« インド大使館 ヨガ教室 2009年 スケジュール (2010年追記・変更あり) | トップページ | チューリップの花 #2、 菜食主義にチェンジ 追記あり »

「断る力」

おととい、たまたま書店で、勝間和代 著 「断る力 (文春新書)」 を見かけ、自分自身、いろんなことをお断りするのは結構パワーが要るなと思っていたので、参考になるならと思い、購入。 ★勝間和代公式ブログ: 私的なことがらを記録しよう!!
001_090311
 
その中で、和田 秀樹氏のココロクリニカ [シゾフレ・メランコテスト] が紹介されていたので、やってみました。
和田秀樹のココロクリニカ [シゾフレ・メランコテスト]

さて、 その結果は・・・
きのこさんは、ややメランコ的なところがあります。
 どちらかというとしっかりとした自分を持っている人です。
まわりの意見を聞きながら、自分の意見を崩さないで、よりよい自分にしていくためには、有利なスタンスにあると言えます。

 他人の意見に流されず、多少にしっかりしたところがありますが、まだまだ自分へのこだわりも強く、ちょっとしたところでトラブルが起きるかもしれないので要注意。

あなたのメランコ度、シゾフレ度は以下の通りです。

メランコ度
44%
シゾフレ度
20%

・・でした。このテストで流されない自己を確認。 20%は同調する部分はあるけど、これからも自分の心の声を聞いて、いろいろ判断、実行していければと思った次第です。

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

ところで、インド大使館のヨガ教室のシュクラ先生は、ヨガでは、自分の心の声を聞くこと、の大切さ。
そして、今度の新しいヨガ教室のシン先生は、ヨガをするにあたって、 外部に意識を向けるのではなく、 自分の内面に意識を向けること。
具体的には、自分の身体 (身体の各部、 負荷をかけたとき、反対に緩めたときの両方への意識) “Body”、 呼吸 “Breathing”、 意識 “Conscious” を 観察 “Observe” するほか、 Try to feel the “Life” の大切さを強調していらっしゃいました。

この考えに同調している私ですが(笑)。 それはさておき、現実に、ある判断・決断がせまられる過程において、他者の考えに従属することなく、 自分の内面の声を聞き、 自ら判断・決断することは大切だと思います。

勝間さんの本では、揺ぎない自分の軸をもった上で、「断る力」 を養い、他者と忌憚の無い、よりよいコミュニケーションを図ることの大切さを述べていました。

言うは易し、行うは難しですが、 これは実行したいと思いました。

まだ読んでいる途中ですが、 ヨガの教えともつながっていたし、 私のことを心にかけて下さっていたTさんvirgoと、たまたまこのようなお話になったので、 書き留めておこうと思ったのでした。

|

« インド大使館 ヨガ教室 2009年 スケジュール (2010年追記・変更あり) | トップページ | チューリップの花 #2、 菜食主義にチェンジ 追記あり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« インド大使館 ヨガ教室 2009年 スケジュール (2010年追記・変更あり) | トップページ | チューリップの花 #2、 菜食主義にチェンジ 追記あり »