« 1、奈良ホテル | トップページ | 奈良まほろば館@日本橋 せんとくん&秘仏開帳 »

世界遺産 アンコールワット展 @日本橋三越 新館

今日は麹町でヨガの後、日本橋三越で開催されている 「世界遺産 アンコールワット展 アジアの大地に咲いた神々の宇宙」へ(2009/12/27-2010/1/18)。
シハヌーク・イオン博物館から、日本初公開となる、上智大学が発掘した仏像11点と、プノンペン国立博物館から、カンボジア版、ヒンドゥーの神々や仏教の仏像など56点、合計67点が展示。
カンボジアのアンコールワットには行ってみたいけれども、なかなか機会がないので、非常に嬉しいnote
001_100115_001

とりわけ、仏像は、このあいだ、奈良でいろいろ仏像をみてきたばかりで、カンボジア版の仏像と比較して見ることができ、なんというタイミングの良さよ!

6世紀のプレ・アンコール期の、「濡れた法衣をまとう仏陀立像」は、腰、左膝を曲げ、ゆるやかなS字の立ち姿。奈良では、東大寺の大仏にみられるような、座った仏陀像が印象に残っていたので、とても新鮮。

仏陀の坐像も、ヘビの姿のナーガ神がトグロを巻いて、その7つの頭を大きく広げて仏陀の頭を守っているものあり、そして、その髪は、「王冠髪飾り」と「頂髷」とが、まるでツバのある帽子を被っているように見えるものあり、いずれのお顔もカンボジア版。

目を閉じ瞑想している仏像の姿などもたくさんあって、美しい尊顔の禅定するプラジュニャーパーラミター (般若波羅密多菩薩)、ローケーシュヴァラ(観世音菩薩)、そして、ジャヤヴァルマン7世の尊顔(頭部)(12世紀末~13世紀初頭)には特に心惹きつけらた(写真右)。
002_100115_003

そして、ヒンドゥーの神々など (ブラフマー神(梵天)、ヴィシュヌ神、シヴァ神、ヤマ、ガルダ(神鷲)等々)、インド哲学、ヴェーダの勉強会でも、たびたび話題にのぼっていたし、本も読んでいたので、「こんなお姿をしていらしたのか」と、格別な思いで見ることができたのも非常に良かった。

そして、ここで展示されていた阿修羅は、ここでは悪人のアスラ像。 興福寺の阿修羅とは全く違う・・・。

2001年、10年以上にわたる考古発掘実習のすえ、地中から247体もの仏像が発掘された、上智大学アンコール遺跡国際調査団の話。
そして、三島由紀夫がアンコールを訪れ、戯曲を書いた話。
17世紀にアンコールワットを参詣した日本人がいたことが、アンコールワットの落書きからわかった話等々、興味を惹かれる話もいろいろ紹介されていた。

三越カードで無料だったのも嬉しかったし(^^ゞ、見応えのある展覧会で、行ってみてとても良かったです。
いつかは、アンコールワットにも行ってみたい (憧れ)shine

|

« 1、奈良ホテル | トップページ | 奈良まほろば館@日本橋 せんとくん&秘仏開帳 »

コメント

ごぶさたしてます。
アンコール遺跡は何といっても、
ジャヤバルマン7世の像が
ハンサムなクメール顔で素敵です〜。
ぜひカンボジアにも見に行って下さい♪

投稿: mayumi | 2010.01.17 04:47

こんばんは。ご無沙汰しています。
私も先週、この展覧会に行ってきました^^
ジャヤヴァルマン7世のお顔には、私も魅せられました。
カンボジアの仏像は初めて見ましたが、お顔が優しいですよね。
そして口が特徴的!
口角がきゅっとあがって分厚い唇がなんとも魅力的でした^^
私もアンコールワットにはいつか行ってみたいです。

投稿: saeko(yoraku) | 2010.01.17 22:08

cutemayumiさん

こんばんわ。ご無沙汰しています。
そういえば、カンボジアのお写真と記事があったはず・・・、とmayumiさんのブログを拝見させていただきました。
素適な風景とお写真、そして記事を読み、私もアンコールワットの日の出を見てみたくなりました。

ジャヤヴァルマン7世(本文でうっかり「ヤ」の字を抜かしてしまっていました(汗)。間違いに気づかせていただき、有難うございます!)の瞑想されているお顔は慈愛に満ちて、力強く、心打たれる美しさですね。

カンボジア、行きたいです!いろいろ教えてくださいませ。

cutesaeko(yoraku)さん

こんばんわ。いつもsaekoさんのブログを楽しく拝見しています。
saekoさんも行かれていたんですね!ジャヤバルマン7世、お写真を飾っておきたいくらい、魅力的♪ 大きくしっかりした口元が独特ですよね。すっかりクメール系にはまってしまいました。
私もカンボジアの仏像ははじめて見たのですが、こんなに心打たれるとは思ってもみませんでしたよ。

今日は、自転車でアンコールワットをゆっくり見てまわったことのある人と会ってお話してきました。
私も心ゆくまで、アンコールワットを堪能したいです。

投稿: きのこ | 2010.01.17 23:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 1、奈良ホテル | トップページ | 奈良まほろば館@日本橋 せんとくん&秘仏開帳 »