« ライブハウス 「銀座ケントス」 プレスリー&オールディーズ | トップページ | 浜町「中央区大江戸まつり盆おどり大会」 浴衣で盆ダンス »

シアトル美術館所蔵 日本・東洋美術名品展 @サントリー美術館 和服割

昨日(8/20(木))は、六本木・東京ミッドタウンの サントリー美術館で開催されている 「美しきアジアの玉手箱―シアトル美術館所蔵 日本・東洋美術名品展」(2009年7月25日(土)~9月6日(日)) へ。
001_090820_001

マイミクYさんから、「光琳の山水図がそれはもう、かなり良かったのですよ。 なんでか、これだけの名品が8/12-8/24の限定展示」 と聞き及び、 これは行ってみなくては!!と思ったのでした。

しかもこの展覧会、 「和服割」 があり、 「和服でご来館の方は300円割引」 の特典あり。
むろん、 和服で行きました。 (※着用した和服については、「お出かけ浴衣+首里花倉織の帯★和服割引@サントリー美術館」のエントリー記事)

シアトル美術館には、 なんと7000点にもおよぶ日本・東洋美術コレクションがあり、 今回は選りすぐりの100点を一堂に公開 (期間中展示替えあり)。
非常に名品ぞろいで見応えがあり、 本当に行って良かったです!!!

繊細で美しい蒔絵の 「浦島蒔絵手箱」 は、 まるで 「玉手箱」 のよう。

葛飾北斎 「五美人図」 や、 「遊女立姿図」 は、色彩が綺麗に残っていて、 とても美しい作品。 着物好きには、たまりません。
002_090820_002

そして、尾形光琳の「山水図」 。 お馴染みの琳派ではなく、 金地に直接水墨で山水画が描かれ、たらしこみ技法などのテクニックが駆使された作品。 こんな光琳作品もあったのね~と感心。 見逃さずにすんで良かったです。 Yさん、 ありがとうheart01

最後に、最も印象に残ったのが、「インドラ坐像」。
003_090820_003

ネパール マッラ王朝 13世紀頃の作品。 リヴ・ヴェーダに登場する、武勇の神様で、 仏教では帝釈天として有名な神様。 その優雅な身のこなしにすっかり魅了されました。
額には水平な目があり、くつろぎのアーサナでお座りになり、 小さな色違いの貴石もいくつか填め込まれている、美しい作品でした。

ほかにもたくさんの名品の数々があって、 とても楽しめたばかりでなく、 和服を着るよい機会となりました。

|

« ライブハウス 「銀座ケントス」 プレスリー&オールディーズ | トップページ | 浜町「中央区大江戸まつり盆おどり大会」 浴衣で盆ダンス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ライブハウス 「銀座ケントス」 プレスリー&オールディーズ | トップページ | 浜町「中央区大江戸まつり盆おどり大会」 浴衣で盆ダンス »