« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月の5件の記事

扇子 と うちわ

先日着物を着た際は、扇子を帯に。外では扇子から風を送って。
*Holding fans : 一番上は、私が昔、日本舞踊を習っていたときに使った 「尾上流」の扇。懐かしいですshine 下左は奥田元宋さんの秋草の絵の扇子。高島屋の。下右は、着物&お茶会用。 一番右下のは、季節の花が書かれていて、お茶をやってる人には実用的なもの。
001_100626_003

実家に到着直後は、「うちわ」で扇いで涼を取り。
*Uchiwa : 京都・先斗町の芸子さんの名前入りの「うちわ」。実家から貰ったものwink
002_100626_004

日傘もだけど、この時期、着物に扇子は欠かせません。

| | コメント (0)

単衣の紬+首里花倉織の帯でお出かけ

2年前に洗い張り&仕立て替えした紬の単衣。
京都のKおばちゃん→母→私へと受け継がれた着物です。

透かし手織りが美しい首里花倉織の九寸名古屋帯、三分紐にガラスの帯留めをあわせてみました。
007_dsc04066

この着物はなかなか着る機会がなく、仕付け糸がついたまま箪笥の中。
もうすぐ単衣の季節が過ぎてしまうし、今日着なかったら一体いつになるのやら・・・。

今日は暑かったけれど、週間予報では気温が下がる日はない模様。
幸い雨は降りそうになく、湿度も低い。
思い切って実家へと、着て行くことに決めました。

さすがに暑いので、 母が作ってくれた身ごろ「さらし」の「うそつき襦袢(二部式)」、伊達締めを省き、補正も省略して、紐計3本。 風が抜けやすいよう、首まわりはゆったり着付けて行きました。
0001_dsc04066

居敷当てがあるとはいえ、裏地なし。 身八つ口のワキから首へと風が抜けるので、長袖のスーツ姿よりは、涼しいかと思うけれども、やはり汗は避けられず。
実家に着いたら、すぐTシャツに着替えたのは言うまでもなし(笑)。
帰る直前、着物に着替えて帰りました。

暑かったけど、やっと着られて嬉しかったですnote
また、着物でどこかお出かけしたいなぁ。 求む相方(笑)。

| | コメント (0)

パット・メセニー オーケストリオン ライブ 2010/6/12

昨日6/12(土)は、Pat Metheny の Orchestrion ライブ@すみだトリフォニーホールへ
アンコール3曲を含めた約3時間のライブは、凄く素晴らしかったshineshine

30分ほど、James、This is not America、Antonia 等々の演奏があった後、ステージの背後の布が取り払われて姿を現したオーケストリオン!!!
★ライブ終了後は、たくさんの人たちが写真を撮っていた。
001_100612_pat_metheny_orchestrio_2

中川ヨウさんとPat Methenyの対談では、基本的には「ソレノイド」が、インストラクションにあわせて動作するようになっているそう。 音が鳴らされるたびにライトが光るようになっていた。
002_100612_pat_metheny_orchestrion_

それにしても、この背後の楽器全てをオーガナイズして、ここまでライブ演奏できるとは!
音楽へのあくなき追求の姿勢に、感動させられた。
★謎のスライドする板とガラス瓶
003_100612_pat_metheny_orchestrion_

★ステージ左側
005_100612_pat_metheny_orchestrion_

パット・メセニーも、普段のライブより長く話をしていて、曲の合間に、オーケストリオンを作ったいきさつなど、子供時代のことから熱く語っていたのだった。

ライブで、インプロビゼーション(即興)で音が重ねられ、響き合って、曲ができてくる様子は圧巻。

パット・メセニーの渾身のギタープレイも、もちろん素晴らしかったし、このライブの場に居合わせることができた幸福に感謝note

レディスサイズのTシャツと、今回のワールドツアーのポスターをお土産に買いました。
007_100612_pat_metheny_orchestrion_

http://www.patmetheny.com/
http://www.patmetheny.com/orchestrioninfo/
パット・メセニーとの対談 for『オーケストリオン』 - 中川ヨウ Yo Nakagawa Official Website -
http://yonakagawa.com/diary/post-169.html
http://patweek.com/
~明和電機 社長ブログ~ パットメセニー!
HIROSHIのサイト - Pat Metheny - Orchestrion @ すみだトリフォニーホール 1st & 2nd night
オーケストリオンでの演奏の詳細、セットリストも掲載されていて、非常に参考になりました。
★追記
Have You Heard? (PATWEEK Blog) Orchestrion公演
コンサートのときの感動が甦りました!セットリストあり。

| | コメント (2)

タブラ & タブラの本

自宅にあるタブラ (インドの太鼓)と タブラの本です。
001_100609_theory_and_practice_of_t

このタブラは、ヨガ友さんであり、タブラ・シスターズ(笑)のメンバーでもあるTさんがインドに行かれた際に、一緒に買ってもらったもので、インドから送ってもらったものです。

この本 「Theory and Practice of Tabla」 (Sadanand Naimpalli)は、先生が持っていらした英文のペーパーバック。定価は250ルピー(1Rs = 約 2円)なので、現時点のアマゾンに載ってる値段はかなり高く感じ、ちょっと躊躇。 でも、一緒にタブラを習っている人たちが購入されていたので、一番安かったのを買いました(汗)。

もっとも、タブラ教室ではテキストは使っておらず、レッスンの都度 各自のノートに書いて、わからないことはすぐ先生に質問できるので、本が必要なわけではありません!

ただ、タブラが好きなので本も見てみたい、あれば、なんだか安心(笑)、みたいなものです。

テキストには、タブラのたたき方(数々のBol の叩き方)の写真や、用語の解説などもあって、とても参考になりましたが、先生に付いて、ある程度習わないと、この本だけではちょっと大変かもと思いました。

インド大使館のタブラ教室(週2回)に去年の10月下旬から通いはじめて、約7ヶ月。
とても優しくて素適なインドの先生にめぐり合い、タブラ仲間もできて、楽しくタブラのレッスンを続けていますnote

| | コメント (0)

ぎっくり腰を鍼で治す

先々週から患っていた 「ぎっくり腰」。 普通に座っているのも辛かったけど、鍼治療に5回通って、昨日ようやく完治しました。
★芍薬の花。 二輪の大輪が心を和ませてくれます。
001_100608_002

4月の誕生日、普段は履かないハイヒールで かなり長く歩いてしまい、その後、なんとなく腰が痛いなーと思ったのが腰痛のはじまり。 その後もヨガを週3。 先月久しぶりに公園でバドミントンをやって 風下でハードヒットを連発しすぎたのが良くなかったのか、朝起きたら 「ぎっくり腰」にwobbly

ぎっくり腰は3回目。 そのたびにお世話になっている人形町の藤倉治療院に行き、腰のみ2回、全身3回の計5回通って、すっかり良くなりました。

とりわけ最後の5回目は、なんとなく重だるかった腰が、まるで別人の腰に入れ替わっちゃった!?と思ったほど、とても軽~くなりましたshine

女性ホルモンの調子を整える鍼もやってもらったし、 最後のマッサージは気持ち良すぎて、病み付き(笑)になっちゃいそうなほどhappy02

ところで、「ぎっくり腰」の直後は入浴禁止。 腰を温めるのは良くなくて、置き針の上から、冷シップをしてもらいました。

昨日は治ったので、ヨガ友のFさんオススメの足浴。麦茶パックを1袋入れて、録画したビデオを見ながら 1時間。
麦茶の香ばしい香りも良かったですし、 ビデオを見ながらで、時間を有効利用できた気分になれましたheart01

読書に没頭していたこともあって、 しばらくTwitterでちょこっと書くばかりでしたが、また楽しくブログ更新ができればいいなと思っています。

| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »