« 千鳥が淵 桜のライトアップ | トップページ | Monthly Discourse on Bhagavad Gita »

明治神宮に行く

午前中は、緑の木立に囲まれた明治神宮。

ちょうど本殿から一斉に歩いてきた、外国人観光客に圧倒される。
006_100403_001

神楽殿で祈願。 神楽舞は赤ちゃんの泣き声でやや集中できず。 やはり平日がよいかもしれず・・・。

でも、ドンドンドンと深く響く太鼓の音。 さやさやというお祓いの音。 シャラシャラシャラ~と響き渡るお鈴の儀の鈴の音に、非日常の神の世界に入り込んだ心地がする。

お札を頂き、帰宅後、お札をお祀り(おまつり)。
袋に書いてあるように、朝夕まごころをこめて祈念しなくては。

神さまにお供えされた神饌。 お神酒、海苔、羊羹をいただくうち、ひと仕事を終えたような気分になる。

気分的にもほっとできて、ご祈祷を受けに行って良かったです。

http://www.meijijingu.or.jp/index.html

|

« 千鳥が淵 桜のライトアップ | トップページ | Monthly Discourse on Bhagavad Gita »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 千鳥が淵 桜のライトアップ | トップページ | Monthly Discourse on Bhagavad Gita »