) | トップページ | 文字の力・書のチカラ -古典と現代の対話- @出光美術館 »

コメント

チャリで大勢で行っても楽しいけど…
電車で優雅に行ってもいいですね^^
お酒飲める人は特に…

上海蟹が…おいしそー・・・(^¬^)ため息…

投稿: ゆきちゃん | 2009.01.27 00:15

いや~贅沢なディナーでした。ポタで疲れすぎちゃうと、私、かえって食べられなくなってしまうし、美味しいお酒を自制せず、心おきなく飲めたから、電車で行って良かったよ。
ゆきちゃんは、衣笠までも、自転車自走で行けちゃうところが凄すぎる・・。私は電車で優雅というよりは、ヘタレ自然体で、やむなしですcoldsweats01
今年の上海蟹は、ゆきちゃんともご一緒したいなー。ポタではお手柔らかに~(笑)。

投稿: きのこ | 2009.01.27 01:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 維新號 甬江 (よんじゃん) @コレド日本橋 Ishingo Yonjyan, Chinese restaurant in Tokyo's Nihombashi (COREDO Nihombashi) | トップページ | 文字の力・書のチカラ -古典と現代の対話- @出光美術館 »