« 御岳山 武蔵御嶽神社周遊ハイキングコース 後編 | トップページ | ヨガと 「気の発見」 五木寛之著 対談 望月勇・気功家 »

ヨガ教室@インド大使館、インド哲学

5/4(月)の週から、 インド大使館、改修後の教室で、ヨガのレッスンを受けています。
★インド大使館 ヨガ教室 2009年 スケジュール★
002_090504_003

皇居の緑が見える4階の教室は、眺望が良くて、とっても綺麗heart04
001_090504_004

武道館の屋根も見えます。
003_090504_006

インド大使館では、週二日のレッスン。
その他、週一、インド大使館のヨガ教室での前任、シュクラ先生に教わっていた人たちが集まってヨガをしています。 早朝ヨガもありますが、 今日はうっかり失念してしまいました・・・。

というわけで、 週3ヨガ・レッスンに通う日々。
自宅でもできるかぎり毎日やるようにしています。

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

ところで、 インド大使館のシン先生は、 ヨガの実技だけでなく、 ヨガに関する知識、 ヨガ哲学 (philosophy) に関する講義もかなり熱心。

ただし、 すべて英語で、 通訳して下さる専門の方はいらっしゃらないので、 聞き取るのが結構大変coldsweats02
レッスン後、 疑問点をほかの生徒さんにお尋ねして、助けていただいて、 いつも心から感謝しています。

今日は、 「アートマン」 という言葉が出てきたので、 上村勝彦 著 「バガヴァッド・ギーターの世界―ヒンドゥー教の救済 (ちくま学芸文庫)」 を読んでいました。(上村勝彦さんによれば、「アートマン」=「個人の中心主体である真実の自己」 (我)の意味)
001_090518_002

バガヴァッド・ギーター」 は、ヒンドゥー教の代表的な聖典。 仏教でいえば、「般若心経」 のようなもの。

ヨーガに関する知識が満載 (たとえば、ヤマ、ニヤマの内容に関わること、 「瞑想」、 「オーム」 と唱える意味等々)で、 難解ではあるけれど、 自分で深く考えるきっかけになっています。

読んでみると、 執着、迷いを離れた解脱(げだつ)の世界とか、 「不生不滅」 とか、仏教にも出てくることがたくさんあって、驚きました。
まだまだ勉強が足りないけれど、 「梵我一如」 も、 大乗仏教の 「一切衆生悉有仏性」 の教えと似ていると思いますし。

弁財天、 帝釈天、 鬼子母神、 金比羅が、古代インドの神様がルーツということにも、 驚きました。

バガヴァッド・ギーター (岩波文庫)(上村勝彦 訳) は、あまりにとっつきにくいので、 専らこの本を読んで勉強しています。

ところで、最近、ヨーガをやっているせいなのか(?)、 積極的にお肉を食べたいとは思わなくなり、 お酒もヨワヨワになってます・・・。

|

« 御岳山 武蔵御嶽神社周遊ハイキングコース 後編 | トップページ | ヨガと 「気の発見」 五木寛之著 対談 望月勇・気功家 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 御岳山 武蔵御嶽神社周遊ハイキングコース 後編 | トップページ | ヨガと 「気の発見」 五木寛之著 対談 望月勇・気功家 »