« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月の10件の記事

宮崎 綾 酒泉の杜 (2010/08/22)

宮崎 綾 「綾の里」 流しソーメン&鮎、清流 」の続き。
照葉大吊橋の近くで流しソーメンと鮎を食べたあと、雲海酒造が運営する複合施設
酒泉の杜」へ。
001_10082125_kanaya_105

ここでは試飲ができるワインやお酒の販売所があり、ここでお土産にワインと地ビールを購入しましたnote
002_10082125_kanaya_106

とても暑い日だったので、このソフトクリーム 「甘乳蘇」 を食べました。 コクがあって、とっても美味しかったですheart04
003_10082125_kanaya_108

酒泉の杜では、ワイナリーや蔵見学(「綾・手造り蔵」は要予約)ができるほか、グラスアート宮崎綾工房、工芸館等々も。
004_10082125_kanaya_109

ガラス制作の見学もできました。
この横の売店で販売されていた国の選定する 「現代の名工」にも選ばれた黒木国明氏のガラスアート作品は本当に素晴らしかったshine 天皇陛下をはじめ、皇室の方々にも作品を献上され、海外でも評価の高く、この「グラスアート宮崎綾工房」を主催されています。
HPに掲載されていた 「グラスアート作品集」が素晴らしい!!
005_10082125_kanaya_110

006_10082125_kanaya_111

綾温泉と宿泊施設もあったので、次回はここの温泉に行くのもいいかもflairと思いました。
007_10082125_kanaya_113

★蔵元 綾 酒泉の杜 
宮崎県東諸県郡綾町大字南俣1800-19  
0985-77-2222
http://mori.unkai.co.jp/
Google Map 地図&情報

この近くの車窓からの風景。 とにかく緑が多かった。
008_10082125_kanaya_115

その後、「綾の手紬染織工房 あきやま」http://www.ayasilk.com/(年中無休 午前9時から午後5時。 ただし、染織作業の工房見学は、月曜から金曜 (土日祝日休み)、予約)へ。(ブログ「綾つむぎだより」」

こちらは、着物ムックの 「七緒」 でも詳しく紹介されていた、国が選定する「現代の名工」、秋山眞和氏が主催する工房で、いつかはぜひとも見学してみたかった場所でした。

続きます。「宮崎 綾 綾の手紬染織工房(2010/08/22)、銀座 和光 秋山眞和染織展(11/04)

| | コメント (0)

宮崎 綾 「綾の里」 流しソーメン&鮎、清流(2010/08/22)

宮崎 綾 照葉大吊橋 #2 大山神 」の続き。
照葉大吊橋を後にし、綾南川の渓流沿いをドライブ。 川には、水遊びをする人々の姿shine
001_10082125_kanaya_075

照葉大吊橋から車でそれほど離れていない 「綾の里」 http://www13.ocn.ne.jp/~ayasato/index.html で、「そうめん流し」をやっていたので、そこに入ることにしました。
002_10082125_kanaya_076

流しソーメンは食べ放題。 セルフサービスの気軽な店。 すいていたので1グループで一本独占
003_10082125_kanaya_084

流しソーメンは、生まれて初めてだったので、次々流れてくるソーメンをつかまえるのが、なんとも楽しいアクティビティーでしたhappy01
004_10082125_kanaya_080

焼きたての鮎も美味しかった~note
005_10082125_kanaya_081

012_10082125_kanaya_076

昼はあまり食べない私たちにとっては、食べ放題といえども実際に食べる量は少ないけれど、車がないとなかなか来られない場所。 流しソーメンは季節営業だし、駐車場完備でトイレもあり。川遊びもできる場所代としては、こんなものかなと思いました。

★郷土料理 綾の里
宮崎県東諸県郡綾町大字南俣5690
0985-77-1470
http://www13.ocn.ne.jp/~ayasato/index.html
Google Map 地図&情報
貸し竿なんかもあるそうです。

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

さて、お腹も落ち着いたところで、この流しソーメンの店のすぐそばにある渓流へ。ゴロゴロした岩石がたくさん。
007_10082125_kanaya_087

足場はそんなに良くはありません。 自然なのでこれは当然。 ディズニーランドみたいな作り物とは違いますね(笑)。
006_10082125_kanaya_086

美しい流れの渓流には、心まで洗われるよう。 まわりは静かで、釣り人も数人。
008_10082125_kanaya_099

009_10082125_kanaya_100

とても澄んだ清流でした。
010_10082125_kanaya_089

川から見た流しソーメンの店。
011_10082125_kanaya_102

旅行の情報誌には載っていなかったけれども、深い緑に囲まれ、自然の清流を満喫できる、行ってみてとても良かった場所でした!

さらに下った場所でも、川遊びに興じる人々の姿が。 豊かな照葉樹林の自然に恵まれた綾。 こんどは遊歩道もゆっくり歩いてみたいと思いました。

次は、蔵元 綾の 「酒泉の杜」へ。
ここには、見学できるワイナリーのほか、温泉、ガラス名工の工房、レストラン等々。 続きます。
宮崎 綾 酒泉の杜

| | コメント (0)

宮崎 綾 照葉大吊橋 #2 大山神 (2010/08/22)

宮崎 綾 照葉大吊橋 #1」の続き。
照葉大吊橋を渡って、分岐点。 左側には、「遊歩道 2km約40分」。右側には 「山ノ神 徒歩15分」と表示あり。
001_10082125_kanaya_039

この日は猛暑。 さすがに、遊歩道の2km40分はハードそう・・・。
002_10082125_kanaya_037

山ノ神さまのほうへも、上りの不安はあったものの、小さい子供連れファミリーが上っていたので、山ノ神さまの方向へ。
003_10082125_kanaya_040

「照葉大山神」さまへの道のり。 結構ハードな登りでしたwobbly
004_10082125_kanaya_041

「照葉大山神」さまに、到着。 参拝。 あちらこちらに、たくさん石積みがありました。
005_10082125_kanaya_043

山ノ神さまの近くのベンチで、この景色を見ながら、しばし休憩。
006_10082125_kanaya_045

「かじか吊橋」などもあり森林浴を堪能できる遊歩道も魅力的だと思ったし、綾てるはの森展示館もできれば行きたかったけれども、あまりの暑さに耐えかね、車の中へ。 また次回のお楽しみにしようと思います。
007_10082125_kanaya_036

その後、渓流沿いの流しそうめんへ。 続きます。
宮崎 綾 「綾の里」 流しソーメン&鮎、清流

| | コメント (0)

宮崎 綾 照葉大吊橋 #1(2010/08/22)

宮崎つながりで、去年の夏の宮崎帰省の2日目のこと。 延岡から、車で綾へ。
★綾町役場HP 観光ガイドも掲載 http://www.town.aya.miyazaki.jp/ayatown/

私の愛読する「七緒 vol.17―着物からはじまる暮らし」の 2009年3月 vol.17 掲載の「宮崎県・綾町へ」という特集記事に、「宮崎の山あいにある、ものづくりの町・綾」として、染織工房、その体験記事などが紹介されていて、いつかは行きたいと憧れていた場所だった 「綾」。
帰省の際には、この本を持ってこなかったので、記憶をたよりに、車のナビに、記事で紹介されていた場所を登録して行きました。 

まずは、「照葉大吊橋」へ。(平成22年12月1日から平成23年3月31日までの予定で「照葉大吊橋」は通行止め(渡橋禁止)だそうです)
この周辺は、日本最大規模の照葉樹林の残る九州中央山地国定公園。
国の伐採計画が持ち上がった際、町民運動により守られた照葉樹林の森が広がっています。 ここは、森林浴によるリラックス効果が高く、関連施設も整備されているため、「森林セラピー基地」の認定も受けているそう。
この写真は、車で向かう途中、下から見上げた大吊り橋。 期待が高まります。
001_10082125_kanaya_005

大吊り橋の入口と駐車場。 この入口を入った売店で、小さめで扱いやすそうな 「木のまな板」 を、延岡のお母さんへのお土産として買いました。
002_10082125_kanaya_007

千尋自然公園、大吊り橋利用料金として小学生以上一人300円。 利用時間は、季節により異なります。
003_10082125_kanaya_009

「照葉大吊橋」の入口。
高さ142m 長さ250m 昭和59年(1984年)3月完成。 大分の九重夢大吊橋には負けてしまいましたが、吊り橋の先には自然遊歩道 (2kmを40分)もあり、自然を満喫できる素適な場所だと思いました。
004_10082125_kanaya_016

005_10082125_kanaya_018

「照葉大吊橋」の上
005_10082125_kanaya_020

振り返ると、こんなかんじ。 この日はものすごい暑さでしたが、橋の上は、時折り風が吹き抜け、そのたび涼しく感じました。
006_10082125_kanaya_048

下が丸見えの所も。 ちょっと怖かった・・・coldsweats02 
007_10082125_kanaya_032

左右に森林が広がり、とても気持ちのいい場所でしたnote
008_10082125_kanaya_035

009_10082125_kanaya_038

私たちは橋を渡って、その先にある 「山の神」 まで歩きました。
続きます。「宮崎 綾 照葉大吊橋 #2 大山神

| | コメント (0)

延岡 ばんば踊り 盆踊り (2010/08/21)

延岡つながりで、去年2010年の夏に帰省したときのこと。

8月21日は、近所の公園で盆踊り大会がありました。
001_10082125_kanaya_010

私の地元では、「中央区大江戸まつり盆おどり大会」が大々的に行われ、東京音頭、中央区のオリジナル「これがお江戸の盆ダンス」のほか、「2000年音頭」、「バハマ・ママ」、荻野目洋子の「ダンシングヒーロー」等々、次から次へ曲が変わって盛り上ちゃってますが、延岡では、オンリーワンの「新ばんば踊り」を延々なぜかエンドレス、sign01

まったく初めての私でしたが、何度も何度も真似するうち、すっかりマスターhappy01
歌詞は、城山の鐘とか、北は六つのマンモス工場(旭化成ですね)、とか延岡ならでは。

公園の一角には、今年新盆を迎えた方々のお写真が飾られているテントがあって、ご供養されておりました。
これは昔からだそうです。

ばんば踊りについては、延岡のHPに歌詞やYouTubeで踊りがくわしく解説されていました。
http://www.city.nobeoka.miyazaki.jp/contents/shoukou/kankou/banba/index.html

| | コメント (0)

延岡 帰省 お節料理&お雑煮

大晦日の夜は、届いたばかりのお節料理、お煮しめ、そして年越し蕎麦。
008_101230_110102_006

009_101230_110102_007

元旦は、お節のほかに、炒り子・昆布・干椎茸で出汁をとった澄まし汁に、餅、干椎茸、にんじん、だいこん、ごぼう、里芋等々の野菜、そしてブリ(!)を入れた 「お雑煮」、「お煮しめ」、「煮豆」など。
「お屠蘇」も、日本酒+薬局で買った屠蘇酸+お砂糖で前日の夜に作りました。

夜は、すき焼き。 わいわい賑やかな鍋でしたhappy01

みんなで楽しく食べる年末、そしてお正月。 おかげさまで楽しくすごすことができ、とても感謝しています。
みなさまにとっても、今年がよい年になりますようにsign01

.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

ところで、去年は、夏に、宮崎の綾に行って、大吊り橋や綾城を見、 晩秋は、延岡の「延岡水郷やな」の「鮎やな」で、美味しい鮎を食べに連れていってもらいました。

ブログに書きたいと思いつつ、書く余裕がなかったのですが、遅ればせながら、宮崎、延岡つながりで書いていければと思っています。

☆今山八幡宮の境内にあった、延岡の周辺観光マップ (画像クリックでちょっとだけ拡大)。http://nobekan.jp/
海も山も近くて、のんびりできて、こちらに帰省できて、本当に幸せなことだと思いますspa
012_101230_110102_044

| | コメント (0)

延岡 洋菓子・ケーキ SUCRE (シュクル) 

延岡 帰省 その3 今山八幡宮 今山大師 #2」のつづき。

延岡のお義母さんから、延岡の美味しいケーキのお店 「Sucre (シュクル)」 を教えてもらいました。

見るからに美味しそうなケーキが並んでいて、あれもこれも食べてみたいものばかりheart04

ロールケーキを買いましたが、ふんわりしたロール生地に、全くしつこくない、優しい甘さのクリームが巻かれていて、いくらでもいけちゃいそうな美味しさでしたshineshine
010_101230_110102_004

夕刊デイリーWebの記事 http://www.yukan-daily.co.jp/news.php?id=3378 によれば、元旭化成の名ランナーとして活躍された佐保希さんが、現役引退後、パティシエに転身。 修行を積んで、延岡緑ヶ丘にお店をオープンされたそうです。

☆住宅街の中にあるオシャレな雰囲気の素適なケーキ屋さんnote 延岡に帰省したときには、また行ってケーキを買って帰りたいです
011_101230_110102_001

★SUCRE (シュクル)

住所:宮崎県延岡市緑ヶ丘2-6-8
TEL:0982-33-7735

Google Map 地図

| | コメント (0)

延岡 帰省 その3 今山八幡宮 今山大師 #2

延岡 帰省 その2 今山八幡宮 今山大師 #1」の続き。
「今山八幡宮」の左側の道から 「今山大師」。日本一の大師銅像だそうです。
001_101230_110102_024

まだまだ続く石段。元旦から体力づくり。健康運もばっちりですcoldsweats01
002_101230_110102_025

☆今山大師本堂
003_101230_110102_026

☆今年のおまじないを唱えてみましょうnote
004_101230_110102_027

☆本堂から、さらに奥のほうに歩いていくと、日本一の大師銅像が!
005_101230_110102_037

☆弘法大師様が、柔和なしっかりしたお顔で延岡の町を見下ろされていました。
006_101230_110102_033

眼下には延岡の町。 ここまでよくのぼってきたなと思います。
大師像の後ろには、延岡の町を一望できるところもありましたが、この日は強風が吹き荒れ、かなりの寒さ。 また次回のぼってみたいと思います。
0081_101230_110102_042

鐘をつく男。 ゴーンという深い音色が響き渡りました。
0091_101230_110102_038

御影石一本石石段の日本一の石段だそうです。 とても長い石段が続いていました。
0101_101230_110102_045

今山八幡宮の朱塗りの神門。太鼓橋から撮影しました。
0111_101230_110102_048

こちらは高千穂通り沿いから入る参道です。
続きます。

| | コメント (0)

延岡 帰省 その2 今山八幡宮 今山大師 #1

延岡 帰省 その1の続き。 「伊福形神社」 まで初詣のあと、「今山八幡宮」「今山大師」へ。

車で今山八幡のある山の上まで行こうとしましたが、途中の道に待機していたおじさまたちに、駐車する場所がないと言われて、延岡駅前の駐車場へに車を停めて 「山下新天街」を歩きました。 この商店街真ん中に東参道入口があります。
001_101230_110102_054

☆がんばれ延岡ののぼりがずらりと掲げられていました。 延岡、応援しますとも!
002_101230_110102_051

☆長い石段のある 「今山八幡宮」東参道。
003_101230_110102_017

☆この東参道に、今山八幡宮の案内板がありました。
004_101230_110102_020

005_101230_110102_020

☆石段を息を切らして上ったところにある 「今山八幡宮」の御社殿。
006_101230_110102_022

☆ちょうど御社殿の右側では太鼓が演奏されていて、この太鼓に励まされながら石段を上りました!
007_101230_110102_021

☆由緒ある八幡様。 夫の両親は、こちらで結婚式をあげたそうです。
0081_101230_110102_023

この御社殿の左側にある道をさらに上がると、日本一のお大師さまの銅像のある 「今山大師」があります。

続きます。「延岡 帰省 その3 今山八幡宮 今山大師 #2

| | コメント (0)

延岡 帰省 その1

明けましておめでとうござます。今年もよろしくお願い致します。

年末から年明けまで、夫の実家がある延岡に帰省していました。
延岡の風景などをご紹介します。

☆実家の近くにある延岡の海。1月2日。ちょっと波あり。青空が気持ちいい。 
お正月、宮崎以外の九州の天気は荒れぎみで、雪で通行止めになったところもありました。九州って案外寒いんですね。
001_101230_110102_059

002_101230_110102_066

0031_101230_110102_065

☆お正月、宮崎はほとんど晴れていたけれど、 元旦の朝のみ、ちょっとだけ雪が舞ってて、 強風、 かなり寒い中、初詣に行きました。 あまりに寒かったので、車で、近所の 「伊福形神社」 まで初詣。
003_101230_110102_009

☆神社のある山の展望台から見た延岡の町。
海も近いし、緑も多くて、空気ものんびりしているようなcoldsweats01 帰ってくるとほっとします。

005_101230_110102_012

006_101230_110102_014

007_101230_110102_013

☆展望台と広場
004_101230_110102_016

その後、車で延岡駅の近くにある「今山八幡宮」「今山大師」に行きました。

続きます。「延岡 帰省 その2 今山八幡宮 今山大師 #1

| | コメント (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »