« 着物で写経 @鎌倉 長谷寺、鎌倉八幡宮へ | トップページ | フルーツ断食 (内容追記、 写真掲載しました) »

自宅で写経をする (般若心経)

今日は、ヨガつながりの方々と銀座でランチの後で、銀座の鳩居堂で、「般若心経」の写経用和紙を購入。
001_090327_002

帰宅後、 さっそく書きはじめました。 無の境地になれるかと思ったところで、 夫の両親から、姪御さんの写真をお送りしたことの、感謝の電話が入りました(笑)。

妙心寺前館長の山田無文老師の現代意訳もあって、なかなか良かったです (税込み 1,890円)
002_090327_003

鳩居堂の写経用の筆「般若」(税込み1,575円)も書きやすく、 スイスイ気持ちよく書くことができましたhappy01
003_090327_004

三日坊主にならないようにしなくては。 フルーツ断食も、写経もともに。。

フルーツ断食については、 「フルーツ断食」 のエントリー記事をご覧下さい。

|

« 着物で写経 @鎌倉 長谷寺、鎌倉八幡宮へ | トップページ | フルーツ断食 (内容追記、 写真掲載しました) »

コメント

すごいですねsun写経・・・奥が深そうです。

自分も書道習ってたんですけど、もう少しで師範とれたのに辞めちゃったんですよね・・・。もったいなかった。

写経やヨガなどメンタル面落ち着かせたいときに、すごく良さそうですよね・・・・。

でもいろいろ揃えるとやはり・・モノ入りなんですね・・。和裁もボチボチお金かかってきてます・・泣

投稿: あさ | 2009.03.30 19:00

私も用紙だけ持ってるのですが、行うのは1年に数回。
気が向いたときだけですbleah

お掃除して、気持を沈めてお経を音読してから写経を始めます。

自宅だとなかなか気分優れず、やっぱりお寺さんでさせていただくと気分的にもかなり違いましたheart01

投稿: himiko | 2009.03.30 22:02

cherryblossomあささん

書道で「もう少しで師範とれた」なんて、勿体な~い!
私の場合、筆以外は、すべて母から譲り受けたものばかりなので、モノ入りといっても、筆と写経用の紙くらいなんです。そういえば、着物も、ほとんど母のお下がりでしたwink

和裁は、反物のほか、裁ちばさみ、鯨尺等々、揃えるものが多そうですね。
でも、きっと元がとれるようになりますよ!

投稿: きのこ | 2009.03.31 01:51

cherryblossomhimikoさん

>お掃除して、気持を沈めてお経を音読してから写経
って、ちゃんと写経のお作法にそってやっていらっしゃるんですね!って、本来はそうあるべきなんですよね・・。

私はテーブルだけ掃除して、「掃除してない周りは、目に入らないくらい集中だっ!!」と気合を入れて、写経していました(^^;

やっぱりお寺さんで写経すると、気分が違いますねー。
気分が同じようになるように掃除すればいいのでしょうが、一体いつになるのやら(遠い目)。

投稿: きのこ | 2009.03.31 02:02

私も自宅で写経してみたいですが、ただ書いた後その御経をどうすればよろしいでしょうか?
ずっと自分で取っておくのでしょうか?教えていただけますか?

投稿: Toshiko | 2010.11.17 15:58

Toshikoさん、こんにちわ。人にお教えできるほど、知識があるわけではまったくありませんが・・・。
私は、ほかに書いた紙と一緒に自分で取っておいて、あとで見直し、そのときの願意を思い出したりしています。
お寺で書いて、お寺に納められればそれもよし。私個人的には、気持ちの問題だと思いますがいかがでしょうか。
お寺に行って祈るもよし。でも、自宅で祈るもよしってことで。

投稿: きのこ | 2010.11.20 00:08

いや~、偶然ですね。実は、母を連れて京都ならへ紅葉狩りに行きました。どこの方も、先週までがピークでした。と言われ足腰の悪い母にとっては、絶好の紅葉日和だったというわけです。母は、薬師寺がえらく気に入り、写経のセットを買ってきました。あちらの方が言うには、鉛筆で書いてもいいそうで、心の問題なので、丁寧に、心を静めて書くように。と言われました。そしてそこで購入した和紙の身が、永代供養されるそうです。ということは、6年前に薬師寺の写経場で書いた私たち家族の用紙も収められているのだ・・と実感しました。これで母が書いて収めたら、実家の母なので、一緒のお墓には入れないのですが、私たち4人で一緒のお墓に入ったような心境になりました。
それで、日々、どんな紙でもよいので、声に出して読んでから、写経し静かなところに保管しておくとよいでしょう。薬師寺に収めるのは、指定の和紙だけです。とのことです。
薬師寺の東京分院東京五反田にあり、住所がやけに母の勤め先に近いので調べたら、五反田の駅のそば、毎日9時から5時まで、お写経できる環境にある(何も持たずに伺って2,000円で奉納もできる)事に気づき、うれしくなりました。シュクラ先生のヨガから、自転車、写経となんだか、きのこさんにはお世話になりっぱなしです。ありがとうございました。
京都旅行もあわただしく母と私の仕事の合間を縫って行ったので、下準備なし、私たちが関西にちょっといた時に行った場所のみ母を連れて行ったという感じでしたが、事前にきのこさんのブログを見てからにすればよかったと昨日思いました。
そうそう、それで、観そこなってしまった上村松園さんも京都国立近代美術館でやっていたので、六盛でご飯を食べる前に、ゆっくり堪能してきました。地元京都だと思うと東京で見るのとまた違った感覚でした。観ていて着物姿の方が多く、神社仏閣では大阪弁が多かったのに、美術館では京都弁がいっぱい聞けました。
本当に重ね重ねありがとうございます。

投稿: Toshiko o. | 2010.12.06 11:04

>Toshiko o.さん

京都へ紅葉狩りは私も行っていましたが、Toshiko o.さんも行っていらしたんですね!ブログに書きたいなと思いつつ、やりたいことが多すぎ、なかなかそこまで行き着きません。本当に素晴らしい紅葉でしたね!お母様とご一緒に行かれて親孝行でしたね☆

ところで、薬師寺で写経されてたんですね。東京別院にも行こうと思いつつ、なかなか果たせずでした。
上村松園展も、京都会場のみの展示がいくつかあったので、できれば行きたかったです。見ることができ良かったですね♪ お役に立ててなによりでした☆

投稿: きのこ | 2010.12.07 01:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 着物で写経 @鎌倉 長谷寺、鎌倉八幡宮へ | トップページ | フルーツ断食 (内容追記、 写真掲載しました) »