« 奥多摩湖 ☆奥多摩周遊道路を通って小河内ダムへ | トップページ | 御岳山 ケーブルカー、武蔵御嶽神社までハイキング »

奥多摩湖 ☆小河内ダム 展望塔、奥多摩湖いこいの路

奥多摩湖 ☆奥多摩周遊道路を通って小河内ダムへ」 の続きです。
奥多摩水と緑のふれあい館」を出た後、「小河内ダム」の展望台へ。
001_090502_03_164
このコンクリートのダム右側が「奥多摩湖」。
002_090502_03_165
こんなにも、巨大な水がめを支えている小河内ダム。感動です。

小河内ダムの展望塔へ。
003_090502_03_167

展望塔からの眺め。 写真右上、「慰霊碑」と「「奥多摩湖いこいの路」入口です。
004_090502_03_175
堤高149m。 重量式コンクリート造りだそうです。
005_090502_03_169

ダムの歴史や、周辺部の説明パネルがありました。
006_090502_03_161

007_090502_03_163

説明パネルによると、 昭和13年11月から工事がはじまり、戦争のため18年10月に工事は中断。昭和23年から工事再開。昭和32年11月にようやく完成。 戦前戦後の19年余り。 長期にわたったダム工事。
945世帯の移転と、 87名の尊い犠牲の下に完成した小河内ダム。

この水が、イザというときの 「都民の水がめ」 の役割を果たしているのです。

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

さて、私たちは、慰霊碑前を通って、 「奥多摩湖いこいの路」 へ。
008_090502_03_178

表示板を見ると、全長12kmとかなりの距離・・・。
009_090502_03_180

しかも、終点には公共交通機関はなく、最寄のバス停は、終点から2.5km先と難易度高し。
010_090502_03_180

門から入って、ちょっとそこまで~の距離を散策。 この先はわかりませんが、 湖畔の路は歩きやすくて、緑も多く、行ってみて良かったと思いました。
012_da_090502_03_181

013_090502_03_183

オートで記念撮影
014_090502_03_188

ちなみに、自転車乗り入れ絶対禁止と書いてありますsign03
もし自転車で行かれるならば、 なんとか帰ってこられそうなのだけど・・・。
011_090502_03_179

奥多摩水と緑のふれあい館」 まで戻り、 その近くにある日時計でパチリ。
015_090502_03_190

藤棚の藤の花。
016_090502_03_191

ダム周辺は釣り禁止なので、 湖畔から、 巨大な魚の姿が見えました。

☆駐車場に戻るまでの湖畔沿いの道路沿いに、 展望台への 「みはらしの丘」(大麦展望台2.5km 八方岩展望台1.1km)へと続く階段がありました。 かなり急だし、往復すると相当な距離なので、無論パス (^^ゞ
018_090502_03_192

熊出没注意」と書いてあります。 ここには熊も生息しているんですね。。
017_090502_03_192

この後、 車で 「御岳山ケーブルカー」 駅の近くまで。
ケーブルカー、 ロープウェイを乗り継ぎ、 キツイ登り道にも耐え 「武蔵御嶽神社」 へ。
ここは本当に凄かった・・・。
☆御岳登山鉄道ケ-ブルカー 国立公園御岳山 http://www.mitaketozan.co.jp/
☆「武蔵御嶽神社」 公式サイト http://musashimitakejinja.jp/
続きます。
御岳山 ケーブルカー、武蔵御嶽神社までハイキング

|

« 奥多摩湖 ☆奥多摩周遊道路を通って小河内ダムへ | トップページ | 御岳山 ケーブルカー、武蔵御嶽神社までハイキング »

コメント

先々週ここに集合して走ってきました。
風景なんて楽しむ余裕がありませんでした。

投稿: ペン | 2009.05.21 00:14

bicycleペンさん
ちょうど同じ頃に行かれてたんですね!お疲れさまでした。自転車で行かれていた方、結構おみかけしましたが、ペンさんもとは・・。自転車でここまで集合されただけでも凄いですっsign03

投稿: きのこ | 2009.05.21 01:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 奥多摩湖 ☆奥多摩周遊道路を通って小河内ダムへ | トップページ | 御岳山 ケーブルカー、武蔵御嶽神社までハイキング »